2014年10月17日

地域振興のひとつの手段として・・・・

コンテンツビジネス研究会の例会にて話題としてあがったモバイルゲーム「Ingress」
地域観光を支援するモバイルアプリの活用については、
今後、増えていくことは間違いないでしょう。
海外からのお客様へのサービスの充実においても効果あるといえるからです。
ARや翻訳を上手く活用することで、
より楽しく、充実したアピールを、手元に展開させることが可能となります。
観光地にて、よく海外からのお客様へのサービスとして
看板の充実をあげることがありますが、
これはもろ刃の剣です。看板による景観の変化は、風情を損なうことにもなるからです。
場所によっては、看板などはなくす方が良いこともあることを忘れてはならないでしょう。
その場合に有効なのが、モバイルサービスであると言えます。
スマホへのアプリや、携帯端末の貸し出しなどにより、
看板の情報よりも、より充実したサービスを提供することが可能となります。
しかも、景観を損なうこともありません。
今後は、この方向のサービスが主流となっていくものと思います。
ITの有効活用は、まさにITコーディネータの得意分野ですので、
いろいろと協力できたら良いなと感じます。


The world around you is not what it seems.
Ingress. The game.
https://www.ingress.com/

話題のグーグル発のゲーム 現実世界を舞台にした陣取りゲーム『Ingress』の魅力とは
http://www.inside-games.jp/article/2014/10/08/81330.html

現実と仮想世界が交差する陣取りゲームアプリ「Ingress」の魅力とは
http://thepage.jp/detail/20141002-00000017-wordleaf

世界的陣取りゲーム「イングレス」に岩手県が注目したワケ
http://yukan-news.ameba.jp/20141002-24259/

岩手県がスマホゲーム「Ingress」を観光振興などに活用
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/092301024/

自治体が観光アプリを制作する必然性を考える
http://news.toremaga.com/economy/ewhole/610177.html

さいたま市
盆栽育成アプリ「つい、盆栽」
http://zaq.ne.jp/twit_bonsai/
https://www.facebook.com/twitbonsai

「熊本ご当地アプリβ」
(日本Androidの会の熊本支部)
http://www.gokusho.info/info/news/2011/10/post-4.html

「諏訪市まち歩きナビ すわなび」
(諏訪市)
http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=4514
http://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/jirei/nagano/20206/2013-0723-1346-870.html

「福ぶら」
(福岡市や九州大学他)
http://elements-soft.com/fukubura/
https://www.facebook.com/pages/%E7%A6%8F%E3%81%B6%E3%82%89/187575424610466
http://www.sonic-fukuoka.com/archives/tag/%e7%a6%8f%e3%81%b6%e3%82%89

観光にもタウンガイドにも!日本全国ご当地アプリ特集
http://www.oshigotoapps.com/feature/tourism

P.S.
世界規模の謎解きゲーム「ENDGAME」開始 「Ingress」開発チームによるゲームもリリースへ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1410/07/news088.html

ENDGAME
http://honchu.jp/topics/ENDGAME/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする