2013年06月04日

クラウドファンディング

 最近話題になっている?、クラウドファンディングですが
実は、行っていることは、まったく新しいものではなく、
昔から行われてきたことが、ネットの利用により、より簡単に
出来るようになっただけのことであったりします。

 もともと、株式会社というものも、同じようなものですし、
政治家の資金パーティーも同じようなものです。
チャリティーや募金も同じであるといえるでしょう。
ようは、多数の人たちから資金をあつめて、
何らかのプロジェクトを遂行するというモデルであるという
だけのことであったりします。
 では、何が違うのかといえば、
気持ち(気分)とリスクであるといえるでしょう。

 クラウドファンディングには、分類すると基本的に3つのモデルが
あるといわれています。

 寄付型、購入型、投資型 の3つです。

類型モデルを示してみれば、

 寄付型:募金
 購入型:チャリティー物販
 投資型:株(証券なしの株と思えばよい)

といったものだといってもよいでしょう。
どのケースについても、
大前提としては、
 「見返りを期待しないこと」
というものがあると言えます。
そこが、今の株とは異なる点であるといえるでしょう。
その意味では、資金を集める側のリスクはとても低いです。
そして、出資する側も、出した金額以上のリスクは存在しません。
投げ銭感覚という言葉が使われるように、
まさに、寄付感覚であるということが大前提となっているわけです。
したがって、投資型も、リターンはゼロということであっても
良いという前提で行われるということになります。
見返りは、投資したプロジェクトが達成されたときに得られる
自分も参加したのだという達成感のお裾分けということです。
まさしく、パトロンの感覚であるといえるでしょう。

この手法においては、残念ながら巨額の資金を集めるのは
非常に困難であるともいえます。
基本が小口ですから、当然といえば当然です。
また、より魅力的なプロジェクトでないと集まりません。
つまり、プロジェクトの魅力をどれだけアピールできるのかが
資金集めの成功に関わるということになります。
魅力のなかには、当然、プロジェクトの遂行者や参加者の
人としての魅力も含まれます。

さて、リスクですが、
出資する側には、とうぜん出資金額分のリスクを自己責任で
負うことになります。
寄付型といっても寄付金控除はありません。
購買型といっても購入品に関する保障はありません。
投資型といっても証券ではないので見返りゼロもありえますし、
収入があれば税金もかかります。
また、出資を受ける側においても、
アイディアの盗用のリスクがありますし
(アイディアは知財権利で保障されません)
寄付型であれば、集まった資金が年間110万を超えたら
贈与税を支払う義務も生じます。
購買型、投資型でも、利益が出れば税を払う必要が出てくる
こともあるわけです。
また、サービス会社の倒産や持ち逃げなどで失うことも
ありえないことではありません。
アイディアの内容によっては、社会的な信用を失うことも
ありえるでしょう。
もちろん、プロジェクトの結果についても同様です。
出資者が、味方になってくれたら良いですが、
敵になる可能性もあるということです。
ネットの世界では、悪い噂が広まる速度も早いということを
きちんと認識しておくべきでしょう。

ちなみに、仲介業者の数もかなり増えてきているようです。
だいたい、手数料として、10%〜20%を得て運営しているようですね。
そういったサービスを利用するメリットは、募集する相手を
探す労力の低減、出資者の管理業務作業の低減があげられます。
もちろん、仲介業者を利用せずに、独自に立ち上げることも可能です。
ネット上であれば、システム構築を提供していく企業もありますし、
能力があれば、自己開発することも可能です。
その意味では、企業がひとつのビジネスモデルとして、
クラウドファンディングを自社運用するということも
今後出てくる可能性があると思います。
広告宣伝に関する分野や、社会貢献に関する分野においては、
ひとつの手段として、上手く活用すればメリットがあるでしょう。
購買型であれば、特殊な商品の販売に活用もできますし、
試作評価の一貫としても利用できるでしょう。
ネットを介することで、ターゲットを世界に広げることも
可能であることが、魅力ともなると言えますね。

ITの利活用の選択肢のひとつとして、
ITコーディネータとしては、興味のあるビジネスアプローチであると
思っています。

クラウドファンディング サービス
10%〜20%

READYFOR? (レディーフォー)
https://readyfor.jp/

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
http://camp-fire.jp/

FAAVO(ファーボ)
https://faavo.jp/

MotionGallery(モーションギャラリー)
http://motion-gallery.net/

COUNTDOWN(カウントダウン)
http://www.countdown-x.com/

マイリングHR
http://hr.myring.me/

WESYM(ウィシム)
http://wesym.com/

MICRO MECENAT(マイクロメセナ)
http://micromecenat.org/

Cerevo DASH(セレボダッシュ)
http://dash.cerevo.com/

IDEAMAN(アイデアマン)
http://ideaman.vc/

Haps!(ハップス)
http://hapsmake.com/

FiRoom(フィルーム)
http://firoom.com/

GREEN GIRL(グリーンガール)
http://greenfunding.jp/

Sportie FUND(スポーティーファンド)
https://cf.sportie.jp/

Mother KOBE(マザー神戸)
http://mother-kobe.com/

Anipipok
http://www.anipipo.com/



クラウドファンディング構築システム

パッケージ型クラウドファンディングサービス
https://www.cybridge.jp/business/integration/crowdfunding/
株式会社サイブリッジ

GREEN FUNDING
http://onemore.co.jp/greenfunding/
株式会社ワンモア

クラウドファンディングサイト構築システム
http://www.cf-web.com/
株式会社ウェブスクウェア
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする