2011年08月13日

航空安全・・・・

 昨日は、日航機墜落事故から26年目の日で
あったのですね。
日本航空も変化し、時も流れ、あの事故で
奇跡的に助かった方も、26年の歳月を経たと
いうことになるのですね。
 スキヤキソングの九ちゃんをはじめ、
520人もの犠牲者を出した事故、
繰り返してはならない記憶です。
 公共交通の事故だけでなく、
今年の東日本大震災における福島原発事故のように
犠牲者は出なくても、大きな被害をだすものも
あったりします。
安全神話は、神話でしかないということを
忘れずに、常に謙虚であることが大切であり
人命を預かるシステムにおいては、
どんなに小さな可能性であっても、
注意することが必要であり、安全対策は、
整備点検などのマンネリ化で、意味を無くして
しまうこともあるものですから、
つねに、新たな気持ちで、仕事をこなせるように
環境や意識を保つ工夫を、管理者や経営者など
上に立つ人は、心がけていくべきであると
いえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:39| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする