2009年12月20日

トヨタカップ〜110年目の悲願達成

今年と来年は、UAE開催となったトヨタカップ

FIFA Club World Cup UAE 2009 presented by TOYOTA
TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ UAE 2009

決勝戦は、これまで通りに、欧州チャンピオンと南米チャンピオンの
対戦となりました。

このタイトルだけ、獲得していない
欧州チャンピオンのFCバルセロナ。
南米チャンピオンのエストゥディアンテスの術中にはまり
苦戦します。前半は、1点リードされてしまうという
試合展開、後半も、なかなかゴールできず、
このまま、試合終了かとおもわれた後半の終了間際に
みごと、同点ゴールが生まれます。
そして、延長戦へ、
延長も、厳しい攻防が続きます。
そのなかで、2009年度のバロンドールのメッシが、
胸で押し込み、ゴール。
その得点を守りきり、FCバルセロナは、
初の、世界クラブチャンピオンの栄冠を手にしたのでした。

さて、3位決定戦は、アジア王者と北中米カリブ王者の
対戦となりました。
試合は、アジア王者の浦項が先制して折り返すも
アトランテが、同点に追いつき、PK戦へ。
PK戦を制したのは、アジア王者の浦項でした。
アジア王者が、連続3位の座を確保したのでした。
このアジア王者の浦項に、
日本人プレイヤーがいました。
3位決定戦では、キャプテンマークをつけ
DFとしてチームを牽引した元Jリーガーの岡山一成選手です。
岡山選手の夢はあきらめなければ実現するという
姿は、本大会の大きな出来事のひとつであったとおもいます。

てんつくラブレター〜奇跡がまた起こったの巻〜
http://bn.merumo.ne.jp/backno/bodyView.do?issueId=2009122010480400518931000

来年も、大会は、UAEでの開催です。
アジア王者として、Jリーグのクラブが、再び出場して
奇跡の決勝進出を見せて欲しいという気がします。

最終順位
優勝 ヨーロッパ王者(UEFA) バルセロナ(スペイン)
2位 南米王者(CONMEBOL) エストゥディアンテス(アルゼンチン)
3位 アジア王者(AFC) 浦項(韓国)
4位 北中米カリブ王者(CONCACAF) アトランテ(メキシコ)
5位 オセアニア王者(OFC) オークランドシティ(ニュージーランド)
6位 アフリカ王者(CAF) マゼンベ(コンゴ民主共和国)
7位 開催国王者(UFL) アルアハリ(UAE)

フェアプレー賞:アトランテ。
ブロンズボール:シャビ
シルバーボール:ベロン
ゴールデンボール:メッシ
TOYOTAアワード:メッシ
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック