2016年05月22日

防災とIT

「防災とIT」
〜便利さとITに関する必要な支援を考える〜

 東日本大震災に続き、熊本地震と、
被災された皆さんの大変さを感じさせられます。
近年、災害があったときに、IT関連の活用の話題が良く流れるようになってきています。
Twitter、Line、などのSNSによって、所在や安否を確認したり、
救援や救助を的確に行うための支援情報として活用されたりして、
効果をあげているようです。

 IT技術の進歩が、人々の役に立っていくことは、とても望ましい姿であると感じます。
防災関連のツールやインフラの整備、IT利活用は日々進歩しながら、
広がっていると言えるでしょう。
しかし、折角のツールやサービスも、その存在を知っていなかったり
使っていなかったりしたら価値はなくなってしまいます。
まさに、もったいない、と言えるのではないでしょうか。
情報がないとか少ないという声を耳にすることがあります。
そう言う前に、まず自ら情報を探してみることが大切です。
ネット時代になり、情報は溢れていますが、
自ら求めない限りは手にすることは出来なくなっているとも言えるのです。
メディアから流れる情報は、公開されている情報のほんの一部でしかないという事を
しっかりと認識しておく必要があるのではないでしょうか。

 スマートフォンの普及が広がって、多くの人が持つようになってきています。
スマートフォン用のアプリケーションについて、
行政などから提供されている防災ツールなどをインストールしている人はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
実は、意外と少なかったりするのではないのかなっと思っています。
税金を投入して、整備しても、利用されなければ意味がありません。
利用してもらうためには、知ってもらわなければなりません。
知ってもらうための努力が行政には少し不足しているのかもしれませんね。

たとえば、首相官邸が公開している
「熊本地震被災者応援ブック」という政府応援情報がありますが、
どのくらいの人が観ているでしょうか。
pdfと電子書籍で公開されており、スマートフォンからも参照は可能です。
しかし、実際に観たことのある人は少ないのではないのかなっと思います。
各省庁の防災関連情報の公開もあり、
また、各自治体毎に防災情報の公開もあります。
スマートフォン用アプリを提供している自治体もあります。
メディアや企業が提供しているものもあります。
防災に関するものを少しあげてみても、
以下の様なサイトやアプリがあったりします。

「国土交通省 ハザードマップポータルサイト」
「国土交通省 川の防災情報」
「NHK そなえる 防災」
「東京都防災ホームページ・東京防災デジタル版」
「Yahoo!防災速報」
「ゆれくるコール」
「浜松市防災アプリ」
「名古屋市地震防災アプリ」
「かわさき防災アプリ」
「逃げナビ〜神戸防災〜」
「にいがた防災アプリ」
「墨田区防災マップ」
「防災情報 全国避難所ガイド」
「住まいる家族の防災・減災NAVI」
「地域を守る防災・防犯の決定版/みんなのまちづくりアプリ『結』」
「チュウキョ〜くんの防災マップ」
「My防災NAVI 自治体様体験版」
「防災くん」
「GPS対応 東京危険度マップ」
「ARハザードスコープ Lite (東京23区版) 」

ご存じのものはありましたか。
携帯電話の地震速報は、既にお馴染みなものになっていますし
キャリアの提供する安否情報サービスも知っている人は多いと思います。
しかし、防災対策の為の準備としての情報やアプリについては
まだまだ認知されていないものが多いのではないでしょうか。

 防災対策は、日頃からの準備と意識が大切です。
自治体の提供している情報や取り組みについては、
自治体毎に温度差があるのが現状ではあります。
IT活用についても同様ですし、
インフラの整備状況についても同様です。
今後、自治体の格差が大きくなっていく可能性もあるのではないかと
感じる部分もあります。
話題になったマイナンバーも防災関連での利用が考えられているわけですが、
少子化、高齢化の流れの中にあって、
小さな行政が、より充実したサービスを提供していくためには、
IT活用は不可欠な要素であると言えるでしょう。
IT活用をどの様な視点で捉え、取り組んでいこうとしているのか
皆さんもご自分の住んでいる自治体の情報をチェックしてみると良いでしょう。
また、自治体から提供されている情報やアプリ、サービスについては
積極的に活用していくことをお勧めします。
より多くの人が利用して、意見を言っていくことで、
より良いものになっていくのが、サービスというものであるからです。

AR、VR、AI、GPS、ドローン、ロボット、ビッグデータ、など
様々な技術や情報が、活用され応用利用されてきています。
実際の活用事例も少しづつ増えていっています。
事例が増えていくなかで、課題や改善点が見いだされて
より良いものになっていくことでしょう。

防災対策、災害救援、復興支援において、
何が必要であり、何が重要なポイントであるのかに関しては
過去の事例の中から、すでにわかっていることがあります。
それらのポイントに対して、IT技術を活用することで、
人手不足を補い、確実で充実したものにしていくことが出来る点を
しっかりと把握して、効率的、効果的な展開していくことが求められているといえます。

IT技術は、今後もより広く多く利用されていくことになるでしょう。
取り組み姿勢の違いによって、その恩恵を得ることが出来る状況も変化していくことになります。
行政と住民の意識の違いが、自治体の格差に繋がっていく可能性もあるのではないでしょうか。
いち早く、取り組み始めることが大切であると感じます。
とくにインフラ系についての整備は重要になっていくことでしょう。
公的に整備するのか、民間に整備してもらうのか、
主要なキャリアのサービスを含め、地域内で利用できる内容をどの様な形にしていくのかは
IT利用におけるポイントのひとつであるといえるでしょう。
熊本地震では、主要キャリア3社が、同一のSSID「00000JAPAN」にて
Wi-Fi無料開放を行いました。
Wi-Fiに接続出来る端末を持っている人にとっては朗報ではありましたが、
Wi-Fiが繋がる環境がなければ意味のないものでもあるわけです。
接続可能な環境が整備されていることが必要ということでもあります。
地域の環境整備は、IT活用においては重要なポイントであるということになります。
防災に関連した環境整備は、自治体が主導していく必要があると言えます。
産官学民の連携や協力も重要ですが、自治体の意識の差によって
環境整備にも差が付いていくのではないかと感じます。
自分の住む自治体の行政動向をしっかりとウオッチしていくことが
住民ひとりひとりに求められていると言えるのではないでしょうか。

IT活用により便利になっていくことは間違いありません。
しかし、どんなに便利になったとしても、
それぞれの個人の意識がもっとも重要であることに変わりはないでしょう。
防災への意識、しっかりと持っていきたいものだと思います。



防災と自治体のIT利用 住民チェックが必要
http://vpoint.jp/column/65617.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:ITコーディネータから贈る言霊の風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

目に見えないものを信じるということ

「目に見えないものを信じるということ」
 〜信仰の価値と信仰への誘い〜


「お天道様がみているよ」
「天罰が下るよ」
「雷様がお臍をとりにくるよ」

 日本人が幼いころにきかされる言葉には
目に見えないものの存在が語られているものです。

目に見えないものの存在を信じるか否か、
それは、まさに信仰に関わる部分であると言えるでしょう。
宗教の根源は、まさに信じるか否かにあるのです。
神様の存在、仏様の存在を信じるかどうかということなわけです。

もし、あなたが、神様や仏様を信じているなら、
無宗教ではないということでもあります。
何らかの信仰を持っているということになるからです。
世界において、無宗教と言えば、無神論者か唯物論者だと
認識されてしまうのが一般的であると言えるでしょう。
ところが、多くの日本人には、そんな感覚がありません。
戦後の教育の失敗が、安易に無宗教という言葉を
選ばせていると言えるのではないのかと感じます。

もし、あなたが無宗教だと言いながら、
神社にお参りし、仏様に手を合わせているのであれば
きっと、偽善者であると思われてしまうでしょう。
国際社会で活躍したいのであれば、
きちんとした宗教観をもっておくことが大切です。
お墓参りをするのがお寺であるなら、
無宗教と言わずに、仏教ですと言えますし、
神棚があって、葬儀を神式で行うのであれば
神道ですと言っておくのが良いでしょう。
もちろん、自分は神も仏も信じない、無神論者である
唯物論者であるというのであれば、
無宗教と言って良いのは当然です。
しかし、多くの国では信頼されないことでしょう。
表向きはきちんと対応してくれるでしょうけど
本音の部分では、一歩距離を置かれてしまっているということです。
何故なら信仰なきものは簡単に裏切るだろうと思われてしまうからです。
お金の切れ目や利益の切れ目が縁の切れ目となる人だと
義理や恩など無関係な人であるのだろうと思われてしまうのだと
言えるでしょう。
ビジネスライクでは付き合えるとしても
そこから先は無理であるという印象を持たれるということなのです。
過去の歴史が物語る無宗教、共産主義の世界で行われた
粛清や裏切りの数々が、信用出来ないという心情を
つくってきたとも言えるかと思います。

人は弱いものです。
欲望に流され、道徳を忘れて、過ちを犯してしまうことがあるのです。
その過ちを出来るだけ犯さないようにしてくれるもの
それが、信仰であると言えるでしょう。

目に見えない存在を信じるのであれば、
他人が見ていなくとも、見られているのだと思えるのです。
そして、人は、誰かに見られているという環境においては
理性が働きやすくなるものなのです。

信仰の価値とは、まさに人を理性的にすることにあると言えます。
そして、そのことが、平和の礎ともなるのです。
宗教と言われるとちょっと引き気味になってしまうのであれば
まず、目に見えない存在が確かにいるのだということを
信じてみることから始めてみれば良いでしょう。
それが、信仰への第一歩となることでしょう。
より崇高なもの、より愛することの出来るもの
そんな存在を信じているとき、
人は、その存在に対して畏敬の念を持ち、
裏切ることは出来ないという思いを持つことが出来るのです。
そして、その事が理性的な行動を促すことに
繋がっていくのだと言えるでしょう。

神様でも仏様でも御先祖様でも良いのです。
幽霊でも妖怪でも宇宙人でも良いのです。
目に見えない存在、人ではないけれども人の様な存在、
人以上の存在が、確かにいるのだと信じてみることが
人生をより深く、より充実したものにしていくことへと
繋がっていくのだと言えるでしょう。

信じられないのであれば、
それらの存在と出会うことの出来るように
ちょっと行動してみては如何でしょうか。
まずは、出会ったことのある人の話を聞いてみることでも
良いと思います。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:45| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:神の叡智から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年度 コンテンツビジネス研究会 オープンセミナー

2016年度 コンテンツビジネス研究会 オープンセミナー
http://cbken.jp
テーマ:コンテンツxまちおこし
日時:2016年6月11日(土) 16:30〜18:30(開場16:00)
会場:「北沢区民集会所」東京都世田谷区北沢4-24-22
公共交通機関
京王線「笹塚駅」下車 徒歩
小田急線「東北沢駅」下車 徒歩15分
東急バス(渋55・渋谷駅〜幡ヶ谷折返所)「大山町」下車 徒歩8分
定員:45名
参加費:無料(以下のページより事前に参加登録をお願いします)
https://www.facebook.com/events/1599376630389835/
http://peatix.com/event/169728
内容:
16:00 開場
16:30 会長挨拶
16:35〜
 ・講演1 「アニメ業界と聖地巡礼の現状」
   講師:國崎 潤香 さん
 ・講演2 「地方キャラクターでクラウドファンディングを実施した事例」
   講師:小田 恭央 さん
 ・研究会レポート報告
   「経営コンサルタントの見た聖地巡礼ビジネス」
   高野 雄希 さん、川口 裕靖 さん
18:30 閉会
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

IT業界用語に見る、時代の変遷と言葉の流行

IT業界用語に見る、時代の変遷と言葉の流行
http://vpoint.jp/column/64620.html

新年度になって、1カ月が経過しました。新しい環境で生活を始めた皆さんは、初めて耳にする言葉との出会いも多くあったのではないでしょうか。社会人になると業界用語と言
われるものと出会うことになります。勤務先の中では共通認識として普通に使われている言葉です。ところが、この業界用語、別の業界に行くと通じなくなることがあったりする
わけです。通じないどころか、同じ用語が別の意味で使われていることもあり、使うにあたり注意が必要となったりしてきます。

 世間一般的には、流行語と言われる言葉があります。バズワード(buzzword)と読んだりもされていますね。その年に、多くの人の中で印象に残った言葉ということですが、そ
れぞれの業界においても、その業界の中でもっとも使われることの多かった言葉というものがあったりするわけです。


最初のコンピュータENIAC(Wikipediaより)

 IT業界に関連した中ではどうでしょうか。1897年にコンピューターという言葉が使われはじめて、20世紀に入り、コンピュータが急速に進歩していき、21世紀は、ITがイン
フラとなった時代という感じでしょうか。来年、日本のアニメーションの歴史が100年を迎えます。コンピューターやITの歴史は、まだそこに及ばないというわけです。前世期
までの歴史を大雑把に振り返ってみると、

1936年 チューリングマシンが提示され、
1946年 ENIACが登場し、
1952年 IBM 701、ETL Mark Iが、
1956年 FORTRANが、
1964年 System/360が、
1965年 ムーアの法則が提唱され、
1970年 ALOHAnetが運用開始し、
1972年 i8008、PONG、ODYSSEYが、
1975年 マイクロソフトが設立し、
1976年 TK-80、1977年にApple II、
1978年 CBBSが開設され、
1979年 PC-8001、Oracle 2が、
1980年 Enquireが開発され、
1981年 PC DOS、IBM PC、MS-DOSが
1983年 GNUプロジェクトが開始され、ファミコンが登場し、
1984年 Macintosh、PC/ATが登場し、TRONが提唱され、
1985年 Windows1.0が、
1986年 IETF設立され、Σプロジェクトが開始され、
1990年 Windows 3.0が、
1991年 Linux、World Wide Webプロジェクトが発表され、
1992年 OpenGL公開、1993年にNetBSD・FreeBSD発表、
1994年 W3C設立。PlayStation、Windows NTが、
1995年 Windows 95が、
1997年 ディープ・ブルーがチェス世界チャンピオンガルリ・カスパロフに勝利
1998年 iMac、Windows 98が、
1999年 iモードがサービスイン、
2000年問題、インターネットバブル崩壊へ

といった感じです。この中の言葉、どのくらいの皆さんが御存じでしょうか。一般的には、知らないというものが大半ではないかと思います。さて、IT関連の言葉を少し並べて
みます。

IT(Information Technology):情報技術
ICT(Information and Communication Technology):情報通信技術
ITC(IT coordinator):ITコーディネータ

Web(WWW / World Wide Web):ワールドワイドウェブ
IoT(Internet of Things):モノのインターネット
SNS(Social Networking Service):ソーシャルネットワーキングサービス
Blog(Weblogの略):ブログ

SEO(Search Engine Optimization):検索エンジン最適化/サーチエンジン最適化
SEM(Search Engine Marketing):サーチエンジンマーケティング/検索エンジンマーケティング
LPO(Landing Page Optimization):ランディングページ最適化

AI(Artificial Intelligence):人工知能
Deep Learning(ディープラーニング):機械学習
Robot(ロボット):人造人間
Drone(ドローン):小型無人航空機

1980年〜
New media:ニューメディア

1990年〜
ネオダマ:ネットワーク、オープンシステム、ダウンサイジング、マルチメディア/マルチベンダーの頭文字
Multimedia:マルチメディア

2000年〜
Business Model:ビジネスモデル
Ubiquitous:ユビキタス
Long tail :ロングテール
Web 2.0:ウェブ2.0
Free :フリー

2010年〜
Social:ソーシャル
Share:シェア
Cloud Computing:クラウド
Industry 4.0:インダストリー4.0
Big data:ビッグデータ
Smart:スマート

 最近では、マイナンバー、AIといった言葉が、よく聞かれていますね。皆さんが、聞いたことがある言葉はありましたか、そして、知っている言葉は、どのくらいあるでしょ
う。テレビなどのメディアから流れていて聞いたことがあるとかインターネットを使っているときに知ったとか、それぞれの人の環境や日常によって、知っている言葉も様々であ
ることでしょう。

 バスワードは時代の流れの中で変化しています。しかし、その言葉の内容においては、実は共通したものを持っていたりすることもあります。それぞれの言葉の意味と背景にあ
るものや関連するものを探っていくといろいろと見えてくるものがあったりすることでしょう。

 言葉の意味は、その言葉を自分自身が使うようになってはじめて、自分の中に落ち着くことになるのだと思います。言葉は知っていても意味は良くわからないこともあるでしょ
う。それでも、まずは知ることが、第一歩であるわけです。ネット時代となって、今では、解らない言葉があってもちょっと検索してみれば、概要は解るようになりました。知っ
てみることの大切さと面白さを感じてみて欲しいなと思います。

 最後に、私の肩書でもある「ITコーディネータ」について、簡単に説明しておきたいと思います。

 2001年に通商産業省による国家プロジェクトの一環として設けられたのが、ITコーディネータ資格制度です。経済産業省推進資格であり、IT経営を実現するプロフェッショ
ナルであり、真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立った助言・支援を行い、IT経営を実現する人材です。

 私は2004年より、ITコーディネータとして、IT業界と社会におけるITの利活用の流れに触れてきましたが、技術の進歩の早さと応用の広がりの早さは、目覚ましいものが
あるなと感じています。せっかくの技術やサービスであるのですから、上手に活用していくことが、生活を豊かにすることに繋がっていくのではないでしょうか。でも、知らなけ
れば、使うことも出来ません。より、多くの皆さんに、ITに関する様々なことを知っていって欲しいと願っています。その為のお手伝いをするのも、ITコーディネータの役目
のひとつだと考えています。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 13:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:ITコーディネータから贈る言霊の風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする