2011年07月17日

マンガ・・・あじさい・・・

 7月17日は、マンガの日だそうです。
世界ではじめてのマンガ週刊誌がイギリスで
創刊されてことにちなんでとのことです。
マンガは、日本においては戦後もっとも発展した
文化のひとつであるといえるでしょう。
多種多様な表現方法と、いろんな分野の作品が
登場し、描けないものは無いといえるようにまで
その世界は広がっています。
やはり、日本には、マンガの神様 手塚治虫氏が
いたからであるといえるのだと思います。
その作品に憧れて、その後を追う作家が次々と登場し
さらに、手塚表現を超えようとした作家が、
登場することで、マンガの世界は拡大していったと
いえるでしょう。
世界的にも、今や、日本のマンガは、注目される
存在となっています。
日本の近代文化を代表するもののひとつであると
いうことでしょう。

 また、7月17日は、昭和を代表する俳優のひとり
石原裕次郎の命日です。彼の好きであった花にちなんで
あじさい忌と呼ばれています。
最近は、昭和の時代を振り返るような話題が、
いろいろと出てきているような気がします。
やはり、平成時代になり、成長から停滞へという
世間のムードが、そうさせるのかもしれないなと
感じるしだいです。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする