2014年06月04日

社会で生きていくための負担

社会で生きていくための負担

人は社会的な生き物である。
ゆえに、社会で生きてくために必要な負担が生じる。
その負担に耐えられなくなってしまうと
ホームレス、乞食、浮浪者ということになってしまい
行方不明者、自殺者となってしまう。
年間十万人を超えるといわれる行方不明者、
ようやく年間三万人を下回ったもののまだ2万人以上いる自殺者
そして、8千人を超えるホームレス
その予備軍ともいえる失業者は285万人を超えている。
移民を受け入れる前に、この285万人を活用することを
政府も行政も考えるべきであると言えるだろう。

考えてみれば、285万人の完全失業者がいる社会に生きているのだから
いつ、自分がその中の一人になってもおかしくはないということでもある。
その意味では、失業に対するリスクについて、恐れることはないと
いえるのかもしれない。
自分だけがという気持ちに意味はないということなのだから。
そして、多くの人が、仕事をしたい気持ちがあるのに、
仕事が出来ないでいるという事実があることを忘れてはならないだろう。
仕事をしたくなりから、やる必要がないからという人のことをみて
失業者の問題を考えるのではなく、
仕事をやりたい、でも、仕事をするチャンスが与えられない
そういった多くの人を、活かしていくことにこそ、
政府も行政も注力していくことが求められている
そして、企業の社会的責任もそこにあるといえるのではないだろうか。
ハラスメントで追い込むことは企業の役割ではないということなのだ。
そういった意識を経営者も管理職も持っていくべき必要があるだろう。
なぜなら、その意識をもつべき責任を負う立場にいるのであるから、
そして、その立場、役割にいることによって、相応の報酬を得ているのだから。

税金については、納める権利という考え方がある。
そして、その権利を行使できる環境を求めているのに得られないことが
問題であるということも言われているということなのである。

公的責任を担う立場に就くものの責任とは何か、
よく考えて欲しいなと感じる次第です。


税と社会保険の負担=公的参加の権利でもあり義務でもある

日本国憲法30条
「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う」

平成25年度国税庁の取り組み
http://www.nta.go.jp/kohyo/katsudou/week/h25zeishukan_all.pdf

税目(国税)
所得税、源泉所得税
譲渡所得、相続税、贈与税、消費税
法人税
印紙税、酒税

国税庁タックスアンサー
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

地方税
教育、福祉、消防・救急、ゴミ処理、etc
生活に身近な行政サービスの市区町村や都道府県による提供の為の財源
その地域に住む住民などが広く共同して負担しあうもの(地域社会の会費)
都道府県や市区町村がそれぞれ条例に基づいて課税

個人住民税
法人住民税、法人事業税
地方消費税、動産取得税
地方たばこ税、ゴルフ場利用税
自動車取得税、軽油引取税、自動車税、軽自動車税
固定資産税、特別土地保有税
入湯税、事業所税、都市計画税
国民健康保険税
地方譲与税

地方税制度
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czais.html


社会保険(労災・雇用・健保・年金)

健康保険料率、介護保険料率
2014年3月改定
健康保険料14%引き上げ
介護保険料1.4%引き下げ
2014年度以降健康保険料率
 94.0%
保険料算出式:
 標準報酬月額 ÷ 1000 × 94.0
被保険者負担:35.5%
 事業主負担:58.5%
2014年度以降介護保険料率
 12.2%
保険料算出式:
 標準報酬月額 ÷ 1000 × 12.2
被保険者負担:6.1%
 事業主負担:6.1%

完全失業者数
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000035rib-att/2r98520000035rls.pdf
ホームレス対策
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/homeless/index.html
ホームレスの数
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/7348.html
失業者と自殺者
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740.html
ハローワークインターネットサービス
http://www.hellowork.go.jp
<終>
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする