2011年09月13日

世界の法の日

 9月13日は、1965年に、ワシントンで開催された
国際会議にて、
「国際間に法の支配を徹底させることで世界平和を確立しよう」
という宣言が採択されたそうで、
それを記念して、世界の法の日だそうです。
 国際法については、まだまだ世界で守られているのかと
問われれば、疑問がつくところなのかもしれません。
各国で、それぞれの国の法律も、守られていない部分が
多いのが、現実社会であるわけですから。
 法を破れば、犯罪者となるのが、この社会のありようです。
その法が、悪法であったとしても、関係ありません。
過去の偉人も、法の裁きで何人も死んでいますが、
本当にそれが正しかったのか疑問が残るものでもあるわけです。
つまり、法が所詮は人がつくったものであると
いうことでもあるわけです。
つまり、人の都合のよいものであり、
その殆どは治世者にとって都合のよいものであるわけです。
そんな法の裁きで死刑にすることに疑問を感じるのは
ある意味当然のことであると思いますし、
人の命を奪うことの出来るのは神の権利であり、
人の権利ではないと思うので、死刑制度には反対です。
日本は、数百年にわたって、法としての死刑制度が
存在していない国であったのですが、
そのことを含めて、過去の日本の統治や政治の良い点について
もっときちんと学び、教えていくべきであるように
感じてなりません。
 9月13日は、また、犯罪の予防と犯罪者の更正の道を
見守る司法保護司や保護機関についての理解を深めてもらい
より多くの人に知ってもらうことを目的にした
司法保護記念日でもあるそうです。
犯罪を犯したら一生立ち直れない社会であるなら、
再犯は防ぎようもありません。
罪を償うことと同時に、更正してしっかりと社会人としての
道を歩めるようにしていく仕組みが必要であるといえるでしょう。
 それには、行政組織や対応の充実も必要ですが、
社会や地域コミュニティにおける支えあいや、育成といった
人と人との絆を大事にする場が必要であり、大事であると
いえるでしょう。
互いに助け合い支えあえる関係を、夫婦だけでなく、
家族だけでなく、親族だけでなく、地域や社会でも
築いていくことが、より良い社会への道であり、
安全で平安な暮らしへの道であるといえるのではないでしょうか。
公務員はもちろん、議員や首長は当然のことですが、
他人の為に生きること、他人のために活動することを
基本とする精神を、しっかりと心に刻んで、
生きて欲しいと願ってやみません。
組織の為、地位の為、それは、私利私欲と同意であることを
認識して欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:34| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメも切り替え時期ですね・・・秋の編成替え

 地デジ化が、震災被災地以外で完了して、
これを機会にテレビを見るのをやめた世帯も多いようですね。
NHK受信契約が9万件くらい解除されたようですから。
アニメの番組の多くが、1クールで終了する傾向になってから
年に4回、番組が多く切り替わるようになっています。
今年のアニメも、既にいろいろかわっていますね。
そして、この9月で最終回となり、
10月からはじまる新番組の予告も流れています。
10月の新番組では、やはり注目されているのは、
ガンダムAGEでしょうね。
ネットでの評価はいろいろですが、
どのようなガンダムとなるのか、注目されるところです。

地上波は、キー局の枠は、ほぼ固定していて、
放送本数に変わりなし感じでしょうか、
深夜枠が入れ替わっていくという流れは、定着していて
あとは、U局系のみの放送ですね。
これは地域によっては観る事ができません。
そういったもの含め、アニメの製作本数としては、
減少もひと段落してきて、アニメ業界の各企業が経営維持する
必要本数レベルに落ち着いてきているのかもしれません。
ただ、製作側は、やはりリスクを取りたくないということで
完全オリジナルの枠はほぼ決まっている感じで、
人気の作品の第二期、第三期というものが多くなっている傾向も
ほぼ定着してきているように感じます。
同様に、ライトノベルやコミック原作の主流は日本アニメにおける
基本になってしまった印象があります。
一部のオリジナル作品も、その後はノベライズされ、
コミック化されていく流れでもあり、
日本のアニメ・コミック・ラノベというメディアミックスは
もはや基本というべきレベルになっているように感じます。
作品としては、この全ての領域をカバーできるようなもので
ないとダメという感じではないでしょうか。

コンテンツは、これヒットするのか微妙かもといった
製作サイドの認識を覆す作品が登場するものです。
これはヒットするだろうという仕掛けが失敗することも
あったりして、なかなか予測は難しいものであり、
ゆえに、作品の製作の判断には、単にデータを読めるだけでなく
時流や世相、そして、作品への直感といったものも
必要になってくるのだといえるかもしれません。

秋の新番組、さて、どれが話題になるのか、
過去の流れで、話題になるだろう作品もありますが、
そこに、新しい話題作が登場してくるのか、
注目されるところです。

<10月からのアニメ>

WORKING’!!(第2期)
侵略!?イカ娘
バクマン。2(第2シリーズ)
C3−シーキューブ−
Fate/Zero
真剣で私に恋しなさい!! 
境界線上のホライゾン 
クロスファイト ビーダマン 
HUNTER×HUNTER 
ファイ・ブレイン 〜神のパズル 
デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち 
たまゆら〜hitotose〜 
君と僕。 
ちはやふる 
マケン姫っ! 
ましろ色シンフォニー −The color of lovers− 
SUPERNATURAL : THE ANIMATION
ペルソナ4 the ANIMATION 
僕は友達が少ない 
灼眼のシャナIII(Final)
ラストエグザイル−銀翼のファム− 
ベン・トー 
機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 
gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーズ) 
UN-GO 
ギルティクラウン 
ひだまりスケッチ 特別編 
フジログ シーズン2 
世界一初恋 第2期 

****************

<2011春の新アニメ>
星空へ架かる橋
30歳の保健体育
日常
SKET DANCE
俺たちに翼はない
世界一初恋
殿といっしょ〜眼帯の野望
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
緋弾のアリア
電波女と青春男
まりあほりっくあらいぶ
そふてにっ
Aチャンネル
ジュエルペット サンシャイン
とっとこハム太郎でちゅ
よんでますよ、アザゼルさん
変ゼミ
プリティーリズム・オーロラドリーム
トリコ
花咲くいろは
アスタロッテのおもちゃ
戦国乙女〜桃色パラドックス〜
シュタインズゲート
デッドマンワンダーランド

TIGER&BUNNY
ダンボール戦機
遊戯王ZEXAL
Dororonえん魔くん メ〜ラめら
DOG DAYS
青の祓魔師
聖痕のクェイサーII
灼眼のシャナII
神のみぞ知るセカイII

<2011年7月新番アニメ>

夏目友人帳 参
http://www.nasinc.co.jp/jp/natsume-anime/

ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜
http://www.nuramago.jp/

アイドルマスター
http://www.idolmaster-anime.jp/

R-15
http://kadokawa-anime.jp/R-15/

異国迷路のクロワーゼ The Animation
http://ikokumeiro.com/top.html

いつか天魔の黒ウサギ
http://www.itsu-ten.jp/

うさぎドロップ
http://www.usagi-drop.tv/

神様ドォルズ
http://www.kamisama-anime.jp/

神様のメモ帳
http://www.kamimemo.com/

セイクリッドセブン
http://www.sacred7.jp/

ダンタリアンの書架
http://www.kadokawa.co.jp/dantalian/

NO.6
http://www.no-6.jp/

にゃんぱいあ −The Animation−
http://www.nyanpire.jp/

バカとテストと召喚獣にっ!
http://www.bakatest.com/

魔乳秘剣帖
http://oppaidaisuki.jp/

まよチキ!
http://www.starchild.co.jp/special/mayochiki/

ロウきゅーぶ!
http://www.ro-kyu-bu.com/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:19| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

中秋の名月〜宇宙の日に

 今日は、十五夜、中秋の名月を愛でる日ですね。
くしくも、宇宙開発事業団が、エンデバー号で、
毛利さんが宇宙に出発した日ということで、
宇宙の日として記念事業などを行なう日でもあったりします。
 国際宇宙ステーションが、もっと長期に活動を
継続していけるようになって欲しいですし、
月面基地の設置に向けて、進んでいって欲しいなという
気がします。
 アポロが月にいってから、人が月面を歩くことなく
今日に至っています。
かぐやが、月面に落ちて、
日本も、月に、足跡を残していますが、
ぜひ、日本人の足跡を、月面に残す日が、早く訪れて欲しいと
願ってやみません。
 日本では、かぐや姫や天女の伝説など、
月や空に纏わる物語も昔からあります。
もちろん、世界中に似た伝承が存在しています。
月に人が住むようになる日は、必ず訪れることでしょう。
その日に向けて、人類が、更に成長していけることを
願ってやみません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:11| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コ・フェスタ ・・・ ちょっと危機的な印象も・・・

今年も、コフェスタ開催のようです。
しかし、年々、縮小方向のようなイメージがあり、
開会式は今年はないのかな。
また、コフェスタとしてのイベントも少なくなっていて、
コフェスタそのものの存在が、希薄になっているような
印象を受けます。
ホームページもかなりの規模縮小といった感じで、
あまり冴えません。
やはり、経済産業省の単独での主導では難しいのかなと
いう印象をもったりします。
文化庁、総務省、外務省との連携で、総合的な日本のコンテンツ関連
イベントに持ち上げていけないのが、
日本の行政における縦割りの弊害の結果であると
いうことでしょうか。
オールジャパンで動けない体質をどうにかしないと
日本の未来は厳しいものがあるのかもしれません。
実際に、メインイベントとしてエントリーされている
東京ゲームショーは、今週開幕します。
しかし、その前に、コフェスタの開幕の催しはないようです。
これって、存在を示せないのではないのかなという気がします。
広報も殆ど行なわれていないようですし、
個々のイベントが、それぞれに活動しているだけでしかないと
いった印象です。
コフェスタ、コンセプトには期待されるものがあったものの
運営と企画において、しりつぼみという感じで、
今ひとつというところなのかなと・・・・。
もう少しアイデアを出せば、面白いこと出来る感じがするのに
残念な気がします。
もし、私が、このプロジェクトの担当であったら、
現状には、凄い危機感を感じていることでしょう。
まったく、進んでいないという感じにみえますからね・・・。

劇的3時間SHOW、今年は、どうなるのかな・・・おしまいかな・・・。


Creative Market Tokyo 2011
http://cmtokyo.jp/2011/index.html


コ・フェスタ ( JAPAN国際コンテンツフェスティバル )
CoFesta ( JAPAN INTERNATIONAL CONTENTS FESTIVAL )
http://www.cofesta.jp/2011/index_jpn.html

<オフィシャルイベント( 2011年8月23日現在 )>

東京ゲームショウ
日時:2011年9月15日(木)〜 9月18日(日)
場所:幕張メッセ

日本ゲーム大賞
日時:2011年9月15日(木)〜 9月18日(日)
場所:幕張メッセ

KYOTO CMEX 2011
日時:2011年10月1日(土)〜 11月27日(日)
場所:烏丸御池エリア、太秦エリア(予定)

CEATEC JAPAN 2011
日時:2011年10月4日(火)〜 10月8日(土)
場所:幕張メッセ

第13回「東京発 日本ファッション・ウィーク」(JFW)
日時:2011年10月16日(日)〜 10月22日(土)
場所:東京ミッドタウン・ホール Hall A、その他会場

大阪創造取引所
日時:2011年10月18日(火)〜 10月19日(水)
場所:堂島リバーフォーラム内

第28回ATP賞テレビグランプリ
日時:2011年10月20日(木)
場所:六本木ハリウッドホール

デジタルコンテンツEXPO 2011
日時:2011年10月20日(木)〜 10月22日(土)
場所:日本科学未来館/東京国際交流館

第38回「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール
日時:2011年10月20日(木)〜 10月27日(木)
場所:NHK放送センター

第24回東京国際映画祭
日時:2011年10月22日(土)〜 10月30日(日)
場所:六本木ヒルズ(東京都港区)メイン会場
都内各劇場及び施設・ホールにて開催。

第8回文化庁映画週間-Here&There-
日時:2011年10月22日(土)〜 10月29日(土)(予定)
場所:グランドハイアット東京/六本木アカデミーヒルズ49F 他

国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2011
日時:2011年10月24日(月)〜 10月25日(火)
場所:未定

TIFFCOM 2011 Marketplace for Film & TV in Asia
日時:2011年10月24日(月)〜 10月26日(水)
場所:六本木ヒルズ森タワー40F&49F

第8回東京国際ミュージックマーケット(TIMM)
日時:2011年10月24日(月)〜 10月27日(木)
場所:品川プリンスホテル、品川ステラボール

Creative Market Tokyo 2011 -Brand, Entertainment Contents / Trade & Licence
日時:2011年10月26日(水)〜 10月28日(金)
場所:六本木ヒルズ森タワー40F&49F

東京国際アニメ祭2011 秋
日時:2011年10月27日(木)〜 10月28日(金)
場所:秋葉原UDX(予定)

Inter BEE 2011
日時:2011年11月16日(水)〜 11月18日(金)
場所:幕張メッセ

コミック フェスティバル in 東北 〜コミック出版社 東北応援プロジェクト〜
日時:2011年11月〜12月上旬
場所:仙台市内および東北6県の書店


<パートナーイベント( 2011年8月23日現在 )>

第2回国際科学映像祭
日時:2011年8月10日(水)〜 10月2日(日)
場所:日本国内の科学館・プラネタリウム館、シアターなど38施設

クリエイティブ・インダストリー・ショーケース in 関西2011 ( Cris関西2011 )
日時:2011年9月1日(木) 〜 12月30日(土)
場所:関西各地域

映像フォーラム2011
日時:2011年9月8日(木)〜 9月9日(金)
場所:スペースFS汐留

第33回PFF
日時:2011年9月20日(火)〜 9月30日(金)
場所:東京国立近代美術館フィルムセンター

吉祥寺アニメワンダーランド2011
日時:2011年10月1日(土)〜 10月10日(月)
場所:井の頭駅周辺(井の頭公園ステージ、武蔵野商工会館、吉祥寺シアターなど)

第6回札幌国際短編映画祭
日時:2011年10月5日(水)〜 10月10日(月)
場所:札幌東宝プラザ、シアターキノ

学生クリエーターズ・フェスタ in 新宿 2011
日時:2011年10月15日(土)〜 10月23日(日)
場所:新宿駅東口モア4番街〜歌舞伎町〜大久保公園

LA EigaFest 2011
日時:2011年11月11日(金) 〜 11月13日(日)
場所:チャイニーズシアター(ロサンゼルス)(予定)

映文連 国際短編映画祭「映文連アワード」 〜 International Corporate Film Showi
ng 2011 〜
日時:2011年11月29日(火)〜 12月2日(金)
場所:時事通信ホール、富士フィルム西麻布本社ホール

CP+(シーピープラス)2012
日時:2012年2月9日(木)〜 2月12日(日)
場所:パシフィコ横浜 展示ホール、アネックスホール

第1回町田CON-CANショートフィルム・フェスティバル
日時:2012年2月11日(土)〜 2月12日(日)
場所:町田市民フォーラム
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

第50回日本SF大会 ドンブラコンL 関連コンテンツ




ドンブラコンL 回転体映像
http://youtu.be/wIBFnERQvBo

第50回日本SF大会「ドンブラコンL」加藤直之ライブペイント企画
http://youtu.be/m5vhzC3VAYw

日本SF大会「追悼特別企画 : 知の旅人・小松左京のノンフィクションを語る」
http://togetter.com/li/183192

とっても大好き! 藤子・F・不二雄のSF世界 - ドンブラコンL
http://togetter.com/li/183584

ムーンベースニッポン SF大会ドンブラコンL
http://mbnippon.jimdo.com/blog/

ドンブラコンL オプショナルツアーの写真
http://p.twipple.jp/5n66g
http://p.twipple.jp/M9cmC
http://p.twipple.jp/3nvag
http://p.twipple.jp/YL3mJ
http://p.twipple.jp/RxFuW
http://p.twipple.jp/GsKHz
http://p.twipple.jp/Tvs5A
http://p.twipple.jp/YXs6A
http://p.twipple.jp/kkgRb
http://p.twipple.jp/QaHd5
http://p.twipple.jp/hZ2b4
http://p.twipple.jp/wUveL
http://p.twipple.jp/Ux7Rz
http://p.twipple.jp/Ewu65
http://p.twipple.jp/data/5/n/6/6/g.jpg
http://p.twipple.jp/data/M/9/c/m/C.jpg
http://p.twipple.jp/data/3/n/v/a/g.jpg
http://p.twipple.jp/data/Y/L/3/m/J.jpg
http://p.twipple.jp/data/R/x/F/u/W.jpg
http://p.twipple.jp/data/G/s/K/H/z.jpg
http://p.twipple.jp/data/T/v/s/5/A.jpg
http://p.twipple.jp/data/Y/X/s/6/A.jpg
http://p.twipple.jp/data/k/k/g/R/b.jpg
http://p.twipple.jp/data/Q/a/H/d/5.jpg
http://p.twipple.jp/data/h/Z/2/b/4.jpg
http://p.twipple.jp/data/w/U/v/e/L.jpg
http://p.twipple.jp/data/U/x/7/R/z.jpg
http://p.twipple.jp/data/E/w/u/6/5.jpg


第50回日本SF大会 ドンブラコンL
http://www.sf50.jp/
ドンブラコン日記L
第50回日本SF大会公式blogです
http://blog.sf50.jp/

2011日本SF大会にセカンドライフから参加
http://youtu.be/d_OFi-EjMiA

ロボットサッカー@SF大会2011ドンブラコンL
http://youtu.be/7hdKMTQjfvA
http://youtu.be/6P1w_8hUBOo

第50回日本SF大会 ハセガワブース
http://youtu.be/7qZZjE0yPiA

3、4日に「日本SF大会」 静岡・グランシップ
http://www.at-s.com/news/detail/100057917.html

ロボと人間の関わり探る 静岡で日本SF大会
http://www.at-s.com/news/detail/100058275.html
http://www.47news.jp/photo/268659.php

SF大会 小松左京さんしのぶ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110903/k10015355131000.html

日本SF大会中継 攻殻機動隊の制作陣登場
http://blog.nicovideo.jp/niconews/2011/09/016340.html
http://woman.excite.co.jp/News/column/20110903/Niconews_2011_09_016340.html

第50回日本SF大会第2部11:30〜表現と法規制に関するミニシンポ #sf50_japan
http://togetter.com/li/183515
http://togetter.com/li/183759

ドンブラコンへGoヽ(  ´  ∇  `  )ノ
http://halunahime.blog13.fc2.com/blog-entry-485.html
trackbackURL:http://halunahime.blog13.fc2.com/tb.php/485-4c981dc2

ホビーロボットコロッセオ観戦記インデックス
http://sn.cocolog-nifty.com/sanzai/2011/09/post-0ac1.html

http://topsy.com/twitpic.com/1rcwhp
http://twitpic.com/1rcwhp
http://twitpic.com/6fumao
http://twitpic.com/6f5rgr
http://twitpic.com/6faa8s
http://www.twitvid.com/IAFAG
http://bretagne.air-nifty.com/anne_de_bretagne/2011/08/post-f18d.html
http://satou-robot.way-nifty.com/note/2011/09/post-2504.html
http://d.hatena.ne.jp/t_kato/20110904/1315124893
http://blogs.yahoo.co.jp/henry9285nf/28478256.html
http://d.hatena.ne.jp/theta/20110903#p1
http://sn.cocolog-nifty.com/sanzai/2011/09/sf-ddc8.html
http://blog.livedoor.jp/fsn0601/archives/51735303.html
http://d.hatena.ne.jp/Thorn/20110902/p1
http://d.hatena.ne.jp/Thorn/20110902/p2
http://d.hatena.ne.jp/tamait/20110902
http://suzakugames.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/sftrpg-aabb.html
http://blog.livedoor.jp/ryo3_2006/archives/51735080.html
http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2011/09/9394sf-1958.html
http://ameblo.jp/okuyo/entry-11003083159.html
http://hikidashinonakami.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/50sf-f895.html
http://www.cafebleu.net/hagio/blog/archives/2011/08/50sf.html
http://y3sei.jp/2011/05/sf-2011-syasai-2589.html
http://nukunuku.blogzine.jp/
http://blog.livedoor.jp/ryo3_2006/archives/51736344.html
http://sn.cocolog-nifty.com/sanzai/2011/09/post-90a8.html
http://esfe.g.hatena.ne.jp/shichiri/20110905
http://www.asahi-net.or.jp/~xy9m-nkzw/


静岡SF大全の舞台裏
http://prologuewave.com/wp-content/uploads/2011/07/sizuokaSFtaizenn_takatukimaki.pdf

ラベル:SF 静岡
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 02:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

WHO世界自殺予防デー・知的障害者愛護デー

 自殺に対して、世界的なアクションを起こし、
関心を喚起する目的で、WHOが制定したのが、
世界自殺予防デーということです。
また、日本知的障害福祉連盟が、
知的障害者への支援対策の強化のために制定したのが
知的障害者愛護デーということです。

 自殺は、病気の末に行き着く犯罪ということが
いえるかもしれません。
多くが、心の病により、生きることの重要さを
見失って、自らを殺すという大罪を犯してしまう
わけです。しかし、死んだ瞬間に、地獄に堕ちて、
苦しむ羽目になるわけであり、何の解決にも
ならないし、大きなカルマ解消のための苦労を
後の人生で背負うことになるわけです。
魂にとっては最悪な選択です。


 知的障害については、産まれながらのものは
前世までのカルマの影響であるといえるでしょう。
後天的なものは、カルマなのか、スピリチュアル系の
障害なのかは、調べてみないとわかりません。
ただ、そんなハンデを乗り越えて生きていくことが
重要であることは間違いないでしょう。


 日本では、自殺者が3万人をこえて、
随分とたっています。なぜ自殺者が減らないのか、
それは社会的な問題であるかもしれないし、
明治維新後に、日本人がカルマを多くつくるように
なってしまった結果なのかもしれません。
しかし、自殺を選択するのは最後は自分自身です。
つまり予防するのも自分自身でしかないとも
いえるでしょう。
もちろん、廻りのケアーにより、回避させることが
出きるケースもあります。
それよりも、自殺という選択が最悪なものであること
自殺以外に多数の選択肢があるという事実を
しっかりと認識させることが重要であると
いえるのかもしれません。
そこに至りそうな心の病の状況を改善させて
あげることも重要でしょう。
ひとりではだめ、やはり、誰かの支えが大切であると
いうことなのだとおもいます。

 
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:04| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

第1回子どものコモンセンス知識研究会開催案内

 明日、開催される子育てに関する研究会を
ご紹介します。
一部は、ユーストリームでも中継されるようですので、
関心のある方は、参加されてみては如何でしょうか。

招待講演ライブ中継URL
http://www.ustream.tv/channel/
子育て浜松フォーラム

------------------------------------------------------------

第1回子どものコモンセンス知識研究会(SIG-CCK)開催のご案内

本研究会は、研究対象を幼児(=就学前の小児)から子どもに拡張し、
いじめや発達障害への対処など社会的要請も考慮しながら、
コモンセンスに関する研究討論を行う場にするため、
この4月から「子どものコモンセンス知識研究会」と名称変更しました。

第1回の研究会は、多種多様な個性を持った子どもに対する発達支援を
メインテーマに議論します.

初めて参加される方は、研究会Webページから登録をお願いします。
研究会登録費・参加費は無料です。
http://minny.cs.inf.shizuoka.ac.jp/SIG-ICK/

日時: 平成23年9月10日(土)11:00〜13:30
場所: 静岡大学情報学部 2号館 1階 情14教室
    (静岡県浜松市中区城北3-5-1,
     JR 浜松駅 北口バスターミナル 15,16番のりばからの
     全路線にて「静岡大学」下車.所要約20分)
    http://www.shizuoka.ac.jp/ippan/hamamatsu.html
テーマ: 子どもの発達とコモンセンス
併催: 浜松市100夢プロジェクト「ライブ子育て浜松フォーラム」
    (2件の招待講演はU-streamでライブ配信予定)

プログラム:
11:00-11:05 CCK研究会の趣旨説明(CCK主査・竹林洋一)
11:05-11:25 石川翔吾(静岡大学創造科学技術大学院)(CCK一般講演)
  「子どもの発達理解のための多チャネル映像に基づく行動観察」
11:25-11:30 浜松市100夢プロジェクト「ライブ子育て浜松フォーラム」紹介
      (プロジェクト責任者・桐山伸也)
11:30-12:00 坂根信一(デジタルセンセーション)(CCK+100夢・招待講演)
  「幼児教室における子育て相談の事例と子どもの行動理解」
12:00-12:50 高塩純一(びわこ学園医療福祉センター草津)
(CCK+100夢・招待講演)
  「特別なニーズのある子どもたちへの移動機器開発と発達支援」
12:50-13:10 竹林洋一(静岡大学情報学部)(CCK一般講演)
  「子どもの発達にみるコモンセンス知の獲得」
13:10-13:30 フリーディスカッション

人工知能学会・子どものコモンセンス知識研究会(SIG-CCK)
主査: 竹林洋一 (静岡大学創造科学技術大学院)
幹事: 桐山伸也 (静岡大学情報学部)
    佐藤久美子 (玉川大学リベラルアーツ学部)

---------------------------------------
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:31| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手塚治虫×SHIZUOKA

9/6〜9/11
『手塚治虫×SHIZUOKA』
手塚治虫作品キャラクターを使用した、
静岡地場産品・伝統工芸品のオリジナル商品・企画展示会が
静岡市デザイン・ファームにて開催中
http://www.sdc.ac.jp/blog/?p=1761

手塚プロの展開しているキャラクターによる
可能性に関するプロジェクトの一環でしょうか、

プロダクトデザイン科3年生35名による作品展
「静岡デザイン専門学校生による、
 手塚治虫作品キャラクターを使用した、
 静岡地場産品・伝統工芸品のオリジナル商品企画展」
が、デザインファームにて開催されているようです。

なかなか興味深いイベントですね。
私も時間の都合がつけば行ってみたかった催しです。
お近くの方、コンテンツの興味のある方は、
ぜひ、足を運んでみては如何でしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:11| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重陽・・・

 陽数である9が重なることから、
重陽の節句、重九の節句、五節句のひとつ、
五節句はみんな祝日にして、いろんな慣習や、
風習を行って、歴史に学ぶのもよいように思います。
 中国では、邪気払いと長寿祈願で、
菊花酒を飲んでいたそうです。
それで、菊の節句ともいうそうです。
でも、お酒という時点で、神の効果なく、
エンティティによる効果を期待するくらいですが
リスクの方が大きいかもしれませんね。
菊花水の方が、きっと良いようにおもいます。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:00| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

白露・・・明治になった日・・・

 暦の上では、野草に白い露が宿り始める頃に
二十四節気のひとつ、白露になったわけですが、
台風の影響で、まだまだ大変な状況になっていると
いえるでしょう。
 9月8日は、旧暦の8月27日ということで、
元号が、明治になった日ということだそうです。
「聖人南面にて天下に聴き、 明に嚮いて治む」
易経の一節から、とられた元号は、日本の新しい歴史の
始まりであったわけですね。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:08| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

エスパルス魂の守護神 逝く・・・早すぎます・・・

 清水エスパルスが、その産声をあげたとき、
ゴールを守護するGKとして、はせ参じてくれたひとりが
真田雅則選手でした。
当時、所属していた全日空もJリーグ入りする予定であり
そちらのクラブに残ることも可能であったとおもいます。
しかし、清水に生まれるクラブの為に、
もどってきてくれました。
そして、記念すべきエスパルス初試合が開催された
1992年7月4日、エスパルスのゴールを守ったのは、
真田選手であったのです。
その後、シジマールの加入で、控えの時代を経験し、
その時代においても変わらぬ姿勢で努力を続け、
シジマールが去ったあとは、まさしく、
清水エスパルスの不動の守護神として、
ゴールを守ってきてくれました。
GKの連続出場記録も一時は打ち立てていたほど、
安定感をもった守護神であったといえるでしょう。
 サポータやファンを大事にするとても紳士な方でした。
清水エスパルスで現役を引退し、コーチとして、
歩みだして、これから次代を担うGKを
育てていってくれるだろうと思っていただけに
残念でなりません。

ナビスコカップ優勝のとき、
Jリーグステージ優勝のとき、
アジア・カップウィナーズ・カップ優勝のとき、
天皇杯優勝のとき、
背番号1 守護神は、真田選手でした。

エスパルス栄光の時代を知る守護神のもとで、
次の栄光を勝ち得るGKが生まれて欲しかったです。

43歳、まだまだこれからというときであったのに、
逝くの早すぎますよ・・・・・

今は、ただ、ご冥福をお祈りするだけです。



眞田雅則GKコーチ 一時休養のお知らせ
http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/14567/

眞田雅則氏の訃報に接して
http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/14612/

眞田雅則氏の訃報に接してのコメント
http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/14617

訃報
http://www.s-pulse.co.jp/news/detail/14618

【清水】眞田雅則氏 急逝について、監督・選手のコメント(11.09.07)
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00124946.html

鈴木克馬のとんじゃかねぇ〜ら
守護神へ
http://ameblo.jp/katsumasuzuki/entry-11010591210.html

真田雅則氏の訃報に接して
http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=
7107

エスパルス関係者に悲しみ広がる GKコーチ・真田雅則さん死去
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110907/szk11090717130012-n1.htm

清水コーチ真田雅則さん急死…元日本代表を相次ぎ失う
http://news.goo.ne.jp/article/fuji/sports/zak20110907019.html

エスパルス守護神_真田雅則
http://football.weblogs.jp/photos/football/sanada.html

真田雅則GKコーチが急死
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/marcos2008/article/773
http://www.asahi.com/sports/fb/TKY201109070108.html

1 真田雅則 MASANORI SANADA
http://www.minato-travel.co.jp/s-street/sanada.html

真田雅則(元清水エスパルス) 【J特】
http://ameblo.jp/painter-hiropyon/entry-10596211839.html

真田雅則さん、安らかに
http://news.livedoor.com/article/detail/5842472/

真田雅則選手 (草競馬の曲で)
真田雅則レオーレオー  真田雅則ーオーレオレー
まーもれよゴール まーもれよゴール
真田雅則ー オーレオレー

高校選手権が生んだスター(S59、60年度編)】
http://www.soccerdays.com/reading/football_columns/2004/0121.html

「 サッカーの町”清水”の重さ 」
清水サッカー協会50周年SHIMIZUドリームサッカー
http://www.ceres.dti.ne.jp/~hiro-kun/mari-kan/20000109.htm

第1回 Jリーガー新春静岡大会  
2001年1月3日(水) 草薙総合運動球技場
http://www3.tokai.or.jp/uraniwa/sfc/shinnen.htm

眞田雅則選手の選手時代の所属:
清水FC
->清水市立清水第七中学校
->清水市立商業高等学校
->順天堂大学
->全日空サッカークラブ
->清水エスパルス

眞田雅則コーチの指導歴:
2005年-2007年:清水エスパルスユース GKコーチ
2008年-2010年:ジェフユナイテッド市原・千葉 GKコーチ
2011年-:清水エスパルス GKコーチ
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:37| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

知的財産権に関わる最近のニュースより

 先頃、NHKのニュースで、知的財産権に関するニュースが
2件流れました。

・作者“勝手な書籍電子化やめて”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110906/k10015404631000.html


・“デコ電” デザイナーを逮捕
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110906/k10015405381000.html


 いずれも、最近のサービスに関わるものです。

ひとつは、携帯電話のデコレーションにおけるデザインに
関する商標権の侵害に関するニュース。

ひとつは、自炊といわれる書籍の電子化に関するビジネスに
関する著作権侵害に関するニュース。

 商標権の方は、デザイナーとしてプロ活動するのであれば
基本的な知識としてしっておくべきことであり、
それを侵したわけですから、逮捕も仕方なしということです。
アマチュアであっても同様ですから、
注意して欲しいところです。

 著作権の方は、この手のサービスの話題が、
ツイッターやフェースブックで流れたときから、
グレーゾーンだなと思っていたことです。
公的立場にある人には、危ないので利用は勧めません。
自炊も、あくまでも個人で、自分の蔵書を電子化して、
自分自身でしか利用しないのであれば、まあ問題ないと
いえるでしょうが、これをビジネスとして展開すると
なると、いわゆるビデオのレンタル業者が、
ビデオのダビングをサービスで提供していることと同じであり
許諾なしであれば、あきらかに著作権違反の違法コピーと
いうことになるでしょう。
 最近は、違法コピーとわかった上で利用すると
利用者側も罪が問われるという方向にあります。
したがって、自炊サービスの利用者も場合によっては
罪に問われる可能性が出てくるともいえるでしょう。
 著作権は、基本的に親告罪なので、訴えられることが
ないかぎりは、放置となるでしょうが、
今回の著作者側の動きに対して、これまである意味誤魔化してきた
業者側が、どのように対応してくるのかが注目される
ところです。
 業者によっては、サービス利用者が、きちんと許諾をとった
ものを自炊することとしているものもありますが、
ビジネスとして利益を得ている側に、責任がないとは言えないだけに
許諾チェックを間違いなく実施しているのであれば
問題ないでしょうが、そうでないならダメでしょうね。
利用者の多い大手は、まずきちんと著作者への許諾を得て
いかなければ、訴訟ということになるかなといった感じがします。
ともあれ、レンタルや再販などでの過去の事例からいっても
グレーであることにかわりなく、
今回、訴訟となった場合には、電子化という行為についての
著作者の権利保障について、新しい判例が出きるということに
なるでしょう。
その内容は注目されるところです。

 
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:55| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

クリーン・コール・デー

 東日本大震災で、原発事故があってから、
エネルギー問題についての社会的関心が
急激に高まりました。
1992年に、制定されたのが、石炭の利用に関する
PRの為の日、石炭の日ということです。
石炭については、二酸化炭素の問題で、
悪役になった感じもありましたが、
実際には、技術の進歩によって、燃焼効率もあがり、
二酸化炭素の発生量に対するエネルギー効率も
良くなってきています。
まだまだ、地球上に残されている資源でもあり、
より、高い技術によって、クリーンで安全なエネルギー資源と
して有効活用をしていくべきものであると思います。
不安定な電力源を安定化させるには、制御できる発電源が
不可欠であり、ゆえに、ガスや石油、石炭、揚水などの
発電所を完全になくすことは出来ないということも
事実として認識しておくべきでしょう。
ただし、大電力が必要なくなるような電力供給管理が
出きるようになっていけば変わっていくかもしれません。
(電力の地産地消)

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:08| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

第50回日本SF大会 ドンブラコンL 無事終了

 台風12号の影響で、どうなるのかなともおもわれましたが、
無事に開催され、多くの方に来場していただき、
盛況のうちに、閉幕することができました。


 NHKの朝の全国ニュースでも紹介されたり、
地元静岡新聞にも、記事が掲載され、
日本における現代カルチャの基礎ともいるだろうSFの祭典に
多くの方が注目して頂けたら幸いです。


 今回は、初めてのスタッフ参加のSF大会でした。
昔からこの大会の存在はしっていて、参加したいと想いつつも
初参加は、前世紀最後の横浜のでゼロコンでした。
20世紀最後の年2000年の大会には、ぜひ参加したいと
想っての参加であったのを覚えています。
以後、都市型開催でいけるときには参加して、
合宿型はT-CONが初参加といった感じでした。
(My参加大会:
 2000年 Zero-CON、2001年 未来国際会議、
 2005年 HAMACON 2、2007年 Nippon 2007、
 2008年 DAICON 7、2009年 T-con2009、
 2010年 TOKON10 )

今回、私の故郷での開催、しかも、50回という節目の大会と
いうこともあって、スタッフ参加させていただいたと
いった感じです。
経験豊富なスタッフの皆さんのスキルは、
やはり流石だなと感じさせられました。
やはり、ノウハウは重要なポイントであり、
イベントをコントロールする場合は、変化する状況に
どう善処して的確に対応することが出来るのかということが
要求されるものなのだなとおもいました。
大きなトラブルもなく、実施できて良かったです。
静岡でのSF大会の開催という歴史が無事に刻まれたことを
感謝して・・・・・


 スタッフ参加だったので、企画をみることは出来ませんでしたが
ちょこっと、覗いたり、ニコ生を一部みたりできた程度でも
大会に参加しているなという実感があるのは、
スタッフ参加ならではの感覚なのだとおもいます。
ぜひ、機会があったらスタッフ参加という視点で、
大会を感じてみるのも素敵であるとおもいますので、
皆さんも考えてみては如何でしょうか。
(来年は、合宿形式の夕張での開催:http://www.varicon2012.jp/

 実際には、ネットを流すと、大会の情報も各所にあって、
会場内でのことも、少しはわかります。


第50回日本SF大会 ドンブラコンL
http://www.sf50.jp/
ドンブラコン日記L
第50回日本SF大会公式blogです
http://blog.sf50.jp/

#1ストラトス「ぐだぐだ同窓会座談会」SF大会(2010)出張版
http://youtu.be/fpzloY1eXrU
http://youtu.be/yNhC434bigo
http://youtu.be/UaMtA1Lcw_I

2011日本SF大会にセカンドライフから参加
http://youtu.be/d_OFi-EjMiA

ロボットサッカー@SF大会2011ドンブラコンL
http://youtu.be/7hdKMTQjfvA
http://youtu.be/6P1w_8hUBOo

第50回日本SF大会 ハセガワブース
http://youtu.be/7qZZjE0yPiA

3、4日に「日本SF大会」 静岡・グランシップ
http://www.at-s.com/news/detail/100057917.html

ロボと人間の関わり探る 静岡で日本SF大会
http://www.at-s.com/news/detail/100058275.html
http://www.47news.jp/photo/268659.php

SF大会 小松左京さんしのぶ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110903/k10015355131000.html

日本SF大会中継 攻殻機動隊の制作陣登場
http://blog.nicovideo.jp/niconews/2011/09/016340.html
http://woman.excite.co.jp/News/column/20110903/Niconews_2011_09_016340.html

第50回日本SF大会第2部11:30〜表現と法規制に関するミニシンポ #sf50_japan
http://togetter.com/li/183515
http://togetter.com/li/183759

ドンブラコンへGoヽ(  ´  ∇  `  )ノ
http://halunahime.blog13.fc2.com/blog-entry-485.html
trackbackURL:http://halunahime.blog13.fc2.com/tb.php/485-4c981dc2

ホビーロボットコロッセオ観戦記インデックス
http://sn.cocolog-nifty.com/sanzai/2011/09/post-0ac1.html

http://topsy.com/twitpic.com/1rcwhp
http://twitpic.com/1rcwhp
http://twitpic.com/6fumao
http://twitpic.com/6f5rgr
http://twitpic.com/6faa8s
http://www.twitvid.com/IAFAG
http://bretagne.air-nifty.com/anne_de_bretagne/2011/08/post-f18d.html
http://satou-robot.way-nifty.com/note/2011/09/post-2504.html
http://d.hatena.ne.jp/t_kato/20110904/1315124893
http://blogs.yahoo.co.jp/henry9285nf/28478256.html
http://d.hatena.ne.jp/theta/20110903#p1
http://sn.cocolog-nifty.com/sanzai/2011/09/sf-ddc8.html
http://blog.livedoor.jp/fsn0601/archives/51735303.html
http://d.hatena.ne.jp/Thorn/20110902/p1
http://d.hatena.ne.jp/Thorn/20110902/p2
http://d.hatena.ne.jp/tamait/20110902
http://suzakugames.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/sftrpg-aabb.html
http://blog.livedoor.jp/ryo3_2006/archives/51735080.html
http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2011/09/9394sf-1958.html
http://ameblo.jp/okuyo/entry-11003083159.html
http://hikidashinonakami.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/50sf-f895.html
http://www.cafebleu.net/hagio/blog/archives/2011/08/50sf.html
http://y3sei.jp/2011/05/sf-2011-syasai-2589.html
http://nukunuku.blogzine.jp/
http://blog.livedoor.jp/ryo3_2006/archives/51736344.html
http://sn.cocolog-nifty.com/sanzai/2011/09/post-90a8.html
http://esfe.g.hatena.ne.jp/shichiri/20110905


静岡SF大全の舞台裏
http://prologuewave.com/wp-content/uploads/2011/07/sizuokaSFtaizenn_takatukimaki.pdf


<ドンブラコンL 第42回 星雲賞受賞作>

【日本長編部門(小説)】
『去年はいい年になるだろう』
  著者:山本弘 発行:PHP研究所

【日本短編部門(小説)】
『アリスマ王の愛した魔物』
  著者:小川一水発行:早川書房「SFマガジン2月号」掲載

【海外長編部門(小説)】
『異星人の郷』
  著者/訳者:マイクル・フリン/嶋田洋一 発行:東京創元社

【海外短編部門(小説)】
『月をぼくのポケットに』
 『宇宙開発SF傑作選 ワイオミング生まれの宇宙飛行士』(ハヤカワ文庫SF)収録
  著者/訳者:ジェイムズ・ラヴグローヴ/中村融発行:早川書房

【メディア部門】
『第9地区』
  監督:ニール・ブロムカンプ
  製作総指揮:ケン・カミンズ、ビル・ブロック
  製作:ピーター・ジャクソン、キャロリン・カニンガム

【コミック部門】
『鋼の錬金術師』
  著者:荒川弘
  発行:スクウェア・エニックス

【アート部門】
加藤直之

【ノンフィクション部門】
『サはサイエンスのサ』
  著者:鹿野司
  発行:早川書房

【自由部門】
探査機「はやぶさ」(第20号科学衛星MUSES-C)の地球帰還
  独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

【特別賞】
小松左京

信念貫いたSF戦士 眉村卓氏が語る、小松左京氏
http://book.asahi.com/clip/TKY201108040220.html #sf #sf50_japan
SFの大家、小松左京さん死去 #sf
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/kyodo-2011072801000572/1.htm
「日本沈没」の小松左京さん死去 #sf
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/nikkansp-f-et-tp1-110728-0038/1.htm
巨星堕ちる SF作家小松左京さん死去「日本沈没」「首都消失」など代表作多数 #sf
http://news.nifty.com/cs/entame/moviedetail/hwch-20110728-20110728_1301/1.htm
小松左京さん死去=80歳、「日本沈没」など壮大なSF小説 #sf
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-28X254/1.htm
小松左京研究会
http://www.nacos.com/komatsu/
株式会社イオ(小松左京事務所)
http://www.iocorp.co.jp/

 
<2011ベスト地球・海洋ファン投票 結果発表>

■新作部門
●国内長編小説・実写作品賞 「華竜の宮」(上田 早夕里)
●海外長編小説・実写作品賞 「失われた深海都市に迫れ」
(クライブ・カッスラー、ポール・ケンプレコス)
●アニメ・コミックス賞   「ナチュン」(都留 泰作)
●短編・未刊行作品賞    「ライカ ライカ」(山崎廉)
●画集・絵本・年少向け作品賞 「ひかるもの」
(とくひらようこ作・絵)
●ノンジャンル・クロスオーバー作品賞
 「海のタイムトラベル−(1)生命の誕生/(2)生物の進化/
  (3)北極からの提言−」(NHK-BS、フランク・シェッツィング)

■オンライン作品・同人誌部門
「同人誌「保存船舶」Vol.1/Vol.2」(保存船舶研究会)

■オールタイムベスト部門
1位「日本沈没 第二部」(谷 甲州)
2位「復活の地」       (小川一水)
3位「ハイドゥナン」   (藤崎慎吾)
4位「M8(エムエイト)」/「TSUNAMI(津波)」(高嶋哲夫)
同率4位「日本沈没」   (一色登希彦)


<暗黒星雲賞>
自由部門:「台風12号」。
(次点:「会場のエレベーター、階段」)
コスチューム部門:「JAXAの作業服の人」。
(次点:「ブルーローズ」。)
ゲスト部門:「池澤春菜」さん。
(次点:「小松左京」先生。)
企画部門:「暗黒星雲賞20周年」
(次点:オプショナルツアー。)
幸運部門:「いそむら0296」さん。


<2010年度 Sense of Gender賞 受賞作品>
大賞 上田早夕里『華竜の宮』
話題賞 籘真千歳『スワロウテイル人工少女販売処』


P.S.台風12号で、参加者の参加が大丈夫かとの心配もありましたが
 一般公開の企画も、多くの参加者がいらしてくれたようで、
 良かったです。SF大会の魅力を少しでも感じてくれたら、
 また、次の機会にも参加してみて欲しいなと思います。
 静岡の文化の歴史に、また一ページ、SF大会開催の記録が
 刻まれたことを、嬉しく思います。


P.S.大会参加費について、高いと感じるか否かは、人それぞれです。
 ボランティアスタッフのみで運営し、大会の会場・機材・印刷物等の実費を
 まかなうために必要なのが参加費となっています。
 前回は、赤にはならなかったようですが、赤になるケースも多かったりします。
 過去の大会の運営結果からの経験則で、大会でかかる費用を想定して
 目標参加者数をベースに参加費は決められているということになります。
 つまり、参加者が少ないと赤字ですね。
 しかし、大会の企画の内容は、アマチュアなれど、プロ以上のものがあると
 いえるでしょう。


P.S.初スタッフとして、もう少し設備面で、企画マッチングできれば、
 企画主催者にもより満足していただけたかと思う点や、備品準備の一部不手際、
 撤収時に設置時のチェックをしなかったことで余計な作業を発生させて
 しまった点など、反省すべき点も多々あり、恐縮するばかりです。
 ともかくも、何とか無事に終了できたのは良かったという感じでしょうか。
 このあたりの運営に関する個人的な経験のまとめは、別途行なえればよいなと
 おもっています。


P.S.静岡県でのSF大会、浜松での開催の後、静岡で開催されました。
 西部、中部、ときたら、次は、東部ですね。
 東部での開催となると、会場は、三島市か、熱海市あたりでしょうか。
 ぜひ、開催されるとよいなと思います。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 23:50| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

ドラえもん誕生日


 2112年9月3日、
ドラえもんが、マツシバロボット工場にて誕生した日と
いうことです。
黄色のドラえもんが、耳をねずみにかじられて
青くなってしまったわけですが、
その後ののび太くんとの物語は、
夢と希望の溢れるお話が沢山ありますね。
 ドラえもんは、日本を代表するキャラクタのひとりであり
原作者が逝ってしまった後も、広く長く、
愛され続けています。

 本日より、開催される、第50回日本SF大会
ドンブラコンLでも、藤子・F・不二雄氏を扱った企画が
開催される予定です。
 SFの魅力を、より多くの人に感じて欲しい
ぜひ、時間のあるかたは、東静岡駅前の
グランシップに足を運んでみてください。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

第50回日本SF大会ドンブラコンL静岡で開催 9月3日-4日

 いよいよ、静岡での日本SF大会の開催が
明日になりました。

 日本の文化として、世界的にも注目されている
アニメやマンガ、それを支えているのは、
SFなのかもしれません。
日本の作品には、SF要素がいろいろ見かけられるものです。
かぐや姫やうらしま太郎、
大会の合宿企画の近くの天女伝説などなど、
妖怪や幽霊、伝記、伝承、どれもこれも、
ちょっと不思議な物語ですから。
 日本の文化のコアかもしれない、
SFの世界に、ふれてみる素敵な機会あと思います。
先頃、日本SF界の重鎮 小松左京氏が亡くなられました。
追悼企画もいくつか開催されます。
一般公開企画は、お子さんも愉しめるかと思いますので
ぜひ、いらしてください。

---- 記 ----

第50回日本SF大会ドンブラコンL静岡で開催

 平成23年9月3日(土)4日(日)
静岡県コンベンションアーツセンターグランシップにて
第50回日本SF大会ドンブラコンL開催されます。
日本SF大会は、昭和37年に東京で開催されて以来
SFファンの手によって全国各地で開催されており、
一般のSFファンとプロの作家、イラストレーター、マンガ家、
各種分野の専門家が参加するアマチュアイベントとしては
最古のものの一つです。
今年は50回目を迎えることができました。
是非ご来場下さい。

日時:2011年9月3日(土)〜4日(日)
会場:静岡県コンベンションアーツセンター
「グランシップ」JR東静岡駅前
一般公開プログラム:無料
分科会プログラム:20,000円(学生3,000円)

今年の大会では、『模型の街・静岡』にちなんで
模型関係企画が多数予定されております。

一般公開プログラムとしては
日本全国から二足歩行ロボットが集まる大会
『ホビーロボット・コロッセオ』や、
産総研の『HRP-4C 未夢』展示、
ミニ四駆コース開放、
SFイラストレーター加藤直之氏によるライブペインティング、
サイン会など、
分科会プログラムでは
『「はやぶさ」を作った人たち』、
『レーサーミニ4駆の話』
『作家さんなどゲストを囲んでの「小さなお茶会」』、
『星雲賞(SFファンによるSF関連作品活動に対する表彰)授与式』など
SFファン、模型ファンなら興味のある企画や展示が数多く行われます。
詳細は大会のホームページをご参照ください。

大会ホームページ
http://www.sf50.jp/

ゲスト紹介
http://www.sf50.jp/guest.html

一般公開プログラム
http://www.sf50.jp/program/open.html

分科会プログラム
http://www.sf50.jp/program/sub.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:22| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝くじの日

 語呂合わせで、9月2日は、くじの日と
いうことだそうです。
昭和20年に、1枚10円、1等10万円で
発売された宝くじも、
今は、1枚300円、1等3億円の時代に、
物価の変化と共に、時代の変化を感じる部分でも
あったりするような気がします。
 このくじの日は、せっかく当選したのに
引き換えないで時効となってしまうものが
多いということで、昭和42年に制定された
ものだそうです。
 宝くじ、当選すると、徳分を消費するため
それまで、抑えられていたカルマ解消の流れが
いっきに押し寄せて、この世的には、
不幸になる傾向が多いといわれるだけに、
微妙なところです。
 宝くじなどに頼らずに着実に働き
対価を得ることが、もっとも大切であると
いうことではありますね。
夢みて、政府・自治体へ寄付するといったところが
宝くじともいえるでしょうか。
 今年は、震災宝くじも発売されています。
震災復興資金集めのために宝くじですね。
ちょっとした寄付間隔で買うのもよいかも
しれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

二百十日・・・台風過ぎさって欲しいデス

 暦の上では、雑節のひとつ、
立春から210日目ということで、
稲の花が開くことでもあり、台風が多い時期でもあるため
農家が、とくに注意、警戒するように
してきた時期ということです。
 また、大正12年9月1日午前11時58分、
関東大震災が起こった日でもあったりします。
その災害を教訓に、地震対策、防火対策が
重要視されてきたわけですが、
防災の日、首都圏は、3.11で、その脆弱性を
露呈した感じになってしまいました。
マグネチュード8.0の直下型地震が来たときに
はたして、関東大震災の教訓が活きたと
いえるのかどうか、不安なところも多いのかなと
いう気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:01| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする