2014年08月31日

社会保険・税番号制度 マイナンバー

mainannba-.jpg
平成27年10月から、国民へ番号が通知されますね。
平成28年1月から運用が始まります。

社会保険・税番号制度 マイナンバー
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/
社会保障・税番号制度
http://www.cao.go.jp/bangouseido/index.html

ITコーディネーターの出番ですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

劇場鑑賞メモ

『劇場版プリティーリズム・オールスターセレクション LAST
プリズムショー・ベスト10』
イベント上映、いっしょに歌って良いという会場とは、どんなものなのか、一度観てみたかったので入ってみました。
客層は、小さな女の子を連れている方、ティーンエイジャー、若い男性、若い女性、意外と女性グループも多かったですね。
懐かしいザ・ベスト10の真似演出で、作品のヒロインたちの楽曲が紹介されていく中、
劇場内はコンサート会場の様に、皆さんライトを降って掛け声をかけて盛り上がってました。
スポットライトでは、男性キャラが登場、黄色い声が飛び交う感じでしたね。
上映後のトークイベントでは、作品の裏話などもあり、
最後は、新たなアニメ「プリ☆パラ」の第一話のオープニングを上映というところで、
なかなか上映が始まらないので、声援コールがはじまってしまいました、
上映がはじまり、最後は拍手で、イベントは終了。アニメのイベントの雰囲気を感じさせていただきました。

『マレフィセント』
眠れる森の美女をベースに、新しい物語を、ディズニーが創りましたね。
恋に盲目となり、裏切られ、翼を失う、憎しみから怨み、愛に気付き後悔し、
救うため身を捧げ、翼を取り戻す、ハッピーエンドは…。
王道的ハリウッドストーリーといった感じでしょうか。
勧善懲悪から、苦悩する悪への変化は、日本アニメの影響が根底にあるのかもしれないなと思ったりもします。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
いわゆるタイムスリップものの同じ時間を繰り返すというお話です。
日本では、ありふれた設定になっているという感じですが、同じ時間を繰り返すという仕掛けをどの様に物語に利用するのかがポイントになってきます。
なかなか良く出来たハッピーエンドな作品に仕上がってました。

『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』
・卒業、総選挙、チーム編成、事件、前作ドキュメント映画に、引き続き、良くまとまっているドキュメント映画になっていました。
少女たちの成長、夢、熱意、やはり、一生懸命な姿は、きれいですね。
彼女たちの未来に幸あらんことを。

『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』
・テレビシリーズでは、描き切れなかった物語を楽しく描いた作品です。
新作劇場版の製作も進んでいるようですし、まだまだ、大洗のガルパンは盛り上がり続くみたいですね。
アニメと地域のコラボレーションの良き事例のひとつとして、この先もよい感じで遷移していって欲しいなと思います。

『劇場版K MISSING KINGS』
・女性のお客様が圧倒的に多い作品ですね。
やはり、美形キャラが多い作品だからでしょうか。
作品は、まだ続く感じですから、今後の盛り上がりに注目したいと思います。

『ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー』
・さすが、ポケモン、安定していますね。
子供たちへのメッセージも素敵です。
大切なことは何なのか、きちんと感じられるストーリーになっています。

『思い出のマーニー』
・ジブリ次世代の旗頭、作品の魅力も安定していますね。
前作も北米ベスト10に入る興収を残しているだけに、本作も期待出来る気がします。

『エイトレンジャー2』
・前作に引き続き、面白い作品に仕上がってました。
当然、お客様には、ジャニーズのファンの皆さんが多いです。
でも、外れの無い企画ですからね。ただし、3はないかなという気もします。

『GODZILLA ゴジラ』
・ハリウッドも、きちんとゴジラ創れるではないか、と思いました。
確かに、ストーリー展開は、平成ガメラの流れと同じでしたね。
すでに次作の製作も決定していて、しかも、モスラ、ラドン、キングギドラの使用を許したとか、シナリオが良ければ期待出来そうですね。
できれば、音楽に、やはり、あの曲が欲しかったかな。

『宇宙兄弟#0』
・原作の始まりの前の物語
勇気のポーズ、感動ですね。
夢、チャレンジ、勇気、
信じて、諦めないことの価値
兄弟の絆、家族の絆、
そして、友との絆、
大切なことを伝えてくれる作品です。

『STAND BY ME ドラえもん』
・やはり、山崎監督、期待を裏切らないですね。
泣ける名作、見事に仕上げてくれています。
自分を信じて、未来へつなぐ
本当に大切なことは何なのか
ドラえもんという作品が、
子供たちに伝えたいことは、
大人にとっても忘れてはならないことだということですね。

『her 世界でひとつの彼女』
・人工知能との恋愛もの。手紙代行というアナログ的なデジタルサービスから
電子秘書ともいうべきAIの登場と、そのAIとの会話のなかで恋に墜ちる男、
リアルでの恋の問題からの逃避のなかでの虚構を描くSFといった感じですね。
より進化を求めネットの海に旅立つAI。
離れたときに現実を知らされる男。なかなか面白かったです。

『ガンダム Gのレコンギスタ』
・富野由悠季監督のガンダム、やはり、観ないとね。お布施の紙と板も購入させていただきました。
しかし、監督としては、子供が観れる時間、土日朝、夕方の放送が希望だっただろうなと思いますが、やはり製作事情から深夜枠放送になってしましましたね。
さて、作品ののりは、まさに最近の富野さんだなって感じですね。
宇宙世紀以後の世界秩序が少しづつ明かされていくなか、主人公の少年が巻き込まれていく、宇宙エレベーター、しっかり描かれてます。
動かす人を選ぶガンダムと、エネルギー争いの対立、空から降ってきた少女、お姫さま、仕掛けはバッチリ、今後の展開に注目ですね。
しかし、良いな、操縦座席便座システム。

『新劇場版 頭文字D Legend 1 覚醒』
・名作は何度もリメイクされるものですね。若者の車離れが業界の課題と言われるなか、ヒットしてくれると良いですね。お布施の紙は購入させていただきました。
高橋兄弟との下りバトル、最初のタイムアタックまでを描いた第1話、しかし、第二話が、2015年夏って遅いでしょう。

iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ITC Conference 2014 (IT Coordinators Conference 2014) 2day

ITC Conference 2014 (IT Coordinators Conference 2014)
2日目

ITC 活動事例
「西武信用金庫とITコーディネータの連携」 
西武信用金庫 常勤理事 業務推進企画部長 高橋一朗 氏
ITコーディネータ 小林邦人 氏
・地域信金の数は減少した。
・中小企業2万社への融資
・課題解決型営業への転換
・専門家との業務提携しての支援
・ITコーディネーターへの期待
冷静、公平な判断。より具体的な提案。可能な限りのフォロー。
・地域の金融機関とITコーディネーターとの連携による中小企業支援による経営改善、IT活用推進。
・西武信用金庫によるIT活用サポート事業におけるITコーディネーター活動
案件にはチームで対応
成果を目指した支援
3回の支援で具体的提案
・支援事例
データ活用によるWeb戦略立案と実施支援
受注増加に対応した在庫データベースの整備
人材募集のWeb活用とネット広告活用支援
・専門家は黒子です。経営者が、やる気を起こし、ちいさな成功を体験してもらう。そのきっかけづくりと、寄り添うこと、それが専門家です。

経営 変革事例
「ITカイゼン実践報告〜つながる町工場への挑戦」
株式会社今野製作所 代表取締役 今野 浩好 氏
・工場スタッフ7名、年商1.2億
・ステンレス板金製品、オーダーメイド、少量・小ロット、低頻度リピート、職人型ものづくり
・目指す立ち位置 ニッチ&高付加価値!。
・課題 手間のかかる個別受注型ビジネスモデル、引退近いマイスターと未熟な若手の技能差、新規受注獲得。
・ITカイゼンに取り組み、現場のカイゼンを推進、現場と経営とITのカイゼン効果
・新しい課題 つながる町工場
地域における同業連携
情報連携とコミュニケーションが重要。引き合い見積り担当者が多忙で情報連携難しい。現場同士の繋がりを構築する必要性。
・技と智恵がつながる


IT経営 推進事例
「IT活用による「効率経営」と「価値の創造」を目指して」
中小企業IT経営力大賞2014 ITコーディネータ協会会長賞受賞
株式会社フードケア CIO兼 総務部係長 按田憲告 氏
ITコーディネータ 田中 渉 氏
・1997年創業 従業員31人
・介護用食品、病態用食品の開発および販売
・QOL クオリティ オブ ライフ
・拡大する介護市場 外部課題
相次ぐ企業算入、価格競争の激化、後発商品の乱立
・内部課題 売上上昇ともに業務多可、各種データや帳票の氾濫、全病食組合の業務多可
・IT導入による業務改善
・SFA.GW.GEの導入
・業務可視化、日報の効率化
・情報の迅速活用、情報共有
・マネジメント強化のための組織変更
・基幹システムの構築
・プライベートクラウドの利用
・組合とのデータ連携
・業務フローの簡素化
・EDIの構築
成功要因
・ITありきでなく、経営戦略ありき
・少数精鋭で全員がプロジェクト参画
・スムースな連携
・業務を熟知してるITコーディネーターが基本設計を実施


出店ブース
・日本技芸
・サイボウズ
・情報処理推進機構
・BCN
・ユーキャン
・富士通マーケティング
・ユーエスエス
・日本ファンクションポイントユーザ会
・日本マイクロソフト
・エスペラントシステム
・Square
・リクルートライフスタイル
・マネーフォワード
・クラウド2MFG
・日本シーアイオー
・シーイーシー
・ジェナ
・ニフティ
・freee
・ミラサポ

トレンド情報
「民間企業のマイナンバー導入の課題と今後の展開」
電子自治体推進パートナーズ副会長・株式会社富士通総研 
榎並 利博 氏
・行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律
・個人番号カード
・第三者機関、特定個人情報保護委員会の設置
・マイポータルによるアクセス記録の確認
・個人番号利用事務実施者
・個人番号関係事務実施者
・税、社会保障関係での利用
・法人番号
・個人番号取扱事業者
・罰則強化
・特定個人情報保護評価
・公的個人認証法の改正
・代理人の規定
・自治体条例による利用
・2015年末までに番号通知
・2016年番号カード交付
・国民のためのマイナンバーの利活用に向けて、改正して改善していくべき点など
医療分野への導入、カードの一元化:保険証など、税分野:記入済み申告書制度、法務省、国交省などへの拡大、国民の生命や権利を保護するための民間利用、など。


パネル ディスカッション
「自治体のマイナンバー導入の課題とこれからの展開」
〜マイナンバー制度とITC活躍の場〜
パネリスト:
湯沢市役所 佐々木訓 氏、ITコーディネータ 大澤 昌 氏
交野市役所 寺島孝彦 氏 ITコーディネータ 新田 実 氏
モデレータ:榎並利博 氏
・2015年10月番号通知開始
・2016年1月番号カード交付開始
・自治体、番号制度導入対応は、あらゆる部門に及ぶ。
・条例制定対応
・情報システムの再編
*湯沢市の取り組み
・市町村合併に伴うインフラ再編もあり、基幹システムを個別最適から業務、システム全体最適へ。
・課題
関係者を巻き込む=人が少ない。職員の実施能力を底上げする=人が育っていない。短期間で高い品質の成果を出す=時間がない。
→外部専門家の知見を取り込む。
・外部専門家の役割は、短時間で高い品質の成果を出すこと。
自治体の要求を読み取り、自治体にあった対応をする。
自治体職員は有能なので、時間さえあれば自分たちで対応出来るが時間がないから外部に頼っている。
*交野市の取り組み
・役所内部のマイナンバー対応への意識が低かった。基幹システムは、ベンダーが対応してもらうことになったが、他の部門が手付かずな状態になっている。
→外部専門家に求めること
・自治体業務に精通してる
・自治体最新情報を把握している
・職員視点で共に取り込むことができること。
・各自治体毎のやり方や特徴があるので、それを認識した上で対応する必要がある。
*番号制度対応に対する展開
・既存の個別システムの情報連携が必要になる。共通基盤構築支援が必要。
・コンビニでの証明発行サービスなどの市民からの要求への対応。
・個人情報保護への意識向上
・各自治体の基本的な業務は条例をみれば良い。
*ITコーディネーターに必要なこと
・体系立てた支援内容をもとに得意分野を延ばす
・知っていることより知らないことの方が多いので、知っている人と一緒に仕事をする。
・知識を切り売りせず職員と一緒に何をなすべきかを考え実践する
・短期、中期、長期の時間軸を持つ
・プロダクトアウトよりマーケットイン。
・まず、業務とは何か、言葉の意味、認識を合意すること、業務分析とシステム分析をわけて考える。

新技術動向
「つながる社会:ソーシャルファブの可能性」
公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所
理事長・所長 会津 泉 氏
・アート×IT
・IT DART
・FabLab
Fab=ものづくりと素敵、楽しい、愉快
learn×make×share
まなぶ、つくる、わかつ
ネット工房、オーブンな市民工房
世界ネットワーク
世界約40カ国、356カ所
つくる=新しいリテラシー
2012年に3冊の本が出た。
ものづくりを専門家の世界から市民の手に
田中浩也×公文俊平@慶応SFC
総務省「ファブ社会」の展望に関する検討会
家庭用工作機械(3Dプリンタ)が普及した社会
デジタル革命3.0
ソーシャルファブ
人の手や道具同士をつなぐ革命
ものづくりのデジタル化
UGC
フィジカル+デジタル=フィジタル
3Dプリンタはメディアだ
つながる道具、機械、手のネットワーク
見えてきた「物資処理」の世界
自律分散協調ネットワーク
・インターネット 電話網からインターネットへ
・エネルギー スマートグリッド
・ものづくり ソーシャルファブ
→情報、エネルギー、物質、いずれも集中から分散ネットワークへ
「第4世代ものづくり」
第1世代 手、ハンドメイド
第二世代 機械、アナログ
第二世代 コンピュータ、デジタル
第三世代 ネットワーク
ソーシャルファブのものづくり
ものづくりのオーブン化

4つのシナリオ
・製造業の自己革新、復権
・製造業の構造、業態変化
・製造業の衰退、5次産業化
・産業構造全体の大幅な構造変化

地域に根付く「ファブ」
・その土地の特性に合った活動、人が集まる
・地産地消、適量生産
・グローカルなものづくりへの関心

ソーシャルファブの可能性
ソーシャルファブへの疑問点
ソーシャルファブを巡る諸課題




iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

ITC Conference 2014 (IT Coordinators Conference 20

ITC Conference 2014 (IT Coordinators Conference 2014)
今年で、13回目の開催です。
主催 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
後援
・経済産業省
・情報処理推進機構
・中小企業基盤整備機構
・日本商工会議所
・全国商工会連合会
・全国中小企業団体中央会
・日本税理士会連合会
・中小企業診断協会
・日本情報システム・ユーザー協会
・情報サービス産業協会
・全国地域情報産業団体連合会
・全国ソフトウェア協同組合連合会
・コンピュータソフトウェア協会
・モバイルコンピューティング推進フォーラム
・PMI日本支部
・itSMFJapan
・IIBA日本支部
・日本プロジェクトマネジメント協会
・経営情報学会
(順不同)

テーマ
「つながる社会をリードするITコーディネータ」
〜 変革への挑戦 〜
今や、「IOT:Internet of Things」と言われるように、身の回りのあらゆるものがネットに“つながる”世界になってきました。ITコーディネータが「経営とIT
を橋渡しする(つなぐ)」人材・認定資格として誕生して以来10数年間、IT分野での技術進歩には著しいものがあります。ITコーディネータは、これからもIT経営を
実現するプロフェッショナルとして、ITユーザである経営者と様々な関係支援機関やITベンダとの連携(つなぎ)をすすめ、経営改革をITの利活用を通じて実現で
きるようリードする役割を果たすことが期待されています。

主催者挨拶
ITコーディネータ協会 会長 播磨 崇
・今年のキーワードは、イノベーション。ITの浸透による効率化、連携の進展、などにより、市場は伸びていく。地域活性化においての施策についても専門家の貢献が期
待されている。

来賓挨拶
経済産業省商務情報政策局 情報処理振興課長 野口聡 氏
・改訂された国の基本戦略においても、中小企業の活性化は重要、ITコーディネータの活躍にも期待している。


基調講演
「戦略ストーリーを創るセンス」
一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授 楠木 建 氏
・ストーリーとしての競争戦略
・当たり前の事を当たり前にする
・井原西鶴 儲け話=戦略
・動き、流れのある物語
・ビジネスモデルではない、取引の流れ、関係性ではない
・顧客との関係でウインウイン、我が社だけが提供できるもの
・左肩上がりのマックがとった戦略、順列、流れのあるストーリー
・組み合わせではなく順列、アクションの順番、時間軸の流れが大切、戦略は時間的な流れのある物語
・担当者と経営者の違い。スキルとセンスの違い。機能分業の要素単位に対応と、商売丸ごと全体。スキルは育てられる、センスは育てられない。
・世の中はスキルが大好き
・グローバル人材不足は、経営人材不足ということ。
・ロジカルシンキングはスキル
・ビジネス英語もスキル
・センス×スキル=成果
・センスはスタイルに現る
・横着せずに自分の頭だけで考える
・孤独になる、読書する。
・インサイドアウト 順番の問題
・こうなるだろ、ではなく、こうしよう
・具体〜抽象〜本質〜具体
論理化、抽象化、具現化
振れ幅が大きく
・良し悪し、より、好き嫌い
・100人中、2〜3人のセンスある人材を固有名で把握しているか
・センスは育てられないが、育つ
・センスが育つ土壌をつくることは出来る。カバン持ち、書生。
・スオットでは戦略は出来ない、戦略はストーリーが大切。
・担当者になっている経営者、
「〜ざる得ない」はダメ。

*分かり易い内容で、経営人材の本質を語るものだと言えるものでした。センスとスキルの違いと、役割に、戦略やビジョンのあり方、ビジネスのやり方のポイントが上
手くリングしていました。



特別講演
「ITイノベーション時代における、ITコーディネータの社会的役割」
一般社団法人コンピュータソフトウエア協会 名誉会長 理事
株式会社オ―ビックビジネスコンサルタント
代表取締役社長 和田成史 氏
・企業を取り巻く変化
・レイヤー化してゆく世界
・求められるイノベーション経営発想
・ITコーディネーターの役割

ITの進化
1950〜30年・汎用機・集中
1980〜30年・PC・分散
2010〜30年・マルチデバイス、クラウド・融合
双方向、ネットワーク・モバイル、デジタルシフト、グローバル化、顧客の多様化、多チャンネル化。
垂直統合から水平分化へ。
バリューチェーンから、レイヤー化へ。
顧客満足度の追及。
選択と集中。
役割分担・レイヤー化戦略。
強みにフォーカスし、イノベーションを起こす。
求められる戦略的発想。
・利益向上のためのIT利活用
・プロダクトイノベーション
・プロセスイノベーション
・ビジネスモデルイノベーション
・現場レベルのイノベーション
・経営レベルのイノベーション
・破壊と創造から生まれるイノベーション
・実直な努力の継続の中に内在するイノベーション
・自己分析と顧客視点
・ITコーディネーターの役割、企業のIT利活用を即し、イノベーションを実現することを支援する、イノベーションの先導役。
・イノベーションは、最新のITを導入することだけでは実現出来ない、それを活かす人の意識が重要、継続的なイノベーション経営プロセスの実現が重要。
・総合的な判断力が求められる。
顧客企業の分析と理解、責任をもった提言。
・経験によるナレッジが重要
I+T=π
・PSQ パッケージソフトウェア品質認証制度
・イノベーションを起こし続けていく時代へ。
・多様化、ビックデータ、IT利活用
・グローバルの中での役割分担

*分かり易い内容でした。基本的な内容の復習という感じで、自分の認識を整理する時間という感じでした。



IT経営 推進事例
「駐輪場・駐車場運営の効率化を目指して」〜当社のIT活用事例〜
中小企業IT経営力大賞2014 経済産業大臣賞受賞
芝園開発株式会社 代表取締役 海老沼孝二 氏
・昭和61年創業、足立区、役員3、正社員21、パート等133、売上16億
、平成7年に建設土木業から、駐車場事業へ転業。平成10年駐輪場事業に進出。官公需へ進出。
・SHIPシステム、アジャイル開発、GIS、クラウドの利用。

経営変革 事例
「ピンチはチャンス!〜山口の山奥の小さな酒蔵だからこそできたもの〜」
純米大吟醸酒“獺祭”の 旭酒造株式会社
代表取締役社長 桜井 博志 氏
・業界は40年間に売上三分の一、直前10月に三分の一の下落、その後、30年間で数量16倍金額40倍。
・山奥の過疎地、県内で米が入らず、杜氏が優れていなかった、それらの逆風があったから、今の会社がある。宅急便、コピー・ワープロの低価格化、マーケットの主役
がクロートからシロートになり、大量販売からお客様の幸せ志向商品になっていったことがチャンスに。杜氏から社員へ、四季醸造体制の確立、品質方向性の変革、技術
ではなくシステムによる酒造り、既存のマーケットにこだわらない、東京から世界へ。


パネル ディスカッション
「ピンチからの企業変革をリードする経営者の役割」
パネリスト:
芝園開発株式会社 代表取締役 海老沼孝二 氏
旭酒造株式会社 代表取締役社長 桜井博志 氏
モデレータ:
ITコーディネータ協会 事務局 松下正夫
・法改正によるチャンス、参入障壁崩壊に伴うピンチ、先行き不安、成功体験が弱くする。
・事業継承直後の不安、資金繰りだけしか考えなかった時期が最大のピンチのとき。
・社員の理解と協力
・壁が壊れた時がチャンス
・辞めた人材の費用を投資に廻す
・パートナーの協力、餅は餅屋、専門家との信頼関係
・お客様との繋がりが支えに、イノベーションが可能に
・担当部署の強化のためのIT利活用
・事業継承後の楽しみとしてバンド活動をしている
・仕事が趣味
・人からありがとうと言われるのが大好きな自分、社会的企業でも株式会社として経営が成り立つことを証明したい。株式公開すると株主配当を考えなくてはならなくな
り、やりたい事が出来なくなるのでやらない。自治体から駐輪事業をいってに引き受ける事が出来る企業に。(*社会企業としての株式会社、ようやく日本でも増えてき
た感じですね)
・27万石の中の1.6万石から、6万石へ、普通のお客様が美味しいお酒を飲めるようにしたい。業界に新しい常識をつくりたい。(*お聞きしているとビジネス面における
日本酒のワイン化という感じですね。)



特別講演
「攻めのIT投資について」
経済産業省商務情報政策局 情報処理振興課長 野口聡 氏
・日本再興戦略(改訂)と「稼ぐ力」、日本の稼ぐ力を取り戻す、担い手を生み出す〜女性の活躍促進と働き方改革、新たな成長エンジンと地域の支え手となる産業の育
成。
・改革に向けての10の挑戦
・サービス業の生産性向上、非製造業の生産性の低さを改善するために
・IT利活用、守りのIT投資から、攻めのIT投資へ。ITへの認識の経営者の意識の問題。IT技術者がユーザ企業に少ない。
・投資市場からの意識改革、なでしこ銘柄のようにIT投資を評価する仕組み
・中小企業のIT利活用、促進の為のガイドの提供、攻めのIT投資への支援=ITコーディネーターの役割、企業の利益率向上のため、生産性向上のためのIT投資、戦略的な
IT利活用の推進、成功事例の紹介。地域の金融機関との連携支援。
・攻めのIT投資評価指標の策定


協会アワー
「イノベーション人財を育てる取り組み」
ITコーディネータ協会 常務理事・事務局長 平 春雄
*IT融合人材育成連絡会としての取り組み
・イノベーション創出、価値創造の基本的な考え方の整理
・イノベーション創出のプロセスと求められる能力、組織のあり方
・組織における多様な人材による価値発見
・イノベーションを創出する組織への改革
・経営者のマインド・リーダーシップの発揮
・育成フレームの整備
・実践的学習の場の設置
・実践の場の創出
・組織文化・風土の醸成
・イノベーション経営プロセスのモデル化
・イノベーティブな人材の育成


表彰式
中小企業IT経営力大賞2014受賞企業 支援ITC、
第2回ITCオンラインビジネス支援コンテスト受賞ITCの表彰
ITコーディネータ協会





iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供たちの夏休み、サッカー少年少女の夏の思い出のために

子供たちの夏休み、サッカー少年少女の夏の思い出のために
サッカーの街が始めた地域手作りの大会も、今年で28回目を迎えたのですね。
当初は11人制であった少年サッカーも今は8人制になりました。

無事に大会も終了。男子259、女子32、チームが参加、今年も多くの少年少女の心に夏の想いでを刻んだことと思います。

全国少年少女草サッカー大会 第28回無事終了
http://www.kusa1987.jp/pc/

<大会の理念>
未来を担う全国の少年少女のために…
1.全国どこからでも、どんなチームでも
2.勝っても負けても最終日まで
3.世界に目を
4.友情の輪を

<大会の特徴>
(1)小学生年代の選手育成に対する取組み
1.男子は5日間8ゲーム、女子は3日間5ゲームの交流試合(技術、体力、精神面での成長の場)
2.チームでの合宿を通じて、共同生活の体験や社会での約束ごとを勉強できる場
3.健康面での配慮:飲水タイム、自由な交代等
4.エキシビションゲーム(第17回大会)として8人制ゲームの実施

(2)「フェアプレー」精神の奨励
1.フェアプレー旗の掲揚と、ゲーム前後の、選手同士の握手の奨励
2.フェアプレー賞の贈呈

(3) 世界のチーム、選手との交流
1. 海外チームの大会参加(従来例:韓国、ロシア、中国、台湾、等)
2. 優勝チームの報奨(観戦、遠征等)

(4)Jリーグ観戦とプロ選手との交流
1.大会期間中、格安にてJリーグ観戦可能(日本平スタジアムでの清水エスパルス戦)
2.Jリーグ選手による会場訪問もしくはJリーグ選手との交流イベント開催

(5)指導者研鑽の場
1. 大会参加チーム指導者を対象とした公認少年少女指導者講習会の開催

(6)審判員養成の場
1.大会前、審判として参加する全高校生への4級審判講習会の実施と4級ライセンスの取得
2.大会期間中に、サッカー協会審判委員会による高校生審判員に対する現地指導

(7)地域スポーツボランティアによる大会運営
(地域スポーツクラブ作り活動の一環)
1.地域ごとのミニカップ開催
 学区をベースとしたスポーツ少年団、育成会(父母)、地域のサッカーマン(社会人、シニア選手、指導者、等)の有志が一体となった会場運営
 学校、自治会、地区体育会、地元企業等の協力と支援
2.地元少年団出身中学生の会場記録員としての運営参加(ボランティア体験)
3.市内高校生による審判員としての運営参加(審判員の育成、ボランティア体験)

<試合運営要項>
(1)試合規則
公益財団法人 日本サッカー協会規則に準ずる。
(2)試合方法
男子は16チームずつの16ミニカップ、女子は8チームずつの4ミニカップで予選を行い、予選後順位別トーナメント戦を行う。
(3)リーグ順位決定方法
[1]勝点(勝3、引分け1、負け0) [2]得失点差 [3]総得点 [4]対戦の勝敗 [5]抽選の順とする。
(4)試合時間
・20分−5分−20分とし、延長戦は行なわない。
・トーナメント戦に限りPK方式(3人)とする。
・順位別1位トーナメント戦の準決勝及び決勝戦は5分−5分の延長戦後、PK戦とする。

<競技規則>
公益財団法人 日本サッカー協会 8人制サッカー競技規則に準ずる。
但し、以下の項目は本大会規定による。
1.フィールドの長さ(タッチライン)は68m、幅(ゴールライン)は50mを原則とする。
2.ゴールは少年用ゴールとする。
3.試合球は少年用4号球を使用する。
4.審判は主審、副審2、第四の審判の4名で行う。
5.1チーム6名に満たない場合は、試合は開始しない。試合中に怪我等による人数不足により6名に満たなくなった場合には、続行できない。この場合スコアは0−5と
する。
6.選手交代の際は交代ゾーンを使用する。交代人数・回数とも制限しない。一度退いた選手がその試合中に再び出場することができる。(自由な交代)なお、フィールド
プレーヤー同士の交代は承認を必要としない。GKが関係する交代はアウトオブプレー時に主審の承認を得て行う。
7.警告は1試合2枚での退場を採用するが、累積は行なわない。また退場者がでた場合は、控え選手を補充することができる。退場者については次の1試合の出場停止と
なるが、「ミニカップ戦」と「○位トーナメント戦」をまたいだ停止処分はしない。
8.フィールドプレーヤー・GKのユニフォームは、異色を2着同背番号付で用意すること。
9.試合途中、GKがフィールドプレーヤーへポジションを変える場合、パンツ・ストッキングはそのままで、同番号のフィールド用ユニフォームを着用して出場すること
ができる。また、試合途中、フィールドプレーヤーがGKへポジションを変える場合、フィールドプレーヤーユニフォームの上にピッチ内選手のシャツと異色のビブス
(番号の有無、数字は不問)を着用して出場することができる。
10.選手は大会初日に写真を貼った登録選手証を持参し、会場で登録チェックを受ける。選手登録証を持参しない選手は試合に出場できない。
11.試合開始30分前までにメンバー表3部(本部2・相手1)を本部へ提出する。(メンバー表は大会で用意する)
12.チーム番号が若い番号のチームがグラウンドに向かい左側のベンチを使用する。テクニカルエリアに入ることができるのは大会にエントリーされた者(交代選手・代表
者・監督・コーチ)に限る。交代選手はピッチ内選手と違う色彩の服(ビブス)を着用する。
13.グリーンカード制度を導入する。
14.悪天候や災害等により、大会日程、試合開始時刻、試合時間等を変更することがある。
15.前後半中程に、原則として飲水タイムを取る。(ランニングタイムとする)
16.熱中症対策として、大会より配布された帽子の着用を可とする。

<表彰>
1位トーナメント
 [優勝チーム]  清水カップ、優勝旗、表彰状、メダル、市議会議長杯
 [準優勝チーム] 表彰状、準優勝カップ、メダル
 [三位チーム]  表彰状、三位カップ、メダル
ミニカップ
 表彰状、トロフィー
特別賞
・報奨
 男子の部・女子の部共に、上位1チームずつ優勝記念品贈呈
 男子上位4チームは12月実施の「‘14静岡市長杯第42回清水チャンピオンズカップ少年サッカー大会」の出場権を得る。
 大会三賞(敢闘賞、努力賞、グッドマナー賞)
 フェアプレー賞(キャプテン翼賞、国際ソロプチミスト清水賞)
 最優秀選手賞、優秀選手賞(メダル)
参加賞
 全チームの登録選手

<28回参加・結果>
男子チーム一覧
http://www.kusa1987.jp/entry/team_list/list/1
女子チーム一覧
http://www.kusa1987.jp/entry/team_list/list/2

男子総合順位
http://www.kusa1987.jp/common/pc/rank/1.html
女子総合順位
http://www.kusa1987.jp/common/pc/rank/2.html

来年に向けて、
また、ひとつでも順位を上げるのだと思っている少年少女たちに、良き残りの夏休みのひと時がありますように。


iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:40| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

ベジタリアンフォーラム 8/31(日)(東京体育館第一会議室)

お釈迦様も、イエス様も、聖者と呼ばれる方々は、
みなベジタリアンでした。
なぜなら、殺生をしないことは、もっとも大切な戒めであり
神の願いであったからです。
欲望に負けずに生きることの素晴らしさについて、
考えてみて欲しいなと想います。


ベジタリアンフォーラム 8/31(日)

<午前の部>ベジタリアン・アドヴァイザー・セミナー(第5回)
◇開場:8月31日(日)午前9時50分
◇場所:東京体育館第一会議室 http://www.tef.or.jp/tmg/access.jsp
最寄り駅はJR中央・総武線千駄ヶ谷駅、都営大江戸線国立競技場駅。
会議室へは、トレーニング室の横の通路を通り抜けて行きます。

◇プログラム:

第1部 ベジタリアニズム総論−理念・歴史・健康・環境−
講師 垣本充/日本ベジタリアン学会理事長・歯学博士
10時10分〜11時00分

第2部 ベジタリアン栄養学
講師 仲本桂子/東京衛生病院健康教育科長・博士(栄養学)
11時10分〜12時00分

◇受講費 1講座2000円 受講者には修了証をお渡しします。
◇テキスト 『21世紀のライフスタイル・ベジタリアニズム』
すでにお持ちの方はご持参ください。お持ちでないかたは、
http://www.jpvs.org/menu-info/book/index.html#vege21
より、購入申し込みなさってください。      

◇参加申込み NPO法人日本ベジタリアン協会ホームページ
 http://www.jpvs.org/
 問い合わせ欄より、8月31日セミナー受講希望、お名前、
 連絡先(メールアドレスまたは電話番号)を書いてお申込みください。       

<午後の部>
ベジタリアンフォーラム 8/31(日)(東京体育館第一会議室)13:00〜17:00開催! ◇

もちろん、ベジタリアンでなくても参加できます♪
夏の終わりの日、都内の大きな会議室で行います。
菜食やベジタリアンのライフスタイルの意味が、ここにあります☆
たくさんの方のご参加をお待ち致しております!
また、知り合いの方にもお知らせください。
東京体育館は、JR中央・総武線千駄ヶ谷駅、
または都営大江戸線国立競技場駅の近くにあります。
会議室へは、トレーニング室の横の通路を通り抜けて行きます。

○開会のあいさつ 垣本 充 NPO法人日本ベジタリアン協会代表
○講演:(仮称)素晴らしき私のベジライフ
スーパーモデルに依頼中です!
○パネルディスカッション:(仮称)ベジで変わる!私も社会も
パネリスト
山田英知郎さん(MOMINOKI HOUSEオーナーシェフ)
池田義彦さん(つぶつぶ総店長)
望月祐佳さん(Mealink Group総代表)
○ワークショップ(全員参加)
以下のテーマについて、下記のいずれか2グループに分かれて、Post-Itを使って意見を出し合い、模造紙に貼り、一定の時間話し合って、それぞれ発表します。
(1)菜食やベジタリアンのライフスタイルに思うこと(こちらのグループは、基本的に意見を出すだけで良いです)
(2)ベジタリアンになって悩んでいること(あるいは、なろうと思うが、起きそうな問題について)
○閉会のあいさつ 宮ざき 恭一 副代表
※講演、パネリストは、都合により、別の方が行う場合があります。
※午前中に同じ会場でベジタリアンアドバイザーセミナーがありますが、通して参加する方は、純菜食のお弁当をお申込み頂けます(有料)。
入場無料
午後の部のお申込み・お問い合わせ ta000603@d8.dion.ne.jp (担当:今野貴光)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポールマッカートニー ドキュメンタリーフィルム上映会 in京都

命を大切に、環境に優しく、そんな想いのある愛あるみなさんへ

殺生しない文化、日本にもありました。
欲望を制御して、愛に生きるのも良いのではないでしょうか?

「ポールマッカートニー ドキュメンタリーフィルム上映会 in 京都(2本立て)」
●日時
2014年8月30日(土)18:00〜21:30
●場所
ひとまち交流館大ホール (定員288名)
●住所
京都市下京区河原町五条下ル
京阪「清水五条駅」より徒歩5分
(http://www.hitomachi-kyoto.jp/floor_02_daikaigi.html
●入場料
500円
NPO法人日本ベジタリアン協会 会員 = 無料(当日入会の方は無料)
●企画内容
18:00  開場
18:30〜 Devour the Earth 地球を貪り食う 上映
18:30〜 (ポール・マッカートニー、ナレーション、日本語字幕)
19:00〜 佐藤史子 「日本の畜産動物たち」 トークライブ
19:20〜19:30 休憩
19:30〜 Glass wallsガラスの壁 上映
19:30〜 (オリジナル・ビデオは PETA による制作、日本語吹き替え版はCFT による制作、
19:30〜 ポ−ル・マッカ−トニー、ナレーションの日本語吹き替えの声は生馬アイザック)
20:00〜 中川雅博博士 講演 (コーディネーター 関目実氏)
      「菜食と環境─経験したことのない課題の解決に取り組む基本的な考え方」
20:30〜 ベジタリアンになって良かったこと、後悔したこと。会場からのQ&A

パネリスト:福島景、吉田麻理
司会:岩佐明子(NPO法人ベジタリアンフェスティバル実行委員会)
●主催
NPO法人日本ベジタリアン協会
NPO法人ベジタリアンフェステイバル実行委員会
●後援
Choices for Tomorrow
NPO法人アニマルライツセンタ−
●申込み
NPO法人日本ベジタリアン協会ホームの問い合わせ欄から、
8月30日京都上映会参加希望、お名前、参加人数、
連絡先(メールアドレスまたは電話番号)を書いてお申込みください。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

スタジオジブリの行方が与える影響

スタジオジブリの行方が与える影響

米林宏昌監督の新作「思い出のマーニー」が公開中です。
http://marnie.jp/index.html

そんな中で、少しネットを賑やかにした話題が流れました。
8月3日に放送された番組のなかで、6月のジブリの株主総会の模様が流れ、
鈴木氏が、長編制作の小休止と製作部門の解体について語ったというものです。

「ジブリ、「小休止」へ 製作部門解体 「マーニー」以後は新作お預け?」
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140804/ent14080420580006-n1.htm

「ジブリ、長編制作は小休止 鈴木敏夫さん「解体」説否定」
http://www.asahi.com/articles/ASG873GD6G87UCLV003.html

スタジオジブリが、大きな変化の時を迎えていることは間違いなさそうです。
コンテンツビジネスに関心のあるものとしては、
スタジオジブリの存在は無視できないものであると言えます。
アニメ業界においても、特出した存在であることは間違いなく、
世界におけるブランドとしても、その知名度は高く、評価されているからです。
また、約2年に劇場長編を1作のペースで製作して、
原則、劇場公開でリクープしていくというサイクルを確立していることも
注目される点であったりします。

もう、ジブリはなくなるのか、どこかに吸収されるのか、とか、
いろんな憶測が流れましたが、まあ、結論的には、
当面、長編作品の製作については行わないで、
製作及び制作の在り方を変えていき、新たな体制で再スタートする
ということのようです。

スタジオジブリは、もともと、
高畑勲、宮崎駿両監督のアニメーション映画制作を目的として、
風の谷のナウシカの後、
徳間書店の援助で、1985年6月に吉祥寺にて活動を開始したスタジオで、
ジブリとしての最初の作品は、1986年8月公開の
「天空の城ラピュタ」ということになっています。

1988年4月に、「となりのトトロ」、「火垂るの墓」の2本立て公開があり、
高畑&宮崎監督の作品を送り出すスタジオとして、
ヒット作を連発していくようになるわけです。

1989年7月「魔女の宅急便」宮崎駿監督
1991年7月「おもひでぽろぽろ」高畑勲監督

この頃に、新社屋の問題もあり、鈴木氏が社長に就任

1992年7月「紅の豚」宮崎駿監督

1992年8月に、小金井市梶野町の新社屋に移転します。
新社屋は、宮崎監督の理想が大きく反映されたものとなっています。
アニメーターが創作する場として、また創作活動をする環境として
より良いものを目指した結果が表現されたと言えるでしょう。

1993年5月 TV「海がきこえる」望月智充監督
1994年7月「平成狸合戦ぽんぽこ」高畑勲監督

1995年7月「耳をすませば」近藤喜文監督
 ジブリの次世代を担う期待の監督の作品が公開され、
 ジブリの将来のあり方の模索が始まったといえるかもしれません。

1997年6月 株式会社徳間書店の経営悪化にともない、合併して、事業部となります。

1997年7月「もののけ姫」宮崎駿監督

もののけ姫のヒットのあと、
ウォルト・ディズニー・カンパニーが製作に入ってくることになります。
1998年1月に近藤喜文監督が急逝してしまいます。
ジブリにとっては大きな損失であったことは間違いなく、
制作のあり方についても、様々なアプローチが行われていくことになるわけです。

1999年7月「ホーホケキョ となりの山田くん」高畑勲監督
2000年4月 TV「ギブリーズ」 百瀬義行監督

2001年7月「千と千尋の神隠し」宮崎駿監督
日本映画史に残る作品となりました。興行収入300億を超えた作品は、
この作品のみです。
アカデミー賞の長編アニメーション賞を受賞するなど、世界的にも高い評価を得て
ジブリの世界ブランドが確立したといっても良いのではないか言えるでしょう。

2001年 三鷹の森ジブリ美術館開館 土星座公開用短編作品制作される。

2002年7月「猫の恩返し」森田宏幸監督
同時上映「ギブリーズ episode2」百瀬義行監督
初めての外部からの監督作品となりました。

2004年 徳間書店スタジオジブリ事業本部を有限会社スタジオジブリに分割し、徳間書店が映画制作から撤退します。

2004年11月「ハウルの動く城」宮崎駿監督

2005年4月 株式会社スタジオジブリとして、新たなスタートをきります。
 独立スタジオとして、後継者育成という課題に本腰を入れて取り組んだのが
 次の作品となったと言えるでしょう。
 このころに、高畑監督の新作の企画も動き出しているはずです。

2006年7月「ゲド戦記」 宮崎吾朗監督

2008年2月 鈴木敏夫代表取締役社長退任、後任に星野康二(元ウォルト・ディズニー・ジャパン会長)就任。

2008年7月「崖の上のポニョ」宮崎駿監督

2009年4月 トヨタ自動車本社内に新スタジオ「西ジブリ」開設。

2010年7月「借りぐらしのアリエッティ」 米林宏昌監督

2010年8月 西ジブリ閉鎖。

2010年 土星座短編「ちゅうずもう」山下明彦監督 短編8作品になる。

2011年 株式会社ドワンゴ会長、川上氏がジブリにて見習いプロデューサー。

2011年7月「コクリコ坂から」宮崎吾朗監督

2011年 土星座短編9作品になる。

2013年 研修生募集を停止(新たなアニメーター雇用を止める)。

2013年7月「風立ちぬ」宮崎駿監督
2013年9月 宮崎駿監督 長編作品制作からの引退を表明。
2013年11月「かぐや姫の物語」高畑勲監督

2014年6月 株主総会で製作部門の解体・長編製作小休止の方針が出される。

2014年7月「思い出のマーニー」米林宏昌監督

宮崎吾朗監督の新作は、ドワンゴの川上量生氏によるNHKのテレビアニメ
「山賊の娘ローニャ」となりました。
アニメーション制作は、ポリゴン・ピクチュアズ。
製作は、NHKとドワンゴです。
シリーズ構成を、川崎ヒロユキ氏が担当しています。
つまり、本来であるなら、宮崎監督の新作が、2015年公開の劇場長編作品と
なるのがこれまでのジブリの流れであったわけですから、
それを変えることになったわけです。当然2年前には決まっていたことでしょうから、
今回の長編アニメ制作の小休止の流れは、2012年には決まっていたということですね。
すなわち、宮崎、高畑の2大巨匠の作品の同時公開以後は、
異なるジブリとなる必要があるということが、鈴木プロデューサーの中にはあったということです。
これまでのジブリの劇場作品の公開においては、
製作の座組みは、固定的であり、製作費も潤沢に集めることが出来る状態で、
劇場公開に臨み、興行成績もよく、ほぼ、劇場興行でリクープする流れであったわけです。
制作スタジオとしての経営は、順調であり、製作会社としてのリスクについては、
他の製作参加企業と分け合っていたわけであり、非常にうまく廻っていたといえるでしょう。
300名の従業員を抱えて、長編の制作の忙しくない時期には、
他の作品の作画を受注して、仕事を維持していたわけです。
しばらく、長編作品の制作をしないとなると、300名の従業員の維持の為に、
他の作品の作画を積極的に受注していくことになるのでしょう。
2年前から、そこは考えていたはずですから、当然、アニメーターの皆さんは、
他の作品の作画参加が割り振られていることと思います。
ただし、これまでの2年に1本の周期を崩すということになると、
製作のあり方も、制作体制の維持の仕方も、変えていくことが必要となるでしょう。
どの様な方向性にもっていくのか、非常に注目されるところです。

ジブリというブランドは、今や日本を代表するブランドのひとつになってしまいました。
鈴木氏としても、高畑&宮崎監督の作品をつくらないから解散ということは
出来ないだろうという認識を持っておられるのではないかなとも思います。
もちろん、300名の従業員に対する責任もありますから。
また、保育園を備えるなど、アニメーターの創作活動の仕事場として、
非常に良い環境をつくりあげてきたものが、失われることも大きな損失です。
アニメーターの労働環境については、負の話題が多く流れていますが、
理想的な環境モデルとしてのジブリという側面もないわけではないからです。
女性の活躍の増加は、アニメ業界の労働環境と無関係とは言えない側面も
実際のところはあると言えるでしょう。
どの様な形で、次の長編作品の製作発表が行われるのか、
それは、何時になるのか、今後のジブリの動向には注目といったところです。
米林監督の次回作の企画がもっとも注目されるといった感じですね。
ちなみに、宮崎監督が短編を創るのは、想定された流れです。
というのも、ジブリ美術館の土星座での上映作品については、
以前より12本用意して月替わりにしたいという話があったからです。
現在9本の作品がありますから、あと3本は創ることになるでしょう。
実験的な要素もある作品もあり、子供たちが楽しめる作品ですから、
アニメの原点にかえって、宮崎監督の魅力が込められたものが出来てくるのではないかと期待しています。

ちなみに、資本関係での経営統合があるとしたら、
やはり、これまでの関係からいっても、
ディズニーか、カドカワ・ドワンゴということになるでしょうね。
日テレという可能性もないわけではありませんが、薄いかな。

ジブリ作品については、
天空の城ラピュタや、となりのトトロ、魔女の宅急便、千と千尋の神隠し
といったファミリーで楽しめ、冒険的な要素ももった作品を
また、創り出して欲しいなという希望があったりします。
特に、男の子の活躍する作品は難しいと言われていますが、
天空の城ラピュタの様な作品、やはり出てきて欲しいですね。
その様な作品を生み出せるスタジオとして、やはり最右翼なのがジブリであると思いますから。

ジブリの次回作、期待したい皆さん、
ぜひとも、現在公開中の作品「思い出のマーニー」を観に
劇場に足を運んで下さい。
とても、素敵な作品です。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

町田創生フォーラム

町田創生フォーラム 第四回青年指導者フォーラム
「歴史を取り戻す!」
古賀俊昭氏のお話しを伺っています。

日露戦争から110年
第一次世界大戦から100年
第二次世界大戦
ボツダム宣言受諾し停戦となった
8月15日から、
七年後の講和条約締結までは、
戦争は終わっていない停戦中
日本の占領下時代となります。
其の間に、誤った歴史認識が
植え付けられていった。
その代表的な創作が南京大虐殺。
30万人殺されたという嘘、
人口20万人だった都市、
日本進駐後に25万人に増加した事実があること。戦没者が出た地域には、死者の名前が刻まれた慰霊碑があるものですが、南京にはありません。死者の名簿もないという
事実が、創作された歴史であることを告げています。
慰安婦問題は、戦後、日韓で講和条約締結の為に15年間の議論の中で、1度も韓国側から出たことのないものであった。創作本からお金儲けの為に裁判を起こさせた福島弁
護士などが産み出した嘘であった。

今日がどんな日か調べてみると、そこから歴史を振り返ることができる。靖国暦などを見て、少し調べてみることから、歴史を取り戻すことができる。

今年は、東京五輪から50年。あの感動を2020年に、白黒からカラー映像へ、子供達に良き夢を。

今年は、馬関戦争から150年。
新撰組の誕生や、明治維新へと繋がる歴史のポイントであるが、学んでいない日本人が多い。高杉晋作の外交力が発揮された事後処理であった。外務省に銅像にある陸奥
宗光の外交力。そういった先人がいたことを忘れないこと、そこから学ぶべきことがあるということ。

一昨年、古事記の編纂1300年、2020年には、日本書紀の編纂1300年を迎える。神話の時代から、現在まで、連なる歴史があり、その血筋があきらかになっている、神話時
代の約束が今も護られながら継承されている国は日本くらいしかない。そのことを誇りに思うべき。

日本を守るのは、文化を守ることから、その基盤は、国語である、国語教育の復興が大切である。
JAPAN はやめて、NIPPON に。
年号は、西暦でなく、和暦・元号を。
ローマ字人名表記は、性・名の順番に。不平等条約改正の為の欧米化策の名残りから脱却を。
安易なカタカナ語の使用を止めよう。縦書きこそが国語表記の正則です。交ぜ書きを醜いと感じる美意識で国語破壊思想を排除しよう。
「0」は「ゼロ」ではなく「レイ」と呼称しよう。米軍はゼロファイターと呼んだが、日本は、レイシキと呼んでいた。
先の大戦の正式名称は、大東亜戦争です。GHQにより強制されたのが太平洋戦争という呼びなである。
正漢字、正仮名遣の復権習得を。
軍歌、唱歌、童謡や子守歌を歌い継ごう。




iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする