2011年07月24日

劇画・・・地蔵・・・河童・・・

 日本のまんがの黎明期を代表する雑誌のひとつ
『ガロ』が創刊されたのが、昭和39年7月24日で
あったことから、劇画の日ということに
なっているそうです。手塚治虫のアンチテーゼとして
成長していったのが劇画であるともいえます。
劇画という画風は、ひとつのマンガの世界を
創りだしていきました。そして、マンガの世界の多様性を
広げていったともいえるでしょう。
 そんな日、地蔵菩薩の縁日ということで、
お盆の期間中ということもあって、地蔵盆として、
昔から、それぞれの地域で、祭りや催しなどが
行われている日でもあるそうです。
お地蔵様は、子どもたちを守ってくれる存在でも
あります。大事にしていきたいものですね。
 また、明治の文豪、芥川龍之介の命日ということで
その代表作にちなみ、河童忌ということでもあるそうです。
35歳という若さで、誤った選択をして、
地獄に逝くことになったことは、残念でなりません。
3万人をこえてから、かなり経過している自殺者の数ですが
その選択は、理解できても許されるものではないと
いえるでしょう。結局は、自らを殺す大罪であり
大きなカルマを背負うことになるのですから。
過去の過ちから、学ぶことは、
人にとって、大切なことであるといえるのではないでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:20| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする