2009年02月24日

第81回アカデミー賞

ハリウッドの祭典、アカデミー賞の授賞式が
開催されました。
今回は、男優、女優の4部門で、
プレゼンターが、過去の受賞者の中から
良く知る名前のみなさんが登場して、
それぞれにノミネート者に対して、メッセージがあり、
とても印象的で素敵な演出であったとおもいます。
物故関係者を偲ぶ映像では、市川 崑監督も紹介されていましたね。

さて、今回は、なんといっても、邦画が、2部門を受賞したことが
驚きというところでしょう。
おふたりの監督も、挨拶するとは思っていなかったのか、
感動を伝えるのが精一杯という感じの挨拶でしたが、
それは、それで、良かったと思います。
「おくりびと」
「つみきのいえ」
作品としての賞で、日本に関連した受賞がないのは
作品賞と長編ドキュメンタリーということになってきたのかも、
いつか、受賞できる日がきたら凄いですね。

今回のアカデミー賞は、みのさん司会でおなじみの
番組クイズミリオネアのインド版の番組を扱った作品
「スラムドッグ$ミリオネア」
が、席巻したような感じになりましたが、
さて、日本人がこの作品を観たときに、どう評価するのか
日本の公開が注目されるところでしょうか。


<作品賞>
☆「スラムドッグ$ミリオネア」
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「フロスト×ニクソン」
「ミルク」
「愛を読むひと」
<監督賞>
☆ダニー・ボイル監督 「スラムドッグ$ミリオネア」
デヴィッド・フィンチャー監督 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
ロン・ハワード監督 「フロスト×ニクソン」
ガス・ヴァン・サント監督 「ミルク」
スティーヴン・ダルドリー監督 「愛を読むひと」
<主演男優賞>
☆ショーン・ペン 「ミルク」
リチャード・ジェンキンス 「ザ・ヴィジター」(原題)
フランク・ランジェラ 「フロスト×ニクソン」
ブラッド・ピット 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
ミッキー・ローク 「レスラー」
<主演女優賞>
☆ケイト・ウィンスレット 「愛を読むひと」
アン・ハサウェイ 「レイチェルの結婚」
アンジェリーナ・ジョリー 「チェンジリング」
メリッサ・レオ 「フローズン・リヴァー」(原題)
メリル・ストリープ 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」
<助演男優賞>
☆ヒース・レジャー 「ダークナイト」
ジョシュ・ブローリン 「ミルク」
ロバート・ダウニー・ジュニア 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」
フィリップ・シーモア・ホフマン 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」
マイケル・シャノン 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」
<助演女優賞>
☆ペネロペ・クルス 「それでも恋するバルセロナ」
エイミー・アダムス 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」
ヴィオラ・デイヴィス 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」
タラジ・P・ヘンソン 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
マリサ・トメイ 「レスラー」
<外国語映画賞>
☆「おくりびと」 日本
「リヴァンシュ」(原題) オーストリア
「ザ・クラス」(原題) フランス
「バーダー・マインホフ 理想の果てに」 ドイツ
「戦場でワルツを」 イスラエル
<長編アニメ映画賞>
☆「ウォーリー」
「ボルト」
「カンフー・パンダ」
<長編ドキュメンタリー賞>
「ザ・ビトレイアル」(原題)
「世界の果ての出会い」
「ザ・ガーデン」(原題)
☆「マン・オン・ワイヤー」(原題)
「トラブル・ザ・ウォーター」(原題)
<短編ドキュメンタリー賞>
「ザ・コンシャンス・オブ・ニェム・エン」(原題)
「ザ・ファイナル・インチ」(原題)
☆「スマイル・ピンキ」(原題)
「ザ・ウィットネス」(原題)
<脚本賞>
☆「ミルク」
「フローズン・リヴァー」(原題)
「ハッピー・ゴー・ラッキー」(原題)
「イン・ブルージュ」(原題)
「ウォーリー」
<脚色賞>
☆「スラムドッグ$ミリオネア」
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ダウト〜あるカトリック学校で〜」
「フロスト×ニクソン」
「愛を読むひと」
<撮影賞>
☆「スラムドッグ$ミリオネア」
「チェンジリング」
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ダークナイト」
「愛を読むひと」
<編集賞>
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ダークナイト」
「フロスト×ニクソン」
「ミルク」
☆「スラムドッグ$ミリオネア」
<美術賞>
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「チェンジリング」
「ダークナイト」
「ある公爵夫人の生涯」
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」
<衣装デザイン賞>
☆「ある公爵夫人の生涯」
「オーストラリア」
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ミルク」
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」
<作曲賞>
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ディファイアンス」
「ミルク」
☆「スラムドッグ$ミリオネア」
「ウォーリー」
<歌曲賞>
“Down to Earth” (「ウォーリー」)
☆“Jai Ho” (「スラムドッグ$ミリオネア」)
“O Saya” (「スラムドッグ$ミリオネア」)
<録音賞>
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ダークナイト」
☆「スラムドッグ$ミリオネア」
「ウォーリー」
「ウォンテッド」
<音響編集賞>
☆「ダークナイト」
「アイアンマン」
「スラムドッグ$ミリオネア」
「ウォーリー」
「ウォンテッド」
<メイクアップ賞>
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ダークナイト」
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」
<視覚効果賞>
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
「ダークナイト」
「アイアンマン」
<短編実写映画賞>
☆「トイランド」(原題)
「オン・ザ・ライン」
「マノン・オン・ジ・アスファルト」(原題)
「新入生」
「ザ・ピッグ」(原題)
<短編アニメ映画賞>
☆「つみきのいえ」
「ラヴァトリー・ラヴストーリー」
「オクタポディ」
「マジシャン・プレスト」
「ディス・ウェイ・アップ」(原題)
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:26| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・文明・学術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック