2011年09月02日

第50回日本SF大会ドンブラコンL静岡で開催 9月3日-4日

 いよいよ、静岡での日本SF大会の開催が
明日になりました。

 日本の文化として、世界的にも注目されている
アニメやマンガ、それを支えているのは、
SFなのかもしれません。
日本の作品には、SF要素がいろいろ見かけられるものです。
かぐや姫やうらしま太郎、
大会の合宿企画の近くの天女伝説などなど、
妖怪や幽霊、伝記、伝承、どれもこれも、
ちょっと不思議な物語ですから。
 日本の文化のコアかもしれない、
SFの世界に、ふれてみる素敵な機会あと思います。
先頃、日本SF界の重鎮 小松左京氏が亡くなられました。
追悼企画もいくつか開催されます。
一般公開企画は、お子さんも愉しめるかと思いますので
ぜひ、いらしてください。

---- 記 ----

第50回日本SF大会ドンブラコンL静岡で開催

 平成23年9月3日(土)4日(日)
静岡県コンベンションアーツセンターグランシップにて
第50回日本SF大会ドンブラコンL開催されます。
日本SF大会は、昭和37年に東京で開催されて以来
SFファンの手によって全国各地で開催されており、
一般のSFファンとプロの作家、イラストレーター、マンガ家、
各種分野の専門家が参加するアマチュアイベントとしては
最古のものの一つです。
今年は50回目を迎えることができました。
是非ご来場下さい。

日時:2011年9月3日(土)〜4日(日)
会場:静岡県コンベンションアーツセンター
「グランシップ」JR東静岡駅前
一般公開プログラム:無料
分科会プログラム:20,000円(学生3,000円)

今年の大会では、『模型の街・静岡』にちなんで
模型関係企画が多数予定されております。

一般公開プログラムとしては
日本全国から二足歩行ロボットが集まる大会
『ホビーロボット・コロッセオ』や、
産総研の『HRP-4C 未夢』展示、
ミニ四駆コース開放、
SFイラストレーター加藤直之氏によるライブペインティング、
サイン会など、
分科会プログラムでは
『「はやぶさ」を作った人たち』、
『レーサーミニ4駆の話』
『作家さんなどゲストを囲んでの「小さなお茶会」』、
『星雲賞(SFファンによるSF関連作品活動に対する表彰)授与式』など
SFファン、模型ファンなら興味のある企画や展示が数多く行われます。
詳細は大会のホームページをご参照ください。

大会ホームページ
http://www.sf50.jp/

ゲスト紹介
http://www.sf50.jp/guest.html

一般公開プログラム
http://www.sf50.jp/program/open.html

分科会プログラム
http://www.sf50.jp/program/sub.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:22| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝くじの日

 語呂合わせで、9月2日は、くじの日と
いうことだそうです。
昭和20年に、1枚10円、1等10万円で
発売された宝くじも、
今は、1枚300円、1等3億円の時代に、
物価の変化と共に、時代の変化を感じる部分でも
あったりするような気がします。
 このくじの日は、せっかく当選したのに
引き換えないで時効となってしまうものが
多いということで、昭和42年に制定された
ものだそうです。
 宝くじ、当選すると、徳分を消費するため
それまで、抑えられていたカルマ解消の流れが
いっきに押し寄せて、この世的には、
不幸になる傾向が多いといわれるだけに、
微妙なところです。
 宝くじなどに頼らずに着実に働き
対価を得ることが、もっとも大切であると
いうことではありますね。
夢みて、政府・自治体へ寄付するといったところが
宝くじともいえるでしょうか。
 今年は、震災宝くじも発売されています。
震災復興資金集めのために宝くじですね。
ちょっとした寄付間隔で買うのもよいかも
しれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする