2014年01月18日

三鷹ネットワーク大学 第二回アニメーション文化講座 基礎教養編1

三鷹ネットワーク大学 講義メモ
第二回アニメーション文化講座
基礎教養編1
日本のアニメーションの60年代
〜スタジオ群雄割拠の時代〜
講師 おかだえみこ氏

1953年2月1日NHKテレビ放送開始
1953年8月28日 日本テレビ放送開始
1955年4月1日 ラジオ東京 テレビ放送開始
おとぎプロ
1956年7月31日 東映動画設立
1958年7月14日カラー実験放送用短編もぐらのアバンチュール放映
1958年10月22日 白蛇伝
1959年2月1日 日本教育テレビ放送開始
1959年3月1日 フジテレビ テレビ放送開始
1959年3月17日 週刊少年マガジン、週刊少年サンデー 創刊
1961年5月1日 インスタント・ヒストリー 放映
1963年1月1日 鉄腕アトム 放映
1963年10月20日 鉄人28号 放映
1963年11月7日 エイトマン 放映
1963年11月25日 狼少年ケン 放映
1964年4月12日 東京12チャンネル テレビ放送開始
1964年8月3日 ビッグX 放映
1965年5月8日 宇宙エース 放映
1965年8月29日 オバケのQ太郎 放映
1965年10月6日 ジャングル大帝 放映
初のカラーアニメ
1966年12年5日 魔法使いサリー 放映
初の少女主人公作品
1967年4月2日 マッハGoGoGo 放映
1968年3月30日 巨人の星 放映
1968年4月5日 サイボーグ009 放映
1968年9年3日 サスケ 放映
1969年4月6日 忍風カムイ外伝 放映
1969年10月2日 タイガーマスク 放映
1969年 サザエさん 放映

虫プロ、エイケン、東京ムービー、タツノコプロ、東映動画

漫画原作の魅力
キャラクター人気
商品化重視

東京オリンピックでテレビ普及
当時、カラーテレビは30万くらいしたので、とても買えなかった。

世界でもまれな漫画、アニメの作品数を持っている国が日本。今や漫画、アニメは日本の文化といえる。
やはり、漫画の神様 手塚治虫の存在は大きい。
もともと漫画を単行本で読むということが昭和初期から普通であったところに手塚治虫の作品が登場して、その作品がテレビアニメになったことが、その後の日本の漫
画、アニメの隆盛を産み出すことになったのは間違いないだろう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 03:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三鷹ネットワーク大学「反物質を探る」

三鷹ネットワーク大学 講義メモ
「反物質を探る」
講師 理研 山崎泰規氏

1.宇宙・反物質・エネルギー
138億年前ビッグバン
核融合・鉄まで、重元素誕生、
46億年前地球誕生
40億年前生命誕生
化石燃料8億年前
人類誕生100万年前

化学エネルギー・太陽
核分裂エネルギー・超新星爆発
核融合エネルギー・ビッグバン

太陽からの到達エネルギー5度
冷却効果マイナス25度
温室効果33度

世界のエネルギー消費量
2×10^20ジュール
太陽光エネルギー40分で一年分

エネルギー引出効率

これまでに人類が生成した反陽子を一気に消滅させても、コーヒー一杯も温まらない。

2.反粒子の登場
ディラックの相対論的電子論
ディラックの電子の海
ウィルソンの霧箱・アンダーソン
反電子・陽電子
反陽子
反中性子
気球による観測から衛星での観測へ
ガンマ線の観測による反粒子の存在推定では、この宇宙に反粒子はない。

3.冷反水素研究
CPT対称性テスト
Pパリティ 鏡の中の世界
CP 荷電とパリティ
の対称性は破れていた。
CPT 時間を加えた対称性は?
高エネルギー粒子による極微世界の探求には、
10^19GeV・LHCの10^11倍
実現不可能
高エネルギー化思考から高精度化思考へ。
自然の囁きを聴く

4.反陽子の生成と冷却
CERNで反陽子を生成して冷却する
反電子を混ぜて反水素を生成する

5.反水素の合成・操作・捕捉
反水素は中性なので電場では制御できないが、小さな磁石なので磁場で制御できる。
カスプトラップ法による反水素合成に2010年に成功。
反水素ビームの引出に成功し、マイクロ波分光へ。

反陽子ヘリウムのレーザー分光
反陽子の電子に対する質量測定
1836.1526736(23)
陽子よりも正確に決定されるようになる。

まとめ
反物質と我々のすむ宇宙との関係
反物質の生い立ち:ディラック理論の鬼子が世界を変えた
反物質研究の意味:最も基本的なCPT対称性のテスト
反物質ー物質間重力相互作用
反水素研究の現状:反水素ビーム生成、捕捉ともに成功、いよいよ様々な分光実験の開始へ
自然の囁きを聴く:基礎科学への新しいアプローチ
安定な世界観が回復できるか?

より正確な時計が出来ると、時間のずれにより、近くに何かあることがわかることになる。
この宇宙の物質のかたよりは、対称性の破れによる。CPの破れだけでは、不足がある。その要因の可能性のひとつにCPT対称性の破れがありえるかもしれない。
反物質をつくるには、超真空が必要、低温とあわせて、条件を満たす環境を整えている。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 03:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする