2009年10月30日

違法動画の影響は?

 最近のニュースで、インターネットの違法公開アニメに
関する調査に関する結果が報道されていました。
日本動画協会などが、2月から1ヶ月にわたり調査した結果
日本アニメの動画は、
1か月約3万8000件
動画ロード回数約7000万回
という結果であり、
その数の多さが、あらためて確認されたことは、
アニメ産業への影響の大きさを示すものでも
あるといえるでしょう。
違法の通知を行い削除を要求しても、別のサイトにアップ
されるということで、なかなか減らない。
また、国内については、違法動画の警察通報も行って
取り締まり強化をお願いしているようですが、
海外は、そうも行かなかったりするだけに対策が
苦慮されるところです。

アニメを愛するユーザには、ネットの動画は
エルマークのあるサイトで利用するようにして欲しいところです。
「エルマークの映画・アニメなどの映像コンテンツヘの利用範囲拡大」
社団法人日本動画協会、社団法人日本レコード協会、
社団法人日本映画製作者連盟、社団法人日本映像ソフト協会が、
ネットでのコンテンツ利用の基準として推進している活動です。

さて、日本のアニメ業界の最大の業界団体が、日本動画協会です。
日本動画は、中間法人から、法律の改正から、一般社団法人に
なり、参加企業も増えているようです。
業界の問題に関連しての活動も、行っているようですが、
経営視点の活動中心になっているのは、仕方のないところでしょう。
労務環境、労働者視点での活動の出来るものが、やはり必要なのだと
いうような気がします。そこは、JAniCAに期待といったところでしょうか。

日本動画協会のニースで、注目されるものとして、

1月23日に公正取引委員会が発表した
「アニメーション産業に関する実態調査報告書」
に関する対応についてのニュース
「公正取引委員会からの下請法実施状況調査についての指摘への対応」

声優の期限外利用料を定めた昭和56年締結の協定書の期限切れによる
延長なしという事態に対しての業界団体としての指針の提示
「音響委託契約の抱える問題について」

といったところがありますが、
労働者サイド、弱者の権利保護に関わる内容に対して
業界団体としては、企業の利益中心の回答を出しています。
仕方のないところですが、クリエイターの皆さんが、
最低限の生活が保障され、より良い作品を創る意欲を
失わないように、また、次世代の人財が育ってくるように
という視点での活動が、まだまだ不足している気もします。

今後の動向にも、注目されるところです。

一般社団法人 日本動画協会 (2009/6)
理事長  布川郁司 (株式会社ぴえろ 代表取締役社長)
副理事長 吉井孝幸 (株式会社サンライズ 代表取締役会長)
副理事長 大山秀徳 (東映アニメーション株式会社 常務取締役)
専務理事 山口康男 (一般社団法人日本動画協会 事務局長)
常務理事 吉田力雄 (株式会社トムス・エンタテインメント 理事 マーケティング部長)
常務理事 永井秀之 (株式会社日本アドシステムズ 代表取締役社長)
名誉理事 松谷孝征 (株式会社手塚プロダクション 代表取締役社長)
理事  毛内節夫 (株式会社エイケン 代表取締役社長)
理事  若菜章夫 (株式会社ぎゃろっぷ 代表取締役社長)
理事  八木正男 (株式会社小学館集英社プロダクション 代表取締役社長)
理事  別紙博行 (シンエイ動画株式会社 専務取締役)
理事  西岡純一 (株式会社スタジオジブリ 広報部部長)
理事  長谷川洋 (株式会社スタジオディーン 代表取締役社長)
理事  成嶋弘毅 (株式会社竜の子プロダクション 代表取締役社長)
理事  石川光久 (株式会社プロダクション・アイジー 代表取締役社長)
理事  南 雅彦 (株式会社ボンズ 代表取締役社長)
監事  上埜芳被 (バンダイビジュアル株式会社 執行役員)
正会員社(35社)
株式会社アニプレックス
株式会社エイケン
株式会社オー・エル・エム
株式会社ガイナックス
株式会社ぎゃろっぷ
株式会社グループ・タック
株式会社ゴンゾ
株式会社サテライト
株式会社サンライズ
株式会社小学館集英社プロダクション
株式会社白組
シンエイ動画株式会社
株式会社ジェー・シー・スタッフ
株式会社ジェンコ
株式会社スタジオコメット
株式会社スタジオジブリ
株式会社スタジオディーン
株式会社スタジオ雲雀
株式会社竜の子プロダクション
株式会社ダックスインターナショナル
株式会社ティー・オーエンタテインメント
株式会社TYOアニメーションズ
株式会社手塚プロダクション
東映アニメーション株式会社
東映ビデオ株式会社
東宝株式会社 映像本部 映像事業部
株式会社トムス・エンタテインメント
日本アニメーション株式会社
株式会社日本アドシステムズ
バンダイビジュアル株式会社
株式会社ぴえろ
株式会社プロダクション・アイジー
株式会社プロダクションリード
株式会社ボンズ
株式会社マッドハウス
準会員社(25社)
株式会社アンサー・スタジオ
株式会社石森プロ
株式会社IMAGICA TV
Xarts株式会社
株式会社M&E Associates
株式会社オフィスエラン
株式会社ガンジス
株式会社キュー・テック
クランチロール株式会社
株式会社コミックス・ウェーブ・フィルム
コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
株式会社シンク
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社
株式会社STUDIO4℃
株式会社セルシス
ソニーPCL株式会社
株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
株式会社デジタル・メディア・ラボ
株式会社バンダイチャンネル
株式会社ヒューマンメディア
株式会社ぴえろプラス
株式会社ファンワークス
株式会社フロントメディア
マインドベース株式会社
株式会社ワオワールド
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 04:28| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック