2015年09月23日

ある脳科学のコラムを読んで感じたこと・・・・現代科学の限界

現代科学者の限界、このコラムを読んでいて
感じたのは、そのことでした。
ニュートン力学のレベルでは、
相対性理論の世界を語れないように、
今の脳科学もある限られた世界の中では正しいのですが
その世界の外側に立つと本質を捉えているわけではないことが
みえてくるわけです。
紹介されている実験も、子供たちにどの様に指導するのかで
結果はかわってくるでしょう。
ただ、条件を設定するだけでは人は誘導できません。
その条件下でどの様な情報を与え指導でするのかの方が
実は重要であったりします。
しかし、科学者はどうしても自分自身の予測した結果に
誘導されてしまうものです。
特に社会科学的な実験には、その傾向が出てしまいます。
脳科学者の限界は、脳が優先するという唯物的な固定観念に
囚われていることに気が付けないことであると言えるでしょう。
人の存在は、単純に脳が主体で支配されているものではありません。
その事を理解できるか否かが、
実は現代科学が次の次元へとステップアップできるか否かの
境目であったりするわけですが、
なかなか、そのステップへ行ける人はいなかったりします。
無から有が生じる現象の存在を自分の目で確かめても
その事実に向き合うことの出来ない人もいたりするわけです。
人間の脳が起こす現象は、主体ではなく従的な事象でしかありません。
ただし、多くの人間は脳が主体となってしまっています。
それには、その理由が存在していますが、
その理由は、現代科学では説明できません。
ナショナリズムが戦争に繋がるというのは、
ある条件下における現象のひとつでしかないわけですが
まるで、それが全てのように語る人がいるために、
誤った認識が広げられていたりするわけです。
愛国教育を受けただけでは、優越感が高まることはありません。
実は愛国教育といいながら、別の要素が教育のなかに紛れているのですが
それを正しく分離していないが為に、そのようにみえているにすぎません。
しかし、そのことに気が付くことは無いわけです。
なぜなら、望む結果(愛国教育は優越感を有無)ではなくなってしまうからですね。
愛国教育の内容(=付随要素)によっては、
愛国教育を受けた結果として謙虚さと献上の美徳から
他国愛の高まりという結果を導くことも出来るということです。
これは、世論調査の結果にも言えることです。
世論調査では設問の作り方で結果を誘導することが可能であるわけですが、
まさに、教育にも同じことが言えるわけです。
つまり、内部の詳細がどうなっているのかが重要であるということです。
では、なぜ、その部分に注目することなく、
表層結果によって、判断してしまうのでしょうか、
それは、自分が望む結果が出てしまうことにより、
その結果を揺るがすことを排除したい、知りたくないという
潜在意識に流されてしまうことが多いためだと言えるでしょう。
実は、脳科学者自身が、脳の誘惑に囚われて客観性を無くしていることに
気が付けてないというわけです。
しかし、それは唯物思考しか出来ないレベルである限り、
仕方のないことでもあったりします。
唯物思考を超えることが出来ない限りは、
唯物思考の檻の外に出ることは出来ないからです。
では、唯物思考の檻の外に出るためにはどうすればよいのか?
より高位次元で、より客観的に事象を俯瞰し捉え判断することが
出来るようになるためには、どうすればよいのか?
その答えは既に、この世に存在しています。
その答えは、アンタルヤーミーと呼ばれるレベルの皆さんにとっては
当たり前のことでしかありません。
脳を50%まで使えるようにする方法も明らかになっています。
唯物的な方法では、天才と呼ばれる人でも10%も使えない脳。
それを、50%まで使えるために必要なことは何か、
実は昔は、脳を50%以上使える人は沢山いたという事実があります。
脳を使えなくなったのではなく、使わなくなったという方が
正しいといえるでしょう。
なぜ人は脳を使わなくなったのか?
その理由も明らかになっています。
ただし、それらの知識を受け入れることが出来るかどうかは
それを学ぶ人によることも事実です。
学ぶ機会が与えられても受け取る意志がなければ、
得ることは出来ないのは、この世界の学校でも同じことであり、
変わるものではありません。
では、どうすれば学ぶことが出来るでしょうか?
・・・
縁を逃さないことが大切であると言えるでしょう。
与えられたチャンスをしっかりと掴むということも必要でしょう。
謙虚になることも大切でしょう。
そして、何を優先するのかという決断も必要でしょう。
なかなか、世俗の柵から逃れることは大変であったりするものです。
今を生きることで精一杯であれば尚更大変です。
・・・
まずは、天の扉開きを体験してみるのが近道なのかなと思います。

記事----
脳とナショナリズムと戦争の意外な関係
脳科学者・中野信子さんに聞く
ある実験は次の可能性を示唆している――愛国教育を受けた子供は他の国に対する
優越感を高める。人間の脳は「内集団バイアス」という現象を起こすからだ。脳と
ナショナリズム、戦争の関係を気鋭の脳科学者、中野信子氏に聞く。
http://nkbp.jp/1Qm3iWt
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老齢社会から幸せな社会へ、課題を考える・・・・

あなたの老後を考えるという特集記事がありました。
幸せな老後が迎えられる社会はどうすれば出来るのか、
シールズの皆さんや若者にも、是非考えてもらいたいなと感じます。
戦争をなくすためには、まず身近な幸せが、
世界のどこにでもあるようにすることが必要でしょう。
その第一歩は、まず身近な幸せにあるということを
認識して欲しいなと感じます。

老齢社会、少子化の問題に対するには、
やはり、幸福な社会とは何かという基本的なビジョンを
しっかりと考えておく必要があると感じます。
結局のところ、普通の人はひとりで生きていくのでは
幸せにはなれないということです。
では、ひとりでないとしたとき、
幸せの基本となる存在は何なのか、
答えは明白です。
それは、家庭であるということです。
そして、老人に関する問題も、少子化に関する問題も
その根本原因を考えていくと、家庭崩壊に行き当たります。
離婚による片親、核家族化による孤独化、
子供と老人の孤独化は、結局のところ家庭崩壊が
生みだしてきたものであると言えるでしょう。
であるなら、根本解決策は、ひとつしかありません。
家庭復興です。
その事実に気付き指摘する人が評論家といわれる皆さんの中に
殆どいないことが、問題であると言えるでしょう。
個人主義=利己主義=家庭崩壊=社会崩壊
この方程式に気が付くことが、重要であると言えるでしょう。
すべての問題を解決していくためには、
利他主義=絆=家庭主義=共生社会=幸福
という方程式に気が付き、その為の政策やアプローチを行っていく
ということにあると言えるわけです。

社会問題に関しては、なぜか対処療法しか語られません。
確かに、現状の問題についてとりあえずの対応として
今、現実に困っている人に即効性のある対策として
対処療法は必要であり重要ではあります。
しかし、それだけではいずれは行き詰まりダメになってしまうでしょう。
問題発生が当たり前な社会になってしまう可能性もあります。
片親家庭は無い方が良いのは明白です。
孤独老人はいない方が良いのは明白です。
その為に、すべきこと、それをしっかりと考えて
対策を打っていかなければ根本解決には導けません。
その解決策の基本となるのか、善き家庭の醸成であり、
善き家庭をつくりやすい環境作りであると言えるでしょう。
理想的な三世代家族の方が楽になるように社会制度を変えていくことが
必要であると言えるでしょう。
また、そんな理想を法においても促進し原則として示すように
していくことが政治家には求められているのだと言えます。

では、実際に善き家庭を築くために必要なことは何でしょう?
その為に重要なことは何でしょう?
その答えは、既に、この世に存在しています。
その答えを知り、学び、理解して、出来ることから実践していくこと
そこから、すべてが始まるのだと言えるでしょう。

やはり、無知がすべての問題の元凶になっているとも言えるわけです。
すなわち、教育が重要であるということでもあります。
現代日本の問題の根元には、戦後教育の失敗があるのは疑いもない事実であると
言うことでもあります。

理想社会を築くために必要であり重要である家庭復興のための学び
それいついては、また別の機会に。

記事
特集1 2040年、あなたの老後を考える

孤独死現場を「リセット」する人たち
現場に残された「5000万円」の真実
http://nkbp.jp/1LlifZB

健気なお年寄りがひどい目に遭うニッポン
高齢弱者を狙い撃ちする“外道犯罪”の実態
http://nkbp.jp/1LlifZH

「高齢者の貧困率9割」時代へ
老後は誰しも転落の淵を歩く
http://nkbp.jp/1LlidRs

認知症高齢者の靴に「番号」を貼るふじみ野市
地域で進める徘徊対策
http://nkbp.jp/1LlidRA

「終の棲家」、見つからなければ自分で建てる
理想の最期を迎えるための選択肢
http://nkbp.jp/1Lligg5

「CCRC」はプチセレブな老後を実現する救世主か
http://nkbp.jp/1LlidRC

「現役世代だけが支える社会保障制度は、見直すべきだ」
森田朗・社会保障・人口問題研究所所長に聞く
http://nkbp.jp/1Qm1SeP

ついに40兆円突破、医療費の膨張止まらず
最大の「岩盤」打破に安倍首相の覚悟が問われる
http://nkbp.jp/1Qm1Tzg

人口減にも対策なし、日本人は「座して死を待つ」?
http://nkbp.jp/1Qm1Tzj

【「道徳」に頼る日本、「法律」で縛る米国】
「65歳定年」をやめれば企業は伸びる
世界一残酷な「定年」という名の年齢差別
http://nkbp.jp/1Qm1Tzn
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする