2016年02月09日

修行とは・・・・

修行とは何か?何の目的で行うのか?
この問いに対して、直ぐに答えを返すことが
出来ませんでした。
スポーツの世界では修行という言葉はあまり使いません。
練習とか訓練といった表現を使います。
武道などの○○道といわれる世界や
芸の世界や
宗教や信仰の世界や
スピリチュアルな世界などで
修行という言葉が使われることが多いですね。
その道を極めるのが目的だっという回答が
多いのかもしれません。
人生における修行とは何か、
それは霊性修行と言われる魂の成長を促すもので
あるわけです。
しかし、魂の成長は修行以外でもなされます。
では、修行する必要があるのは何の為なのか
その最も深い意味での答えを伺いました。
それは、
修行とは自分が何かを得たいという目的で
行うものではなく、
神との関係性を深める為に行うものであると
いうことです。
ここでの神とは、神仏やスピリチュアルなど
非物理的な高貴な存在のことを指すものとしています。
関係が深まると、この世的に言えば
奇跡を起こすことも簡単であるということになります。
イエス様もお釈迦様も、
他の聖者と呼ばれる方々も、
高貴なる存在と深い関係を持っておられました。
それゆえ、奇跡と呼ばれるようなことも
簡単に起こすことが出来ていたわけです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:49| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする