2015年12月11日

正しい歴史認識を世界に伝えていく必要がありますね。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イノベーションの時代に

日本政府の2025年までの長期戦略について
あまり報道されていません。
イノベーションの時代といえる21世紀の中にあって、
日本の未来をどの様な方向に描いていくのか、
政府が有識者中心に検討して、閣議決定した内容があるわけですが、
なぜか、国民への周知が行き届いていないようですね。
やはり、メディアの責任が大きいのであるような気がします。
情報が公開されても、メディアが伝えなければ国民の多くが
知ることが出来ないという現実が、多くの歪んだ結果を招いているのかなと
先の大戦でも、戦争に突入していった大きな要因のひとつは
メディアにあったことは間違いのない事実でした。
しかし、メディアはその事実を反省してはいないようです。
インターネット時代、国民ひとりひとりが、
情報リテラシー、メディアリテラシーの向上を図り、
しっかりとした知恵を身につけていくことが必要であると言えるでしょう。

私自身も、物理学修士、組込みSE、ITコーディネータ、コンテンツビジネスアナリストとして
21世紀のイノベーションへの取り組みには高い関心を持っています。
スキル向上と共に社会貢献の実践アプローチが出来るように
セカンドキャリアへのアプローチを含めて、
考えていきたいなと思っております。

イノベーション25
http://www.cao.go.jp/innovation/index.html
長期戦略指針「イノベーション25」について
http://www.cao.go.jp/innovation/action/conference/minutes/minute_cabinet/kakugi1.pdf
経済産業省イノベーション政策
http://www.meti.go.jp/policy/economy/gijutsu_kakushin/innovation_policy/index.html
産学共同シーズイノベーション化事業
http://www.jst.go.jp/innovate/
文部科学省 知的クラスター創成事業
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/cluster/index.htm
文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/chiiki/program/index.htm
日本学術会議「日本の計画 Japan Perspective」
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/18pdf/1852.pdf
日本学術会議「科学者コミュニティが描く未来の社会」
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-20-t32.pdf
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IoT推進の時代へ

ドイツでの第4の産業革命、インダストリー4.0が注目されていますが、
時代は、既に、4.0の次の段階へと進んでいると言えるでしょう。
IoT時代における産業のあり方に関しては、
様々なイノベーションを伴いながら、新しい社会の基盤を構築していくことになるはずです。
より良い暮らしと生活環境の構築を目指して、
産学官民が連携して取り組んでいくことが求められていると言えます。
ITの専門家として、PC98時代からコンピュータの進歩とその利用展開分野の進歩を
現場で感じてきたもののひとりとして、
IoTの流れは、当然のものと思っていました。
ようやく社会が、それを具体的に受け入れていく時代になってきたのだなと
感じる次第です。
多くの技術は既に10年前からあったものではあります。
しかし、基本的な技術が、社会にて応用展開されるまでには、
コストや形状、生産や利用方法といった、商品化のための革新が必要であり
5年〜10年の年月を必要としています。
20世紀末から21世紀明けの成果が、
ようやく実を結ぶステップへと入ってきたのだと言えるでしょう。
その一翼を担うもののひとりとして、
今後も、注目していきたいと思います。

IoT推進コンソーシアム
http://www.iotac.jp/

法人会員一覧より、社団等の組織団体と自治体、大学関連をピックアップしてみました。
この様な組織への参加は各組織の責任者の意識が問われる部分であると思います。
企業においては経営層の意識が問われると言えるでしょう。
IoTという分野について、今後展開していくべきだと考えているのであれば
参加するという方向性になるはずです。
残念ながら私の現状の勤務先は入っていませんでした。
親会社は入っていましたが、当社の業務内容を考えるなら
当然加入して情報収集を行うであろうと思っていたのでがっかりしました。
やはり、イノベーションへの意識は、システム子会社では
あまり重要視されないのだろうかと感じた次第です。

一般社団法人IIOT
一般社団法人 ICT経営パートナーズ協会
特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
一般社団法人秋田県情報産業協会
一般社団法人石川県情報システム工業会
石川県庁
一般社団法人FIMコンソーシアム
一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会
一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会
一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム
NPO法人Initiative for Social & Public Health
一般財団法人インターネット協会 IoT推進委員会
一般財団法人 衛星測位利用推進センター
特定非営利活動法人ASP・SaaS・クラウドコンソーシアム
一般財団法人カワイサウンド技術・音楽振興財団
一般財団法人関西情報センター
公益社団法人企業情報化協会
技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構
北九州市
公益財団法人九州先端科学技術研究所
釧路ITクラスター推進協会
一般社団法人組込みイノベーション協議会
一般社団法人 組込みシステム技術協会
一般社団法人クラウド利用促進機構
倉敷市
慶應義塾大学
公益財団法人 九州ヒューマンメディア創造センター
公益財団法人ソフトピアジャパン
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
一般財団法人さっぽろ産業振興財団
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 情報・人間工学領域
上智大学 理工学部 情報理工学科
一般社団法人 情報サービス産業協会
独立行政法人情報処理推進機構
一般社団法人情報通信医学研究所
一般社団法人 情報通信技術委員会
一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
公益社団法人 新化学技術推進協会
一般社団法人新経済連盟
一般社団法人信州オープンビジネスアライアンス
一般財団法人 石油エネルギー技術センター
繊維産業流通構造改革推進協議会
一般社団法人全国LPガス協会
全国石油商業組合連合会
一般社団法人全国地域情報産業団体連合会
全国ベビー&シルバー用品協同組合/連合会
一般社団法人ソーラーシステム振興協会
一般社団法人データ クレイドル
データエクスチェンジコンソーシアム有限責任事業組合
一般財団法人デジタルコンテンツ協会
一般社団法人電子情報技術産業協会
一般社団法人電波産業会
東京大学
株式会社 東京大学エッジキャピタル
東京大学生産技術研究所
公益財団法人とかち財団
一般社団法人長崎県情報産業協会
長野県塩尻市
一般社団法人ナノテクノロジービジネス推進協議会
一般社団法人 日本アルミニウム協会
一般社団法人 日本イベント産業振興協会
特定非営利活動法人 日本エステティック機構
一般社団法人 日本化学工業協会
日本ガスメーター工業会
一般社団法人日本画像医療システム工業会
一般社団法人 日本教育情報化振興会
一般社団法人日本計量機器工業連合会
一般社団法人日本建設機械工業会
一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会
一般社団法人 日本サッシ協会
一般社団法人日本自動認識システム協会
特定非営利活動法人 日本情報技術取引所
一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会
一般社団法人 日本ソフトウエア産業協会
一般社団法人日本データビジネス協会
一般社団法人 日本電気計測器工業会
一般社団法人日本電機工業会
一般社団法人 日本電気制御機器工業会
一般社団法人 日本電子回路工業会
一般財団法人日本電子部品信頼性センタ―
一般社団法人 日本電線工業会
一般社団法人日本ねじ工業協会
一般社団法人日本農業機械工業会
一般社団法人 日本半導体製造装置協会
一般財団法人 日本品質保証機構
一般社団法人日本ファインセラミックス協会
一般社団法人日本フィットネス産業協会
一般社団法人日本物流システム機器協会
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会
一般社団法人日本分析機器工業会
一般社団法人 日本冷凍空調工業会
一般財団法人ニューメディア開発協会
一般財団法人バイオインダストリー協会
一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会
一般財団法人ひらめき財団
福岡市
一般社団法人ブロードバンド推進協議会
一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター
法政大学情報メディア教育研究センター
北陸先端科学技術大学院大学高信頼ネットワークイノベーションセンター
一般財団法人 マイクロマシンセンター
雅翔一般社団法人
特定非営利活動法人 ものづくりAPS推進機構
モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
YRP研究開発推進協会
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webアーカイブ

日本のWebアーカイブの代表が、国会図書館の取り組みです。
2010年4月1日より、国立国会図書館法に基づくインターネット資料の制度収集が始まり
2015年12月1日、遂に、アーカーブされたサイト数が1万サイトに達しました。

WARP 国立国会図書館インターネット資料収集保存事業
http://warp.da.ndl.go.jp/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:01| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。