2011年08月15日

終戦記念日

 1945年8月15日、日本では、天皇陛下による
太平洋戦争終結放送が行われて、連合軍に対して
無条件降伏を受諾したことが伝えられた。
太平洋戦争が事実上終結した日となったわけです。
実際の終戦は、日本が降伏文書に正式調印した日と
する場合もありますが、
日本人にとっては、あの日が、まさに終戦であったと
いうことです。
そして、太平洋戦争の終了は、第二次世界大戦の
終了でもあったわけです。
歴史の大きな転換点に生きた人々も、
ひとり、また、ひとり、逝ってしまって、
だんだん少なくなっています。
歴史の証言を、きちんと残し、知らない世代は
その言葉を真摯に受け止めて、未来に繋げていくことが
大切であるといえるでしょう。
終戦の日の後も、ソ連の侵攻や、軍事裁判、原爆の後遺症、
戦争は完全に終わったわけではなく、
空爆の焼け野原からの復興への戦いが、始まった日とも
いえるわけです。
占領軍による占領下における日本人の苦労もまた
今の若い世代には、実感のないものであったりします。
いまも残る領土問題や、軍事基地問題など、
まだ戦争は、完全に終わったわけではないとも
いえるでしょう。
知らない世代は、知っていくことが重要であり、
知っていくこと、学ぶことは、日本人として
産まれた以上は、義務であるといえるように
思います。
暑い夏の日、いろいろと考えてみるべき
機会であるといえるのではないでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする