2011年06月13日

機動戦士ガンダムAGE 今秋より放送開始

機動戦士ガンダムのTVシリーズ最新作が

バンダイ・バンダイビジュアル・バンダイナムコゲームズ・サンライズより発表。

機動戦士ガンダムAGE(エイジ) TVシリーズ第14弾。

2011年10月TBS系列にて放送予定。(放送予定1年間:52話?)

キーワード:3世代。3つの運命が歴史になる。
      ガンダム大河ストーリー。
AGE101年(アドバンスドジェネレーション101年)
100年戦争の始まり。アスノ家の3世代にわたる戦い。
敵は、UE(アンノーンエノミー)。

監督:山口晋。
 娯楽作品・お祭り騒ぎの作品に。

シリーズ構成:日野晃博(レベルファイブ代表)。
 テーマのひとつとしての戦い。
 年代の違いで変わる戦争感、立場や人で変わる戦争。

ガンダムの新しいシステム、AGEシステム。
時代設定としては、ガンダム00より更に未来ということで
あるようです。

バンダイのガンダム商品戦略「ゲイジングリンク」
「ゲイジングバトル」という展開。
・プラモ AG アドバンスドグレードシリーズ
・フィギュア GB ゲイジングビルダーシリーズ
・ガンダムTVアイテムの商品化 AGEデバイス
・ゲイジングチップによる連動バトルゲーム機 ゲイジングハロ
・アーケード・店頭ゲーム機 ゲイジングバトルベース
・デジタルカードゲーム 新機種ガンダムトライエイジ

ガンプラ HG ハイグレードシリーズ
マスコレシリーズ
SDガンダム Gジェネレーション

バンダイナムコゲームズ x レベルファイブ
 = ガンダムRPGゲーム

監督がケロロ軍曹、シリーズ構成がイナズマイレブン、ダンボール戦機。
そして、バンダイの玩具戦略は、ポケモンや、カードゲームに続けという
感じでの低年齢層への食い込みを狙ったものになっています。
これは、これで正解ではあるとおもいますが、
従来のガンダムファンの反応は、分かれるかもしれませんね。
プロモ映像をみて、私が第一印象で思い浮かべたのは、バイファムでした。
キャラデザの影響もあるのか、
サンライズのアダルト系の雰囲気ではなく、ジュブナイル系の雰囲気の
作品になっているような印象を受けました。

東京おもちゃショー
6/16,17ビジネス 6/18,19一般公開 東京ビックサイト
http://www.toys.or.jp/toyshow/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 14:20| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする