2011年09月15日

東京ゲームショー2011開幕


東京ゲームショウ2011
 心が踊れば、それはGAMEです。
http://tgs.cesa.or.jp/index.html


 コ・フェスタの公式ホームページが、
今週になってようやくオープンして、
開幕の式典も行なわれたそうですが、
どうもニュースには流れていなかったですね。
知名度をあげるための努力が、もう少し必要な気がします。

そんななかで、公式イベントである
東京ゲームショー2011が開幕しました。
 ゲーム業界も、家庭用ゲーム機から、
パソコンによるネットゲームへと流れて、
いまや、モバイルゲームの時代です。
今回も、モバイルゲームが、もっとも注目を浴びているようですね。
モバイルでのネットゲームという流れが、
今後のゲームの中心になっていくのかもしれません。
もちろん、まだまだアーケードゲームも
家庭用ゲーム機も、パソコンゲームも健在ですし、
ボードゲームやカードゲームも人気は続いています。
 ゲームのコンテンツも、マルチ展開していることが
当たり前の時代になってきているといえるでしょう。
ただ、一部のファンのなかでは、
マルチ展開にたいして疑問を投げかけている部分も
あったりするようです。
しかし、コンテンツという視点でいけば、
優れたものであれば、プラットホームは選ばない
だろうし、様々な形式のゲームに対応できるであろうと
いえるでしょう。
そして、人気があれば多面的に展開していくのは
ビジネスである以上は自然な流れでもあります。
 日本のコンテンツビジネスは、
ゲームだけでなく、いわゆるメディアミックスが当たり前と
なっており、ビジネス面でも、多面的な展開を行なわないと
なりたっていかないような状況にもあると
いえるでしょう。
また、少子化、高齢社会という現状に対応するために
ターゲットの拡大をいう路線も、展開中ですね。
従来のターゲット層だけでなく、あらゆる層を対象に
展開を考えていく戦略が、それぞれのコンテンツの持つ
魅力にあわせてとられていっているといえるでしょう。
うまいマッチングが出来れば、ヒットの可能性が
大きくなっていくということですね。
海外展開にあたっては、それぞれの国や民族の文化の
違いや嗜好の違いなどもありますから、
王道系以外については、いろいろと考慮が必要となることも
あるわけです。
万国に通じる王道的ゲームも確かにありますし
そんな持ち味のコンテンツであれば、世界ヒットも
見えてくるともいえるでしょう。
 ゲームショーとはいうものの、ゲームというフィールドで
どのようなコンテンツが注目されているのかという
ことですから、他の分野での注目とも関わってくると
いえるでしょう。


被災地でのイベントも!コ・フェスタ2011のグランドセレモニーが開催
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20110914/1037775/


コ・フェスタ2011
http://www.cofesta.jp/2011/jp/
http://youtu.be/FSzhsxQFB0c
http://youtu.be/sJMZq_gVdJI


日本ゲーム大賞 2011
http://awards.cesa.or.jp/index.html
受賞結果一覧
http://awards.cesa.or.jp/press/pdf/110915_03.pdf

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする