2015年12月18日

多くの人が悩み惑うのは・・・・

多くの人が悩み惑うのは・・・・

溝口語録「人としての道を守る」を読んでいて、
ふっと想ったことがあります。

なぜ、この世に生まれるのか、
その問いに関しては、様々な答えがこの世には溢れています。
そして、その答えの多くは、
宗教や哲学によってもたらされていると言えるでしょう。
人生の目的と価値、
それは、まさに、人それぞれの生まれ出でた環境と
その後の成長の過程における環境によって
変化していきます。
日本の社会は、戦後、平和を与えられてきましたが、
その中で失っていったものがいくつもあります。
その結果、戦前には大きな問題とはなっていなかった
社会的な問題が顕在化してきているとも言えるでしょう。
特に、生きること、幸福というものについては、
現代社会の方が退化しているのかもしれません。
自殺者の増加、うつ病などの精神疾患の増加、
それらは、まさに心の問題から起因するものです。
そして、心の問題を解決するための知恵は、
人類の歴史の中において、宗教や哲学によって
もたらされてきたものであるのです。
日本は、神道と仏教という信仰の基盤をもっています。
そして、儒教という道徳の基盤をもっています。
しかし、その基盤は、戦後の教育の失敗のために
徐々に崩壊していっているのです。
その結果は、自殺者の増加や心の病の増加といった
社会問題として顕在化してきているのだと言えるでしょう。
戦後失われてきた価値あるもの、
祖先から培われてきた善きもの、
そういったものは日本人のDNAの中に刻まれてきています。
しかし、それを保つためには、
学び伝えていくことが必要であるのです。
戦後の教育において、大きく欠けてしまったもの。
それは、まさに信仰心、道徳心という日本人の美徳というべき
精神の姿ではないでしょうか。
それを取り戻していく努力が、今まさに求められているのだと思います。
そして、その基盤となるべきものは、
家庭という社会を構成している核である集まりであると言えます。
家庭復興こそが、現代社会の多くの課題解決の
根本的なものをもたらすことが出来るのではないでしょうか。
家族の絆、家族の中での教育と成長、
そこにこそ、より広い集団や社会における絆を育む
基礎と原点があると言えるはずです。
徳行の原点は徳育にあり、
その徳育の場こそが、家庭であるはずなのですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━
CarnelClub第338号より

溝口語録「人としての道を守る」

<溝口語録>

【人としての道を守る】

人はみな、聖人ではないので、
ごく自然に生きている中で、
間違いがないなどと言えるわけはありません。

つまり、徳行などと言える模範的な在り方は、
【学ぶしかない】と言えるのです。

その意味では、『論語』などは
応神天皇の代に日本に伝わってきて、
その後の律令時代の官吏(公務員)の
必読書となっていたものですので、
昨今の政治家は必読すべきものなのです。

さて、内容は思想の啓蒙や自己制御に
主眼を置いています。

例えば・・・

「人が生きていくには
 【仁(思いやり)】を忘れてはならないが
 この【仁】を基本にして
 【克】【伐】【怨】【欲】を抑え
 己に克ちて礼に復える」

という一文があります。

【克(こく)】とは、他人を打ち砕き、打倒して、
自分ばかりが目立とうと出ていくことを
好む傾向を戒めなさい!ということです。

そんなことをすると、他人から妬まれ、
あることないこと中傷され、
出る杭は打たれるぞ!と言っているのです。

【伐(ばつ)】とは、
「オレがオレが」という自己中心的な在り方や、
何でも自分が中心にならないと
気が済まない性格を戒めています。

一般的な社会でも、
「この会社はオレがいないとやっていけない!」
などと主張する人がいますが、
もし本当にそうであるならば、逆に
「能ある鷹は爪を隠す」ものなのです。

【怨(えん)】とは、人を恨んだり、
妬んだりしてはいけない!ということです。

「自分が出世できないのは、
 あいつが妨害しているのだ!」とか

「きっとあいつが自分をおとしめているんだ!」

などと愚痴っている人がいます。

しかし、人がどうであろうが
黙々と自分を貫いている人が、
結局のところ周囲に認められるのです。

【欲(よく)】とは、私欲・貪欲はいけない!
ということです。

社会・会社・国家全体が、
幸せになるための正義ある欲は良いですが、
私利私欲に取りつかれ、自分だけが!!
自分のみに!!という
利益をむさぼる欲はいけない!
と言っているのです。

このように、【仁(思いやり)】の支柱が
しっかりしていれば、
自ずと【克・伐・怨・欲】など起きないはずですが、
昨今はこんな簡単な人の道も
守れない人が世にあふれているのです(涙)

━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エスパルス、2016年へ向けて

天皇杯もベスト8・準々決勝
 ヴィッセル神戸-浦和レッズ・ヤンマースタジアム長居
 ベガルタ仙台-柏レイソル・ユアテックスタジアム仙台
 ガンバ大阪-サガン鳥栖・万博記念競技場
 FC東京-サンフレッチェ広島・長崎県立総合運動公園陸上競技場
以降が残っていますが、

エスパルスサポーターにとっては、既に2016年シーズンに
想いは行っていますね。
1年でJ1復帰を目指す熱き戦いが待ち受けているのですから。
さて、2016年のエスパルスのライバルはといえば、

松本山雅FC、モンテディオ山形、セレッソ大阪、
愛媛FC、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州、
東京ヴェルディ、ジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山、
ツエーゲン金沢、ロアッソ熊本、徳島ヴォルティス、
横浜FC、カマタマーレ讃岐、京都サンガF.C.、
ザスパクサツ群馬、水戸ホーリーホック、FC岐阜、
レノファ山口FC、FC町田ゼルビア

の21クラブです。
アウェイ遠征も結構大変そうではありますね。
J2にオリジナル10が3クラブか・・・・。
ともかくも、J2優勝が目標であるわけですから、
何としても、勢いにのっていけるように開幕までに
しっかりとした準備を行って欲しいと思います。


2015年サッカーリーグ戦結果

J1リーグ
1 サンフレッチェ広島  ☆ACL出場
2 ガンバ大阪      ☆ACL出場
3 浦和レッズ      ☆ACL出場
4 FC東京
5 鹿島アントラーズ
6 川崎フロンターレ
7 横浜F・マリノス
8 湘南ベルマーレ
9 名古屋グランパス
10 柏レイソル
11 サガン鳥栖
12 ヴィッセル神戸
13 ヴァンフォーレ甲府
14 ベガルタ仙台
15 アルビレックス新潟
16 松本山雅FC     ★J2降格
17 清水エスパルス    ★J2降格
18 モンテディオ山形   ★J2降格

J2リーグ
1 大宮アルディージャ  ☆J1昇格
2 ジュビロ磐田     ☆J1昇格
3 アビスパ福岡     ☆J1昇格
4 セレッソ大阪
5 愛媛FC
6 V・ファーレン長崎
7 ギラヴァンツ北九州
8 東京ヴェルディ
9 ジェフユナイテッド千葉
11 ファジアーノ岡山
12 ツエーゲン金沢
13 ロアッソ熊本
14 徳島ヴォルティス
15 横浜FC
16 カマタマーレ讃岐
17 京都サンガF.C.
18 ザスパクサツ群馬
19 水戸ホーリーホック
20 FC岐阜
21 大分トリニータ    ★J3降格
22 栃木SC       ★J3降格

J3リーグ
1 レノファ山口FC   ☆J2昇格
2 FC町田ゼルビア   ☆J2昇格
3 AC長野パルセイロ
4 SC相模原
5 カターレ富山
6 ガイナーレ鳥取
7 福島ユナイテッドFC
8 ブラウブリッツ秋田
9 FC琉球
10 藤枝MYFC
11 グルージャ盛岡
12 Jリーグ・アンダー22選抜
13 Y.S.C.C.横浜

JFL(日本フットボールリーグ)
1 ソニー仙台FC
2 ヴァンラーレ八戸
3 Honda FC
4 鹿児島ユナイテッドFC ☆J3加盟
5 アスルクラロ沼津
6 SP京都FC      ★JFL脱退
7 奈良クラブ
8 FC大阪
9 ホンダロックSC
10 ヴェルスパ大分
11 MIOびわこ滋賀
12 横河武蔵野FC
13 FCマルヤス岡崎
14 流経大ドラゴンズ龍ケ崎
15 ファジアーノ岡山ネクスト
16 栃木ウーヴァFC
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今そこにある神の存在をあなたは感じられるだろうか。〜神の世界の扉を開ける 天の扉開き〜


世界には奇跡と呼ばれる現象が多数存在している。
そして、それは歴史の中に記述されているだけではなく
今の世界においても、発生していることである。
奇跡とは何か、
実は、奇跡とは現状の科学で理解できないことでしかないと言えるだろう。
つまり、奇跡は不思議な現象ではなく、
今の科学では説明できないだけの現象でしかないと言うことなのだ。
現象としては、存在している事実であるということに過ぎない。
科学者の中において、奇跡はないと言う言葉を使うときに
2種類のタイプがあると言えるかもしれない。
ひとつは、奇跡といわれる現象そのものの存在を否定して
認識しないようにしている科学者、
ひとつは、現象そのものを肯定し、
その存在は単に今は説明できないだけに過ぎないと考える科学者、
どちらが、科学者の姿勢として正しいのかといえば
間違いなく後者であると言えるだろう。
ニュートリノを直接見た人はいないが、
その存在は間接的に観測されている。
重力や電磁波を直接見ることは出来ないが、
測定することは可能である。
科学とは、今も目に見えない存在を観測し測定して
論理的に分析し、数学を使って表現しているのである。
ならば、物質化現象として、みることの出来る現象を
認めることが出来ないなどあり得ないことだと言えるだろう。
トリックがないことも明白である環境において、
一定の条件下の中で再現する現象である以上、
その現象は、確かに存在するのである。
ビックバン以前の宇宙からビックバン後の宇宙が現れたように
何もない空間から物質が現れているだけだとも言えるだろう。
現代科学で説明不能な現象を超常現象と呼ぶのであれば、
まさに、真の超常現象がそこにあるということになる。
なぜ、この様な現象が存在しているのか、
真の科学者であれば探究心を擽られないはずがない。
その貴重な機会であることは間違いない・・・・・。

〜☆〜☆〜☆〜

「真の超常現象!物質化現象を捉えた映像!!
 科学者・研究者・超常現象否定派の方々も是非ご覧下さい。」

 神の世界の扉を開ける
 天の扉開き
 http://www.amanotobira.com/

☆第6回 天の扉開きツアー
 2016年2月25日〜2月29日
☆第7回 天の扉開きツアー
 2016年5月25日〜5月29日
http://www.amanotobira.com/#!tour/csuq

・お金と時間があるのであれば、絶対に参加すべきツアーであると断言する。
 私も何とか参加したいと思っているのだが、
 この世の蚊帳を破ることが難しく情けないことに参加できずにいる。
 自分自身が超常現象を体感できる機会があり、
 それに参加するだけの余裕と環境があるのに、
 参加しない人は可哀そうであり、非常にもったいないと言えるだろう。
 この世に生きているときに、出会える最高の機会であるのだから。

☆アメノウズメ
http://www.amanotobira.com/#!about-1/c11vf

☆ウズメに質問相談
http://www.amanotobira.com/#!about1/c198o

・紹介されているQ&Aからも、真理の一部が垣間見れる。
 現代科学の限界とこの天宙の真理の深さを知る機会がそこにある。

☆天の扉開き関連 媒体のご紹介
http://www.amanotobira.com/#!-/c18y6
☆空中で金属が物質化する驚異の洞窟「天の扉開き」の謎
https://youtu.be/P2HN2_JL4c4

・超常現象としてメディアでも紹介されている。
 しかし、実際に自分で体験することの可能は超常現象は
 非常に稀であると言えるだろう。

☆論文「物質化現象 無から有は生じる」 著スワミ
http://media.wix.com/ugd/609c95_23db0acd0762469a96a9281635176713.pdf

・この現象は、今の科学では説明できない。
 科学は現象の確認と分析、解析の積み上げにより、
 数式によりそのメカニズムを記述することで
 現象の記述と再現性の実験を行い検証するという方法で
 発展してきた、しかし、この現象は事実として存在し、
 再現性も確実にあるにも関わらず、
 そのメカニズムを現状における数学や科学で記述することが
 出来ていない。
 それは、まさにビックバン以後しか解明できていない現代科学の
 限界を超えた世界であるからなのだと言えるだろう。
 いつの日にか、この現象を科学的に記述説明出来る日がくるのか、
 それはまさに神のみぞ知るといったことなのかもしれない。

☆天の扉開き
http://amanotobira.pw/feed/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする