2016年02月24日

コンテンツマーケティング・・・・


日経BP社の子会社から、以下の記事、サイトが
提示されていました。

いったいどんな目新しいことがあるのかなっと
期待しつつ覘いてみましたが、
特に、目新しさは感じませんでした。
スタンダードな取り組みを展開しているなというのが
全体的な印象です。

顧客やターゲットを巻き込むのとは、
ネットの活用をするなら当たり前なものとなっていますし、
囲い込むといったアプローチも当然のものです。
好奇心や興味を引くアプローチ、
満足感を得られる、お得感を感じられるアプローチ、
リピーターに育てるためのアプローチ、
口コミを広げるためのアプローチ、
既に、ネットにおけるマーケティングでは常識です。

まあ、目新しさを広告レベルで、感じさせるのは、
誰に対して、ということもありますので、
コンサルからみたら、仕方ないのかなとも思っています。
コンサル顧客から、目新しを思われたら良いだけですから。
その意味では、ターゲットは、
これから、コンテンツマーケティングを活用したいという
皆さんでしょうから、その意味では、
内容は、スタンダードであるのかなと思いました。


コンテンツマーケティングの教科書
コンテンツコミュニケーション・ラボ
http://consult.nikkeibp.co.jp/sp/contents/

「コンテンツマーケティングの教科書」プロジェクト始動!
http://consult.nikkeibp.co.jp/sp/contents/project.html

2016年コンテンツの作り方の新潮流
http://consult.nikkeibp.co.jp/sp/contents/atcl/20160219_1/?mmcd=ml20160224-01


ちなみに、基本的にコンテンツマーケティングに
教科書など特に意味がないと言う人もいるかもしれません。
標準的なもの、共通的なものを揃えると、
ごく、スタンダードで目新しさもない内容にしか
ならないからであるからです。
もちろん、初心者向けの教科書は需要ありますから、
意味あることは間違いないでしょう。
ただし、既に知識のある人にとっては、
教科書って何っという部分もあるのではないでしょうか。
ツールマニュアルとしての教科書があっても
その教科書を使っていれば成功するということが
果たして言えるのかってことなのかなと思います。
結局のところ、コンテンツマーケティングという
ツールは、顧客毎に、どの様に活用し展開するのが
最適なのかが異なるものであるために、
どんな場合でもこれでOKと言えるようなものは
成功へのステップとして期待出来ないという部分が
あるからです。
もちろん、ツールの使い方や種類、適応方法は
共通的なものがありますが、
その様なツールを、どの様な種類や方法で、
どんなタイミングで、どう活用していくのが
その企業、目的に最適なのかは、
個々に最適解が異なっているということなのですよね。
クライアントから情報を吸い上げて解析する前に
こうすれば大丈夫ですよと言い切るコンサルは
ちょっと怪しいと思った方が良いかもしれません。
まず、目的を明確にし、現状をしっかりと把握した上で、
最適な効果を最短で得るためには、どの方法を取るのが
よいのかを提案することが重要となると言えるでしょう。
また、どんなコンテンツを利用するのかも、
目的やターゲット、期間やコストなどから、
しっかりとチョイスすることが求められます。
あとは、実際のコンテンツの制作に関しては、
センスが問われるところとなるでしょう。
実績から、発注先をセレクトするのか、
可能性から、セレクトするのか、
コストから、セレクトするのか、
クリエイターのセレクションもまた、
成功のキーポイントのひとつではありますからね。
コンテンツマーケティングというツールを
上手く使うためには、
コンテンツビジネスにおける多様なツールを使いこなし
企業の価値をしっかりと見出しつつ、
顧客のターゲティングと、それにあったコンテンツを
セレクションし、モディファイし、
コスト感とスピード感をもったフィードバックを
提供することが出来るノウハウやスキルを備えていること
といった感じになるのかなと思います。

ぜひ、ITコーディネータにご相談してみて下さい。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

仕事の中の幸福・・・・


仕事の中の幸福という特集が、
2007年に独立行政法人労働政策研究・研修機構から
提示されていました。

2007年から10年目になる今、
日本の労働環境や仕事の中の幸福に関する
実体は、はたして改善されてきたのだろうか。
そんな事を思った時、
自分自身について考えた場合には、
まったく変わっていないどころか、
悪化していると言えるのかもしれないと
感じた次第です。

世の中には、2007年から、大きく変化した
業種や企業が多数あると言えるでしょう。
その変化の中には、倒産や合併、吸収といった
企業再編による影響を受けた人たちもいれば、
社内の制度変化や人事変化によって
影響を受けた人たちもいるでしょう。
その結果、不幸になった人もいれば、
幸福になった人もいることかと思います。
結局、どんな仕事をしていた人たちが、
幸福になり得たのかと考えてみたとき、
サラリーマンであるならば、
それは、良い上司や経営者に恵まれた人、
ということに尽きるのかもしれません。
卒業シーズンですが、
入社先の企業の経営者、
配属先の上司に、恵まれるか否か、
それによって、未来が大きく左右されるのが
サラリーマン社会の現実です。
3年努力してみて、改善の見込みなければ、
異なったアプローチも必要であると言えるでしょう。
もちろん、フリーランスの仕事をしている皆さんや
個人事業主として仕事をしている皆さんも
いらっしゃいます。
フリーター、パート、契約社員といった方もいますし、
仕事の種類も仕方も、それぞれであるわけです。
その中では、仕事の中に幸福を求めない人も
いるでしょう。
仕事以外で幸福であるために、仕事をしているという人も
いて当然であるわけですから。
仕事の中の幸福というテーマの特集記事は、
もちろん、一定の前提のもとで構成されているわけです。
それは、仕事は幸福であるべきだ
というものではないかと感じました。
しかし、仕事は幸福である必要があるのか、
という問いかけも一方では存在し得ると感じます。
人生における幸福とは何なのか、
幸福論というテーマも、また様々な立場から
語られてきているものです。
仕事とは何か、という問いかけも同様であると
いえるのかもしれません。


日本労働研究雑誌 2007年1月号(No.558)
特集:仕事の中の幸福
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/index.html

提言:社会変化と人間を尊重する仕事
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/001-001.pdf
堀内光子(文京学院大学客員教授・元ILO事務局長補)

特集解題:仕事の中の幸福
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/002-003.pdf
編集委員会

論文:

・労働と幸福度
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/004-018.pdf
佐野晋平(日本学術振興会特別研究員)
大竹文雄(大阪大学社会経済研究所教授)

・高齢者の就労に対する意欲分析
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/019-031.pdf
福島さやか((株)CCCキャスティングキャリア企画グループ)

・職場における快適な労働環境確保について
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/032-040.pdf
小畑史子(京都大学大学院地球環境学堂助教授)

・職場のメンタルヘルスに関する最近の動向とストレス対処に注目した職場ストレス対策の実際
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/041-053.pdf
大塚泰正(労働安全衛生総合研究所研究員)
鈴木綾子((財)鉄道総合技術研究所研究員)
高田未里(北里大学大学院医療系研究科リサーチレジデント)

・バーンアウト(燃え尽き症候群)─ヒューマンサービス職のストレス
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/054-064.pdf
久保真人(同志社大学政策学部政策学科教授)

紹介:全日空労働組合における従業員の健康と社員満足に関する取り組み
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/65-070.pdf
黒木隆志(全日本空輸労働組合中央執行委員)

書評:中村圭介著『成果主義の真実』
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/071-074.pdf
猪木武徳(国際日本文化研究センター教授)

論文Today:従業員のキャリア開発に影響を与える組織施策─キャリア志向性との関係から
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/075-076.pdf
藤波美帆(労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー)

フィールド・アイ:ドイツの子育て事情
http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2007/01/pdf/077-078.pdf
高畠淳子(京都産業大学法学部助教授)


会社の経営において、何が重要であるのかということを
問うとき、経営者によって、異なる回答が
出てくることが多いのかもしれません。
それは、その経営者の理念と信念が、
異なっているからであるとも言えるでしょう。
経営支援を行う立場からは、
経営者がどんな理念や信念を持って
経営を行っているのかを知ることは
とても大事なことであると言えます。
それによって、重点となるべき助言の内容が
当然異なってくるからです。
さて、経営者にとっての幸福と、
従業員にとっての幸福が一致していれば、
素敵であるのかもしれませんが、
多くの場合、一致してはいないことが多いのでは
ないでしょうか。
経営において、CS向上が大事であるということが
大きく言われるようになった後、
CS向上の為には、ES向上が大事であると
言われるようになっていきました。
成功企業、老舗企業の中では、
自然と、CSとESの向上が図られているもので
あったりするものです。
上手くいっていないという状況にあるからこそ、
CS、ESからしっかりと見つめ直していくことが
必要となるのだと言えるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

アニメコンテンツによる地方創生に向けて

10723-1.jpg

 個人的にも注目している
ハルチカですが、地元の商工会議所にて、
関連する講演を開催するようです。
(非常に関心があり、出来るなら参加したいくらいですが
残念ながら参加できません)
出版元KADOKAWAさんを招いてということですから
なかなか、良い方向であるなと思いました。
ネットでの盛り上がりはいまひとつな感じではありますが
地域のコンテンツのひとつとして、
地元に一定の形で根をはることが出来るように
なっていってくれたら良いなと感じてはいます。

 コンテンツビジネス研究会でも、
アニメによる地方創生については、
研究テーマとして、取り組んでいますから、
その事例のひとつに、私の地元がなっていってくれたら
嬉しいですね。
もちろん、個人的には協力出来ることがあれば
協力させて頂きたいなと常に思っております。

 清水東OBとして、静岡大学OBとして、
清水エスパルス後援会員として、
生まれ育った清水の魅力が、もっと大きく
花開いて言って欲しいと願っていますからね。


==== 以下、引用 ======

【2月22日(月)
 清水が舞台のアニメ「ハルチカ」から学ぶ
 アニメコンテンツによる地方創生と地域の魅力発信について】

静岡市清水区出身の作家、初野晴さんによる大人気青春ミステリが初のアニメ化になりました。
http://haruchika-anime.jp/
 
初野さんは、静岡県立清水南高等学校のご出身、
小説はシリーズ累計55万部のヒット作となっており、
清水区を舞台として今後、大いに盛り上がりを見せることでしょう。

まず、私たち静岡市民が「ハルチカ」を知り、
「ハルチカ」とともに静岡を盛り上げてくださることを期待しております。

今回は、出版元であるKADOKAWAさんを招き、
他地域でのアニメによる地域活性の事例を解説していただきます。

また、商品開発等での実績があるプラッツさんからも事例をいただき、
静岡全体の活性化につながることを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

地方創生の一環として、ぜひ、ご参加ください。

日時 平成28年2月22日(月)14時〜16時
会場 静岡商工会議所・清水事務所5F
静岡市清水区相生町6−17
http://www.siip.jp/index/facility/access.html

内容
(1)アニメを活用した地域活性化の成功事例について
講師:株式会社KADOKAWA ライセンス事業局
   ライセンス営業部 部長 森好正氏
(2)商品開発と地域企業のかかわり方について
講師:株式会社プラッツ 常務取締役 二神泰徳氏

参加費 無料
問合せ
静岡商工会議所 経営支援課 地域振興係
電話054−353−3401

申込み
下記HP掲載チラシをダウンロードし、必要事項を記入して
FAX054−352−0405へお送りください
http://bit.ly/1PNytsW

『2月22日 アニメコンテンツによる地方創生と地域の魅力発信』
http://shizuokacci.eshizuoka.jp/e1615310.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡・清水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

聖地巡礼に関する同人誌を読んで・・・・・


「true tearsと輪廻のラグランジェは、
BD/DVD単巻売上がほぼ同数であるが、
聖地巡礼の盛り上がりは乖離があり、
人気以外のパラメータが聖地巡礼の成否に
影響するのではないか」
という問題提起を受けて執筆されたという
同人誌・考察
『アニメの聖地巡礼によるコンテンツツーリズムの
 成否を判断する材料としてアニメの人気を
 測定する試み』(著:綾瀬なずな 氏)

を読ませて頂きました。

 なかなか面白かったです。
アニメの人気が、聖地巡礼の成否の要素であることは
既知のことではあります。
また、人気以外の要素が聖地巡礼の成否に
影響することも実は既知なことで
あったりします。
アニメの人気を測定する指標についても
既知のものがいくつか存在しています。
その中のひとつにスポットをあてて、
聖地巡礼との関係性を評価してみるという内容として
ひとつ整理されている内容ではあったと思いました。
(人気を一般的に考えるのであれば、
結局のところは、認知度と知名度ということに
なるでしょう。どのくらいに人が知っているのか
ということに尽きるとなるわけです)

聖地巡礼をコンテンツツーズムとして
成功させる為のノウハウは何かという視点で
考察する場合に、その成功要因としての
パラメータがいくつか存在していることは
既にわかっていることですが、
その各パラメータが、どの程度の影響度をもって
いるのかについては、聖地毎に異なっている
部分も多くあるため、難しい部分となっていたり
するわけです。

一応、いくつか補足させてもらっておくとするならば
コンテンツツーリズムの研究において、
費用対効果は評価指標のひとつであり対象となっています。
効果評価ももちろん研究対象です。
ただし多くの事例において、
計画的に成功した事例はないことも事実であり、
計画と成果という比較は難しい部分でもあるということも
知っておくべきでしょう。
また、アニメの聖地巡礼を材料にする人は、
アニメ結構見ている人も多いです。
アニメの中身や、現状のアニメ業界の水準についても
当然知っているものです。
しかしながら、観光業という視点から評価するのであれば
アニメ業界に精通している必要はないでしょう。
また、アニメ業界から観た場合には
コンテンツツーリズムはオマケでしかないということも事実です。
従って、コンテンツツーリズムの効果がどうであるかは
製作においては考慮されていることは原則的にはないでしょう。
もちろん、例外的な作品もありはしますが、
あくまで例外でしかありません。
ビジネスとして考えるのであれば、
アニメ製作にあたっては、リクープ目標があり、
それをクリアできる否かが、評価の基準であるということです。
(出資会社毎に異なる目標があったりもしますが)
視点を変えて、地域からみた場合には、
地域活性化の素材として注目するということになります。
その場合には、目的も目標も異なってきます。
当然、成否の基準も様々となります。
コンテンツツーリズムの成否には、共通の基準は
無いとも言えるでしょう。
個々の事例毎に、成否基準が異なるというのが実態であると言えます。

コンテンツツーリズムの成否とアニメの人気についての
一考察についてですが、
まず、事前に幾つかの定義を行ってから
論じないと評価は難しいように思います。
定義すべきものとして、
次の3つは欠かせないでしょう。
・人気と何か
・コンテンツツーリズムの成功とは何か
・コンテンツツーリズムの失敗とは何か
評論において、人気を、ネットのSNSでの取り扱いに
言及していますが、
この考察の中でも少し触れられはいましたが
あにこれβの評価者の皆さんはある程度独自性を持つ人たちと
考えるべきであり、
一般論としての評価指標として、
これだけをもってくるのは妥当とは言い難いかなと
感じるところではあります。
SNSは、そのSNSの参加者の属性と傾向によって
重み付けられたデータとして扱う必要があるでしょう。
(少女向け作品の評価が低いのは、
あにこれβ参加者の嗜好の違いというだけのことだも
言えるわけです)
また、人気を測定するにあたっては、
単一指標に頼ると言うこと自体が
精度を落とすアプローチであると言えます。
より多くの指標をもって総合的に評価することが
重要であると言えるでしょう。
あにこれβの評価結果は、その中のひとつでしかないと
捉えるべきだということだと思います。
考察にあたり、
無意味としていた
BD/DVD販売数
(確かに統計に抜けがあることは既知であり、
改善方法が検討されてもいたりしますが、
統計条件上では正しい値であるので
それなりに評価出来るものでもあります)
や、ネットの情報として
考察にあたりあげられていた、
Pixivイラスト数
Twitter言及数
GoogleAnalytics結果
も含め、
指標としてざっと挙げてみても、
CD販売数
音楽配信ダウンロード数
レンタル数
TV視聴率
ネット配信視聴数
劇場・イベント観客動員数
アニメアニメアンケート結果
アニメ雑誌アンケート結果
あにこれβの評価結果
Youtubeアクセス数
ニコニコ動画取り上げ数・アクセス数
同人誌取り上げ数
グッズ物販売上数
などなど、多数の情報が存在しており、
それぞれに、
人気と関連している指標であると言えるでしょう。

ちなみに、人気があるからといって、
コンテンツツーリズムとして成功するわけでもありません。
人気は必要条件でしかないということも
忘れてはならないポイントであると言えるでしょう。

さて、本誌考察での2つのメインテーマについてですが、

ひとつめの
「単巻ソフト売上がほぼ同数のtrue tearsと輪廻のラグランジェ
両者の人気は果たして大差ないものだったのか。」
->結論「true tearsは輪廻のラグランジェと比較して
はるかに人気があるコンテンツだと言える」
に関しては、アニメファンの視点ではその通りという
ところなのかもしれません。
製作視点からは、同程度となるかもしれません。
聖地視点からも、同程度かもしれないなと
思う部分もありますね。

ふたつめの
「ハルチカの聖地巡礼がどうなるか予想する」
→結論「ハルチカの聖地巡礼は盛り上がるとは思えない」
に関してですが、まあその通りでしょう。
また、現地も、それほど大きな期待はしていないと思います。
私の郷里である静岡市、しかも卒業生の友人も多い
清水南高校が舞台の作品ですので、
個人的には盛り上がって欲しいと願っていますが、
原作を読み、アニメを観た限りにおいて、
聖地巡礼向きの作品とは言い難いのは事実ですし、
作品自体も、アニメオタクを引き付けるパワーには
いまひとつ欠けていると感じましたからね。
氷菓+響け!ユーフォウム割る2みたいな
作品になってますから。
制作会社のアニメファン内ブランド力も、
やはり京アニの方が上であるのは事実でしょうからね。
ただ、地元もそれなりにしっかりと対応しているし
地方活性化アニメの老舗とも言える
P.A.WORKS作品ですので
それなりにはなるのかなとも思っています。
とはいっても、板・紙が売れないと
1クールで終わりでしょうからね。

ところで、
私の所属するコンテンツビジネス研究会でも
聖地巡礼について、テーマとして取り上げています。
地方創生が叫ばれるなかで、
聖地巡礼、コンテンツツーリズムは、
観光の視点からも注目されている案件であることは
間違いのない事実です。
日本が、MAGコンテンツを豊富に所有しており、
文化としてのレベルにまで成長していることも
事実であると言えるでしょう。
上手く活かして、それぞれが、Win-Winとなるように
もっていくには、どうしていくのが良いのか、
いろんな視点からアプローチしていってくことによって
見えてくるものもあると感じています。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

重力波の確認ニュース

LIGO(Laser Interferometer Gravitational Wave Observatory)の成果として
重力波を捉えたレポートが
Physical Review Letters に掲載されましたね。

アルベルト・アインシュタインにより、
一般相対性理論の中でその存在が予言されていた
重力波ですが、
観測精度の向上によって、
とうとう、観測される結果となりました。

Observation of Gravitational Waves from a Binary Black Hole Merger
http://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.116.061102#fulltext

2つのブラックホールの衝突にあたり
出た重力波を捉えることが出来たとのことです。
次は、カミオカンデでも、捉えることが出来ることでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧米とアジアの違い・・・

『外国人エリートが驚く日本の大学の「特殊性」 留学生を震え上がらせる部活文化』
という記事の中に、欧米とアジアの違いを
良く示している部分があったので、
その部分をピックアップして引用します。
『欧米の学生たちが課外活動に参加するとき、自らに問うのは、
「それだけの労力を費やす価値があるのか」
「自分にとって利益になるか」であるのに対して、
アジア圏の学生たちが問うのは、
「自分はこれをやるべきか」
「自分がこれをやらないと、ほかの人たちに迷惑がかかるか」
「これは自分にとっても、他人にとっても重要なことなのか」
ということだ。』
個人主義・利己主義的な傾向と
協調主義・利他主義的な傾向が
あらわれているといえるのではないでしょうか。
これは、平和を考えるにあたってや、
善き社会の構築にあたっての
大きな違いとなるとも言える気がします。
また、外交交渉などの国際関係においても
留意すべきことを示しているように感じられます。
学生の判断基準については、
どちらが良いということではありませんが、
どちらの方がより徳に近いのかといえば、
アジア的な思考であると言えるでしょう。
世界平和の実現にあたっては、
やはり、欧米的な思考では限界があり、
アジア的な思考こそが求められているものであると
いえるのではないかと感じます。
日本の失敗も、明治維新以後における
極端な欧米崇拝、欧米尊重主義の結果に
あるのだと言えるのではないでしょうか。
欧米の良い点を取り入れるにあたっても、
まず、アジアの良い点、日本の良い点を
しっかりと守り、その基盤にたった上で
行っていくことが必要であるのだと感じます。
なぜか、日本の伝統や文化を軽視するような感じで、
欧米からのものをありがたがってきたような風潮が、
戦後教育においての大きな失敗の部分ではなかったのかなっと感じます。

安全で安心な社会は、
やはり、利己主義や個人主義からは生まれないのでは
ないでしょうか。
利他主義や協調主義、
家族を大切にすることのできる心からこそ
善き絆を紡ぐことが出来るのだと思います。

共産主義の失敗は家庭よりも個人を重視したことでした。
それは既に歴史が証明しています。
今、日本の社会でも、そのような風潮が見受けられます。
それは、まさに社会問題の要因となっていると
言えるのではないでしょうか。
まさに、家庭復興こそが、日本の未来を
より良いものにしていくことの出来る原点と言える
取り組みなのではないのかなっと感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

修行とは・・・・

修行とは何か?何の目的で行うのか?
この問いに対して、直ぐに答えを返すことが
出来ませんでした。
スポーツの世界では修行という言葉はあまり使いません。
練習とか訓練といった表現を使います。
武道などの○○道といわれる世界や
芸の世界や
宗教や信仰の世界や
スピリチュアルな世界などで
修行という言葉が使われることが多いですね。
その道を極めるのが目的だっという回答が
多いのかもしれません。
人生における修行とは何か、
それは霊性修行と言われる魂の成長を促すもので
あるわけです。
しかし、魂の成長は修行以外でもなされます。
では、修行する必要があるのは何の為なのか
その最も深い意味での答えを伺いました。
それは、
修行とは自分が何かを得たいという目的で
行うものではなく、
神との関係性を深める為に行うものであると
いうことです。
ここでの神とは、神仏やスピリチュアルなど
非物理的な高貴な存在のことを指すものとしています。
関係が深まると、この世的に言えば
奇跡を起こすことも簡単であるということになります。
イエス様もお釈迦様も、
他の聖者と呼ばれる方々も、
高貴なる存在と深い関係を持っておられました。
それゆえ、奇跡と呼ばれるようなことも
簡単に起こすことが出来ていたわけです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:49| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

自由と平等の罠、そして、リーダーを選ぶ基準とは・・・

親殺し、子殺し、無差別殺人、
そんなニュースが多く流れているような
最近の時世ですが、
メディアが、そんな話題ばかり扱っているという
ことも要因のひとつではあるものの
自殺者の増大を含め、
なぜか、殺伐とした事件が多くなってきているような
雰囲気があります。
虐めが殺人になってしまったり、
利己心か自己欲望ばかりを優先して、
他人のことを考えていないような人が、
増えてきているのかもしれません。
なぜ、日本はそんな社会になってきたのでしょう。
そんな傾向が増加してきたのは、
おそらく、間違いなく、西欧化推進と
西欧崇拝という流れの末であるように感じられます。
その様な流れの中で、東洋的な価値観や
日本的な価値観が、失われていった結果が、
経済的には繁栄していったのかもしれませんが
精神的には社会の劣化が進んでいったのでは
ないでしょうか。

そして、その根源にあるものは、実は、
自由と平等という一見すると素晴らしいと
感じさせられる甘言の裏に潜んでいたりするのです。
そして、自由と平等こそが、
人の成長を拒むサタンの仕掛けたもので
あったりするということを多くの人が気付いていません。

イエス様も、お釈迦様も、
聖者と言われる方々は、
自由と平等を強く語ったことはありません。
それよりも大切なことがあるからです。
自由と平等というものは、
優先度の高いものではないということなのです。
そして、自由も平等も、無条件なものではないのです。
自由や平等を最重要にしてしまうと、
本来大切にすべきことを見失ってしまうのです。
ですから、唯物主義や共産主義においては、
自由と平等が大きく主張されます。

共助や慈愛があって、
自らの責任と義務を果たした上での
自由であり平等であるというのが本来の姿なのです。
「自分の自由だから構わないでしょう」
「平等なんだから良いでしょう」
「平等なんだから俺にもよこせ」
「自由なんだから俺にもさせろ」
そんな言葉を語る人たちが行うことの先にあるものの中に
社会悪と言われるような行為が並んでいたりするのです。

自由とは、何からの自由なのでしょうか、
平等とは、何に対する平等なのでしょうか、
その本質を問うとき、
実は、無条件な自由とか平等などは、
この世にはなく、また善でもあり得ないことが
見えてくるでしょう。

人は、ひとりひとりが異なる存在です。
異なる存在が、同じように振る舞うことなどあるでしょうか
そして、異なる存在が同じものに過ぎないなどあるでしょうか
人は、本質的に平等ではあり得ないのです。
そして、肉体という枷がある以上は自由でもないのです。
ひとりひとりが、それぞれに異なる価値をもった
異なる存在として、尊きものであるはずなのです。
なぜ、戦争がおこるのか、
それは自分たちと異なる存在を認めないが故ではないでしょうか、
そして自由に行ってはならないことがあるのを
忘れてしまっているからなのではないでしょうか
なぜ、殺人をするのか、
それは、相手の価値を認めることが出来ないからではないのでしょうか。
自分の自由しか考えていないからではないでしょうか。

自由と平等を語るものよりも、
義務と責任を語るものの方が信用できるでしょう。
義務と責任を語ることの出来ない政治家や教師は
価値の無い存在であると言えるでしょう。

まず、存在するがゆえに課せられているものを
しっかりと見据えることが必要ではないのでしょうか、
そこには自由もなければ平等もありません。
義務と責任と与えられた環境があるだけです。
でも、それがこの世に生を受けたものである証しであるわけです。

赤ん坊は、無知であり、本能に従ってだけしか動けません。
ある意味で自由であるといえるのかもしれませんね。
でも、大人が皆赤ん坊のようであったら、
社会は成立するでしょうか。
そう、成立などしないでしょう。
つまり、根源の自由というものは
そんなものでしかないということなのです。
赤ん坊は、親から学びます。
何を学ぶのか、それは生きる為のルールです。
つまり義務と責任ということです。
人が社会的な生き物であると言われるのは、
まさに、義務と責任の存在あってのことであると言えるでしょう。
すなわち、社会が平和であり、安心していられるのは
自由と平等よりも先に、
義務と責任があるからだということなのです。
義務と責任を果たした上で語られるべきものが
自由であり平等であるということなのです。

つまり、大切なことは、
どんな義務を自分は負っているのかであり
どんな責任を自分は持っているのかであると
いうことなのですね。
それを、まず認識することが重要であると言うことになるわけです。

自分が背負うべき義務は何であるのか
自分が果たすべき責任は何であるのか
それを語れるものこそ、真のリーダーと言えるべき
ものではないでしょうか。
それを語っている人は誰なのかを見極めることが、
リーダーを選ぶものに課せられていることではないでしょうか。
すなわち、政治家を選ぶときに本当に知るべきことは、
候補者が、どんな義務と責任を語れるのであるのかを
しっかりと見極めることにあると言えるのではないかと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お釈迦様の教えについて

お釈迦様の教えについて

「対機説法」
お釈迦様は、説法をされる時、
機=法を説く相手のことを
見て、相手の年齢や人柄、
考え方、境遇、などの今世のこと
そして、その人の魂の成長レベルや
カルマ、前世、徳分の状態や内容まで
あらゆることを理解した上で
法を説かれていました。
つまり、お釈迦様の言葉は、
説いた相手に向かった言葉であったと
いうことになります。
したがって、その内容は、その相手の為のもの
ということであったわけです。
お釈迦様はご自身で何かを書き残すことは
なさっていません。
経典と言われるものは、
弟子たちによって残されたものです。
その内容は、弟子を観て語られたもので
あったということでもあるわけです。
その為に、経典毎で差異も生じることになります。
ある弟子に対する言葉と
違う弟子に対する言葉では、
同じ法を説くにあたっても、
その弟子が理解できりように説かれているので
別の者が、一見すると矛盾しているようにも思えることが
出てきてしまうこともあると言えるでしょう。
また、別のものがそれを聞いたら
間違った解釈や認識をしてしまうこともあると
言うことなのです。
つまり、残された経典を正しく認識するには
その経典を最初に残した弟子と同じレベルで
なければならないということになります。
そうでなければ、間違った認識をしてしまう
可能性があるということになるわけです。

だから、経典によっては、
読むにあたっては、読む資格が問われるものが
存在しているということになります。

もちろん、法のベースとなる部分は、
万人にもわかるように弟子たちによって
整理されて伝わっています。
従って、基本となるべき法については、
お釈迦様からの系譜であれば、ほぼ同じ内容のことを
伝えてくれています。
上座仏教、大乗仏教でも、変わらない部分はあるわけです。
しかし、法の教えの深さが変わってくると
伝わっている内容にも変化を生じる部分が出てきます。
それは、弟子から弟子へと伝わる中であったり、
国をこえ言葉が変わる翻訳にあたってであったり、
また、追加となる解釈の仕方であったり、
様々な要因で変化していきます。
西洋の視点で仏教を捉えて解釈された場合には、
西洋学術的な視野や視点の制約による変化もあります。
一神教と多神教の違いによる影響もあります。
日本への伝承においては、複数の経路から伝わっているゆえに
それぞれに異なる部分をもった形となっています。
また、それぞれの開祖と言われる高僧の学びと解釈からの
新しい教えとなっている部分も多くあります。
時の政治や権力との交わりの中で変化していった部分も
多くあります。
日本の仏教は、江戸時代の幕府による寺社管理により
大きく変質した部分があります。
そして、明治維新の廃仏毀釈によって、
大きく変質した部分があります。
どちらも、時の社会に迎合しすり寄る方向での変化でした。
したがって、その部分において、
本来の教えが喪失していったことは否めないといえるでしょう。
よく、宗教も変化しなければならないと言う方がいます。
しかし、変化するようであっては実は宗教の本質を
失っていくことでもあるのではないかと思います。
なぜなら、仏教であるならば、お釈迦様の教えを
変えることがあってはならないはずであり。
お釈迦様の教えは時空を超えた不変の真理であるはず
なのですから、それを変えることは、
もっとも重いカルマとなることを意味するからです。
もし、時代に合わなくなったと感じることがあれば、
それは、時代が誤った道を歩み始めていることを
意味しているということなのです。
つまり、本当にお釈迦様の教えを学ぶものであれば、
時代や社会に合わせるのではなく、
時代や社会を合わせるという方向に
行動するということになるのです。
従って、社会的には否定されることも多くなります。

お釈迦様の生誕は10万年前に預言されていたものであり、
テワダー界から選ばれた魂が、
選ばれた時と環境と条件のもとに
誕生されたわけです。
そして、大いなる悟りを成して、
ニッパンの高みへと昇華なされたわけです。
創造神を超えた存在となられたということです。

お釈迦様の教えを正しく学ぶには、どうすれば良いでしょう。
それは、お釈迦様の教えを正しく理解されている方より
学びを得るしかありません。
残念ながらこの世では、その様な方は稀です。
アンタルヤーミーと呼ばれるような方は、歴史の流れの中で
何人も出てきてはいらっしゃいません。
そして、学ぶにあたっては、学ぶための姿勢が問われます。
何でも学ぶことが出来るわけでもありません。
それぞれに必要な法、学べる法、学ぶべき法は
異なっているのです。
知るということは、知ったことに対して
責任を担うということでもあります。
お釈迦様であれば、相手を観て、
その相手がその責任を担えるような状態でないなら
まだ学ぶに早いとして教えることはないでしょう。
知るべきことを語って下さるはずです。

叡智を学ぶことは、善いことです。
その機会を得ることが出来たのであれば、
それを活かすことことが最も大切なことであると
言えるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

平成27年度通常総会開催及び総会記念講演会

平成27年度通常総会開催及び総会記念講演会
参加メモ

ITコーディネータ多摩協議会
http://www.itc-tama.org/soukai/2016/
第15回通常総会
開催日時:平成28年2月6日
次第
第1部:通常総会
ITC多摩協議会
第15回通常定時総会
第2部:通常総会記念講演会
ITC多摩協議会挨拶

「ITCA今年度事業について」
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会 会長 播磨崇 様
・ITCAの法人運営と付加価値醸成、会員サービスの質向上、ITコーディネータのブランド力向上、資格価値の向上と知名度アップなど、やるべきことはたくさんあり、具
体的な活動として、何を目的に何を成すのか、本年の取り組みについてお話しがありました。
・私、個人としても、もっとITコーディネータとしてのスキルを活かして社会貢献し収入を得ることが出来るようになりたいなと思っています。その機会が多くなるよう
に願っております。

講演1
「相模原市におけるロボット革命〜Industrie 4.0への挑戦〜」
相模原市環境経済局 経済部産業政策課担当課長 渡辺誠治 様
・戦後の市としての政令指定都市、城下町でも県庁所在地でも港町でもない政令指定都市。11の工業団地。特定企業による企業城下町でもない。相模原市としてのロボッ
ト産業への取り組み、神奈川県とは違う産業ロボットへの取り組み。ロボット導入支援センター、インテグレーターの育成、製造業の活性化。
〜所感
・インダストリアル4.0における、ロボットの活用、中小企業の現場に、どんなロボットをどう導入すれば、生産性や品質を向上させることが出来るのか、IOTの話しでも
ありますね。人工知能、制御ソフト、自動化と汎用性、多品種対応など、それぞれの現場により、異なる要求があり、それらの最適解を導くことが必要になりますね。中
小企業の場合には設備投資やランニングコストをどう回収出来るのかも重要ですからね。また、ロボット導入すれば業務フローの見直しも必要になりますから、その部分
についても適正な対応が求められますね。

講演2
「ITCビジネス活動のご紹介」
ITコーディネータ協会事業促進部長 山川元博 様
・ITCの事例、ITCとは、経済産業省推進資格=信頼、中小企業の競争力を促進しIT活用推進、中立公正、といったイメージ。
届出組織、全都道府県に一つ以上、ビジネス志向と勉強志向が半々、法人格組織80くらいある。
ITCビジネス・ユーザとの出会い
出会うまでに苦労する
出会えれば、ユーザーからユーザーに紹介されるようになる。
個別ユーザーより、支援団体さんに知ってもらう方がアプローチしやすい。プロフィールが充実していること、履歴書、経歴書が直ぐ出せる、サービスメニューが提示出
来ること。そうなっている人は紹介しやすい。自治体ビジネス、CIO、地域情報化アドバイザー、電子政府推進員、ミラサポ、中小企業小規模事業者支援、専門家派遣。よ
ろず支援拠点。金融機関連携・信金。業務連携事例紹介。
IT経営カンファレンス。
スポンサー制度。
ITCAと届出組織、
〜所感
・やはり、ビジネスは人脈ですね。それから、やはり自信を持ってアプローチすることが必要だと言うことですね。ITCの連携による可能性と日本の中小企業や自治体など
におけるビジネスにおけるITの適正な活用と経営改善の両面から、良きコンサルを行っていけたら良いなと感じました。

ITC多摩協議会会員による
活動紹介
タブレット研究会
・タブレットの普及にあたる研究は終わり、今後は具体的にどう使うかの話題へ。
ビジネス実践研究会
・コンサルスキルアップと顧客開拓
官公庁SE研修、コンサル手法・参謀、コンサル本2冊評価。
ファイルメーカー研究会
・分析、マーケティングの基盤づくりの具体的なアプリとして、ファイルメーカーを活用、新デバイスの活用、攻めの経営への適応。

〜所感
・最後は時間がおしてしまいましたが、いろいろと伺えて良かったです。残念ながら、都合により懇親会は欠席させて頂きました。




iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

受講メモ・・・・キャリアを考えるとは・・・・


三鷹ネットワーク大学
キャリア・カウンセリング
〜幸せに生きるためにカウンセリングを受けてみませんか〜
2016年1月31日

○概要
大きな変化が続く労働市場の現状の中で、
一人ひとりが「幸せに生きる」ことを実感するためには、
自分の経験や知識をどのように捉えていくかが
大きなポイントになっていきます。
講義の後、ワークシート作成と個別カウンセリングを受けます。
自分自身を明確に把握し、ワーク・ライフ・バランスを
考えるきっかけにしていただければと思います。

○講義メモ
キャリアカウンセリングについて
キャリアカウンセリング10団体
 カウンセラー 登録制度
  1級  指導レベル 165人
  2級  熟練レベル 6136人
  3級? 標準レベル 39851人

キャリアとは・・・
 外的キャリア
  履歴書に書くようなものなど
 内的キャリア
  能力やスキル、応用力、発想力など

client クライエント
 キャリアカウンセリングの目的は、
 クライエントが幸せになること。

きく
  聞く hear
  訊く ask
  聴く listen

傾聴 active listening

○問いかけ
○助言

所感〜
◎50分のカウンセリング体験
・カウンセリングの勉強をしたこともあるものとして、
 カウンセリングの効果はわかっていることでしたが、
 やはり、自己整理する機会として、良い時間を持てました。
 ここ数年、ずっと悩みつつも何も出来てなかったことを
 一歩前進させるきっかけにしていきたいと思います。

◎ワークシート作成
・人生のキャリアレポート
・生き方のゴールを考える
という、シートに、今の自分の状況を記入して、
整理していく時間でした。
主な項目とポイントは以下の通りでした。

・人生のキャリアレポート
 成し遂げたこと
   仕事
   個人
   家族
 成し遂げようとしていること
   仕事
   個人
   家族
 成し遂げたいこと
 成し遂げるべきこと

・生き方のゴールを考える
 仕事
   目的
   目標 目標の達成時期
 人生
   目的 幸せのかたち
   家族の目標
   自分の目標

 ゴール 幸せな人生

◎その他
今回、カウンセラーの皆さんが6人いらしてました。
受講定員10名の講座でしたが、
受講生の中に男性は私だけでした。
あとは、年齢様々な女性の皆さんばかりという感じでしたね。
カウンセラーの皆さんは、
良き経験を積む場であったでしょうし、
受講生にとっては安くカウンセリングを受けられる
良い機会となったのではないかと思います。


iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:33| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗教の多様性・・・・


宗教は、様々な形や教えがあります。そして、それぞれに真理があります。
しかし、それらの真理の中には、変わらない共通要素があります。
ひとつは、神の存在を肯定すること。
ひとつは、この世ではない世界の存在があることを肯定していること。
ひとつは、命の大切さを教えていること。
ひとつは、善なるもの、感謝することの大切さ、欲望よりも大切なことがあるということ。
ひとつは、人の成長を求めていくこと。
これらについては、どの宗教においても変わらない共通している要素であると言えるでしょう。
多様な宗教が持っている共通要素は、間違い無く真理を示すものであると言えるでしょう。
この世で、平和を希求するのであれば、多様な存在を知って、
それぞれの違いは尊重しつつ、違いを持って反目し対立するのではなく、
互いの共通する部分に注目し、その部分を基盤にして、
互いを信頼し認めていくことが大切であると言えるでしょう。

iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セミナー等の聴講メモなど・・・・・

セミナー等の聴講メモなど・・・・・

〜・〜・〜・〜・〜☆〜・〜・〜・〜・〜

一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会
オープン分科会
第9回マーケティング分科会
「アニメ&キャラクター×地域」
セミナー

「アニメ&キャラクター×地域の現状と課題」
ヒューマンメディア 代表取締役社長 小野打恵氏
・アニメビジネスパートナーズフォーム。
・日本のメディア・コンテンツ産業の現状について
・クールジャパン戦略
・コラボレーション
コンテンツ産業×異業種産業
・アニメ、マンガ、キャラクターによる地域振興
・地域と製作のビジネス視点の違いを認識する必要がある。
地域はビジネスを知り、製作は社会貢献を。

「埼玉県におけるアニメ施策の現状」
埼玉県 産業労働部観光課長 今成貞昭氏
・川越 神様はじめました
・秩父 あの花、ここさけ
・さいたま市 スタジオ、アリーナ
・S級グルメ、B級グルメ
・クレヨンしんちゃん埼玉観光サポーターに任命、春日部
・鷲宮 らき☆すた
・浦和の調ちゃん
・飯能市 ヤマノススメ
・草加市 レーカン!
・鷲宮の取り組み紹介
・秩父の取り組み紹介
・埼玉県の取り組み
・平成20年度
「ちょこたび埼玉」に「ちょ〜でぃーぷな観光協会」開設
「埼玉県アニメの聖地プロジェクト会議」設立
「アニメど埼玉」開設
・平成21年度
「埼玉県アニメツーリズム検討委員会」設立
「萌えフェス」開催
「埼玉県ゆかりのマンガ☆アニメMAP」作成配布
・平成22年度
「銀河鉄道999 in 秩父」
埼玉県観光PRアニメ「観光大戦SAITAMA〜サクヤの戦い〜」
「埼玉県ゆかりのマンガ☆アニメMAP」最新版作成配布
「アニメで地域はもっと元気になれる!アニメを活用したまちおこし活動事例集」作成
・平成23年度
埼玉県国際観光PRアニメ「The Four Seasons」製作
・平成24年度
「アニメとスマートフォンを活用した観光誘客事業」
「きゃらナビ埼玉」AR
・平成25年度
アニ玉祭 開催
東京スカイツリーでプレイベント
・平成26年度
「埼玉県アニメの聖地化プロジェクト会議」
「埼玉聖地横断ラリー」
アニメの聖地化セミナー
「第二回アニ玉祭」
・平成27年度
アニメだ!埼玉〜埼玉まるごとアニ玉祭〜
第三回アニ玉祭
鉄道でめぐる!埼玉聖地横断ラリー2015
特別電車の運行

アニ玉祭・インバウンドの取組み
日本政府の外国語版フェイスブックへの掲載

・インバウンドのための観光資源に
・2020年東京オリンピック・バラリンピック競技大会の文化プログラムへのエントリーを
・アニメの拠点づくりを

成功するためには、キーマンが必要、地域住民の理解を促す仕掛けが必要。

インバウンドへのアプローチ
地域の住民意識格差
ポケモン世代のアスリートがオリンピックにくる。
マンガ、アニメは、デジタル化の進行により、地方に拠点を持っていける時代になっている。

iPhoneから送信
〜・〜・〜・〜・〜
〜・〜・〜・〜・〜☆〜・〜・〜・〜・〜

アニメ業界のデジタル化進行の最後の業務と言えるのが作画でした。
これまで、デジタル化の恩恵から外れていたプロセスでもあったりするわけですが、しかし、ここ数年の間に状況はずいぶん変化してきたと感じます。今回、経産省支援で行われたデジタル作画人材育成の成果を聴けるセミナーに参加して、現状の
アニメ業界の状況の一部に触れられたら良いなと思いました。

「アニメーション・デジタル作画人材共同育成コンソーシアム」
第2回「アニメーション・デジタル作画人材育成OFF-JT研修」

第2部:一般公開セミナー
「TVアニメシリーズにおけるデジタル作画導入、『進撃!巨人中学校』の事例」
株式会社グラフィニカ
デジタル作画部 安藤圭一氏
株式会社グラフィニカ
デジタル作画コーディネーター
櫻井司氏
・ゴンゾのデジタル作画部がキューテックへ譲渡され子会社として立ちあがった会社。今回、5、7、11話をオールデジタル受託。デジタル動画マン3名を原画にあげ、主要スタッフを固定して制作を行った。原画6、演出1、作監1、色指定検査1、動画
検査1、は固定スタッフ。フォルダ、ファイル名のルールを共通化。クリップスタジオ、スタイロスを使用。
制作上のチェックポイントとして以下の3点をあげていた
1.デジタルで作られた成果物をどの様に制作していくのをみる。
2.インハウスのデジタル作画において制作進行が必要であるのか?。
3.ルールが守られてファイル管理が出来るか。
→ファイル管理のルールが守られてない上にあまり意味がなかった、ファイルの中を見て作業していたため。
→素材の管理が曖昧になり、作業効率が悪くなっていた。
→インハウスということで逆に制作と原画マンの距離感が離れたこと
→予想より、サーバーの容量を必要とすることになった。
サーバーからデータを移動する作業が生じた。
→作業者のデジタルでの設定管理がしずらかった。
→作画監督が自分の作業した修正がどのようにセルとして仕上がるのかのイメージを繋げられるまで時間がかかった事。
→2原を線ツールでクリンナップした物の動画のクリンナップが非常にやりずらかった。
・課題
1.ファイルやサーバーのルールが守られているのか監視する必要があること。→制作に担当させた。
2.制作を機能させるならば、制作もデジタル素材を扱えるようになっている必要がある。
3.設定の管理はグロスとは言え管理者が必要であること。

「アニメーション・デジタル作画人材育成OJT研修の実施内容と受講成果」
OJT研修指導者:グラフィニカ
デジタル作画コーディネーター
櫻井司氏
動画チーフ
安川リベカ氏
OJT研修出向企業:ミルパンセ
白石直子氏
OJT研修受講者: ミルパンセ
鴨田航氏
・今回、4社8名に研修を実施。
グラフィニカで三週間の研修を受けて、各社に戻り三週間のOJT研修。
・まず、ツール、環境の設定と使い方、ツールを使った操作感覚への慣れ、作画作業の実施手順と内容の理解。クリンナップ、中割り、線合成、動画検査、仕上げ作業、セル検査の作業内容理解。デジタル作画スピード向上。
・仕上げ撮影作業の効率化効果大。
研修による動画作画の慣れ。紙での作業ストレスの軽減。
クオリティと速度の折衷、ツールの癖の理解、動画と仕上げ・作画同士の連係の取り方などが課題か。
作業量 毎月
動画25→186→191
仕上げ8→164→147
三ヶ月くらいで、手書きと同じスピードになり、半年くらいで仕上げも同量くらいこなせるようになる。
・研修対象者を取り巻く環境の違いにより、効果の高さが異なっている。やはり、基本的な作画作業スキルが無いと効果が低い、継続的な作業が無いと効果が得られない。
線画力の不足は関係なく、基本的な作画スキルがあれば効果があることが判明した。継続的な作業環境があれば、より高い効果が得られる。

「デジタル作画転換の研修手法の確立に向けて」
人材育成コーディネーター:
東京工科大学准教授 三上浩司氏
・作画以外のデジタル化。
・デジタル作画環境、デジタル作画の仕事の確保。
・適切な訓練になる仕事の重要性
・デジタル作画に対して業界としての対策
・作画のデジタル化の先の未来は
・今回の取り組みは従来の制作工程の動画が対象。今後は様々な展開が考えられる、各社ごと、作品ごと、カットごとに独自の制作手法をとることも可能。

質疑応答の改善中から
・2年で作画仕上げ400枚、採算ラインにのる。グロス受けなら黒字出せる。個人でデジタルでは、動画仕上げマンが原画マンより実入り良い状況の改善が課題。
・デジタル作画は新人採用して育成して、離職率は1割くらい理由は体調や個人的な都合によるもの。

所感〜
デジタル化にあたり、やはり、スタジオレベルでのリスクとして、インフラの維持があるのかなっと思いましたが、その辺りについては、すでにIT業界にノウハウも方策もありますから、幾らでも対策や方策はあると言えるでしょう。誰がやるかだ
けのことではありますね。ITCとして、いくつかのアプローチは直ぐに浮かんできますからね。
やはり、アニメ業界も、デジタル化の変化を避けることが出来ないのが、時代の流れであるのだと思いました。

iPhoneから送信
〜・〜・〜・〜・〜
〜・〜・〜・〜・〜☆〜・〜・〜・〜・〜

デジタルハリウッド大学国際アニメ研究所主催
『アニメ・ビジネス・フォーラム+(プラス)2015 Ver2 12.17]』
2015年12月17日
会場:デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス 駿河台ホール
主催:デジタルハリウッド大学 国際アニメ研究所
協力:一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)
プログラム&メモ
「本日のイントロダクション」
デジタルハリウッド大学 国際アニメ研究所 高橋光輝氏

「日本のアニメ産業の変遷と現状」
株式会社エー・ティー・エックス 代表取締役社長 岩田圭介氏
・作品製作費の調達スキームの変化の時代にきている。そこで、アニメ産業についての変遷を振り返ってみる。テレビ東京、キャプテン翼、エヴァンゲリオン、ポケモン、遊戯王、NARUTO、ブリーチ、銀魂、妖怪ウォッチ。ATX、ポケモン騒動のあっ
た年に開局、15万人、月1800円。1960年代はテレビ放送のみ、1980年代はパッケージ、1990年代はメディアの多様化、メディアミックス。1960年代は視聴率、スポンサー、放映権。1980年代は広告代理店主導、二次利用。1990年代は、多様化、製作
委員会。2000年以降ネット時代へ。テレビ放送アニメ分数の変遷をデータで振り返る。アニメ産業市場規模の変遷をデータで振り返る。制作スタジオ市場規模は13%。VOD市場が伸びている。日本アニメの海外展開地域比率、アジア、北米、西欧の
順。

「クラウドファンディングを活用したアニメ製作資金の調達方法と海外展開」
株式会社ジェンコ代表取締役 真木太郎氏
・企画プロデュース専門会社、千年女優、のだめ、SOL、など。
アニメビジネスは、一次的要素、二次利用的要素、副次利用的要素、グローバル的要素がある。
企画立ち上げ プランニング、資金調達 ファンディング、制作 プロダクション、収益化 マネタイズ、の4ステップ。
製作委員会方式について。
クラウドファンディングについて。
『この世界の片隅に』を事例として紹介、マクアケ、10日で目標達成、181%、3374人支援者。C2C、クリエイターtoコンシュマー。プロジェクト成功のポイントは、資金よりも、支援者を得ることにある。
東京、神奈川、広島、大阪の順、47都道府県全てに支援者がいる。
海外展開について、『スシニンジャ』WEBアニメーションの紹介。アニメーションムービーのローカライズ化、スマホゲーム化、完全オリジナルでの海外展開チャレンジング作品。海外で受けるタイアップ企画。FFのクリエイターがロスに残ってつ
くったスタジオが制作を担当している。ヒーローアニソン調主題歌。J-LOPも活用している。
マーチャンダイズするには有名にならないといけない、そのためには知ってもらうことが必要、そのためにアニメーションを観てもらい人気が出ることが必要になる。

「中国におけるコンテンツビジネスの現場」
日本三聯集団株式会社 株式会社サンレン 社長キン・ケイ氏
・ネット、システム、アプリ、アニメ、ゲームなどの開発、私立大運営、上海でゲームイベント運営、アニメーションに中国投資家も関心が高まっている、アニメ人材、IP確保が必要となっており、人材育成などが重要になっている。

〜〜〜

内容的には、スシニンジャの話は面白いなっと感じました。
あとは、知っている内容でしたが、アニメビジネスに関する流れは、やはり、私の理解している方向性がメインストリームになっているのかなっという感じはしました。

iPhoneから送信
〜・〜・〜・〜・〜☆〜・〜・〜・〜・〜

聴講メモ〜
デジタルヘルスラボ
アワード デモディ

・講演 石井先生 「うんコレ」
うんこのゲームで健康に!
腸内細菌擬人化キャラ、ボランティアでクリエイト中。
医療関連のコンテンツは、治療期間前後の部分には殆ど無い。

・アワード参加者による発表
○潜在看護士復職支援e-learning
看護士の復職に関わるビフォアからアフターまで、サポートサービスする。人材斡旋、相談コンサルモデルによるマネタイズ。

○がん患者の為の情報管理、共有サービス
乳がん患者をまずはターゲットに。
広告、治験紹介によるマネタイズ。

○テラスミー
LINEによるカウンセリングサービス
傾聴、日記法、ベース、信頼関係を築くことが必要、返信時間が大事、
実装試行して、2〜3千円払ってもよいという声も得た。マネタイズは、有料カウンセリングサービスへ繋げるなど。

・審査結果発表、表彰
○審査員特別賞
「潜在看護士復職支援e-learning」
○グランプリ
「テラスミー」

・講演 五十嵐先生
遠隔医療の実践と課題
日本でも遠隔診療が解禁した。
高血圧症のケース。医療を届けるべき人に届いていない。
遠隔で診断し、処方し薬を送る。
遠隔診療に向いている疾患、向いていない疾患。
初診から遠隔診療の難しさ
ITでは情報を伝えることは出来るが感情を伝えることが出来ない。
時間的な制約からの解放
地理的制約からの解放
遠隔診療のこれから
予防、急性期、介護
ヒト、モノ、カネ、情報
医大、医薬品流通、医療保険、人工知能
世の中はより良い方向に進化する

・中尾氏 ハッカーズバー


〜〜〜〜〜
デジタルヘルスラボ・アワード デモデイ
そのアイデアは、世界を健康にしているだろうか。
日程:2015年12月24日(木)
会場:デジタルハリウッド大学大学院駿河台キャンパス 3F 駿河台ホール
■主催:デジタルハリウッド大学 産学官連携センター
■共催:デジタルハリウッド大学大学院
 一般社団法人訪問看護支援協会
 お茶の水内科
 日本うんこ学会
 ヘルスケアハッカソン
<デジタルヘルスラボ・プロジェクトとは>
デジタルヘルスラボ・プロジェクトとは、デジタルを用いてヘルスケア業界にイノベーションを起こすことを志す方々のための、プロトタイプ開発を支援する取り組みです。
デジタルヘルスラボ・プロジェクトの最大の特徴は、すでに「デジタル」+「医療・健康」の分野で起業、またはサービス開発を行っているメンターが支援を行い、
「実装(Deployment) 」を本気で追究する点です。
デジタルヘルスラボ・プロジェクト参加者を対象として開催する「デジタルヘルスラボ・アワード」では、
数ヶ月の実装期間を経てプロトタイプをチームで開発します。
アワード受賞者には、デジタルハリウッド大学大学院による授業料優遇支援、医療関係機関からの支援、
クラウドファンディング企業からのメンタリングなど、事業化へ向けて柔軟なサポート体制を構築しています。
<デジタルヘルスラボ・アワード>
デジタルヘルスラボ・プロジェクト参加者を対象に、「デジタルヘルスラボ・アワード」を開催いたします。参加者はチームに分かれ、 メンターの支援を受けながら「デジタルヘルス」分野の課題を解決するプロトタイプを開発します。
デジタルヘルス分野で起業を目指し、これまで医療系アイデアソンや各種ハッカソンでプロトタイプを創造してきた方には、次のステップとして事業への「実装」を、 業界最高のメンター・アドバイザーが全方位から行う貴重な機会となっておりま
す。 メンターからの応援コメントは、 下記URLよりご覧ください。
http://gs.dhw.ac.jp/education/lab-project/digitalhealthlab/partnership/index.html
<発起人>
高丸 慶氏
デジタルハリウッド大学大学院12期生(2015年4月入学)
株式会社ホスピタリティ・ワン代表取締役 / 訪問看護支援協会代表 /おくりびとアカデミー校長
慶應義塾大学看護医療学部卒業。 同大学院健康マネジメント研究科博士課程単位取得退学。 デジタルハリウッド大学院在学中。 看護師、 保健師、 居宅介護支援専門
員。 余命3か月の末期がん患者の看取りに特化した訪問看護サービスを開始。

五十嵐 健祐氏
お茶の水内科院長 / デジタルハリウッド大学校医 / 神保町ウォーキングテラス代表
2012年、 慶應義塾大学医学部卒、 医師国家試験合格。 群馬にて救急医療、 循環器内科、 神経内科、 緩和ケア、 精神科診療に従事。 2013年、 大阪の国立循環器病研
究センターにて短期研修。 2014年、 心房細動検出アプリ「ハートリズム」、 応急救護支援アプリ「ハートレスキュー」、 睡眠時無呼吸検出アプリ「イビキー」等リリー
ス。 都内にて総合内科、 心療内科、 整形外科、 泌尿器科、 皮膚科診療に従事。 2014年9月、 お茶の水内科開設。 2015年、 神保町にウォーキングを始めとする運動施
設「神保町ウォーキングテラス」を開設。 一般社団法人ヘルスケアテクノロジー研究会代表理事、 デジタルハリウッド大学学校医、 国際医療福祉専門学校非常勤講師、
東京医薬専門学校非常勤講師、 特定非営利活動法人メタボランティア理事などを務める。

石井 洋介氏
高知医療再生機構特命医師 / 日本うんこ学会会長
2010年高知大学医学部を卒業後、 医療法人 近森会 近森病院での初期臨床研修中に高知県の臨床研修環境に大きな変化をもたらした「コーチレジ」を立ち上げた。 医療者
同士の交流スペース「RYOMA BASE」を共同で設立し運営するほか、 大腸がん検診の普及を目的とした日本うんこ学会を設立し、 スマホゲーム「うんコレ」の開発・監修を
手がけるなど、 医療環境の改善に向け多方面から幅広く活動している。 ヘルスケアハッカソン運営。 横浜市立市民病院 外科・IBD科医師、 高知医療再生機構 企画戦略
室特命医師を経て、 現在も医療政策業務に携わっている。 近著として、 日本で初めてYouTubeを活用した医学書「YouTubeでみる身体診察」(メジカルレビュー社)があ
る。

<メンター>
片山 智弘氏/株式会社電通 ビジネス・クリエーション・センター
杉原 桂氏/ユアクリニックお茶の水院長
増田 真樹氏/TechWave編集長
田口 敬氏/ウンログ株式会社 代表取締役
石倉 大樹氏/株式会社日本医療機器開発機構 取締役 CBO
山口 洋介氏/株式会社ファーサス 代表取締役
宮原 禎氏/ヘルスデータ・プラットフォーム株式会社取締役COO
谷田 昭吾氏/ヘルスケアオンライン株式会社 代表取締役
保利 栄作氏/株式会社Practechs 取締役COO
秦 充洋氏/事業アドバイザー、 大学院講師

<アドバイザー>
笹原 英司氏/健康医療セキュリティ・アドバイザー
櫻本 真理氏/株式会社cotree 代表取締役
島原 佑基氏/エルピクセル株式会社 代表取締役
増谷 彩氏/株式会社日経BP 日経メディカル記者
大川 耕平氏/株式会社スポルツ 代表取締役 / HealthBizWatch 編集主幹
田中 由佳里氏/東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 地域医療支援部門 助教
小原 由記子氏/株式会社Practechs 取締役
河野 誠二氏/株式会社アイム 役員
風間 浩氏/ケアネット 編集長
物部 真一郎氏/株式会社エクスメディオ 代表取締役 ・ 精神科医
落合 孝文氏/渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士(第二東京弁護士会)


iPhoneから送信
〜・〜・〜・〜・〜☆〜・〜・〜・〜・〜
〜・〜・〜・〜・〜☆〜・〜・〜・〜・〜

アジアとの共生を牽引する真のグローバル企業を考える(第5回)
アジアで拡大するコンテンツビジネスと日本企業の戦略
2015年12月16日 19:00〜20:30
三鷹ネットワーク大学

 日本のコンテンツ産業の市場規模は、
2007年度の13兆450億円をピークに微減し続けています。
一方アジアのコンテンツ市場は拡大を続け、
中国は肩を並べるほどになり、各国で成長を続けており、
海外展開、特にアジア展開では韓国の後背になりつつある状況です。
今後日本のコンテンツ産業は、
成長戦略の中でアジアへの外注から、
共同事業を基に北米市場を目指していく動き等の実例を交え、
生きたアジア展開論を解説する予定です。

講師
香山俊巳(コウヤマ トシミ)氏
株式会社ケイズビュー代表取締役、亜細亜大学大学院非常勤講師
早稲田大学大学院公共経営研究科修士課程修了。
亜細亜大学大学院アジア・国際経営戦略研究科講師、
株式会社ケイズビュー・株式会社Lemay Printing Japan 代表取締役。
アジアコンテンツビジネス研究会副会長、
アジア・国際経営戦略学会・国際戦略シナジー学会理事等。
専門は公共経営、アジアコンテンツビジネス、日中韓事業戦略。
社会的使命のある事業を基にした企業経営を行いながら、
日本とアジア各国間の事業戦略を研究している。

〜メモ〜
・コンテンツビジネス産業の全体概要とアジア市場の概要、ビジネス展開の課題など、アジア市場における日本のコンテンツビジネスのアプローチを俯瞰する感じでのお話しでした。個人的には、良く知っている内容でもあり、復習と確認という感
じではありましたが、別の視点から見直す良い機会となり、その意味では聴講して良かったですね。

iPhoneから送信
〜・〜・〜・〜・〜☆〜・〜・〜・〜・〜

聴講して、サムソンの躍進の理由を感じさせられますた。

アジアとの共生を牽引する真のグローバル企業を考える(第4回)
グループ経営の意思決定メカニズムと組織文化の改革

 全世界を対象に、グローバル経営戦略を練る
韓国の巨大複合企業における意思決定のメカニズム、
およびその仕組みを紹介する。
特に、10年先のニュービジネスの
探索や推進(雁行型成長モデル)、
競争と協力(遠心力と求心力)、
成果と報酬(Motivation & Incentive)
などについて概説し、
最も注力する「核心人材マネジメント」については詳述する。
また、オープンイノベーションや集団知性などの仕組みを概説し、
サムスン経済研究所の役割や特徴については詳説する。
一方、経営戦略の推進や成功に欠かせない
健全な組織文化の醸成や革新のための活動や
診断モデル・手段についても紹介する。

講座概要
講座日程 2015年12月9日 (水)
時間 19:00〜20:30
会場 三鷹ネットワーク大学
講師
張 相秀(チャン サンスウ)
亜細亜大学経営学部特任教授、サムスン経済研究所諮問役
1955年生まれ。84年から6年間、慶應義塾大学で経済学修士、および商学博士の課程を修了し、
91年から2012年末まで「サムスン経済研究所」で勤めた後、
13年度から亜細亜大学の特任教授として在任中。
サムスンでは、22年間、グループのHR(人事制度、人材育成、組織文化、労使関係)分野で、
調査研究をはじめ様々な新システム設計などに参画。
特に、01年からは人事組織室長(常務と専務)として、
グループのグローバル人事戦略の立案などに参画。
韓国では、他に延世大学などでの招聘教授と客員教授、
韓国人事管理学会などでの学会長や役員、中央政府の委員会での委員として活躍。

iPhoneから送信
〜・〜・〜・〜・〜☆〜・〜・〜・〜・〜
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:22| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015.12. 第26回 宇宙生命研究分科会 (第3回 異能科学会議 参加メモ・・・

日本サイ科学会
第26回 宇宙生命研究分科会 (第3回 異能科学会議)
「存在と無:エネルギーとは何か?」

・・・・・・・・・・・・

○小澤佳彦氏(機械工学者)
「無から有へ、”エネルギー”の物質化」
・天の扉開きツアー報告と、神聖物出現映像解析結果と目視確認差異についてなど。
肉体、ジッ(JIT)、魂。
(感想)
アンタルヤーミーからの神の叡智の一部分の教えの中の実際に体験できる貴重なものが天の扉開きです。
天の扉開き公式Website
http://www.amanotobira.com/#!

○高野慎介氏(宇宙人コンタクティ)「人類はほぼ全てが宇宙人に管理されている」
・チャネリング、宇宙人、エイリアン、東日本大震災の予言的な作品の日付について、テレパシー、宇宙人によるコントロールについて。遺伝子。霊は宇宙人。宇宙
人がいないと人間は原始人になる。クレルクスドリプ球体」「モキ・マープル」。マルチバース。五次元宇宙、高次元宇宙、など。光の宇宙。宇宙の壁の先に別の宇
宙があり、機会の星があり、霊は宇宙人、宇宙人の上に神がいる。エイリアン映画は宇宙人がつくらせている。フォースは素粒子、人はフォースを使っている。ET
ソール。神様は生命体を超えている。核融合コアの金属融合体。テロはチャネリングによりコントロールされている。
(感想)
宇宙人=エンティティ・バットスピリット・テワダー・ルーシーなどの存在を別視点から捉えて納得し易い説明をするとこうなるというお話ではあったりします。あ
る見方からは、その通りの様な説明になりますが、現代科学に無理に合わせて説明しているため、本質にまで迫れていない気がしました。人間の存在目的の説明が成
されていないのかなっと感じでしょうか。

○石笛 奏者 サラさん

○種市孝氏(物理学者)
「超弦理論が紐解く脳の外のこころ」
・日本物理学会 素粒子論 その他分野の扱い。自然科学の発展は、人の認識の拡大。量子論と相対論は相性が悪い。物理理論には不備があり、超弦理論が研究されて
いる、ブレーン、パラサイトフェルミオン、etc
(感想)
超常現象を物理理論で解き明かすべく理論拡張、理論構成アプローチを行う為には、新たな発見、発明が必要であると感じます。

○上部一馬氏(作家) 
「微小寄生体ソマチッドの衝撃」
・がん治療、マイクロチューブこそがソマチッドではないか。
(感想)
がん治療は、ヒーリングがよくきく分野ですね。ヒーリングでがんが壊死するのはよく知られていることです。

○申彦氏(工学博士) 
「存在と無の界面とハイパーセルフ仮説」
・STAP細胞問題、1936年ストレスに関するネイチャー論文(ハンス・セリエ)。ホメオスタシス、恒常性の維持。セットポイントとゆらぎ。細胞のセルフ。生命の誕
生の瞬間は、情報高分子膜を獲得したとき。オートポイエィックなシステムとしての神経系。自己回復のみをひたすら行う閉鎖系、システムの境界は開かれている。
認知の界面を自己として界面エントロピーがスコアできる。グラフェンの白熱電球。
異能科学の観点からのセルフの問題へのアプローチ、エントロピー的世界観の創生、科学と神秘と社会の接続。
(感想)
仮説と実証、SFと科学、アプローチとしての様々な切り口がありますが、創造と想像のコラボレーションから生まれるものもあるかなっとあらためて思いました。

○松尾直子氏(心理カウンセラー)
「テトラバランス人間力学〜意識の地軸移動」
・両極性の存在、バランスとゆらぎにより発生する現象。両極のバランスから生まれる事象。人の中の両極バランス、右と左、理性と感性、粒子性と波動性、能動力
と受容力、男性性と女性性。バランスをとる秘訣は、基本構造の中にある幾何学性にある。黄金比、フラクタル、相対、螺旋。調和を保つ幾何学図形、人の生き方を
立体視点で捉える、自分、形、心、身体、それぞれの六つの力、意識スターテトラと六つの力。
天のテトラ・陽、地のテトラ・陰。
六つの力のバランス、両極のバランス法則。テトラバランス人間力学相関図。偏りは対局面にマイナスイメージがある場合が多い。相手をコントロールするのではな
く、相手に近づくことがバランスを保つ秘訣。地軸移動と共に意識の地軸移動をしていくことが必要。テトラバランス人間力学セミナー。
(感想)
統一原理を人間心理分析に展開して心理学分析的な整理を行った内容だなっと思いました。性格分析ツールとして整理されたものとして、良くまとまっているなっと
思いました。

○根本泰行氏(理学博士) 
「水とオーブの科学」
・水からの伝言、第四の水の相、DNAテレポーテーション実験。
・オーブの観察、ECETIでの体験、プラズマ状オーブ
赤外線をオーブが反射する、デジカメで撮る場合、赤外線が写るものを使うこと。
(感想)
オーブは、まあ普通なものなので、特に感慨はありませんでしたが、たまゆらという方が個人的には好きですね。オーブには非常に複雑な幾何学模様を持つものもあ
りますからね。

○川又三智彦氏(実業家、作家) 
「空の意味と量子論」
・自己破産、病気、事故、そんな中で、電子顕微鏡の原子映像と出会う。子どもの頃にキリスト教の学校に行っていて、今は神を信じてられなくなっていて、宗教の
方には関心もてなかった。量子論を知る中で、共事現象から、原子の原子核と電子の実像を知り、真空の存在から、生き方を考え直して、量子論的生き方を知る。そ
れに基づき会津村塾の活動を行っている。
(感想)
結局、宗教的な考え方に行き着くことに本人は意識しなくてもなっているのだなっと思いました。
真理の形をどの様な形で捉える事になるのかは、その人のカルマや霊性により異なるということですね。
共事現象は、カルマやスピリッツの法則から説明済みな内容ですが、それを知ることが出来るか否かは、その人次第であると言えるでしょう。

○パネルディスカッション 
「存在と無」
・電磁波を電流に帰る回路の紹介。
アンテナでLEDが点灯する。
・存在している理由と存在意義は説明出来るのか。
・イメージで観る世界、何もなかった、つまならいなと思い、自分とことなるものを生み出した。ナイチンゲールの世界観に似ている。
・不確定性原理 ΔEΔt≧t/2
ゼロポイントエネルギー
・生まれてきて良かったか?
みなさん、まあ良かったという答え
何のために生まれ、何のために死ぬのか、何のために生まれたかだけを問うのではなく、何のために死ぬのかを問うことも必要。
どんなときにありがとうと思いますか?
(感想)
・ひとつの形状があったとき、その存在をどう認識することが出来る形は、人それぞれ、そして、そのそれぞれの異なる見方は、それぞれの人にとっては真実である
ことも事実であると言えるでしょう。
それは、偶然のように観えて、必然であったりします。真理は、それを知ることが出来る人にしか理解することが出来ないわけで、存在の理由も知れるレベルでしか
知ることは出来ないわけであり、それに納得出来るか否かも、人それぞれであるわけです。魂の成長レベル、ジッの成長レベル、カルマ、徳分と、同じ人はいないわ
けですから、仕方ないことだとも言えるでしょう。
宇宙の構造と、宇宙の存在、その深遠なる智慧は、その人のレベルに応じて与えられている。故に、その探究に終わりはなかなか来ないでしょう。ただ、少なくと
も、誰もが経験することになる死との出会いのときに、新たな真理を知ることになるでしょう。
定義された言葉を使うようにしましょうとの言葉がありましたが、それは、その通りであると言えます。
なかなか難しいですけどね。

○異能科学賞発表/
プレゼンター
久保田昌治氏(理学博士)
受賞・川又三智彦氏 
「空の意味と量子論」

○阿久津 淳氏
「閉会宣言:虚数宇宙へ」
ビッグバン以前は?
その問いの答えに著名な科学者は
神のみぞ知る、
時間も無いのだから以前もない、
と言った答えをかえす
虚数x虚数=実数
実世界の前は、虚数世界だったのかも知れません。
このオープンクエッションについて
みなさん、それぞれに考えてみるのも良いでしょう。

iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:09| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015.11.23 日本ベジタリアン学会第15回大会参加メモ

The Japanese Society for Vegetarian Society
日本ベジタリアン学会第15回大会
2015年11月23日
会場 早稲田奉仕園リバティーホール

ベジタリアンアドヴァイザー・セミナー
第1部 ベジタリアン概論
垣本充先生、学会理事長

21世紀のライフスタイル
人にも地球にもやさしいベジタリアンライフ

ベジタリアンのルーツ
BC7世紀インド⇔宗教(仏教・ジャイナ教・ヒンドゥー教)
アヒンサー(不殺生)
BC5世紀ギリシャ⇔倫理(ギリシャ哲学)ピタゴラス、ソクラテス、プラトン。生物生命供儀批判、生命の尊厳。

19世紀中Vegetus→Vegetarian
Vegetarian→Vegetarianism.
Vegetarian Diets.
菜食→菜食者、菜食主義

ベジタリアンの種類
Veganー完全菜食
LactoVegetarianー乳菜食
LactoOvoVegetarianー乳卵菜食
PescoVegetarianー魚乳卵菜食
PolloVegetarianー鶏魚乳卵菜食
下の二つはデニベジ、セミベジと呼ばれる。

1847 VSUK 英国ベジタリアン協会
1889 ベジタリアン・フェデラル・ユニオン
1890 NAVU 米国ベジタリアン協会
1908 IVU 国際ベジタリアン連合
1944 英国ビーガン協会
1993 JPVS 日本ベジタリアン協会

ベジタリアンの活動の目的
1.健康 栄養
2.倫理 生命の尊厳
3.アニマルライツ
4.地球環境保全
5.途上国の飢餓救済

日本の菜食
1.仏教食 精進料理
Shojin Cuisine(Vegan) 純粋菜食
懐石料理
2.玄米菜食
Macrobiotics(PescoVegetarian)
3.SDA菜食(乳卵菜食)
SDA(LactoOvoVegetarian)

永平寺メニューは予防医学的に優位
SDA学校メニューは栄養バランス優位

環境問題・地球温暖化、熱帯雨林消失の要因
アジア エビ養殖、
アフリカ コーヒー園、
中南米 肉牛放牧、代替ガソリン。
ブラジルか世界一の牛肉輸出国へ。
クルマ排ガスより肉食の方が温暖化ガス排出量が多くなっている。


第2部 ベジタリアンと倫理
宮城智央先生、琉球大学医学部

ベジタリアニズムは応用倫理学として研究されている。
哲学的なアプローチ
規範倫理学ー義務論、徳倫理学、功利主義
メタ倫理学ー善いとかの定義の分析など
応用倫理学ー現代の問題へのアプローチ

工業畜産による肉食
生命倫理学的課題・動物虐待
環境倫理学的課題・エネルギー、地球温暖化

ピーター・シンガー「動物の解放」
トム・レーガン「動物の権利の擁護論」
内在的価値、生の主体
オックスフォード大学出版局「動物の権利」
田上孝一「実践の環境倫理学」
伊勢田哲司「動物からの倫理学入門」
「教養としての応用倫理学」
2010年「ベジタリアニズムー愛と思考の非肉食」鶴田静氏
一ノ瀬正樹
シンポジウム「ヒトと動物の関係をめぐる…」
関西倫理学にて動物の権利のシンポジウム

動物の愛護及び管理に関する法律
パーソン論
ベイズ主義
スライディングスケール

SCAW 動物の苦痛の分類
3R 動物実験の3R
Replacement 代替
Reduction 削減
Refinement 苦痛軽減

ベンサム 功利主義
ベジタリアニズム→おもいやりの心
→社会・世界の課題解決への道


The Japanese Society for Vegetarian Society
日本ベジタリアン学会第15回大会
評議員会
総会
ベジタリアンマイスター認定式
ベジタリアンアドヴァイザー


The Japanese Society for Vegetarian Society
日本ベジタリアン学会第15回大会
一般講演 4講演
・日本人用ベジタリアンフードガイドを用いた栄養教育介入の効果
仲本桂子
・ベジタリアンと考えられている歴史上の人物と著名人についての真偽に関する文献レビュー
宮城智央
・ベジタリアン食に関して2015年に発表された医学的論文についての文献レビュー
宮城智央
・菜食にかかわるリスクマネジメントの考え方
中川雅博

ビタミンD、ビタミンB12の不足に留意。
PROS and CONS of Vegetarianism。
ビタミンB12の活性と非活性の違い。鳥取大教授による研究成果。



The Japanese Society for Vegetarian Society
特別講演
「食のトレンドとベジタリアン」
講師 野菜料理家 庄司いずみ氏

ビヨンセ 、マーク・ビットマン
宅配ヴィーガン会社

フレキシタリアン
flexitarian
セミベジの別称
健康、環境への関心の高まりによる
ビジネスシーンが変化している
ビルゲイツ、グーグルがベジバーガーの企業に投資。
ビジネスからのベジタリアンメニューの広がりが、欧米で進んでいる。

ファミリーマートの野菜中心メニューで、ヴィーガンメニューは受け入れられない。結局、完全なベジタリアンメニューは無理であった。調味料にベジタリアン調味
料を使ってもらえなかったらしい、欧米で可能なのだから、日本で出来ないはずはないが、ようはやる気の問題、ビジネス的には、投資意欲とコストの問題と言うこ
となのだろうな。
伊藤忠商事とのコラボ、社員食堂のメニュー提供の結果から、新しいメニューは、なかなか難しい、お試し感覚で選ぶことができるメニューである必要がある。
話題になったもの、流行りものなら、ヴィーガン、ベジタリアンメニューも受け入れてもらいやすい。

大豆ミート、豆乳のメニュー
を提案しているが、
植物性100%を提案しても、
わざわざ動物性食材を入れてくれと言われることがある。

欧米の食メーカーに対して、日本の食メーカーは、やはり遅れているのだなっと思いました。その理由は、やはり決定権のある人が無知であること、儲けだけしか考
えることが出来ない、社会貢献について考えるところまで至っていないのだろう。


iPhoneから送信
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2016」開催に・・・

日本のコンテンツ力、
コンテンツビジネスには依然から関心があり、
仕事として、関われる機会あれば素敵だなっと
いう想いは常にもっています。
文化庁も、メディア芸術ということで、
戦後日本のコンテンツ文化に対するてこ入れを
行ってきていますが、そんな事業のひとつに関する
催しがあるようです。
当日は、夕方からはコンテンツビジネス研究会例会がありますが、
それまでの時間、参加いたしたく、
セミナー聞いてみたかったこともあって、
JAniCA賛助会員、コンテンツビジネス研究会会員として
関心ある内容でもあり、空きあるようならと
セミナー参加申し込み致しました。

文化庁委託事業「平成27年度文化庁メディア芸術連携促進事業」
「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2016」
『制作フロー改革の荒波とクリエイティブへの期待』
開催のお知らせ
http://www.janica.jp/course/digital/actf2016.html
http://www.janica.jp/i/course/digital/k_actf2016.html
◇開催日/2016年2月13日(土曜日)
◇場所/
 Coconeriホール 練馬区立区民・産業プラザ 3階
 東京都練馬区 練馬1-17-1 (アクセスマップ)
 http://www.nerima-idc.or.jp/plaza/info/information.html#accessmap
◇定員/300名
◇参加資格/商業アニメーション制作の従事者、制作会社等
◇参加料/無料
 ※ただし、フォーラム後の交流会は実費(3,500円を予定)を頂戴します。
◇申込方法/下記のページからお願いします
[PC向け]
http://www.janica.jp/course/digital/actf2016.html
[携帯端末向け]
http://www.janica.jp/i/course/digital/k_actf2016.html

〜・〜・〜

コンテンツビジネス関連業界において、
デジタル化というテーマはもはや当たり前のことであり、
レガシーだと言われてもおかしくないのかもしれません。
ITインフラが産業の基盤となることは、
今世紀においては当然の流れであったと言えるでしょう。
ITコーディネータ資格制度も、その流れの中で
誕生したもののひとつでありますから。
ビジネスとITは、経営改善、品質向上、業務効率化、
顧客サービス向上、マーケティング、など、
様々な局面で無関係ではなくなっています。
もちろん、ITは万能ではありません。
デジタルにすれば良いわけでもないのと同様です。
新しいツールや手法は、そのメリットデメリットを
しっかりと見極めて、最適なる活用を行っていくことが
求められるというだけのことなわけです。
インフラは経営基盤ではありますが、
同時に手段であって、目的ではないことを
忘れてはならないということです。
コンテンツビジネスにおいて、
クリエイティビティの本質は属人能力であることは
不変であると言えるでしょう。
表現の多様性を補助し、制作の効率をあげることに
おいて、様々なツールが考えられてきたわけです。
そして、そのひとつがITでありデジタルであるということです。
ビジネスという側面がある以上は、
利益というものと回避することは出来ません。
それは、存続するためにも必要であるからです。
その中で、制作の効率化が求められているとも言えます。
アニメーションの世界において、
今や、世界の主流はCGであることは間違いありません。
欧米でアニメーションに関する教育・人材育成機関といえば、
CGメインとなっていることからも
明らかなことであると言えるでしょう。
もちろん、従来からの様々なアニメーション制作手法は
今も利用され、魅力的な作品が創られています。
マペット、クレイ、砂絵、・・・・
様々な手法は、表現の多様性を支えるものであり、
今後も残っていくことは間違いないと思います。
その一方で、
映画とTVというビジネス社会においての
アニメーションについて言えば、
CG作品が主流となっていることは現実であります。
日本は、その意味では特殊であるとも言えるでしょう。
ディズニーから語られる劇場アニメーションの世界は
ディズニー・ピクサーによるCGアニメーションの世界となり
世界を席巻しています。
鉄腕アトムから始まる日本のテレビアニメの世界は、
セルアニメ、リミテッドアニメの持っている魅力を、
残しつつ、CG、デジタル化との融合を模索しながら
発展してきたのだと言えるのではないでしょうか。
そして、ここ数年間において、
大きな変化の流れが来ているように感じられます。
それは、セルルックCGの成熟であり、
デジタル作画の広がりであると言えるのでは
ないでしょうか。
デジタル化は、撮影、仕上げ、録音、効果の部分から
進行して、作業効率を上げると共に、
表現の多様性をもたらしてきました。
そして、作画の部分が残されてきたという流れと
なっていたと言えるでしょう。
フィルム・セルがなくなり、
次は紙の利用が減る方向へと流れていくことになる
ということです。
これは、エコという面=経済性という面からも
ビジネス的には避けられない方向であると言えるでしょう。
さて、その流れのなかで、鉛筆をタブレットペンに
持ちかえていくことになるわけですが、
結局のところ、絵心のある人にとっては、
慣れれば、問題なく使えるというだけのことで
あるようです。
デジタル化におけるリスクは何かと言えば、
設備投資とマシン稼働率ということになるのでしょう。
故障や停止=作業停止ということになりますからね。
時間的な損失となります。
また、データの破壊があれば当然大きな損害となるわけです。
デジタルデータの安全性の確保と、
故障時の復旧までのロスの削減ということが
設備投資及びインフラのランニングコストと共に
経営的な負担とリスクということになるでしょう。
ただ、この課題は、既にソフトウェア業界では
既知の内容であり、様々な対策やアプローチが存在しています。
それを上手く応用し活用していけば問題なく
対応出来ることでしょう。
効率化の恩恵がクリエイターの収入改善に繋がり
離職率の低減に効果をもたらすことを期待したいところですね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

ありがトン7周年記念パーティーに・・・

2016.02.02. 友人であるさわとんのパーティーに参加してきました。

『日本初の「うつ専門カウンセラー」として
 34歳で起業してから7年間、・・・』
という出だしのコメントのある

株式会社ありがトン
http://www.arigaton.com/

2007.11の一新塾での出会い、
起業記念のイベント、いきいきフォーラムのお手伝いしてから、
出版、ドリプラ参加、TV出演、会社立ち上げ、
結婚、大学で学び、協会を立ち上げと、
初心を忘れずに、頑張ってきて、
株式会社ありがトン代表取締役、
日本セルフパートナーズ協会代表、
精神保健福祉士・睡眠健康指導士上級、
千葉県柏市男女共同参画推進審議会副委員長
と活躍中のさわとん。
自分自身の挫折と闘病、遁底から、
気付きと信念を得て、歩み出し、
有言実行で活路を開いていったその姿を
みてきて、やはり人の力って素晴らしいなっと
思います。
そして、今回のパーティーで、
一新塾での2年間、共に同じプロジェクトの中で
メンバーとして歩んでいた頃と
変わらない笑顔とパッションを感じられたのが
嬉しかったです。

原点である、自殺者ゼロ社会への願いは、
鬱円満社会へと広がり、
自分を愛すること、自分を大切にすること
セルフパートナーへと昇華していったわけです。
その根っこにある想いは
変わっていません。
太い根っこがあるからこそ、
さわとんの素晴らしい活躍があるのだと
思っています。

更なる活躍を願っていますし、
夢をもっと現実にしていってくれることだろうと
信じています。
そんな、さわとんから、
私もいろんな刺激を受けさせてもらっています。
ありがトン。ですね。


「ありがトン」のブーログ
ありがトンコーチさわとんの
「自分への感謝」で人生トントン拍子
http://ameblo.jp/sawaton/

日本セルフパートナーズ協会
http://selfpartners.com/

もうひとりの自分
http://youtu.be/y7yb9rSX0tc
JOYSOUND
「うたスキ」のあるカラオケ店で、
「いろいろ検索」
「うたすきミュージックポスト」
「もうひとりの自分」
で、選べる。
日本セルフパートナーズ協会の
テーマソング
”もうひとりの自分”

コンビニコンテンツプリントで、
日本セルフパートナーズ協会の
キャラクタ、SPちゃんのカレンダーが
印刷できる。
http://www.e-shinbun.net/cp/selfpartners
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・ホリスティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする