2009年10月22日

歴史を巡る

 798年に、長岡京から、平安京に都が移された火にちなんで、
京都では、時代祭が平安神宮の祭礼として行われます。
平安神宮の創建された1895年に遷都1100年を記念して
始められた祭りだそうです。
時代をさかのぼり、各時代の装束に扮した人による
行列が、神宮から御所へ、そして神宮に戻るということだそうです。
 日本の歴史を振り返るのには、
よい機会といえるのかもしれませんね。
そういえば、先日、マンガによる日本史の雑誌が、
刊行されてました。
マンガは、人気の作家さんたちが、ピックアップされた時代の
主要人物の物語として描いていく形式のようです。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 03:16| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック