2016年01月20日

LGBT問題の問題・・・


今朝のNHKのニュースでも取り上げられていましたが、
何処かに違和感を覚えます。
性的マイノリティを不当差別しない、
人権を守るべきという綺麗な言葉の陰に、
利己主義(他人はどうでもよい主義)、
家庭崩壊、そして、社会崩壊への危険が
垣間見られるように感じられるのです。
また、性的嗜好と病気をきちんと分けて
語られていないように思われます。
この差は大きなものではないでしょうか。


揺らぐ「結婚」―同性婚の衝撃と日本の未来 (View P books)
森田 清策
http://t.co/SoZkmMJ4od

政治家や教育者は、きちんと考える必要があると思います。
愛と平和、善き家庭のあり方についてです。
その上で、LGBT問題を捉えたとき、
おかしいなって思えるものがはっきりと見えてくることでしょう。

LGBT の定義
省略形
lesbian, gay, bisexual, and transgendered.
性的少数者
この言葉を政治家や知識人は使用しない方が善いと感じます。
理由は、性的嗜好者と疾患患者を同一視しているからです。
この両者を同一に扱うことはおかしなことだと思います。
政治家が扱うべき課題は、
LGBT問題ではなく、
トランスジェンダー問題(T問題)だけであると言えるでしょう。
性的嗜好者(LGB)問題ではないはずです。
もし、性的嗜好者を扱うのであれば、
lesbian, gay, bisexual, sadism, masochist,
pedophile, bestiality, ....
などの人々についても同様にあるかう必要が出てくるでしょう。
つまり、LGBSMPBとなるわけです。
性的マイノリティの人権を問う前に、
健全な家庭の醸成とあり方を問うべきでしょう。
なぜなら、子供の善き育成の環境は、善き家庭こそが
基盤であるからです。
LGBT問題について、LGBを含めて
政治が何か考えたり、教育したりすることは
愚かではないのかなって思うのは間違いでしょうか?。
トランスジェンダー問題だけをしっかりと扱えば
充分ではないでしょうか。
性的嗜好の問題は、
公的にどうこうすべき問題ではないと思います。
メディアも、しっかりと内容についての情報を
伝えるべきではないのかなっと思います。


●公的に守る必要のない(本当に守る必要あるの?)
(個人の嗜好の問題でしかないでしょう)
性的マイノリティ
LGB=特殊性的嗜好者
lesbian レズビアン 女性愛好家の女性
gay ゲイ 男性愛好家の男性
bisexual バイ 男性女性愛好家
sadist サド 加虐愛好家
sadism サディズム 加虐愛
masochist マゾ, マゾヒスト 受虐愛好家
pedophile ロリコン 幼児愛好家
(sexual attraction to children)
Infant lovers ロリコン
sodomy ソドミー 男色獣姦愛好家
bestiality  獣姦


◎公的に守る必要のある
(自分ではどうにもならない病気)
性的マイノリティ
T=性同一障害者
transgender


LGBを扱うのを止めて、
(LGBT問題とは言わずに)
トランスジェンダー問題を扱うと同時に
結婚の価値と、善き家庭とな何かという
テーマで教育現場においては学ぶ機会を
設けていくことが大切ではないでしょうか。


「個人単位社会という幻想を超えて
 ―モデル提示による家庭の再興―」
 NPO法人修学院院長 久保田 信之
http://ippjapan.org/pdf/Opinion010_NKubota-jp.pdf

「人口減少社会日本の危機
― 少子化対策はどうあるべきか、「家族政策」の視点から ―」
 岡山県立大学保健福祉学部教授/元内閣府参事官/少子化対策担当 増田雅暢
http://ippjapan.org/pdf/Opinion018-2_MMasuda.pdf

専業主婦・子育て世帯を狙い撃つ「配偶者控除見直し論」の背景と問題点
 −家庭機能を弱体化させ、少子化対策にも逆行−
「家庭基盤充実に関する研究プロジェクト」チーム 主任研究員 中山潔
http://ippjapan.org/pdf/IPPReport003-6_Nakayama_name.pdf
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする