2019年07月16日

三宝節(アサラハブーチャ)の日に

三宝節(アサラハブーチャ)の日に

 今年、仏暦2562年(令和元年、西暦2019年)の
三宝節(アサラハブーチャ)は、7月16日です。
お釈迦様が、覚りを開き(タッサルー)、
5人の弟子に初めて説法をされた日です。
ゴータンヤ、ワッパ、パティマ、マハーナーマ、アッサジの
5人は、お釈迦様の説法をききアラハンとなられました。
サンガが成った日であり、
仏法僧の三宝が揃った日ということで、
三宝節として、お祝いされています。
タイでは、仏教の重要な行事が行われる日を
国の祭日としています。
三宝節(ワン・アサラハ・ブーチャ)も
祭日となっています。
官公庁や民間企業は全て休日です。
とても素晴らしいことだと思います。
この日にタンブンが出来ることは素敵です。
日本には、タンブンの出来る場所が少なくて、
簡単にはタンブンに行けません。
非常に残念でなりません。
タイでは、この日は禁酒となります。
五戒の教えのひとつをしっかりと守る日となっているわけです。
本当は、常に禁酒であることが望ましいのですが
それでも、仏教の重要な日を禁酒で迎えるということが
国レベルで定められているのは素晴らしいことです。
国の霊的守護とも深く関わるものとなっているでしょう。
(日本はその意味では霊的には高くないです)
明日は、カオパンサー(入安居)です。
出家僧の寺院内での修行の始まりの日です。
オーク・パンサー(出安居)の日を迎えるまで、
修行が続きます。
タイの方々の中には、禁酒などを行って、
自分の日々の生活を改めたりしている方もいらっしゃるようです。
五戒を守ってきちんと生活をし、
徳分を積む日々をおくるように努力することは
とても尊く素晴らしいことです。
パンサーの期間は、自分自身を見つめ直すよい機会であるとも
いえるでしょう。
ぜひ、多くの人が、この機会に、
禁酒、ベジタリアン生活をおくってみて欲しいと願います。
もちろん、この期間に限らず、毎日の生活の中で
五戒を守って過ごすことの方が、ずっと良いことは
間違いありません。
私も、五戒を守って日々をおくるよう努力を続けています。
少なくとも、禁酒、ベジタリアンという基本は
しっかりと守って生活しています。

五戒[パンチャ・シーラ]

不殺生戒(ふせっしょうかい)
  - 生き物を故意に殺してはならない。
  いかなる生き物も、故意に殺傷しない。
  殺傷に加担するような行為や他人に促すような行為はしない。
  ベジタリアン(殺肉を食べない)。禁釣り。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい)
  - 他人のものを盗んではいけない。
  与えられていない物を、故意に我が物としない。
  過分な欲をもたない。搾取する行為を促すような行為をしない。
  禁ギャンブル(禁:パチンコ,競馬競輪オート,宝くじ)
不邪婬戒(ふじゃいんかい)
  - 不道徳な性行為を行ってはならない。
  不適切な性関係を結ばない。不倫・売買春しない。
  過分な欲望をもたない。子孫繁栄のための婚姻と誠実な性関係を保つ。
  姦淫の禁止。不自然な愛欲(ホモ、レズ、バイ、マゾ、サド等)の禁止。
不妄語戒(ふもうごかい,)
  - 嘘をついてはいけない。
  偽りの言葉を語らない。人を騙さない。
  法を破らない。酷い言葉や相手を傷つける言葉を発しない。禁ヘイトスピーチ。
  ダルマを大事にする。
不飲酒戒(ふおんじゅかい)
  - 酒類を飲んではならない
  アルコール類を飲まない。禁酒。
  人を陶酔させるもの全般について慎む。禁煙。禁麻薬。

五戒は、解脱へ向かうための第一歩でしかありません。
入門の中の入門というレベルの戒めです。
そして、それは律ではなく、戒なのです。
つまり、動機が重要であり、本人の意思をもって行なうことが
大事なのです。
したがって、守らなくても、目に見える罰があるわけではありません。
ただし、目に見えない負の蓄積はあります。
カルマが増えていくことになるでしょうし、
徳分が少なくなっていくことになるでしょう。

解脱へ向かえないということは、地獄へ向かうということでもあります。
地獄に行くのがいやであるなら、
まずは、五戒を守ることからはじめることが大切です。
そして、徳分を積んでいくことが大事です。
五戒を守り、更に、精神を高めていくための手法は、
お釈迦様がダルマとして、残してくださっています。
その教えを知る方を師とすることが出来る縁があれば幸いです。
もちろん、サンガのあるところで出家修行するという選択もあります。
瞑想、マントラ、ダルマの学び、
その先に、この世の苦からの解放=解脱があるわけです。
ほとんどの人が、折角、修行の場であるこの世に
しかも、修行のできる人として生まれてきたのに
その貴重な恩恵を無駄にして、地獄に逝ってしまうことに
なってしまっています。
六道輪廻の輪から抜けるために、
まずは、五戒を守ることろからはじめてみませんか。

三宝節(アサラハブーチャ)という
善き日に、人生について、
この世界で生きるということの意味について、
考えてみる機会とするのが良いのではないでしょうか。
memo190716a.jpg
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:10| 静岡 ☀| Comment(0) | コラム:神の叡智から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする