2009年10月28日

JAM2009「マイマイ新子と千年の魔法」試写会

 コ・フェスタの一環で、秋葉原にて開催されたイベントが
JAM2009です。これは、アニメーションとのコラボレーションで
新たなビジネスや地域の活性化などを行っていこうという
アプローチの紹介などが、中心となったイベントで、
二次利用の可能性を広げていくことで、
もともとのアニメも、また見てもらえるという好循環を
創り上げていけらたといった意味をもっていたりします。
そんな、イベントのなかで、いわゆる地域のロケーションを
アニメの舞台にした作品のひとつとして、

「マイマイ新子と千年の魔法」
http://www.mai-mai.jp/index.html

の試写会と片渕須直監督トークショーが
行われました。
参加してきましたが、作品もとても素敵で、
監督の話も、作品をより深く感じる事の出来る内容で
楽しかったです。

作品の舞台は、山口県防府市、
主人公の青木新子ちゃんは、山口ふるさと特別大使に
選ばれているそうです。
新子ちゃんの家は、実際にある家をロケハンしてそうで、
風景は、昭和30年代の資料をもとに再現していると
いうことです。
さらに、千年前の国府のあったころの地図なども
つかって、千年前の風景と、昭和30年代の風景を
シンクロさせているということです。

スイスロカルノ国際映画祭、
カナダ・オタワ国際映画祭で、上映されており、
日本では、防府市でも上映されているそうです。
劇場公開は、11月21日からとなってます。

この作品は、マッドハウスの丸田社長が、故郷の山口を
舞台にしたアニメはつくれないかという想いがあったそうで
そんなとき、高樹のぶ子著の「マイマイ新子」という小説を知り
すぐに読んで、子ども時代を思い出したそうで、
アニメ化したいということになったそうです。
2006年12月に制作がスタートしたということです。
監督を引き受けた片渕須直さん、
どんな話にするかと考えて、原作を読み取材していくなかで、
舞台が、周防の国府があり、そこに歴史的にも知られた
人物がいたことを知ることになって、
千年の魔法という、昭和30年代の日本と、
千年前の日本が、シンクロして、それぞれの時を生きる
少女たちの生活が、不思議に交わっていく、物語になっていった
ということです。
新子と、転校生の貴伊子のふれ合い、育まれていく友情、
赤い金魚「ひづる」との関わりのなかで、
揺れ動く心、想い、・・・
千年前の国府で、友達が欲しいお姫様、諾子(なぎこ)と
自分が重なっていく、千年の魔法。

コトリンゴの歌う主題歌「こどものせかい」も
作品にとてもマッチしていて、心にしみこんできます。

日本の子どもたちを描いた数々の名作
となりのトトロ、火垂るの墓、河童のクゥと夏休み、などなど
から、感じられるのと似た空気を感じることの出来る
作品であると感じました。

さて、この作品には、実在の人物として、
清原元輔、清少納言が登場していて、
エンディングに、なぎこの方がクレジットされているそうです。
(私は見過ごしました・・・)
千年前の風景や、なぎこの行動などは、枕草子などを参考に
描かれているということです。

さて、この作品で、片渕須直監督が体験した
不思議な縁を語ってくれました。
この夏に、急逝されたアニメーター金田伊功氏は、
監督も尊敬する先輩であるということでしたが、
なんと、ロケを行った新子の家に住んでいた方が、
金田氏の小学校時代の同級生であったということです。
しかも、新子の通っていた学校の3年3組の同級生だったと
いうことが、後でわかったということでした。
送る会に参加できなくて残念であったとおっしゃっていたそうです。

いろんな意味で、監督にとっては、忘れられない作品と
なったということでした。

製作委員会は、松竹、エーベックス、マッドハウス、山口放送で
構成されているということで、マッドハウスが、制作スタジオとして
劇場アニメとして自信をもって送り出した作品であると
いうことでしょう。

昭和30年代の日本と、
千年前の日本、
21世紀の日本の社会が、失ってしまった大切なものが
そこにはあるようにおもいます。
そして、私たちは、その大切なものを取り戻すべく
社会を変革していくことが必要とされているのではないでしょうか。
そんな、想いも浮かんでくる、作品であったと感じました。

ぜひ、親子で、カップルで、ひとりで、
劇場に足を運んで、マイマイ新子と、千年の魔法に
浸ってみて欲しいとおもいます。


posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:36| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も試写を観ました。
劇中の音楽が素晴らしい、と思いました。
昭和が古臭く見えなかったのは、音楽のチカラだと思います。
サントラCD買おうかな。
Posted by maki at 2009年10月29日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック