2009年12月22日

冬至

 もっとも日が短い日です。
二十四節気のひとつですが、やはり二十四節気と節句は
日本では休日にして、日本の季節と文化を家族や地域で
考えたり、学んだり、楽しんだりする日にすべきであるなと
おもいます。新政権にはぜひ検討して欲しいという気がします。
 さて、冬至には、ゆず湯に入り、
かぼちゃを食べるといった慣習があったりするようです。
風邪をひかない元気な日々をおくるためと
いった慣習ですが、良いものだなとおもいます。
おそらく、地域地域で、特徴のある慣習があったりするのだと
おもいます。
 地産地消、地域文化を学び大切にしていくこと
大人の責任であり、市民の責任であり、自治体の使命であると
おもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 10:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック