2015年12月12日

三鷹ネットワーク大学聴講メモ

サムソンが、如何にして、成長を成し遂げてきたのか、
人事面での歩みについて、
実際に、人事を現場で担ってきた方の話しを伺うことができました。
とても貴重なお話を伺えたと思います。
経営トップの重要さ、そして、それを支える経営層の人材の重要さ、
さらに、企業の成長には、やはり人を如何に活かすのかが
ポイントとなってくるということ、
そして、人を活かすためには、仕組みが必要であるということ。
どの様な仕組みが人にやる気を持たせることが出来るのか、
サムソンの成長の背後にあった人事組織の改革の歩みには、
日本の企業も学ぶべきことが多いのではないかと感じました。


アジアとの共生を牽引する真のグローバル企業を考える(第4回)
グループ経営の意思決定メカニズムと組織文化の改革

 全世界を対象に、グローバル経営戦略を練る
韓国の巨大複合企業における意思決定のメカニズム、
およびその仕組みを紹介する。
特に、10年先のニュービジネスの
探索や推進(雁行型成長モデル)、
競争と協力(遠心力と求心力)、
成果と報酬(Motivation & Incentive)
などについて概説し、
最も注力する「核心人材マネジメント」については詳述する。
また、オープンイノベーションや集団知性などの仕組みを概説し、
サムスン経済研究所の役割や特徴については詳説する。
一方、経営戦略の推進や成功に欠かせない
健全な組織文化の醸成や革新のための活動や
診断モデル・手段についても紹介する。

講座概要
講座日程 2015年12月9日 (水)
時間 19:00〜20:30
会場 三鷹ネットワーク大学
講師
張 相秀(チャン サンスウ)
亜細亜大学経営学部特任教授、サムスン経済研究所諮問役
1955年生まれ。84年から6年間、慶應義塾大学で経済学修士、および商学博士の課程を修了し、
91年から2012年末まで「サムスン経済研究所」で勤めた後、
13年度から亜細亜大学の特任教授として在任中。
サムスンでは、22年間、グループのHR(人事制度、人材育成、組織文化、労使関係)分野で、
調査研究をはじめ様々な新システム設計などに参画。
特に、01年からは人事組織室長(常務と専務)として、
グループのグローバル人事戦略の立案などに参画。
韓国では、他に延世大学などでの招聘教授と客員教授、
韓国人事管理学会などでの学会長や役員、中央政府の委員会での委員として活躍。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11代目のパソコンは・・・・

11台目のPCをローンにて購入

HP 14-ac104TU
Windows 10 Home(64bit)
Celeron N3050 1.60-2.12GHz L2キャッシュ-2MB
メモリ8GB
HDD 500GB SATA
DVDスーパーマルチドライブ
HP TrueVision HD Webcam
14インチディスプレイ(1366x768)
IEEE802.11b/g/n、Bluetooth4.0、LAN(10/100)
アナログRGBミニD-sub15x1
HDMI出力端子x1
USB3.0x1
USB2.0x2
RJ45x1
ヘッドフォン出力/マイク入力コンポポートx1
SDカードスロット
セキュリティロックケーブル用スロット
バッテリィ駆動時間約8時間
約1.94kg
12回分割払い
サイズ的にはB4より少し小さいくらい。

初代パソコン PC-9801 実家飾り
 80286+80287(アキバで5万円した)
 CRT+A3印字可能プリンタ+外付けHDD
2代:PC-9801N 廃棄
3代:パナソニックのCRT一体型ディスクトップPC 廃棄
4代:PC-9801NC +小型プリンタ 廃棄
<---標準価格50万以上した時代(安いものでも30万代)
5代:ThinkPadノートPC(98) 紛失
6代:VAIOノートPC(98) 譲渡
<---標準価格30万時代(安いもので10万後半)
7代:DLLノートPC(XP) 現役
8代:HPノートPC(Vista) 現役
9代:工人舎ノートPC(XP) 液晶死
10代:HPディスクトップPC(Win8)本体のみ 飾り中
11代:HPノートPC(Win10) 予定
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸福の七カ条 〜『水木サンの幸福論』より〜

幸福の七カ条 〜『水木サンの幸福論』より〜

第一条
成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条
しないではいられないことをし続けなさい。

第三条
他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条
好きの力を信じる。

第五条
才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条
怠け者になりなさい。

第七条
目に見えない世界を信じる。


幸せになるために、何が大切なのか、
水木先生の言葉が伝えていることは、きっと、
この現世において、物質的なものに拘っても幸せにはなれませんよってことですね。
自分自身の本心の望むことを行いなさい。
好き、やらなければっという心の発露に従うことが幸せに繋がっているのです。
努力しても報われるわかではありません。
でも、好きなら努力するのもまた楽しいものです。
努力は好きだからこそ、しないではならないからこそすればよいのです。
そして、疲れたら素直に休みましょう。
無理は禁物です。時には怠けることも必要です。
目にはみえないもの、真心、精霊、神、あの世、信じることが大切なのです。
成功も栄誉もお金も、幸せになる為に必要なものではないということです。
幸せになるということは、
自分自身の本心が求めるものを得るということだと言えるでしょう。
好き、気持ち良い、嬉しい
不純な欲望からは得られないものこそが、
幸せの源泉であるということです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする