2016年06月20日

ITと選挙

「ITと選挙」
〜ネット時代の選挙の在り方の変化〜


 東京都知事が辞任し、参議院選と東京都知事選が行われることになりました。
公職選挙法が改正されて、18歳以上に選挙権が与えられました。
また、その前には、インターネット選挙運動についても一部許可させています。
しかし、まだまだ規制が多く、ITを活用した選挙としては課題が多いと言えるでしょう。
多くの人が、意識せずに、公職選挙法違反を行う可能性も高くなっていたりします。
国も、選挙についての周知をインターネットを使って行っています。

総務省 なるほど!選挙
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/index.html

明るい選挙のシンボルマーク「白バラ」
明るい選挙のイメージキャラクター「選挙のめいすいくん」
いったい、どのくらいの国民が知っているのでしょうか?
また、
「主権者教育のための成人用参加型学習教材」なども用意されていますが、
それを利用した教育を受けたことのある人は、何人いるのでしょうか?

ネット上での選挙運動に関しても、立場や時期によって
出来ること出来ないことが変わってきます。
選挙公示後から投票日までの期間とそれ以外の期間での違いや
政党・候補者(被選挙人)、有権者、未成年者、非有権者での違い
について、きちんと把握している方のほうが少ないのではないでしょうか。
地方自治体の選挙管理員会も、それぞれに投票への呼びかけや
選挙に関する啓蒙活動を行っています。
各自治体の選挙管理委員会のページに、それぞれに行っている
活動が紹介されていたりします。

東京選挙
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/

東京都では、中学三年生に学習用冊子「Let’sすたでぃ選挙」を
配布していたり、「18歳選挙権フォーラム」の開催や
「選挙出前授業・模擬選挙」などの取り組みを行っているようです。
特定の政党や候補者の応援にならないように、中立公正な教育を
地道に展開していくことが大切であると言えるでしょう。

さて、ネット選挙解禁という話題が出たとき、
ネットで投票ができるようになったのかと勘違いした方が
いらっしゃったりしたようです。
実際には、ネットで投票できるようになったのではなく、
ネットで選挙運動が一定の条件、制約の中で出来るようになったと
いうことでした。
インターネットの普及スピードに法律が追い付かないというのは
数多くの分野で起こってきたことですが、
選挙に関しても同様であったということです。
しかし、残念ながら、まだ規制にしろ活用にしろ
課題が多く残されていると言えるでしょう。
ただし、今後、問題や課題が解決されていき
ネット投票が可能となる日が訪れるかもしれません。
実際、国政選挙ではない、一般の企業や団体なのでは
ネット選挙を使用しているケースが多くなっています。
また、ネット選挙システムのサービスも実際に提供されていたりしています。
海外では、電子投票やネット投票を既に導入している国や地域もあったりします。
選挙費用の削減や投票率の向上に効果が出ているようです。
日本で導入をするにあたっては、
もっとも懸念されているのが、セキュリティ面であると言えるでしょう。
違法投票や得票結果の改竄といった問題が発生しないのかっということです。
クラッキングやハッキングに対する対策は、
日々進歩しています。もちろん鼬ごっこてきな部分もありますが、
現状のアナログ選挙のリスクと変わらないレベルになり、
コスト面や投票行為の便利さといった面を含めた総合評価で、
電子投票が上回れば、変えていけば良いですし、
ネット投票が上回れば、変えていけば良いと考えます。

 投票率を上げるためには、選挙しやすさ以外にも
重要なことがあります。投票したいと思える候補がいることです。
つまり、誰に投票するのかということです。
それはすなわち、政治への関心を高めてもらう必要があるということでもあります。
立候補者、政党に関する情報を、しっかりと見極めることが大切になります。
その為の情報を提供するサービスも出てきています。
もちろん、政党や候補者のホームページ、ブログ、SNSなどの情報を
チェックして比較することも出来ます。
しかし、それはあくまでも、政党や候補者の思惑に基づく情報でしかありません。
では、メディアが発信している情報はどうでしょうか、
これまた、各メディアの思惑が反映され加工された情報でしかなかったりします。
より、多くの情報をチェックし精査する能力、
情報リテラシーやメディアリテラシーが問われるということになるわけです。
もちろん、政治課題、社会課題についての知識も必要になってきます。
国会議員の選挙であれば、外交や国際情勢といった情報も知る必要があります。
選挙で選ぶ人に求められるものは何なのかということを
きちんと認識しておくことが大切であるということです。
投票してもらうために、投票する人にとって嬉しいことしか言わない人もいます。
しかし、行政課題を進めていくにあたっては、国民や市民にとって
厳しいことも数多く存在しているということを忘れてはならないでしょう。
たとえ厳しいことであても、しっかりと伝えることができ、
自分の発言に責任を持つことのできる人がどうかを見極めることが
投票する人に求められているということになるわけです。
義務あっての権利であるということを忘れてはならないでしょう。
IT技術、ネットなどの情報を、上手く利用して、
自分自身でしっかりと考えて、投票しに行くことが大切です。
未来のあるべき姿をきちんと描いて、
そこに向かって、今必要なことは何であるのかを捉えて
それを実行できる人は誰なのかを考えて、
しっかりと投票を行いましょう。
投票を棄権するということは、すべてを投げ出すということであり
民主主義の世界では、無責任な行動であると感じるべきではないでしょうか。


ネット時代の選挙のあり方
http://vpoint.jp/column/67134.html
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:51| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:ITコーディネータから贈る言霊の風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康と霊性の関係

「健康と霊性の関係」

 健康でありたい。誰もがそう願っているのではないでしょうか。
高齢社会となり、福祉や社会保障の観点からも健康に関する取り組みが
重要なものになってきています。
多くの人が、健康のまま逝くことが出来たなら、
社会保障にかかるコストの増大も回避することが出来ることでしょう。
よくメディアや政治家で取り上げられる社会保障と老齢社会の問題では
増大していく費用を、どの様に捻出していくのかという視点が多く
増大させないためにどうすべきなのかという視点が少ないように感じます。
「ピンピンコロリ」という言葉を聞いたことがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
人は誰もが死の時を迎えます。逝くその時まで元気でいたい。
それこそが理想的な姿ではないのかっと言うことです。
であるならば、健康について、もっと考えていく必要があると言えるでしょう。

WHO憲章の前文における「健康」の定義は、
「Health is a state of complete
physical, mental and social well-being
and not merely the absence of disease or infirmity. 」
「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、
 肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが
 満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)」
となっています。
しかし,1998年にこれではまだ不足ではないかとして
WHOに提案されたものがあります。
その定義は、
「Health is a dynamic state of complete
physical, mental, spiritual and social well-being
and not merely the absence of disease or infirmity. 」

 これは、健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、
肉体的にも、精神的にも、霊性的にも、社会的にも、
すべてが、動的に関連するなかで、満たされた状態にあることだと
いうことを示唆するものだと言えるでしょう。
4つのポイントと、それぞれに関連する事象を考えて
並べてみると...

社会的に健康であるということ
 =衣食住環境、教育、労働、権利と義務、絆
 =夫婦関係、親子関係、家庭環境、親族関係、師弟関係
 =人間関係(近所、地域、学校、会社、自治体、・・・)

肉体的に健康であるということ
 =身体の健康=物理的生物的な正常な機能動作=成長
 =運動、睡眠、飲食
 =怪我、病気、バラン

精神的に健康であるということ
 =心の健康=知情意、理性、感情
 =欲望、ストレス、ク―ラン、ブラックマジック

霊性的に健康であるということ
 =魂=ジッ制御レベル=脳活用レベル
 =カルマ、徳分、シャクティ、バラミ―
 =チャウカムナンウェ

これは、ひとりの人間としての健康を示すわけですが、
実は視野を広げて考えるのであれば、
法人や組織、団体、国家に対しても言えることではないでしょうか。
日本人は擬人化が得意ですが、
まさに、擬人的な視点をもって考えることの中に
健康で健全な社会、国家、世界があると言えるように思います。
平和や安全、安心を考えるとき、
やはり、利己心ではなく、利他心が中心となるべきであり
その考え方がそれぞれのレベルで当り前になっていくのであれば
すべては良い方向に向かっていくと言えるのではないでしょうか。
それらのバランスの根源を支えるものは何なのか、
聖者レベルの方を除くとしたら、
実は、それこそが、信仰心であるような気がします。
神の叡智と神の法の下にあって、
まだ幼き人の心を支える核心と言えるものが
信仰心であると言えるでしょう。
宗教というものは、実は信仰心を支えるための器でしかなく
単なるツールであるとも言えるわけです。
信仰心の質とレベルに応じた器を
神は用意されて下さっているのだと言うだけのことで
あったりするわけです。
神を知り、信じることすら不要になったなら、
信仰心というものすら意味のないものになってしまいます。
ただ、霊性をそのレベルにまで高めることは
とても難しいことであるわけです。
神の叡智を知ったからといっても、
それを体現したことにはなりませんし、
会得したことにもなりません。
叡智を自然体で意識することなく実践することが出来るようにならなければ
悟りの境地、解脱へと至ることはないのですから。
健康ということを考えるのであれば、実は、

 社会的 < 肉体的 < 精神的 < 霊性的

という感じの優先度になっていくと言えるかもしれません。
より高次元という意味においてです。
高次元のレベルで健康であれば、
多くの場合、低次元の健康は付随してきてしまったりもします。
ただし、それを実感することは、
また難しいことでもあったりするのですが・・・・。
人は、ひとりひとり異なる存在です。
従って、健康もまた、異なるということになってしまいます。
それぞれが、自分自身にとっての健康のあり方を
考えていくことが、大切であるということなのかもしれませんね。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 22:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:神の叡智から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『この世界の片隅に』関連イベント紹介

アヌシー作品紹介画像1.jpg
『この世界の片隅に』関連イベント

0.広島フィルム・コミッション パネル展 映画『この世界の片隅に』
広島フィルム・コミッションと広島市内5カ所の公民館が、
映画『この世界の片隅に』を紹介する巡回のパネル展を開催します。
<日程・会場>
■6月15日(水)〜7月11日(月) 戸坂公民館(開催中!)
■7月15日(金)〜31日(日) 舟入公民館
■9月1日(木)〜15日(木) 草津公民館
■9月17日(土)〜29日(木) 古田公民館
■10月1日(土)〜31日(月) 二葉公民館
※問い合わせ先:広島フィルム・コミッション film@fc.hcvb.city.hiroshima.jp

1.呉市立美術館「マンガとアニメで見る こうの史代『この世界の片隅に』展」
日時:7月23日(土)~11月3日(木・祝)
詳細は呉市立美術館 公式サイトをご覧ください。 http://www.kure-bi.jp/

2.「マンガとアニメで見る こうの史代『この世界の片隅に』展」関連イベント
呉市立美術館では、展覧会会期中に関連イベントも行われます。

■こうの史代 ギャラリートーク  
日時:7月23日(土)11:00~  
出演:こうの史代先生 ※申込不要

■映画『この世界の片隅に』ができるまで 
日時:8月20日(土)10:30~12:00  
出演:真木太郎プロデューサー ※申込締切:8月6日(土)

■こうの史代×片渕須直トークショー 
日時:8月20日(土)13:00~15:00 
出演:こうの史代先生、片渕須直監督 ※申込締切:8月6日(土)

※参加方法など詳細は、呉市立美術館の公式サイトからご確認下さい
この他にも、様々な講演やトークイベント、ワークショップなどが予定されています。
詳細はこちら http://www.kure-bi.jp/?cn=100526

3.ボンネットバスで巡る『この世界の片隅に』
「この世界の片隅に」を支援する呉・広島の会が主催する、作品の舞台である呉市内をボンネットバスで巡る体験イベントです。
日時:7月23日(土)13時発、15時発の2便(所要時間1時間程度)
定員:40名(各便20名) 
※申込締切:7月9日(土) 応募者多数の場合は抽選になります。
※参加には、呉市立美術館入館券(既に入館済みの場合は半券)の提示が必要です。
詳細は、「この世界の片隅に」を支援する呉・広島の会ウェブサイトをご覧ください。
http://shien.konosekai.info/bonnetbus.html

4.ポップラ劇場2016×文化庁メディア芸術祭広島展 『マイマイ新子と千年の魔法』 野外上映会
片渕須直監督による映画『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年公開/2010年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞)の野外上映会です。上映前に、片渕監督による
トークも行われます。また『この世界の片隅に』の予告篇の上映も予定されています。
日時:8月20日(土)17:30~21:00頃
場所:広島市中区基町 中央公園西側河岸緑地 (※原爆ドームから徒歩10分ほど)

※申込方法
はがきかメールに、「郵便番号・住所」「名前」「参加人数」「電話番号(悪天候による順延の場合の連絡先)」「E-mailアドレス」、よろしければ「映画『マイマイ新子と千年の魔
法』について思うこと」をお書き添え下さい。

【はがき】
〒730-0801 広島県中央区寺町 5-15
「マイマイ新子と千年の魔法 野外上映会」係
【メール】
件名:「マイマイ新子と千年の魔法 野外上映会参加希望」
E-mailアドレス:caq@zd6.so-net.ne.jp
申込締切:8月6日(土)必着
「ポップラ・ペアレンツ・クラブ」ウェブサイトでも、詳細が掲載される予定です。
http://poplaparentsclub.web.fc2.com/index.html

これらのイベントが、『この世界の片隅に』の舞台である広島・呉を訪れる良い機会になれれば幸いです。
なお、『この世界の片隅に』広島・呉ロケ地マップを、
平和記念公園レストハウス、くれ観光情報プラザ、大和ミュージアム、ヤマトギャラリー零(ZERO)等で、
無料配布しています。是非お持ち下さい。

2016年6月10日
『この世界の片隅に』製作委員会
公式サイト http://www.konosekai.jp/
twitter公式アカウント @konosekai_movie
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:22| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする