2019年04月30日

退位礼正殿の儀 行われる。

退位礼正殿の儀

宮殿「松の間」、202年ぶりの天皇の退位の儀式となる「退位礼正殿の儀」が行われました。
戦後の日本における時代の変化
1度目は、崩御による継承
2度目は、退位による継承
継承の形として、皇室のあり方を示すと共に
日本という国の歴史と歩み
立憲君主制の民主主義国としての皇室のあり方と
皇室の価値と素晴らしさについて
国民ひとりひとりが噛みしめるときでもあったと思います。

義務教育の中で、やはりしっかりと
日本の歴史として、日本人の常識として
皇室の歩みについて学ぶ時間を設けるべきだと言えるでしょう。

古事記、日本書紀、万葉集を義務教育の必須教材にすると共に
近代日本における天皇と皇后の成された国際的な評価の高い歩みについて
知ることは、日本人として国際人を名乗るのであれば
知っておくべきことだと思います。
そのことを知る機会を義務教育の中に提示することは
とても重要なことであるといえるでしょう。


------------

天皇陛下 最後のおことば 全文
2019年4月30日 17時10分

今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心か
ら感謝します。

明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

------------

退位礼正殿の儀 安倍首相のあいさつ全文
2019年4月30日 17時17分

「退位礼正殿の儀における内閣総理大臣の国民代表の辞」謹んで申し上げます。

天皇陛下におかれましては、皇室典範特例法の定めるところにより、本日をもちまして御退位されます。

平成の三十年、「内平らかに外成る」との思いの下、私たちは天皇陛下と共に歩みを進めてまいりました。この間、天皇陛下は、国の安寧と国民の幸せを願われ、一つ一つの御公
務を、心を込めてお務めになり、日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たしてこられました。

我が国は平和と繁栄を享受する一方で、相次ぐ大きな自然災害など、幾多の困難にも直面しました。

そのような時、天皇陛下は、皇后陛下と御一緒に、国民に寄り添い、被災者の身近で励まされ、国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました。

本日ここに御退位の日を迎え、これまでの年月を顧み、いかなる時も国民と苦楽をともにされた天皇陛下の御心に思いを致し、深い敬愛と感謝の念を今一度、新たにする次第であ
ります。

私たちは、これまでの天皇陛下の歩みを胸に刻みながら、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来を創り上げていくため、更に最善の努力を尽くしてまいりま
す。

天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願ってやみません。ここに、天皇皇后両陛下に心からの感謝を申し上げ、皇室の一層の御繁栄をお祈り申し上げま
す。

-------------

天皇陛下きょう退位 衆参両院議長、最高裁判所長官が謹話
2019年4月30日

大島衆議院議長
「平成のみ代を顧みる時、無量の感慨を覚える次第であります。多くの行事などで天皇皇后両陛下にお目にかかる機会をいただき、温かいお人柄と広く豊かな知識に深い感銘を受
けてまいりました」
「3年前の夏、天皇陛下から賜ったおことばを契機に、国民各層で皇室の在り方について議論が行われたことは、意義深いことでした。天皇皇后両陛下におかれましては、幾久し
く、次なるみ代をお見守りになりつつ、お健やかにお過ごしになることを衷心よりお祈り申し上げます」

伊達参議院議長
「この30年、『平成』のみ代において、陛下はわが国の平和と安寧のために、全身全霊でご公務に精励されてこられました。常に国民に寄り添い、皇后陛下とともに、『祈りの
旅』を続けてこられたお姿は、国民ひとしく敬慕の念に堪えないところであります」
「これまでの両陛下の歩みに思いを致し、新しい『令和』の時代が、平和で希望に満ちたものとなるよう努めてまいる所存です。両陛下には、これからもお健やかにお過ごしにな
りますようお祈り申し上げます」

最高裁判所大谷直人長官
「30年余りに及ぶご在位の間、常に国民の幸せを願い、国民に寄り添われながら、国や国民統合の象徴としてお務めを果たしてこられました。そのお姿に私どもは深い敬愛の念を
抱いてきたところです。天皇皇后両陛下のこれまでの歩みに思いを致しつつ、両陛下のますますのご健勝と皇室のご繁栄を衷心よりお祈り申し上げます」

-------------
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:41| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成最後の日

平成最後の日の朝は雨。
特に感慨があるわけでもない感じ。
普通の日々の流れの中の1日。
昭和から平成へと変わるときも、
変わらない日々の連続の中であった気がする
ただ、今回と違って、
天皇陛下の崩御にともなうものであったのが
急に変わったという感じを強くしていたように
思います。
当時は、仕事で、徹夜していました。
なので、仕事で忙しいなかで、
平成になっていたという感じでしたね。
また、大喪の礼の日は、現場で徹夜の仕事明け
出勤して会社で会議してました。
今回は、天皇陛下が202年ぶりに退位されての
改元となることもあって、
世間的にも、改元をじっくりと見つめながら
過ごしていく感じがあるような気がします。
でも、例年と変わらないGWの中で
平成から令和へとかわるような感じです。
昭和時代には、昭和が終わるというのが
不思議でしたが、
平成時代は、平成中に逝くのかなって
感じであったのに、そうはならなかったのか
っていう感じでしょうか。
ただ、時代の変わり目を、自分自身の人生を
見直す機会と出来たら良いなあっと
願っています。

昭和64年1月7日
平成元年1月8日〜
 消費税3% ふるさと創生1億円
 ベルリンの壁崩壊。米ソ冷戦時代終焉。
 BSアナログ放送開始。
 パソコン通信黎明期(アナログモデム)
平成2年
 天安門事件。
 湾岸戦争。ソ連崩壊。バブル崩壊。

平成5年 Jリーグ開幕。ドーハの悲劇。
 皇太子様御成婚。2G。

Windows95

平成7年「戦後50周年」村山談話
 阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件

ノストラダムス大予言、2000年問題
平成10年 長野五輪
平成11年 iモード
平成12年 BSデジタル放送
平成13年 アメリカ同時多発テロ事件。3G。
平成15年 郵政民営化
平成17年 新会社法、Google、YouTubeの登場
平成19年 リーマンショック・ドバイショック・GM破綻、ニコニコ動画。スマホ。
平成21年 民主党政権誕生
平成23年 米国債ショック、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)。4G 。
平成24年 自公政権誕生、東京スカイツリー開業。
平成31年 平成の終わり
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 09:53| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする