2019年10月25日

無神論科学から有神論科学へ

無神論科学から有神論科学へ

 人類の歴史は、有神論科学から始まっている。
中世以後、産業革命の頃を契機として、
無神論科学が登場してくる。
合理性を中心として、この世の理のみに限定して
自然を捉えていく科学の登場である。
NOMA(Non-Overlapping Magisteria)などの考え方が登場し、
科学と宗教は“守備範囲”が違うのだから、
きっちり分けて相互不干渉でなければならないとう迷信が広がっていった。
その結果として、確かに人類は工業化によって
便利さを得たし、距離は短くなり、時間もまた短くなっていった。
しかし、その一方で、多くのものが失われ、
不幸もまた大きくなっていったといえる。

 現代科学は限界に達しつつある。
それは、科学が無神論科学となってしまったからだと
いえるだろう。
今、有神論科学が復興してきている。
科学の世界は、無神論科学の時代から、
無神論科学VS有神論科学の時代に入っているのである。
そして、その先は、有神論科学の時代へと
進んでいくことになるだろう。


宇宙解釈の鍵としての「共鳴(resonance)」
渡辺 久義
http://www.dcsociety.org/id/publication/111210.html

“Resonance" as a Key to Interpreting the Universe
Hisayoshi Watanabe, Japan
http://www.dcsociety.org/id/publication/111210e.html


上記の内容は、無神論科学と有神論科学について
記述されたものである。
ID(インテリジェント・デザイン)運動と呼ばれる科学的なアプローチが
徐々に広がってきている。
日本では、まだ余り知られていないが、欧米では、
静かに広り、支持する科学者が増えていっている。
自然界は、「意」をもって形成されているということ
すなわち、「目的」があって存在しているのだということを
基本として、科学的なアプローチを行なうものである。

インテリジェント・デザイン論については、
特に生物学の分野が先行している。
それは、ダーウィンの進化論という唯物生物学のアンチテーゼとして
進化してきたらかである。
偶然と確率で、生物が存在するという考えが、
現実の自然界では成り立たないことが如何に多様にあるのかが
明示されてきたことも大きいだろう。
唯物論的科学の信仰者たちは、なぜか現実に存在する事実から
目を背けて、自分たちに都合の良い事実だけを自然界から
ピックアップして、それが全てであるかのように論じている。
そこには、科学的という言葉も客観性という言葉もないのだが、
ひたすらに感情的に主張を続けている。

宇宙自然界に、物力でない「デザイン」の存在があることは
普通の科学的方法で検出できている。
その事実からは、
デザイナー(インテリジェンス)を想定せざるを得ないのは
自明である。
しかし、このシンプルで単純な考えに対して、
頑なに拒否する人々がいるのは、
その人たちの「意」が「素直」でないからだといえるだろう。

宇宙に関する考察についても
宇宙の「ファイン・チューニング」という事実が、
ダーウィン的「多重宇宙論」の誤りを正していくことになるだろう。

「意図」と「意思」が、関わって発生する自然現象として
「天の扉開き」と呼ばれる物質化現象が存在している。
この現象は、客観性、普遍性、再現性の全てにおいて、
科学的研究対象と成りえる条件を満たしている。
この現象については、二回にわたり、
日本物理学会にて、発表させて頂いた。
常温ビッグバンともいえる物質化現象の存在を、
現代科学は、どの様に捉え、どの様に考えるのかが、
問われている。
 ID理論を物理学にどう入れ込むのかが、
問われるべき時代に入っているのである。
これまでの唯物的な物理学は、ひとつの限定的な条件化における
自然現象を捉えてきたに過ぎないといえるだろう。
ニュートン力学で見えていた世界が、
相対性理論や量子論で見える世界へと広がったように
ID論により、新しく見えてくる世界が、
登場してくることになるだろう。
その世界は、有神論科学でなければ開くことは出来ない世界である。

その扉を開く一助となるような活動を続けていくことが
重要なのだと感じている。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:28| 静岡 ☀| Comment(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

論文発表の場:物理系

論文発表の場:物理系

 今年もノーベル賞の発表の期間が過ぎました。
新たにノーベル賞を受賞された皆さんの中には、
化学賞を受賞された日本人 吉野彰氏は、
日本人としては、自然科学系では、
大学関係ではない
民間からの2人目の受賞となりました。
物理学賞でも、民間からの受賞者が出れば良いなっと
思います。

さて、賞を受賞するのには、受賞に値する成果が
あってのことです。
技術的な成果は、目に見えることもあってわかりやすいですが、
理論的な成果は、目に見えないので、なかなか理解が
大変だともいえるでしょう。

理論系の成果の発表の場が、論文ということになります。
どんなに優れた理論や研究であっても、
知られることがなければ、認められることもありません。
発表するということは、認められるためにも
大切なことであると言えるでしょう。

とはいえ、発表にあたっては、トラブルもあります。
近年で、メディアで騒がれたものには、
本当は事実としてあるのに、否定されてしまったものが
いくつもあります。
常温核融合、STAP細胞などは、良い例でしょう。
事実が、一部の研究者の発表ミスで、埋没されてしまう
哀しい事例です。
それでも地球は廻っていると叫んだガリレオも
同じ様な立場であったのかもしれません。

さて、ノーベル賞を受賞するには、
成果が、国際的に知られていなければなりません。
ということは、英語の論文の発表は必須です。
発表の場となる論文誌も、いろいろあります。
どの論文誌に発表するのかも、知名度に影響するようですね。

ネイチャー
https://www.nature.com/
http://www.natureasia.com/ja-jp/
Communications Physics
http://www.natureasia.com/ja-jp/commsphys/
Nature Reviews Physics
https://www.nature.com/natrevphys/

サイエンス
https://www.sciencemag.org/journals
http://www.sciencemag.jp/

Progress of Theoretical Physics
https://academic.oup.com/ptp

American Physical Society
Physical Review
Physical Review D
Physical Review Letters
https://phys.org/journals/physical-review-letters/

American association of Physics Teachersの
American Journal of Physics
https://aapt.scitation.org/journal/ajp

Nuovo Cimento
https://link.springer.com/

Journal of the Physical Society of Japan
https://journals.jps.jp/journal/jpsj

World Scientific
https://www.worldscientific.com/
http://www.wspc.com/

CERN Document Server
http://cdsweb.cern.ch/?ln=en

ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/

ACTA PHYSICA POLONICA
http://info.ifpan.edu.pl/APP/

IOP Institute of Physics
http://www.iop.org/

京都大学 基礎物理研究所
https://www.yukawa.kyoto-u.ac.jp/

Physical Review Journals Archive
https://journals.aps.org/archive/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:20| 静岡 ☀| Comment(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本を創るのが楽になった時代

本を創るのが楽になった時代

 個人出版ビジネス書マーケット『ビズケット』に
先だって参加しました。
薄い本のビジネス書を出してみませんかといった趣旨の
催しです。
 近年、出版業界は不況だといわれます。
書店も厳しい状況だと言われているのが実態です。
しかし、その一方で、同人誌の世界は、拡大しています。
毎年、夏と冬に開催されているコミックマーケットは
その規模の大きさを維持しています。
そこでは、多くの同人誌が発売されています。
個人で、本を創るということが、簡単になってきている
ということも、拡大の背景にはあると言えるでしょう。
もちろん、誰でも参入できるということは、
底辺は拡大します。玉石混交という状態も生まれます。
しかし、底辺の拡大は、頂点をより高くするということでも
あったりします。

 誰もが、出版できる時代、
それは、誰もに、本を創ることができるということであり
良い時代になったとも言えるでしょう。
また、電子書籍という形とインターネットという媒体により
世界中に販売することも可能になっています。
スーパーメガヒットが生まれる環境が出来上がっているとも
言えるのではないでしょうか。

 最近、日本のアニメでは、原作に、ネットで発表された
小説が扱われることが多くなっています。
なろう小説と呼ばれるものです。
これも、多くの人が、小説を書いて発表できる場が出来たことで
多くの作品の中から、人気作品が登場してきたことが
背景にあるといえるでしょう。

 ビジネス書でも、ヒットする作品が出てきていたりします。
チャレンジは可能です。
もちろん、ヒットするかどうかは、わかりません。
でも、チャンスの場が広がったこと、底辺の拡大は、
素晴らしい作品の登場を後押しすることでしょう。


■∞BOOKS(無料)
https://mugenbooks.com/
※KDDIのベンチャー支援
※Webで入稿。写真や図版は不可。

■MyISBN(4980円)
https://myisbn.jp/
※∞BOOKSの会社のサービス。PDFで入稿。写真図版可能。
※Kindleとの連携可能。

■note(無料)
https://note.mu/guide
https://ja.wikipedia.org/wiki/Note_(配信サイト)
https://www.youtube.com/watch?v=gU5G2bo1-mo

■印刷製本

○1冊から印刷できるラクルス
https://raksul.com/

○冊子製本キング
https://www.i-booklet.com/

○オンデマンドP
https://www.nishioka.co.jp/ondemand/index.html

○キンコーズ
https://www.kinkos.co.jp/

■ネット投稿小説

○カクヨム
https://kakuyomu.jp/

○小説家になろう
https://syosetu.com
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 16:42| 静岡 ☀| Comment(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和 即位礼正殿の儀

即位礼正殿の儀

 日本という国の歴史は、
天皇家と切り離すことが出来ないものです。
天皇家は、日本という国において、
司祭的な役割も担ってきています。
宮中祭事は、日本の神々と国を結ぶものであり
国家安寧、護国豊穣のためには欠かせないものです。
三種の神器は、神々の世界からもたらされたものだとも
言えるでしょう。
神聖物であるのは間違いないと思われます。

 令和の時代になり、
即位礼正殿の儀が行われて、
神々にも時代の継承が伝えられて
これからの新天皇のご活躍をお祈り申し上げる次第です。

 祝日のメインイベントも無事に終わりました。
世界中からの来賓と、メディアの報道について、
皇室を抱く国であるということの価値について
国民は再認識すべきでしょう。

 天の扉が開き、明治維新以後、人々の元から
離れていっていた神々が、戻ってきつつあるなか、
日本人は、神々の存在を再認識し、
信仰心を取り戻していくことが大切であると言えるでしょう。
より多くの人々が、信仰心を取り戻すことで、
日本という国の霊的守護も強くなっていくのですから、
その守護のレベルは、災害の被害のレベルにも
大きく関わってくるものですからね。

 朝からの雨、
しかし、儀式の前には、空は晴れ、
虹がかかる。
 皇室祭事への神々の祝福。

=====

即位礼正殿の儀の天皇陛下のおことば
(令和元年10月22日)

さきに,日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。
ここに「即位礼正殿の儀」を行い,即位を内外に宣明いたします。

上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間,
常に国民の幸せと世界の平和を願われ,
いかなる時も国民と苦楽を共にされながら,
その御み心を御自身のお姿でお示しになってきたことに,
改めて深く思いを致し,
ここに,国民の幸せと世界の平和を常に願い,
国民に寄り添いながら,憲法にのっとり,
日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

国民の叡智えいちとたゆみない努力によって,
我が国が一層の発展を遂げ,国際社会の友好と平和,
人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

====

Addresses by His Majesty the Emperor (October 22, 2019)

Having previously succeeded to the Imperial Throne in accordance with the Constitution of Japan
and the Special Measures Law on the Imperial House Law.
I now perform the Ceremony of Enthronement at the Seiden State Hall
and proclaim my enthronement to those at home and abroad.

I deeply reflect anew that for more than 30 years on the Throne,
His Majesty the Emperor Emeritus constantly prayed for the happiness of the people and world peace,
always sharing in the joys and sorrows of the people,
and showing compassion through his own bearing.
I pledge hereby that I shall act according to the Constitution
and fulfill my responsibility as the symbol of the State and of the unity of the people of Japan,
while always wishing for the happiness of the people and the peace of the world,
turning my thoughts to the people and standing by them.

I sincerely hope that our country, through our people’s wisdom and unceasing efforts,
achieves further development and contributes to the friendship
and peace of the international community and the welfare and prosperity of humankind.

====

即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞

天皇陛下におかれましては、本日ここにめでたく「即位礼正殿の儀」を挙行され、
即位を内外に宣明されました。一同こぞって心からお慶(よろこ)び申し上げます。

 ただいま、天皇陛下から、上皇陛下の歩みに深く思いを致され、
国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、
日本国憲法にのっとり、象徴としての責務を果たされるとのお考えと、
我が国が一層発展し、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを願われるお気持ちを伺い、
深く感銘を受けるとともに、敬愛の念を今一度新たにいたしました。

 私たち国民一同は、天皇陛下を日本国及び日本国民統合の象徴と仰ぎ、
心を新たに、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、
人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を創り上げていくため、
最善の努力を尽くしてまいります。

 ここに、令和の代(よ)の平安と天皇陛下の弥栄(いやさか)をお祈り申し上げ、
お祝いの言葉といたします。

====

万歳三唱
礼砲弐拾壱発
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 15:40| 静岡 ☀| Comment(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出安居・オーパンサー

出安居・オーパンサー

今年、2019年のオーパンサーは、
10月13日でした。

この日は、一年の中で最も素晴らしい日とされ、
徳積みをするのに最も良い日となっています。
地獄がお休みになり、
死者に徳分が届きやすい日でもあります。
祖先に徳分を届けるのに最も良い日です。

オーパンサーは、雨安居が終わる日です。
雨季のカオパンサーの日から
オークパンサーの日までの約三ヶ月間、
雨安居は、お坊さんが寺に籠もり修行される期間と
されています。
この期間に短期出家する習慣がタイにはあります。
修行するには、とても良い期間ということです。
オーパンサーがこの日になった
お釈迦様の逸話があります。

10月の満月の日、
この日は、お釈迦様が生母マーヤ姫に恩返しをするために、
テワダーの世界に出向き、説法を行った日です。

マーヤ姫はお釈迦様を生んで5日後に亡くなられました。
マーヤ姫は、お釈迦様を生むことが
人生における最大の役目だったので、
その役目を果たしたので亡くなり、
その後テワダーの一番高い階層に行かれました。

お釈迦様は10月の満月の日に、
テワダーの世界に出向き、
そこにおられるマーヤ姫にダルマを説き、
その説法を聞いたマーヤ姫は
たちどころにアラハンとなり、ニッパンへ行かれました。
お釈迦様は母親に対して
最高の親孝行をされたのです。

お釈迦様がマーヤ姫に説法を行い、
テワダーの世界から地上に戻られる時、
インドラ神が3つの階段を作りました。

1.金の階段
2.銀の階段
3.クリスタル(ガラス)の階段

お釈迦様はこの中の一つの階段を使って
地上に降りてこられました。
その時に、3つの世界の扉が同時に開きました。

 天界の扉
 地獄の扉
 地上の世界の扉

地上では、お釈迦様の弟子達が、
お釈迦様が天国の階段を降りて地
上に降り立つところの様子を見ていました。
3つの世界の扉が開いたので、
弟子達は地上にいながら、
天界の様子、地獄の様子を
全て見ることができました。

この素晴らしい日をたたえて、
お坊さんのパンサーが終わる日が
10月の満月の日となったのです。

毎年10月の満月になると、それ以後、
3つの世界の扉が開くようになりました。
扉が開く場所は、
タイのメコン川の中です。

メコン川では、毎年10月の満月に、
川の上に火の玉が出現します。

ナーガの火の玉と呼ばれるものです。
Mysterious 'Dragon' FIREBALLS Rise From River EVERY Year: The Naga
Fireballs
https://youtu.be/Rm979kybGUY

3つの世界の扉が開くことで、
物凄いパワーが発生し、
四大要素のエネルギーが流れ出して来ます。
川の中で扉が開くことで、
火の要素のエネルギーが流れ出し、
そのエネルギーが集まって
水の中から火が上がってきます。
これが、火の玉の原因ですが、
現代科学では、このメカニズムは説明出来ていません。

メコン川のナーガの火の玉については
メディアも撮影しており、
多くの人が毎年、目撃している自然現象です。
その現象の原因を解明しようと
これまでも多くの科学者が取り組みを
行ってきていますが、謎のままとされています。
しかし、お釈迦様の叡智の中にすでに回答は
存在しています。
その回答に目を向けることが出来ないことが
現代科学の限界を示していると言えるでしょう。
科学のステップアップは、
まさに、その部分の壁を乗り越えることが
出来るのかどうかに掛かっているのだと感じます。
IMG_20191013_051608_571.jpg
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 14:50| 静岡 ☀| Comment(0) | コラム:神の叡智から学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする