2014年06月05日

人事労務に関連する取り組み

人事労務に関連する取り組みやマネジメントは、
企業においてのES工場や業務改善などにおける重要なポイントでもあります。
しかしながら、利益に直結するわけではないことや、
効果の見える化が大変であったりするために、
疎かにされているケースも多いようですね。
内部からは、なかなか気がつかないポイントでもあると
いえるのかもしれません。
人材育成をかねて、社員を外部で学ばせることも経営者にとっては大切なことだと思います。
会社は人材育成しないというのが大半ではあります。
スキルアップは会社の責務ではない、従業員各自の責務であるという主張が基本です。
それは、確かにその通りであると言えるでしょう。
会社は、人材の持っているスキルを有効活用するだけであり、
その対価として給与を支払っているのだということです。
そして、会社としては、従業員からスキルや能力のアピールをしてもらい
その内容をもって評価するということです。
育成をしないという方針の企業であれば当然のことであるでしょう。
しかし、日本的経営において活気のある企業の事例では、
そうではなかったりします。会社側に従業員からスキルや能力をアピールさせる仕掛けや
工夫があり、各従業員に、事業戦略上もって欲しい能力、技能を得られるような
仕組みをもっているということです。
社員が働かない、社員が能力がないのは、会社がそうしているという部分が
実際には非常に大きいという事実を、知らないのか気がつかないのか、
認めていない経営者や管理職も多くいらっしゃいますね。
個々の能力やスキル、技能と、企業が経営戦略上で必要としている能力や機能、スキル。
ニーズとシーズがマッチしてこそ、良い循環と成長や発展が得られるといえますが
マッチングの能力を従業員側に求めるようでは、駄目だと言えるでしょう。
マッチングの能力は企業側、すなわち管理職や経営者に求められるものだといえます。
もし、その意識がなかったとしたら、改めていく必要があるのではないでしょうか。
よく、家族の様な結束力のある企業というものが、
成功事例として取り上げられますが、それは、ひとりひとりの持っているものを
しっかりと相互に認識しあえる環境があり、相互依存ではなく、相互補完の関係が
構築出来ているということであるでしょう。
そして、互いの課題を認識し、解決策を見出していける情報の共有と
意見の発言しやすい環境が造成されているということであると思います。
その為には、やはり家族の長がしっかりとインシアティブをとっていることが
大切であると言えます。すなわち社長ですね。
経営トップの意識が、企業の環境や雰囲気を決定する大きな要因であることは
間違いないということです。
そして、企業の頭脳ともいうべき経営層や管理職が、全体を把握し、
企業の向かうべき方向性を認識していなければ、体が効率よく動くことは
出来ないでしょう。
その為に、必要なことは、すでに多くの先人や、成功事例の中に
語られています。
もちろん、個々の事情や条件は様々であり、先人や成功事例をそのまま模倣することで
解決できるわけではありません。必要なものを見極めて、
必要なものを取り入れてカスタマイズしていくことが大切です。
そういったことが出来ないのであれば、外部の知恵を借りるべきだと言えるでしょう。
私たち、ITコーディネータも、外部からサポートできる存在であるということです。
もちろん、内部に入って、客観的な視点をもって、取り組むことも可能です。
権限と責任を与えられたら、きっちり、仕事を遂行し、結果を出すのが
ITコーディネータの役割であるのですから。

いろんなセミナーが開催されています。
スキルアップや、何かの課題の解決の糸口に、受講してみるのも
良いと言えるでしょう。

第91回 ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25450/?nwml2
〜受験者の「人間関係力」「自ら学ぶ・伸びる力」を見える化!〜
採用ツール『グループワーク面接』 体験会
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25703/?nwml2
〜活力溢れる組織の創造へ〜あなたが幸せを成す為に足りなかった
「たった一分の事」
http://jinjibu.jp/service/detl/8801/?nwml2
現場に火をつけ、実行力を高める社内イベント成功セミナー
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25773/?nwml
【無料】知的・精神障がい者が働く現場を見る企業見学会
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25645/?nwml
【無料】〜節目の機会に、モチベーションを向上させる〜
会社の“モード”をガラリと変える、社員総会・全体会議の創り方
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25828/?nwml
IPO(株式上場)を妨げる労務リスク対策
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25698/?nwml
【無料】〜2016採用成功のために〜
採用担当者、人事責任者が絶対に抑えておくべきこととは
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25889/?nwml
【無料】どうしたら日本企業は輝きを取り戻せるか
〜組織と人をイノベーティブに変える組織変革の進め方〜
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25891/?nwml
U理論の中土井氏・受講者が語るスペシャルムービーあり!
『組織開発ファシリテーター養成講座』無料説明会
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25861/?nwml
【無料】東レ株式会社様ご講演!グローバル人材育成最前線セミナー2014
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25912/?nwml
第32回 考課者トレーナー養成講座
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25918/?nwml
Rosic「ロシック」人材マネジメントシステム体験セミナー
〜 Rosicの操作性の良さを、実際に体験してみませんか?〜
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25046/?nwml
顔写真からタレントマネジメント【カオナビ】
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25846/?nwml
メンタルヘルス不調者をめぐる法的対応実務
〜最新の行政の動きや判例動向を交え、職場での具体的な対処方法を解説〜
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25852/?nwml
若手社員の“メンタル離職”を未然に防ぐ新しい仕組み
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25858/?nwml
コミュニケーション教育を考える〜言語力の不可避と不可能〜
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25886/?nwml
職場に生かすアサーティブ 〜メンタルヘルスの予防とアサーティブ〜
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25892/?nwml
ASP型360度評価支援システム【Smart Review】
http://jinjibu.jp/service/detl/7891/?nwml
人事評価制度の設計方法指導
「7日で作る新・人事考課 CD−ROM付」(明日香出版)を使った、人事評価制度構築方法の指導教育
http://jinjibu.jp/service/detl/8603/?nwml
SAP・サクセスファクターズ事例:日本電気株式会社様
http://jinjibu.jp/service/detl/8833/?nwml
圧倒的な認知度がある「an」の、社員・週5日勤務希望者向け求人サイト
http://jinjibu.jp/service/detl/8844/?nwml
今さら聞けないタレントマネジメント
http://jinjibu.jp/service/detl/8225/?nwml
<終>
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 03:19| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする