2009年10月28日

TCM2009「地域コンテンツのビジネスモデル」

TCM2009
http://tcm2009.jp/index.html
東京コンテンツマーケット2009

今年は、東京ビックサイトで開催されました。
ライセンシング・アジア2009との同時開催でした。
私も参加させて頂いている
中小企業診断協会 東京支部 コンテンツビジネス研究会
でも、経営相談コーナーを開いて、
コンテンツビジネスの経営者の皆さんや、
これから起業しようという皆さんの相談に応じていました。

さて、イベントでは、各種セミナーも開催されていましたが、
そのなかのひとつを聴講させて頂きました。

「地域コンテンツのビジネスモデル」
モデレーター:
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング芸術・文化政策センター長
  太下 義之氏
パネリスト:
 株式会社ジュピターテレコム 放送・制作部長
  若林 宗男氏
 株式会社テレビマンユニオン 常務取締役
  土橋 正道氏
 特定非営利活動法人ジャパン・フィルムコミッション 事務局長
  井上 俊彦氏

という講演です。
地域の活性化、地域経済とコンテンツ産業の関係について、
コンサル、放送、制作、サポートするといった、
それぞれの立場からのアプローチ、実際に行っている活動などの
紹介のなかから、今後の可能性について
語られた内容というものでした。

メディアの動きは、小さい単位へと拡散の方向へ向かっている
地域映像専門委員会の設置
フィルムコミッションも、ロケーションを単に誘致するだけでなく
現地の人が作品の制作に係わる機会をつくり
OJT技術習得の場として、ビジネスマッチングの機会として
内制化の促進による地域からのコンテンツ制作を進める
ベースとして、人的ネットワークの構築を行いつつ
地域のコンテンツビジネスを掘り起こしていくような活動を
進めていきたいということでした。
独自のIP-TVによる地元のコンテンツの発表といったことや
他の都市との提携による交流と産業の活性化なども
考えていくべきということでした。
制作の段階から多くの人を巻き込み、
地域との結びつきを強くしていくことで、
コンテンツを通じて、外へとアピールしていく、
また、「企業の履歴書」といった企業紹介の番組は、
その企業のPRとして利用でき、地元の企業の認知度を
高めることにも繋がっていく。
これからの時代は、グローバルではなく、「どローカル」。
製作サイドもスタジオでものを考えていてはダメということ。
ローカルアイドルや各地のミス○○なども、
その地域に留まらない広がりをもっていく可能性がありえる
そんな時代に向かっていける環境が、
整っていくことが、地域とコンテンツ産業の関わりを深めると
ともに、ビジネスの可能性を広げていくことになるといった
感じのお話でした。

地域の自主放送の展開の話は、
以前に、伺ったことがあり、(岸本晃氏)
フィルムコミッションについては、日本での草分けというべき
方(前澤哲爾氏)のお話を伺ったこともあって、
特に目新しいという内容ではありませんでしたが、
それぞれの試みやアプローチについては、面白くお聞きできました。
出来れば、それぞれのコラボレーションや、地デジ以降の
コンテンツビジネスの展開の可能性などについても
相互に意見を交えた形で、伺えたら良かったなともおもいました。

今や、誰でも、動画コンテンツ、音楽コンテンツを、
制作することが出来る時代になっています。
そして、制作するだけでなく、ネットを使って多くの人に
公開することも可能になっています。
コンテンツの敷居は、技術的な進歩による、低くなった部分も
大きくあるということです。
その多様性のなかで、いかに目立つのかは、
また難しいところではあったりします。
コンテンツも、マスをターゲットにするだけでなく、
特定のセグメントやユーザをターゲットとしたものとして
制作し発信していくことも考えていくべきであり、
直接コンテンツにより利益を得るだけでなく、
間接的に、利益を得ていく、産業を活性化していく
そんあツールとしての利用も広がっていくということでしょう。


☆岸本晃氏 関連
・株式会社プリズム
http://www.prism-web.jp
・月刊 地域づくり
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/book/monthly/0606/html/t11.html
・Toho Media Cafe
http://toho-sns.jp/

☆前澤哲爾氏 関連
・山梨県立大学
http://yamanashi-ken.ac.jp/modules/tinyd19/index.php?id=72
・一新塾
http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/kogiroku/kk_030618.html
・(社)日本映画テレビプロデューサー協会
http://www.producer.or.jp/kaiho/kaiho-2002/kaiho-0204/kaiho0204-02.htm
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 01:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック