2011年09月28日

パソコン記念日

 1979年、昭和54年の9月28日、PCー8001が、
NECから、16万8000円で発売されることが
発表されたということで、日本におけるパソコンの
一般家電としてのはじまりということで
パソコン記念日だそうです。
パソコンも、随分と短い期間で変遷してきました。
当時は、メモリも640Kバイト、
640Kか1Mの5インチフロッピディスクで
使うのが主流であったわけです。
(最初は120Kの8インチフロッピディスクでしたが)
 それから、どんどん進化して、
今や、メモリは4Gバイト、HDDが1Tの時代になってます。
記憶媒体もUSBメモリが主流で、8Gとか普通です。
 ハードディスクが、10Mの時代から比較して
価格は下がっていき、性能は上がってきました。
そんななかで、パソコンも、モバイルの時代へと進みつつあり
家電としては、モバイル端末へと組み込まれていく
流れでもあるような感じでしょうか。
まあ、それでも開発や業務用にこれまでのスタイルの
パソコンは残っていくでしょうけどね。
 個人的にも、パソコンは、中学時代に友人が
組み立てキッドの16ビットマイコンを作っていて
インベーダーゲームのプログラミングに協力したのが
はじめて触れたときになるのかな。
打ち込んだプログラムの記憶はカセットテープでしたね。
大学で卒論、大学院で修論のために、パソコンを使い、
就職してからは、業務でずっとお付き合い。
個人購入の最初は、PC-9801、16ビットの80286パソコン、
当時、アキバで80287を5万円で購入して実装したものでした。
本体+CRT+プリンタで約100万といった感じの価格でしたね。
そのあと、PC-9801N、PC-9801NC、パナソニックの一体型、
ThinkPad、VAIOときて、DLLのノートパソコン(現在使用中)、
HPのノート、モバイルノートと、9台のパソコンを
購入してきたことになりますね。
ハードとソフトで、パソコン関連で、400万くらいは投入して
きたことになるのかな。
最近、モバイルノートのLEDが壊れて見えなくなって
しまったこともあって、モバイル用をどうしようかと
思案中です。iPadもね。VAIOのタブレットもどうかな。
当面は、お蔵入りしていたHPノート(OSがねちょっとですが)を
つなぎに使う感じかもしれませんが・・・・。
 やはり、キーボード入力できて、ワープロ系が使えること
出来れば、プレゼンで使える感じであって欲しいですからね。
パソコンも、実は、基本ロジックは何も変わっていないし
理論上の進歩はあまりなかったりします。
いずれ、ノイマン型ではない、新しい理論を用いた
パソコンが登場することで、また大きな変化が訪れるのかも
しれませんね。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:08| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする