2013年11月18日

ホリスティック医学シンポジウム2013

ホリスティック医学シンポジウム2013 参加メモ
http://www.holistic-medicine.or.jp/sympo2013.htm
総合司会:久保田 泉(生活習慣病予防指導士)

ーーー
日本ホリスティック医学協会総会
生活習慣病予防士の会員として参加しました。今年は、一般へのホリスティックの啓蒙に力をいれていくようです、期待しています。

ーーー
講演「自分らしく輝いて生きる」
講師:曽我千春氏 (株)VOL-NEXT代表。元アナウンサー。

アナウンサーをしながら、ウエディングサービスビジネスを始めて、サタンリターンの時期に乳ガンの告知を受ける。手術、放射線治療、ホルモン療法の中で、離婚、父
と別れていた母の会社が倒産寸前となり、お金を貸したが破産してしまう。二度目の手術をし、鬱的になり、部屋のカーテンも開けられない状態になってしまった。担当
外科医に愚痴を聞いてもらい、信じる愛はあるよと言われて涙する。留守電のメッセージに感動し涙、窓を開けて、改心。赤坂溜池クリックでカウンセリングを受ける。
ガンの患者会をメーリングリストでスタート、がん患者の生活支援会社を立ち上げる。QOL クオリティオブライフを向上させるための支援をしていく必要を感じて起業。
納得できる治療、安心できる生活、自分らしい生き方をがん患者の皆さんに提供する。医療相談、生活相談、心の相談を受けている。自分らしく楽しく生きることは誰で
もできるという実感を仕事の中で得ている。がん患者生活コーディネーター育成講座を開講して、ノウハウを提供したりもしている。この仕事を続けていく難しさも現場
で感じている。仕事の継続の大変さも感じている。10年間で15万人の出会いの中で気付いたことがある。がんは不幸だと思い込んでいる人は自分らしく生きることが出来
なくなるということ。

サタンリターンのへこみのときの蕩減、カルマ解消により、その後の人生が開けた典型事例の人生だなっと思いました。為に生きることの本質に少し気付くことが大きな
転機になり得るということですね。
「がんは不幸だと思い込んでしまうことは、がんへの理解が不足している社会が原因だ」という考えは、正しいといえるけど、まだ本質を捉えていないですね。私の友人
も、「うつ蔓延社会を、うつ円満社会へ」の実現を目指して頑張ってます。がんに限らず、病に不幸だと思い込んでしまうことはあります。そう思い込んでしまう根本原
因は、やはり、日本人が信仰心を失ってしまっているからなのだと言えるでしょう。信仰心を取り戻していくことが、日本社会の現代の病を解いていくために必要なもの
であるということです。そのためには、家庭を取り戻していくこと、教育の質を変えていくことが必要であるでしょう。そんな事を聴講していて感じました。

ーーー
講演「乳がんが教えてくれたこと」
講師:宮崎ますみ氏 
(株)ヒプノウーマン代表、女優、エッセイスト、ヒプノセラピスト。

乳ガン告知から八年。その二年前にシコリに気付いていたが良性と言われていたので放置していた。結婚してハワイ在住していた、日本に引っ越しする準備中に告知され
る。告知直後に神棚をみて瞑想して内観してインナーチャイルドを見つめて、がんになった原因を感じ、がんになったから自分の問題を悟ることができたことを、神に感
謝する。かんを受け入れ、すぐに、ホリスティック医学に明るく友人に治療や生活のことなどの情報を集めた。芸能生活の中で気付きがあり、ハワイでヒプノセラピーを
受けることになり、自分自身に気付き女優をやめて、子どもたちのために何かをしたいという思いをもった、結婚し、出産し、インドヨガに傾倒する。311機会に、ロスか
らハワイに引っ越した。雨に打たれて、世界の不幸な人々の苦しみがみえて祈りをしていた、本当の救いとは何かという疑問をもった。神に本当の救いとは何かという祈
りを捧げた。お風呂で亡くなったおばさんがみえたら、本当に亡くなっていた。おばさんの霊が風呂場に見えて、対話して成仏していただいた。ジャーナリストの友人が
訪ねてきた悩みを語る彼女の側に亡くなった旦那さんがいて、お前は生きろと訴えていた。姉ががんになったという報告を受けて、神に祈るなかで、何か大きな救いが行
われていると感じた。姉の看病をして、疲れて祈るとアマテラスという言葉が浮かび伊勢神宮へ祈りにいって、また悟ることになる。ハワイに戻り、姉とやり取りしてい
た。闘病、離婚、などで苦しむ姉にハワイにきたらといったら、祈りの中で経験を奪ってはいけないという声がして、姉の苦しみの価値を感じた。その後に、自分のがん
告知があったので、がんを受け入れることが出来た。闘病生活をおくるなか、気功を学びにいってみたら、ぐっすり眠れた。それを機会にホルモン治療をやめる。自分の
健康マップを作って自分らしく生きるための治療を始める。そこから、ヒプノセラピーを本格的に学ぶようになる。ヒプノセラピーのカウンセリング事例を紹介、催眠術
にてがんの原因になった時点に戻して原因になることが何かを探り、信じ込んでいることを書き換えてあげる。その後にカラーセラピーをして悪いものを外へ出すイメー
ジを植え付ける。妊娠セラピー、未妊セラピーもしている。不妊治療のセラピー事例の紹介、二人目が出来ない原因の退行睡眠の結果、親が二人目の子どもを虐待してい
たので自分もそうしてしまうかもという深層心理を解消させて、子どもが出来て二人目も愛してるというイメージを深層意識に刷り込むことで、心と体を繋げてあげる。
多くの人のセラピーをするなかで、新たな気付きがある。アメリカで前世療法を学ぶ、患部に入っていく経験をすると光輝いていた、患部を担う臓器は強い、がんを与え
たスピリッツに会ってみたら、おばさんが出てきて、理由を語ってくれた。人は死んでも死なない。

まあ、魔女ですね。
インドヨガを学んだというわりに、ヴェーダの叡智を学んでいないのかなという印象を受けました。病気にするスピリチュアルの認識が、まだ浅いなと思いました。良い
スピリチュアルによる気付きを促す事例しか出てこないのは、護られているからだなと思いました。インドヨガを本当に学んでいたら、禁酒ベジタリアンになっているは
ずだけどどうなのかな。私の学んできた叡智からみると、何処にも不思議なこともなく、全ての現象は論理的に説明できるレベルかなという印象でした。

ーーー
講演「生命力を高める医療」
講師:帯津良一氏
帯津三敬病院名誉院長。 NPO法人日本ホリスティック医学協会会長。

がんを治す方法の本を書いたことがあるお話しから、生命力を高める医療についての話しへ。生命力は西洋医療では扱わない。生命力の定義についての話。わたしが考え
る10か条の裏話。思想としての医学概論という本の紹介、医学概論は大阪大学のおはこである、戦前にその学びが始まっている、東大にはなかった、医療とは、まずは人
間の尊厳を保つことが第一、お互いに支え合うことが必要。治療者と患者の関係性、自然治癒力、物理的治療の三つが必要だか、西洋医療は物理的治療のみであり、他の
二つに欠ける。ホリスティックは、医療と養生の統合を目指している。養生は、生老病死にわたり、生命力を養うもの。トキメキが、自然治癒力や免疫力を高める。今日
が最後の日と思って生きる。最後の晩餐だと思い夕食を食べる。最後の晩餐だと思い食べるとトキメキになる。食材にはこだわらない。楽しく食べる。自分のトキメキ、
食事でトキメキ、執筆でトキメキ、太極拳でトキメキ、女性にトキメキ、を患者さんに語る。自然治癒力とは何かは今だわからない、環境力を探し浄土に至る、浄土は本
願に満たされている、自然治癒力とは本願である、人は哀しみの存在であるから、自然治癒力は哀しみである、皆、科学的に説明できない、人は動的平衡を保つためにエ
ントロピーの増加を外部に捨てている。生と死を統合する。死後を予感することが必要。生命力を高める医療は、手に入る気があれば簡単に手が入るもの。

ホリスティック ドクターの心得
わたしが考える10か条
1.患者さんのために何ができるのか、患者さんと一体になって考える
2.どのような状況でも、患者さんの希望の灯りを消さない
3.医療者は患者さんを診たら、ぜったいあきらめない
4.代替療法を行使する者、すべからく誇りと謙虚さを忘れないでほしい
5.医者はえらそうに、肩で風を切って歩かない
6.医療とは”場”の営みであると肝に銘じる
7.人相には内なるいのちのエネルギーがにじみ出る
8.人の哀しみがわかる医者であってほしい
9.死後の世界を予感する感性を身につける
10.これが「ホリスティック医学」だといえる明確なシステムはない

なぜ、神は医療という行為を世に存在させているのか、なぜ病気になるのか、自然治癒力とは何か、生と死の意味と価値、全ては、神に叡智のもとに、論理的に説明展開
可能なものであったりします。その全てを知るは、アンタルヤーミーのみですが、その一部しか知らないような私のレベルでも、わからないと言う話しは不思議な話しで
はありません。先生のお話は、素晴らしいし、ある段階では正しいといえるでしょう。先生が魂レベルで残念なのは、飲酒ノンベジのところですね。
ホリスティック医学が、当たり前な医療社会になってほしいと思います。

ーーー
パネルディスカッションメモ
「いのちに向き合う ライフ・レッスン」
出演者:曽我千春、宮崎ますみ、帯津良一
進行役:山本忍 神之木クリニック院長。 NPO法人日本ホリスティック医学協会理事。

アナ、女優、共通の話題として、声について語っていただこうという振りから、曽我さんは、祖母が聾唖で幼い頃は喋れない子であったので、アナは憧れであった、そこ
から声に興味を持った。宮崎さんは、セラピーをするとき、自分でも心地よいような声を出すように心掛けている。
良い為政者の条件には良い声というのがあった。
聴くということの大切さについて、やはり、患者さんの声をよく聴くことができることが大事。本当に必要な人には、必要なものが降りてくる、その時にしっかりときけ
る準備ができていることが大切。ヒプノセラピーでは、相手の声に応じて問いかける、それは自分自身の内面に問いかけることを誘導していること。聴くのは医療の基
本。患者さんの全体像をつかむためには、根気良く聴くことが大切。なかなか聴くことができていない医者が多い、難しいことではある。
視るということについて、
どんなにカタログに大きく書いてもみえていない人がいる。ときどき、視界が突然開けてくることがある。
患者さんの根本はずらさないようにして、みている。
直観と直感かわあるが、医療においては、直観であるといえる。
曽我さんの決断できたのは?
誰かにやってもらいたいと思う気持ちもあったが、まわりにやっている人、やってくれる人は見当たらなかった、言い訳している前に、自分がやるしかないと思って始め
た。出来ない人、やらない人は、言い訳ばかりを口にする。何度もあきらめないでメーカーを訪ねあるいて、協力してください会社を探していくと必ず出会えた、断られ
ても後から訪ねてきてくれる会社も出てくることもあった。
宮崎さんが、何かあったら、直ぐ変われるのは?
患者さんに、寄り添うことで、対応していける。過去の経験の積み重ねのなかで、与えられるという視点でものをみて、変化に対応することができるようになった。
帯津さんへの問いかけ、
変わることの大切さもあれば、変わらないことの大切さもある。予備校生が、その志を持って医学の世界に入っていけば、医学会も変わるはずだが、変わらないのは、大
学に入ると、医学生というプライドが出てきてしまい、医者になると医師というプライドが出てしまい、初心を忘れてしまうことが多い。
曽我さんが大学一年生に、患者側からの視点での講義のなかでは、良い反応しているとのこと。患者側から出来ることには、医師に良い仕事をしてと祈ること、医師がよ
くなることがある。

来場者からの質問

乳がん以外のがんにも対応してくれますか?
カツラを扱っている関係で髪に関することの患者さんが多いですが、今はいろんな患者さんがいらしゃっています。

ヒプノセラピーは五歳に子どもにもできますか?
出来ますが、子は親の鏡、親の方をみたほうが良いでしょう。親が変わると子どもも変わるものです。

親を許すことができたきっかけは?
最近、声が聞こえてきた、親は自分で選んで生まれてきたのだ、という声であった、その声を聞いて母を許せる気持ちになりました。

どんな瞑想をしていますか?
インドヨガの瞑想を学んだのは、出てくるものを流していき無になることを目指す瞑想をしていました。

毎日が最期の晩餐だど惰性にならないですか?
毎日が新鮮な気持ちで、最期の晩餐という気持ちになって食事を頂いています。惰性になることはありません。

10か条の中でもっとも言いたいことは、6.医療とは”場”の営みであると肝に銘じる。医師が主役ではない、その場の関係者が全て主役で関係性を持つことが大切であ
り、そんな場こそが、医療のあるべき姿。

神の声をきくことができるのは、才能は、誰でも出来るものなのか?
誰でも出来るものだけど忘れてしまっているだけである。ヒプノセラピーをすると自分の心の声が聞こえてくる。

医療費の中で西洋医療がしめる割合は、欧米では5割程度というが、日本の医療の現場で医療比率を変えていく必要があるのではないか?
日本の医療構造の問題もあるが、患者さんの意識の問題もある。まず、東洋医療から受けるようにしていく意識改革の必要がある。

患者に余命宣告することはどうなのか?
余命を決めることなど西洋医療では出来るはずもないので、考えたこともない。意味の無いこと。

これから先の10年後について

曽我さん
未来はわからないが、自分のことばかり考えないで、他人のことを思えるようになれば、希望はある。

宮崎さん
それぞれの本質を見つめて、学んでいけるお手伝いが出来れば良いなと思っている。

帯津さん
地球の生命力が弱っていると感じます。攻めの養生を進めていける人材を一人でも多く世に出していくことをすすめていきたい。

ーーー

ホリスティック医学協会シンポジウムを聴講して、あらためて、自分の学んできたことに矛盾はないなと感じました。生きることの意味、医療のもつ意味、現代社会のも
つ問題の根本にあるもの、医療に携わる人や、人の悩みや問題に携わる人が、もつべき姿勢、それぞれに人によって抱くことがあります。しかし、それぞれの本質におい
ては、矛盾するものではなく、視点の位置や認識できる範囲が異なるだけのことであったりするわけですね。神の叡智、聖霊の叡智を学んでいく中で、全てが解けていく
ものですね。ただ、より深いところや、高みの部分を知るためには、更なる魂の成長が必要であり、まだまだとどくものではありません。常に謙虚な姿勢を忘れることな
く歩んでいくことが大切であると感じています。



iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かぐや姫の物語

かぐや姫の物語
序章の六分映像を観ました。

太陽の王子ホルスの大冒険
パンダコパンダ
アルプスの少女ハイジ
母をたずねて三千里
赤毛のアン
じゃりン子チエ
火垂るの墓
おもいでぽろぽろ
平成狸合戦ぽんぽこ
ホーホケキョとなりの山田くん

高畑勲監督の最新作は、
日本の古典SF、竹取の翁の物語
誰もが知っている、かぐや姫の
アニメ化です。
これまでも、幾度か映像化されてきましたが、どうやら、これこそが、かぐや姫のお話しだと言わしめるような作品になっているようですね。

姫の犯した罪と罰
かぐや姫の物語を高畑勲監督が日本人に問う作品のようです。
アニメの映像表現としても、最近の傾向に対するアンチテーゼとして、本来の絵を動かすというアニメのもつ魅力と力を示している作品となっていると言えるでしょう。
日本人なら、かぐや姫を語るなら、観ておくべき作品だということですね。通常のアニメの倍以上の動画を必要とした日本の昔の蒔絵をみているような映像は魅力的で
す。本作は、最初のシナリオは八時間以上あり、最初のコンテも四時間くらいあったと噂される物語を二時間ちょっとに圧縮した作品は観るものを最後まで引き付けてし
まうという感じみたいですね。序章の最後、雪の中に倒れるかぐや姫のシーンは印象的です。二階堂和美さんの詠う「いのちの記憶」と共に流れる六分の映像は、製作に
八年を要した作品の魅力を伝えてくれていました。劇場公開がとても楽しみですね。必ず観に行きたいと思います。

iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢と狂気の王国 イベント上映会

夢と狂気の王国 イベント上映会
最初は、地図、IG、ジブリ、三人の若手プロデューサーによるトーク、作品の話しと、かぐや姫の物語の話しなど、ジブリの核の三人のお話、楽しいお話しでした。
かぐや姫の物語の予告に続き、バンダコパンダの上映がまずありました。宮崎、高畑をはじめ、そうそうたる顔ぶれがスタッフロールに。
初回上映舞台挨拶、監督、プロデューサー、ゲストに鈴木プロデューサーと、野中氏、そして、世界最速上映会、ジブリ美術館のカットからはじまるスタジオ ジブリのド
キュメンタリー作品、宮崎駿監督の「風立ちぬ」の制作の中を追っていくなかで、高畑勲監督の話題が出てきます。同時公開の発表の裏では既にかぐや姫は間に合わない
という状態だったようですね。宮崎駿監督の人生観や作品への想いが伝わってくるフィルムでした、終幕時には会場は拍手で満たされました。
高畑勲監督のかぐや姫の物語は、かなり素晴らしい作品になっているようですね、是非、劇場で観たいと思います。お土産は、かぐや姫の物語の最新予告の板でした。
ジブリの今後、宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫の次世代に期待しています。

iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:56| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォッサ!清水エスパルス

清水エスパルス
天皇杯4回戦、0-1で敗退。
今年は、リーグ戦を3試合残すのみとなりました。
結局、無冠に終わり、ACLも無理になり、賞金獲得もギリギリです。
何とか三連勝してシーズンを締めくくり来季に向かって行ってもらいたいですね。
来季のシーズンチケットの販売申込みが始まりました。
私も当然申込みました。
シーズンチケットの購入は、サポーターとしてのクラブ愛の表現のひとつだと思っています。
Jリーグ開幕から、バブル人気当時の抽選漏れしたシーズン以外はずっと購入しています。
これからも変わることなくサポーターとして、クラブを応援していくことでしょう。
いつまでも見守ってるよエスパルス!

iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

生まれてきたのは何のため?

生まれてきたのは何のため?

生まれてきたのは楽しむため。
生まれてきたのは修行するため。

どちらも、目的ではなく手段です。

生まれてきたのは成長するためなのです。
神様は、子どもである人に成長して欲しいと願っていらっしゃるのです。そのために必要なものを与えて下さいます。
そして、人は成長するために、修行するのであり、楽しむのです。

与えられた人生を、精一杯生きていくなかで、人は成長していきます。
成長の妨げになることは、必要のないものであるということです。
神は、その人の成長に必要ないものを排除することもあります。
成長していくために必要なものは、その人により異なるでしょう。また、必ずしもその人が喜ぶものとは限らないでしょう。子供が学び成長するためにに必要な本を親が買い
与えても勉強が嫌いな子供が喜ばないのと同じです。本当に子供のために必要なものを親は考えて与えるものなのです。神が人に与えるものは、人にとっては必要なもので
あっても、与えられた人から見たら嬉しいものとは限らないということです。
人生を歩んでいくなかで、神は成長するために必要なものを用意して下さいます。それを素直にとらえて神の願いに応えていくことが親である神を喜ばせることになるでしょ
う。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:53| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

正しいとは?

正しいとは何か?

講話「私は今、正しく生きているか?」浅川勇男先生からのお話拝聴して、まとめメモ


自らが正しいと主張するもの同士が、争い、戦争となっています。
自分が悪いと思う人は相手を打つことはありません。お互いに自分の否を認めたなら争
うこともなく戦争にもなりません。
正しさには、愛がなければならないのです。愛のない正しさは剣になってしまいます。

「私は今、正しく生きているか?」
それを、確かめる為の方法は?

誰もが持っている先生にたずねてみるとよいでしょう。

誰もが持っている先生とは、
「良心」です。
善く生きる為には、自分の良心にたずねてみることです。
「私は今、正しく生きているか?」
そうたずねて、良心が悲しみ、良心が苦しんでいたのなら、その時にしていたことはや
めるべきでしょう。
良心の答えを聴くためには、心を磨き、私と私の心だけが対面する時間を持つことが必
要になります。
そのような場が、祈りの場であり、瞑想の場であります。
そして、写経や書写もまた、善き言葉を書き写す中で、その言葉からのパワーを受け取
りながら、自分自身の内面を見つめ直していく時間を過ごすことだと言えるでしょう。

良心に恥じることない行動、生き方をしていたなら、神の恵みも届くことでしょう。
良心に恥じる行動、生き方をしていたなら、悪魔が近寄り、神の恵みを受け取ることが
出来なくなるでしょう。
善く生きるために、正しく生きていくために、常日ごろから自分自身の良心に問いかけ
てみることが大切です。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人づくり、家庭づくり、国づくり

「人づくり、家庭づくり、国づくり」国民運動
http://www.kokuminundo.jp/

平和で豊かな国づくりのために必要なものは、何でしょうか?
国の基盤は、やはり国民です。
そして、社会の基盤は家庭です。
ゆえに、より良い国を目指すには、「人づくり」と「家庭づくり」が欠かせません。
家庭は国の基本単位であり、家庭倫理が社会倫理の基盤になっています。多くの社会問
題の背景には、家庭の問題があると言えるでしょう。
より良い家庭を築いていける人づくりも大切になります。
人づくりは、家庭づくりへ。
家庭づくりは、国づくりへ。
ひとり、ひとりが、それぞれに出来ることをやっていくことが大切ですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の仏教の今…に想う・・・

カイラス巡礼プラダクシャナから帰国して、ルンビニにて感じた事を、檀信徒でもあり、南無釈迦牟尼仏を基本念仏としていることでもあり、曹洞宗のホームページに、
質問をしてみました。以前にしたときに返事はなかったので、返信は期待していませんでしたが、なんと返信がきたので、せっかくですから、そのまま掲載しておきま
す。
返信については、日本の仏教の限界をあらためて感じたのと、少し安心はしたという感じでしょうか。
安心したのは、僧堂では一応、禁酒菜食が守られてはいるということ。
限界を感じたのは、道元禅師の教えから先には進めない学びになっているのだなということです。お釈迦様の教えには到達することないのだなという感じでしょうか。ル
ンビニはインドではなくネパールなのも知らないのですからね。道元禅師は、本当は西方に行こうとしていて、その途中で出会った僧のところで修行して帰国しなければ
ならなくなり、西方に行かなかったわけですが、帰国後に西方に行くことに意味ないと語られているのは、その後に本当の教えが日本に伝わることがなかったからでしょ
う。また、本人が行けない立場となり自分を納得させるために語られてものだと言えますからね。菜食については、お釈迦様が明確に語られていないのには、師とも言う
べき僧が残した伝承があり、それに遠慮して進んで語らなかっただけであることは、お釈迦様について学んでいけばわかることです。でも、曹洞宗としては、道元禅師の
教えさえ、学んでいけば良いということのようです。これは、日本の仏教の他の宗派も同様であるでしょう、つまり、開祖の教えで止まってしまい、その先には進んでい
かないということです。日本の仏教が、本来の仏教とは違うものになってしまったと言われる理由は、それぞれの開祖の教え以下でしかないということにあるのかなとも
感じます。それぞれの開祖が、行ったことは、師を越えて、探求し、探究し、修行したことであったはずです。しかし、その事実に気付き、行動する僧が出で来ることは
なさそうです。ルンビニにて学ぶことで得られることもあるはずです。お釈迦様の残したものを肌で感じる修行の場としての寺院が無い事は、やはり、道元禅師は残念に
思われているでしょう、それを魂で感じることが出来ないのが、日本の仏教の限界でもあるのでしょうね。
もちろん、開祖の教えを学んで戒律も守り修行し、日々を生きることは素晴らしいことであり、尊敬することです。それを否定するつもりもないし、そのことの素晴らし
さや価値も認めるところです。
出家者の十善戒、在家の五戒という。仏教の教えの基本を守り広めることすら、しっかりと出来ているとは思えない日本の仏教界は、お釈迦様の教えに近づき悟りへの道
を歩む上では限界があると思われても仕方ないのかなと感じるしだいです。
もちろん、個々の僧侶をみていけはば、宗派としての限界を超えて、悟りの道へと歩まれている方もいらっしゃいます。根本的には、宗教は必要なく、人、ひとりひとり
が、信仰心をもって、神仏と相対し、師に学び歩んでいけば良いだけのものではあるのですから。お釈迦様も、宗教などはつくってはいません。弟子たちがつくったもの
でしかないのです。お釈迦様にとっては、仏教など存在しないものであったということです。
本来なら、曹洞宗も、僧堂だけでなく、全ての寺を禁酒の場とし、精進料理のみをいただく場に、戻していくことをしていくべきだと思うのですけどね。

ーーーーーーーーーー
拝復 松原広幸 様

この度は、曹洞禅ネットをご利用いただき、ありがとうございます。

また、ご質問も頂戴しておりましたが、当方は公式サイトという関係上、いただいたご質問に対し、会議を経た上でご返答しておりますので、時間を要しますことをご理
解いただけましたら幸いです。

頂戴したご質問ですが、ルンビニに曹洞宗が寺院を建立していないことが、道元禅師が悲しんでおられるのではないか、とするご意見と、僧院での禁酒・菜食の厳守とい
うことについての内容だと理解しました。

それぞれに返答いたします。

まず、前者です。

道元禅師はインドの仏教について、次のような見解をお持ちです。

梁の普通よりのち、なほ西天にゆくものあり、それ、なにのためぞ。至愚のはなはだしきなり。悪業のひくによりて、他国にレイヘイ(※漢字は出ません)するなり。歩
歩に謗法の邪路におもむく、歩歩に親父の家郷を逃逝す。なんだち、西天にいたりてなんの所得かある、ただ山水に辛苦するのみなり。西天の東来する宗旨を学せず、仏
法の東漸をあきらめざるによりて、いたづらに西天に迷路するなり。仏法をもとむる名称ありといえども、仏法をもとむる道念なきによりて、西天にしても正師にあは
ず、いたづらに論師経師にのみあへり。そのゆえは、正師は西天にも現在せれども、正法をもとむる正心なきによりて、正法、なんだちが手にいらざるなり。西天にいた
りて正師をみたるといふ、たれかその人、いまだきこえざるなり。もし正師にあはば、いくそばくの名称をも自称せん。なきによりて自称いまだあらず。
『正法眼蔵』「行持(下)」巻

道元禅師は、御指摘のような遺跡には価値を求めず、むしろ、如何にして現実に正法が建立されるかを重視しておられました。その意味で、既にインドで正法眼蔵を正し
く伝えた菩提達磨尊者が、中国に来た以上は、もはやインドは抜け殻のようなもので、インドに行く必要などはないと指摘しているのです。それを、「いたづらに西天に
迷路する」と述べています。そして、中国や日本に、正法眼蔵を明かしていくことが肝心だと考えておられるのです。よって、大変に申し上げにくいのですが、現状のイ
ンドに曹洞宗教団が遺跡を作っていないからといって、道元禅師が悲しむことはあり得ません。

後者です。

現在の曹洞宗の僧堂(修行道場)では、精進料理と称される、いわゆる肉類を用いない食事を行っています。また、特に朝食・昼食の二度の食事は厳格なる作法で行わ
れ、そこには御指摘のような飲酒などが入り込む余地はありません。なお、ご承知だと思いますが、飲酒の厳禁は釈迦牟尼仏在世の時代からでしたが、菜食を中心に行う
ことは、『梵網経』という経典の影響が大きく、その経典の影響がない東南アジアのテーラワーダ仏教では、肉食を通常に行うことを付記します。

以上、大変に雑駁ですが、返答とさせていただきます。

今後とも、禅ネットをご利用くださいますようお願い申し上げ、失礼いたします。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
曹洞宗公式サイト「曹洞禅ネット」
曹洞宗宗務庁 広報係
e-mail: zen-net.mail@sotozen.jp
http://www.sotozen-net.or.jp/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
ーーーーーーーーーー
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

景気の変化の流れのなかで

20代の若手起業家の皆さんは、バブル崩壊後の時代に
育っているので、経済成長というものが何なのか知らないと
言われています。
1991〜2002年『失われた10年』
1994年〜 平成のデフレ不況
ビジネス上・1990年からの20年“失われた20年”
といわれる時代に成長したことで、
経済への信用をもてなくなった人もいるようです。
経済的な成功に期待をもてないことが、
経済以外の成功へと夢を抱かせるようにさせていったがゆえに
経済以外の成功を求めるようになり、
ソーシャルビジネスへ向かう人が増えているという視点は、
ある意味正しいと感じますし、良い事であると思います。
経済の歴史も、螺旋的に時代の流れのなかで変化しているものであり
これからの時代は、物質的な成長、量的な成長ではなく
質的な成長へと、進化していくということなのではないでしょうか。
それゆえに、求められるマインドも変化してきているのでしょう。

国税庁統計:民間企業年収1997年467万3000円ピーク以後下落。2011年409万円。

日本の戦後の景気循環
第1循環 戦後の朝鮮戦争特需景気
1951年6月 朝鮮戦争の反動不況
1951年10月 投資・消費景気
1954年1月 昭和29年不況
1954年11月 神武景気
1957年6月 なべ底不況
1958年6月 岩戸景気
1961年12月 転換型不況
1962年10月 オリンピック景気
1964年10月 証券不況
1965年10月 いざなぎ景気
1970年7月 ニクソン不況
1971年12月 列島改造景気
1973年11月 第1次石油危機
1975年3月 安定成長景気
1977年1月 円高不況
1977年10月 公共投資景気
1980年2月 第2次石油危機
1983年2月 ハイテク景気
1985年6月 円高不況
1986年11月 バブル景気
1991年2月 バブル崩壊
1993年10月 カンフル景気
1997年5月 列島総不況
1999年1月 IT景気
2000年11月 デフレ不況
2002年1月 いざなみ景気
2008年2月 世界同時不況
2009年3月 第15循環?
2012年4月 (暫定)??
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 11:24| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平和大使セミナー 日韓トンネル 今後の展開

平和大使セミナーに参加してきました。
世界には、さまざまな問題があり、人は平和と幸福を求めています。
しかし、現実の世界において、それはなかなか実現されていません。
平和大使とは、天宙平和連合により認定された
人類の普遍的倫理価値、真の家庭の現実、超宗教的協力、超国家的調和、
国連の刷新、責任言論、平和文化の促進を実践する人々です。
その使命は、宗教・国境・人種の壁を超え、
人類の悠久なる願いである平和統一世界の実現に貢献することです。
平和大使セミナーとは、そんな理想に向けての活動に関連した内容を
学び共有する場です。

東アジアの平和のためには、日韓中の関係が良好であることが
必要です。南北朝鮮の統一、中国と台湾の問題など、戦後課題として
残された問題を解決するために、日本が担うべき役割は何なのか、
日本の為という視点から脱却し、アジアの為という視点で、
国民ひとりひとりが考えていくべき時代であるといえるでしょう。
日韓トンネルは、アジアの平和と発展の基盤となるものとして
考えていくべきものだということです。

-------->>>>>>>>>>>
平和大使セミナーメモ

日韓トンネル 今後の展開
講師 山岡建雄氏

視点の持ち方・日韓の二国間を繋ぐ、日韓から大陸までを繋ぐ、環太平洋経済圏/東アジア経済圏

旅客、車、貨物を運ぶ
1000mを12から15度勾配
青函トンネルなどを参考にして設計

福岡〜唐津〜壱岐〜対馬〜巨済島〜釜山

シールド工法で300地下までいく技術、TBM・ドーバー海峡では、一ヶ月500mだった今は1500mは掘り進める。

旅客、車載、貨物を1時間各2本走らすことで、今の日韓の輸送量をカバーして余るくらいになる。

戦前から日韓トンネルの構想はあった。戦後にも検討されてきた。韓国サイドからは大統領が日韓トンネルの推進を提唱している。

日韓首脳の合意のなかで
日韓新時代のアジェンダ21
として、まとめられたものの内容がある。第一期日韓新時代プロジェクトの成果。第一期は日韓併合100年となる2010年を目指して、その後の日韓のあり方を考えてい
くものであった。現在は第二期が推進されている。

ユーロトンネルからの教訓
構造物としては大成功であった。
しかし、運営は、経営破綻した。
事業認可契約のみ、財政支援、債務保証なし。91億ユーロ債権の54%破棄して新会社出発。民間資金によるBOT方式ですべて行ったことが原因。上下分離方式で行うべ
き。上部の運営、運行は民間、第三セクター、下部のインフラは政府、公共機関が担う。

全長270km、トンネル160km、総工費10兆円、総工期間10年。

日韓版カンタベリー合意が必要、両国国民過半数の賛成が必要、それが出来れば担当部署が決まり先に進む。管理主体、運営主体、工事主体を決定して着工へ。

便益、コスト、安全性、代替性、行動圏、幸福度などをかみして、建設価値を評価する。

関門トンネルは戦前に出来て今も維持されている。

アジア・太平洋地域の平和、繁栄の実現のために、日本がすべきことを考えるべき。

小異を残し、大同を求める。
日韓中の関係をより良く進めていくためには、違いをぶつけ合うのではなく、お互いの共通点を見つめることが大切である。
三國は文字として漢字を使っていた。文化的な共通点は歴史を共同で研究していけば正しく見えてくるはず。
-----------<<<<<<<<<<<<<
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライトノベル業界トークセッション!

ライトノベル業界トークセッション!
〜現役のラノベ作家・イラストレーターから、ライトノベル業界を教わろう!〜

--------トークセッションメモ--------

トーカーの作家、イラストレーター、編集の皆さん、みな若いですね。業界が盛り上がってきたのが最近だということもあるのでしょうね。編集部六人、社員十二人の
会社、月五冊程度の新刊を出版している、新人賞、大賞を企画公募している。


山川進さん、妹さんが声優、「温泉ドラゴン王国」ほのぼの温泉もの。不思議な効能のある温泉の話。
アニメ好きで二次創作を趣味でやっていた、就職した会社をリストラされて作家を目指して年四〜五冊書いて投稿して作家に。好きなアニメはエヴァ。

サイトウケンジさん「聖剣と魔竜の世界」ラブコメバトル、妹を武器に戦う。魔竜も女の子。中二病少年であった、ラムネ&40が好きだった。大人向けゲーム制作のシ
ナリオライターから誘われて作家に。

同じ文庫の作家さんが、会うことはあまりない。
温泉で特殊な効能というと、らんま1/2を思い出しました。
最近のラノベは、擬人化、萌えは、定番みたいですね。


黒銀さん
学生時代にイラストレイターの仕事もするようになり、電撃大賞受賞から本格的に仕事をするように。本当はマッドサイエンティストになりたかった。

編集Kさん
書評などをブログなのでかいたりしているなかで、編集の仕事をするようになった。ラノベ編集では、アイデアを出したり意見をすることもある。銀髪キャラ好き。

草Pさん
同人ゲーム月姫に感銘して、自分で同人ゲーム制作してコミケで販売していた、ゲーム会社に就職後、シナリオライターなどを努め、メディアファクトリーに移りアニ
メ仕事を経て、今の会社に、編集となる。

皆さんの話しを伺っていると、すでに、コミケ、ゲーム、アニメが好きで、業界に入ってきた人が、業界の中をしめてきているのだなと感じました。

ラノベ作家にとって嬉しいこと、自分の作品が店頭に並ぶこと、人との出会い。知り合ったきっかけから、仕事が広がることもある。好きなアニメシナリオに関わるこ
とができた。

イラストレイターの嬉しいことは、より高額なギャラをいただいたときに、自分の市場価格があがったと感じられること。

トークをきいていて、あらためて、感じたけととしては、
コンテンツビジネス業界は、基本的に村的なところがあり、人脈は非常に重要な世界だということ、仕事に関する信用を得ることはとても大切なことです。こいつは裏
切らないと思われないといけません。また、仕事が出来ると思われることも必要ですね。

編集になって嬉しかったこと、はじて、原稿を受け取ったとき、イラストデザインを受け取ったとき。ユーザーからの良い反応があったとき。Webアンケートの意見。

ラノベの表紙買いなどもある。
イラストデザインで気を付けること、書店に並ぶときにどう見えるのか、手にとったときどう見えるのか、ラノベファンに訴求できるようにデザインする。

編集で、どんな作品を出版するのかを決めるまでの流れは、企画から入っていくケースが通常、原稿持ち込みのようなケースもある。
プロットの必要性、プロットが上手く書けないと作品も面白くない。
プロットが変わることもあるが、作家によって異なる。
イラストは、編集によって発注から作成までの流れは異なる、レーベルによっても違う。まず、表紙のカラーイラストから、最初はキャラがふわっとしていてキャラ立
ちしきれていない。

トークセッション・作家を目指す皆さんへ

とにかく、書くこと、たくさん書けば上手くなる。

インプットする時間を持つ。
何でにも興味を持つこと。

自分が好きなもの、書きたいものを書くこと。

人の話をきくこと、面白いことに感心を持つこと。

トライすること、投稿チャレンジする。ただし、未完でないこと。

テニオハの文章技術は中学生が読んで何が書いてあるかわかるレベルであればよい、それよりも面白いこと、熱いものが感じられること。

作品の内容を三行で表せること。

ラノベ業界の今後について

流行について
流行は、企画に影響する。
流行を小手先で入れてもダメ。
作家は書きたいものを企画して、
編集がフォローすれば良い。

このジャングはきついというものは?
SFは、残念ながら今の中高生には響かない。

やはり、
中二病、ラブコメ、バトル
あたりが流行りか…

ウケるイラストの流行りは?
やはりある、ヒット作品の影響が強い。

今後、流行りそうなジャングは?
SF?、以前ファンタジーはダメと言われていたが今はファンタジーだらけ。

-----------------<<<<<<<<<<<<<
ライトノベル業界トークセッション、学生の皆さんにはいろいろ刺激になったところあったようです。

ラノベ業界というものが出来てきたのは、ある意味最近のことと言えます。昔は出版業界の一部、文庫分野の中の一つであったわけです。メディアミックス展開の広が
りの中で、イラスト?ジュブナイル作品が中高生中心に人気を持つようになり、レーベルも増えていき、今日に至っているというわけですね。その意味でも、メディア
ミックス展開に関する話しを聞いてみたかったですね。きけなくて残念でした。この業界、当然、少子化の影響もあってしかるべきなわけですが、それを補うためにも
メディアミックスが重要であるはずです。また、電子書籍についてのアプローチに関することも聞きたかったかな、ラノベユーザーは、電子書籍に抵抗ない世代かとも
思いますからね。
コバルト文庫やスニーカー文庫の創刊からの読者としては、やはりいろいろと気になるところではありますね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガートナーが提言するIaaS事業者選択の3ポイント

クラウドの時代といわれながらも、まだまだ利用は進んでいるとは
言えないように感じます。
ガードナーの提言に関する記事を読みましたが、
どの事業者のクラウドを採用するのかについては、
やはり、専門家の助言が必要になると感じました。
私たち、ITコーディネータの仕事のひとつでもありますね。
実際のことろは、やはり、個々の企業に必要であり、
効果の得られるサービス内容とコストという視点で
選択肢を絞っていくのが、現実におえるポイントであるでしょう。
選択肢は、広い方が良いのは当然であり、
BCPの視点も重要になるでしょう。
提言のポイントは、必要ではありますが、具体的な選択にあたっては、
優先度は下がりますね。プレイヤーの評価は重要ではありますが、
結局のところ、使えるのか、効果があるのか、ということがクリアできなければ
意味はありませんから。
また、従来から使用しているものからの移行をスムーズに出来ることが
重要いなります。企業内の担当者が使いやすくなければ、大変であるし
コストもかかりますから。
現場の状況を把握し、業務プロセスを確認し、改善出来る点、
クラウド導入することで効果があるポイントなど、きちんと精査して
理解を得て、皆が納得したうえで導入を進めていくことになるわけですから。

ガートナーが提言するIaaS事業者選択の3ポイント
「IaaSを検討する際、キャリアを候補に加える」
「キャリアに限らず、プレイヤーの特性を理解し、クラウド市場との親和性、従来環境からの移行戦略、取り組みを把握・評価する」
「各プレイヤーのビジョン、サービス、技術への投資姿勢を評価基準に加える」

クラウドプレイヤーの分類
(1)クラウドネイティブ:AmazonやGoogleなど
(2)テクノロジープロバイダー:富士通、IBM、マイクロソフトなど
(3)データセンター事業者:ビットアイル、Equinixなど
(4)キャリア:NTTグループ、KDDI、Verizon、BTなど

キャリアクラウド注目理由
「スケール・ビジネス」
「ユーティリティーサービスの提供能力」
「新たな成長へのフォーカス」
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:24| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡県立清水東高校創立90周年記念

母校の静岡県立清水東高校が、創立90周年を迎えました。
記念式典が、同窓会と、同じ11月1日に開催されたので、
参加してきました。


静岡県立清水東高校創立90周年記念式典にて、配布されたもの。
記念誌、式典式第、記念品、清高新聞。

式典進行は在校生・たきちあき さん
開式の言葉
君が代斉唱
実行委員長挨拶
校長式辞・植松豊氏
来賓祝辞・県教育長メッセージ代読
来賓紹介・祝電披露
生徒代表の言葉
・生徒会長 さずかりゅうま くん
記念事業披露・視聴覚室整備
校歌斉唱
閉式の言葉

清水東高校 校訓『金剛の意志』
実践目標
1.誠実、清楚、気品ある人格を磨こう。
2.自主、自律、旺盛な研究意欲を持とう。
3.明朗、闊達、責任感をもって人事を尽そう。

生徒会長の言葉、良かったです。しかし、在校生の皆さんをみていると、幼いなとか、可愛いなと思ってしまいますね。在校当時の自分たちもきっとそんな風に見られ
ていたのでしょうね。自分たちは、そんなことはなく大人に負けないと思っていたわけですから、今の在校生もそんな気持ちでいることと思います。若い人に接すると
きは、自分がその年代であった時の気持ちや考えや思いを振り返り、その立場を踏まえ意識しておきたいものだと感じます。

清水東高校創立90周年記念学校紹介ビデオ上映
在校生の制作委員会により、制作された映像、歴史的には創成期と今といった感じでしたね。
21世紀に入ってから、いろいろ変化してきているのだなと思いました。

文化祭の紹介で中晩祭を外でやっていたときもありましたには笑ったな、私たちの在校当時は、プールの移設、武道館の改築など、物理的な変化もけっこうありました
からね。夏の合宿学習は今は県内で4泊なのですね。研究旅行も京都・奈良から豪州、米国になり、体育祭もマラソン大会も草薙陸上競技場なのですね。
時代の流れといったところでしょうか。早朝セミナーみたいなことも行っているようですね。学ぶ機会は充実しているようで良いですね。
映像の最後は、内田篤人くんのインタビューでした。

清水東高校創立90周年記念講演会
講師 東京都市大学学長 北澤宏一氏
『科学と若者と夢・・・ 地球に生きる私たち』
講演メモ---->>>>
”若者と夢”でググるとバワポ資料がみれる。
ひとりひとり違う生き方。広く遠く見て歩もう。少しづつ実力を備えて。人はひとのために生きる。文字で書かれた歴史は4000年、人類の歴史の進歩はのろい。あせら
ず、たゆまず、そして絶望しない。自分をすこしずつ大きくしていく。周囲を幸せにする。
人類の歴史数百万年、氷河期と間氷期を繰り返してきた。ここ三百年の間の炭酸ガス濃度が過去ない増加をしている。地球温暖化の危惧が問われているが、100%確実で
はない。原子力:火力=1:1000000
同じ発電するときに必要な燃料の差。リスクと効率、生活とリスク、短絡的に考えるのではなく、様々な視点からの検討が必要である。
福島原発事故、民間事故調からの視点を追加。
ウクライナの人口動向。
大地震のおこる場所。地震対策。
新たな規制と安全性の確認体制。
放射性廃棄物問題。数万年後のことに責任を持てるのか。
再生可能エネルギー=太陽によるもの。光、風、波、熱。
欧州での太陽光や風力の導入が加速。推進と反対、賛成と反対、どちらかだけのデータをみただけで判断しては、どちらかに騙されることになる。両方のデータを客観
的に見ることが大切であり、そのデータは最新のものであることが大切である。世界は既に、脱原発、再生可能エネルギーへとシフトしてきている。
発電供給調整は水力と火力で行っている。欧州は全体で電力を融通しあっている。日本での再生可能エネルギーの取り組みについて。円熟されたといわれる技術であっ
ても見方を変えれば改善の可能性がありえる。社会の問題は、経済の問題が中心、経済は、科学のように白黒ハッキリした回答が出ない、経済は、ある人がこっちだと
いい、ある人があっちだというから、成立するもの。経済は、どちらが正しいということができないのが当たり前のこと。経済に関することは、そういった考えを持っ
てみていかないといけない。
技術革新が経済成長牽引
プロセスイノベーション
プロダクトイノベーション
貿易黒字が日本の現状をうみだした。貿易収支は為替相場と連動している。輸出だけを伸ばすことはできない、輸入が必ず増えることになる。
日本は海外からは最高に羨ましい国、世界最大の純資産保有国。
国内は雇用不十分。輸入を増やすか、ODAで途上国にあげるしかない。経済抜きでは、将来のことを考えることはできない。
消化不良になったかもしれないですが、考えていくことが大切です。

生徒との質疑応答メモ
Q.科学技術に関することについて、文系の人間に何かできることはありますか?
A.科学技術の内容ではなく、それが提供しているものについて、どう判断するかは、理系文系関係ないもの、文系の人はまず知って判断できることが大切、民主主義の
国では国民一人一人がどう判断するかで決まるもの。

Q.人類全体が進歩していくことと、悪くなっていくことについて、どんな違いがあるのか?
A.良くしていく努力をしていくなかでも、進歩していくには時間がかかるもの。どんと落ちるのは内戦や暴力による。悪くなっていくスピードは早い。日本では戦後は
どんと悪くなるようなことはなかった。
-----<<<<<<<<<

創立90周年記念式典、在校生の皆さんにとっては、
心に残るものになっていることと思います。
創立100年に向けて、母校がよき学びの場として、
更なる飛躍をなしていくことを願います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:24| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスモデル学会 2013年秋季大会

ビジネスモデル学会 2013年秋季大会 テーマ:ソーシャルビジネス
日時: 2013年10月26日(土) 10時-18時
場所: 東京大学本郷キャンパス工学部新2号館

-----------------参加メモ----------------------

1.ソーシャルビジネスの可能性と社会デザイン
  ソーシャルビジネス・ネットワーク常任理事 中村陽一氏

今の若者は、経済的な成功・発展の時代を知らないので、経済的成功というものを信用していない、故にソーシャルビジネスへの関心が高い。

戦後の様々な社会運動の歩みがあった上での現在のソーシャルビジネスである。

社会的公共的な財・サービスの提供。現場からのアドボカシー。個人と市民社会をつなぐ新しい中間組織。当事者発の社会的事業。

ソーシャルビジネスとは、
紹介事例に、フローレンス、いろどり、を取り上げて、法人格の違いや目的の違いをあげてました。

ソーシャルビジネスとコミュニティビジネスは、ともにソーシャルレスポンシビティが強くある。
市場経済と非市場経済にまたがり、様々な関係性をデザインして、新しいコミュニティを創生するものでもある。

企業の公共資本主義へのシフト。
コーズマーケティング。

元気アップ。公的支援。

グローバルな展開と関係性。
横文字が多い・ソーシャル・コミュニティ・デザイン…。

社会デザインは、社会をより良く変えていくためのもの。
これまでの社会デザインは、生活に潤いを与え、生きることに喜びをもたらすもの。それだけではないものへ。世界を変えるデザイン。ソーシャルイノベーションデザイ
ン。
チェンジメーカー。ビル・トレインとアショカフェローたち。

人々の心の中に生まれてきている変化が、社会における大きな変化と言えるでしょう。


2.省資源から創資源へ ー見捨てたものに価値をつけるー
  アミタホールディングス株式会社 社長 熊野英介氏

不確実を確実に!
環境情報を集めて加工して提供する。
地上資源事業のサプライチェーン。

3.11をきっかけに定款変更
自然資本と人間関係資本の増加に資する事業のみをする

持続可能な社会循環モデルの確立
環境BPO商品開発
環境リスクと環境コストの低減

市場ニーズと社会ニーズ
社会ニーズの市場化
消費と所有から、共感と共有へ。
量的拡大から、質的拡大へ。

格差を調整するもの、宗教、共産主義、日本的資本主義。量的資本主義ではなく、質的資本主義。

信頼資本財団のチャレンジ

今、事業家が考えるべきは、社会的報酬であり、マインドを変えていく必要がある。

報酬に金を望むのは不安の行動原理からである。金銭を求めるのは不安から、不安がなくなると金を求めることへの関心は低くなる。


3.社会企業スワンベーカリーの取り組みについて
  〜障がいのある人もない人も、共に働き、共に生きていく社会の実現〜
  スワンベーカリー社長 海津歩氏

障がい者の能力開発
初めに褒める
指示を控える
権限移譲

働く人がいきいきしてることが最大のCSR。

個でみるのではなくチームでみる。

社会企業のゴールは、それが当たり前のものとして、社会に定着すること。

今、人が悲鳴をあげている
3つの背景
・グローバル経済
・効率化追求による分業化
・個人主義

自助、共助、公助。

豊かな関係性の修復
人と人、人と自然、自然と自然
居場所と出番と相互扶助

他責にしても解決はない。
人は誰でも価値を持っている。
不要な人は誰もいない。

健常者も障がい者もない。
待つことの大切さ。

4.ミドリムシが地球を救う
  株式会社ユーグレナ 社長 出雲充氏

バングラデシュに学生時代にいき、飢えている人はいなくても栄養失調の人はいることを知り、栄養失調をなくしたい、そのために何をするか、そこで出会ったのが、ミ
ドリムシ。微細藻類ユーグレナ。
ミドリムシ10億匹。錠剤5粒1g。
59種類の栄養素を含んでいる。
ミドリムシの油でジェット燃料の開発。

この世にくだらないものなどない。
稟議書に書く主要取引先はどこ?
ミドリムシを売りに会社を訪ね歩き500社に同じことを言われ断られた。初めてでも良いと言ってくれたのが伊藤忠商事。初めての会社はベンチャーは忘れない。

ベンチャーは、一番でなければ成功しない。二番煎じではだめ。
どんなニッチな分野であってもいいから、その分野で一番になることが大切。

誰でも、一番になれる。499回失敗しても、500回チェンジすれば良い。


5.社員に教えてもらったこと
  日本理化学工業代表 大山隆久氏

ダストレチョークの老舗、昭和34年から障がい者雇用をスタート、はじめは同情からであった。障がい者雇用を継続していくなかでの様々な工夫を行っていった。障がい
者がわかりやすいものは健常者にもわかりやすい。

四つの約束
身の回りのことは自分でできる
簡単な意思表示、挨拶ができる
一生懸命に働く
まわりに迷惑をかけない

責任の自覚
ほうれんそうの徹底

知的障がいを持った社員の長所と苦手なところ。長所を活かし、苦手をフォローする。

この会社に外から来た当初の印象は、社員とともに働くなかで変わっていった。

危機感の感じられない会社
一人からまわり
障がい者の雇用より健常者の雇用を
何もわかっていなかった
一生懸命働く姿とすごさを知って今までの歩みを少しずつ理解
それぞれの役割
こういう会社は絶対に必要と思えた

みんなの目標
障がい者のみんなの目標はシンプルながらも、素晴らしい内容

今後の目指すところは、

・安定した経営ができること
・キャンバスですべての世代にらくがき文化を??
・皆働社会の実現


6.マザーワークによるワークライフバランスの実現
  一般社団法人 マザーワークマネジメント代表理事 藤川立也氏

有限会社フジカワ、株式会社マサイチネット、マザーワーカーを雇用してマザーワークを実現している企業のシステムや制度、体制を、より多くの企業に導入していって
もらうべく紹介している。

子育て女性の労働力、地元の幼稚園、中小企業の三位一体の取り組みによる地域の活性化。

子育て女性の就労
・正社員
・長時間パート
・シフト制パート、アルバイト
・マザーワーク
・専業主婦

子育てのポイント
”つ”が付く年齢までは膝の上で。

一人の正社員に十人のマザーワーカー。

マザーワークリボン活動。

子育て応援コミュニティ
ママ*チャチャ

お客様に感動を与えるエクセレントカンパニー

配偶者控除を考慮した範囲の労働

7.会員発表1
  洋菓子業界の販売情報から生産情報への計画と実行モデル
  松島和史氏

製造販売型多品種生産、温度帯組み合わせの販売・生産体制。
似ているものに、弁当チェーンがあるが、製造のポイントに違いあり。
三分の一ルールの見直し。
商品分類のクラスター分析を販売データ、生産データに対して行う。

モデル構築による生産計画変更の選択肢の検討が可能。

8.会員発表2
  社会イノベーションをもたらすビジネスモデルの可能性に関する考察
  西田治子氏 IMPACT Foundation Japan

ソーシャル・イノベーションの騎手
ソーシャル・エンタープライズ

ソーシャル・アントレプレナーの役割、ソーシャル・エンタープライズの形成プロセス、イノベーション論の視点、成功・発展のために必要なものは?。

ソーシャルビジネス事例分析
Institute for One World Health
Project Impact
Manchester Bidwell Corporation

製薬、医療機器、学校

5つのP
パッション
プレイス
プロジェクト
プラットフォーム
プロトタイピング

5つの要素
ユーザ自身のイノベーション
アイデア・新規性革新性
多用なリソース活用・問題解決の目的指向
ネットワーク・課題解決への共感
ユーザ自身の生き甲斐になる・プロデューサー


9.パネルディスカッション ソリューションビジネス

ソーシャルビジネスにおいては、協働した形のアプローチが多い。

銀座ミツバチプロジェクト
昨年の実績1トン
役員はボランティア
専従社員三名。

暴走する現代資本主義の原点回帰が、公益資本主義、ソーシャルビジネスのように思われる。

ソーシャルビジネスだと意識することなく、会社の存続のために必要なことであるから実践してきたことが、ソーシャルビジネスであっただけ。

ソーシャルビジネスへの一般支援参加のアプローチとして、クラウドファンディングなどはあり得るか?。
経済的なリターンでなく、精神的なリターンを求めている人は多い。ソーシャルビジネスファンドがあっても良いだろう。

障がい者雇用を進めていく中の課題は、高齢者雇用を進めていく中の課題に通じている部分がある。

売上市場主義からの解放、
不安からの脱却、
時代の求めているビジネスのあり方が、ソーシャルビジネスの中に見えてくる。

CSRは、もう古い。
義務感から行う社会貢献は古い。
積極的な社会貢献を行う時代。
CSV。

障がい者雇用は、まずロールモデルを作って、育成していくという考えでアプローチしていくことが必要。
高齢者雇用も、マザーワーカー雇用も同様である。

共感、共鳴の輪を広げていくためにすべきことは何か?。
行っているプロジェクトと似ている他のアプローチとの連係や協働を進めていくことでの横展開。

ソーシャルビジネスの本質
出会った人を役に立てる
人を育てていく
ワクワク感を失わない

----------------------------

ソーシャルビジネスの時代へと時代が変わって行っているようです。
企業のありかたも、資本主義のありかたも、
もう一度、その原点のマインドに戻って、本来のあるべき姿へ
戻っていくべき時代ともいえるようですね。
いきすぎた物質主義、拝金主義からの脱却が社会に企業に経営者に
求められているということです。
人を大事にする、為に生きる、そういったことが出来る企業でなければ
生き残ってはいけない時代へ、進んでいって欲しいと感じました。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊サッカーマガジン最終号

週刊サッカーマガジンが幕を下ろしました。名前を変え月刊誌に生まれ変わります。Jリーグ開幕の年に隔週から週刊となり二十年、私の実家にも多数あります。当時、私
にとって、マガジン、ダイジェスト、ゴールは必読雑誌でしたからね。今年、変化することに何か印象深いものを感じます。名波のインタビュー、今年退団するストイコ
ビッチのインタビュー、稲本潤一のインタビュー、ガスからのメッセージ、遠藤保仁の連載インタビュー、特別コラム、1058冊の歴史を1993年から2013年まで年毎に振り
返る週刊サッカーマガジンクロニクル、どの記事も印象深い最終号です。
マガジン選定Jリーグベスト11でそうだったねと印象深く思ったのは、1993年堀池巧とサントス、1994年風間八宏、1997年オリバ、1998年は静岡の年という感じで、ゴン中
山、名波、田中誠、川口能活、サントス、ドゥンガ、オリバ、森岡隆三、新人王が小野伸二、1999年チャンピオンシップ静岡ダービーの年は沢登、アレックス、伊東テ
ル、2001.2002は磐田の年、2006年伊東テル、青山直晃、2009年市川大祐、2010年ヨンセン、2012年大前元紀、まあ私はエスパルスサポーターですからね。
巻末の方にヤマザキナビスコカップの記事、今年で21回目の決勝は明日の国立ですが、決勝の歴史の中にエスパルスは5回登場し、優勝は1回、準優勝多いのですよね。
時代は流れ、雑誌業界も変化していっていますが、読者は良い記事、コラム、インタビュー、情報を求めていることに変わりありません、生まれ変わる雑誌にも期待して
います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする