2010年01月19日

「ヒバクってなに?―いのちを未来につなげよう」

今、この時代に、生きる若者たちに、
何が出来るのか、社会問題をテーマに、
考えてみるといった催しが、開催されているようです。

1月23日に杉並区、2月13日に国分寺で、

核に関する映画
「ヒバクシャ―世界の終わりに」
を題材に、核について考えるといった催しが
開催されるとのことです。
日本は、世界で唯一の核兵器による被害を受けた
被爆国です。
核兵器の愚かさ、非道さ、無意味さを、
世界に発信していくのが、被爆被害者の皆さんの無念を
はらすためにも、その命を無駄にしないためにも
必要であるといえるでしょう。
戦後、60年以上を経過し、薄れつつある記憶を
薄れさせないためにも、若者たちが、学び、
考えていく必要があるテーマだといえるでしょう。
以下に、紹介の告知分を転記いたします。
興味、関心のあるかたは、ぜひ参加してみては
いかがでしょうか。

*** **** ***

▼1月23日(土)@東京都杉並区
「ヒバクシャ−世界の終わりに」上映会+鎌仲監督トーク!

若者から発信します! 
2010年1月23日(土)
Connected 僕らは何ができるだろう 第2回
「ヒバクってなに? ―いのちを未来につなげよう」
@座・高円寺2
★Connected シリーズ ってなに?
http://connectedcafe.org/

『核』という大きなテーマに対して、私は何ができるだろう?
そう考えた時に、今すぐにできることは
「知ること」、「つながること」ではないでしょうか。
知り続けていけば、自分にできることが見つかるはず。
つながりが広がれば、できることは無限に広がっていきます。
そして、必ず未来への可能性が見えてくると思います。

Connected シリーズは、『Connected 僕らは何ができるだろう?』と
『Connected Cafe』の2つで構成されるイベントです。
核の問題について、未来について、大切なのはまず「知る」ことだと考え、
私たちはゲストと若者たちのトークセッション
『Connected 僕らは何ができるだろう?』を開催します。
そして次には、知って関心を持った人たちが
「つながる」機会をつくりたいと考え、
お茶会のような『Connected Cafe』をひらきます。全5回シリーズ。
各回のテーマごとに『Connected 僕らは何ができるだろう?』と
『Connected Cafe』を開催していきます。

今回の第2回シリーズではヒバクがテーマ。
ヒバク体験者の方々と映画監督の鎌仲ひとみさんをゲストとしてお迎えし、
事務局メンバーの若者たちとのトークセッションを開催。
重たいテーマではありますが、これからの社会を担う一員としてヒバクについて、
より深く知り、向き合い、思いをつないでいきたい。いのちを未来につなげる時間。
当日会場でみなさんとお会いするのを楽しみにしています。

---------------------------------------
★スペシャルゲスト
鎌仲ひとみ(映画監督「六ヶ所村ラプソディー」、「ヒバクシャ―世界の終わりに」)

山田玲子(広島被爆者・豊友会会長)
大石又七(元第五福竜丸船員 ビキニ環礁沖で被ばく)

★アーティスト
秋山桃花(作曲家・即興ピアニスト)
岡崎ちか子(女優・朗読家)
朝音幸(シンガーソングライター)

★若者たち
杉山五大(大学生・「ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐ会」)
藤井佳子(「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト)
前川史郎(「核兵器をなくそう・世界青年のつどい」準備委員会)
水野さとこ(大地とつながる母の会)
野垣暁子(杉並青年9条の会)
鈴木秀和(A SEED JAPAN)
魚住葉子(DAYS JAPAN)
・・・他

 ** ** **

【スケジュール・内容】
<第1部>
「ヒバクシャ―世界の終わりに」上映
10:30受付開始 11:00上映 13:30 第1部終了
ヒバクの「今」について知る、必見の映画です。
上映後に鎌仲監督トークとQ&Aがあります。

<第2部>
トークセッション
14:00受付開始 14:30開演 18:00 第2部終了
※途中、休憩が2回あります。

出演者の若者たちがヒバクについて、過去の出来事や
今起っている事について語り合い、ゲストを交えさらに話しを深めていきます。
アートとして、会場一体型の即興ライブも。朗読と音楽のコラボレーションです。

<第3部>
Connected Time
18:15開始 19:30終了
※希望の方のみ、参加自由。
会場での交流会です。みんなでConnectedしましょう!

【会場】 座・高円寺2
JR総武線「高円寺」駅 北口徒歩5分
http://za-koenji.jp/

【参加費】
第1部 800円
第2部 一般前売¥1,000・当日1,500/学生前売・当日ともに¥1,000/高校生以下無料
★Connectedサポーター¥2,000(第1回ConnectedのDVD+Connected Cafeクッキー付)

※第1・2部のみの参加も可。
第3部 第1・2部参加の方は、どなたも無料で参加できます。
※第1?3部ともに未就学児入場可(託児あり、要予約。事務局に確認を下さい。)

会場では写真展示や関連書籍・グッズ、おいしいお茶やスィーツ・パンなどの販売もあります。
(提供:ふろむあ?すカフェオハナ、アチパン)マイカップ・マイバッグをもってきてね。

【定員】250名

☆申込みはこちらから☆
http://connectedcafe.org/ticket よりチケットの予約が出来ます。
mail:info◆connectedcafe.org(◆部分は@が入ります)
tel:090-1736-3869(担当:市川 受付10:00?18:00)

【主催】Connected Cafe事務局
【後援】杉並区
【協力】ヒロシマ・ナガサキを受け継ぐ会、「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会、
「ミツバチの羽音と地球の回転」制作プロジェクト、SAY-Peace PROJECT、
ナマケモノ倶楽部、非電化工房、「核兵器なくそう・世界青年のつどい」準備委員会、
ピースボート、DAYS JAPAN、カフェスロー、脱原発全国会、自然育児友の会、
大地とつながる母の会、A SEED JAPAN、杉並青年9条の会、ふろむ・あーす、アチパン

** ** **

詳細は、ウェブサイトよりご案内しています。
http://connectedcafe.org/

★映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」...2003年6月公開(116分)
国境のない核汚染?確実に世界を覆い尽くそうとしている国境のない核汚染。
使われる側にも使う側にも等しく被害をもたらす核。
普通に生活している人々が知らぬ間に被爆し、ゆるやかに殺されていくという現実。
この作品は見る事も、感じる事もできない核汚染の環境のもとで生きる、
イラク、アメリカ、そして日本の人々の日常の姿を記録し、
彼等、ヒバクシャの声を伝えるために作られた。
●オフィシャルサイト:http://www.g-gendai.co.jp/hibakusha/index.html
●上映スケジュール:http://888earth.net/trailer.html

★2月13日(土)にはConnected Cafe vol.2- 
「ヒバクってなに? いのちを未来につなげよう」
@カフェスロー(国分寺)
http://connectedcafe.org/event_cc20100213.html
★同時開催!
DAYS JAPANフォトジャーナリストスクール生による
「祝島写真展(仮)」
2月10日(水) 2月15日(月)@カフェスロー ギャラリー
カフェスロー:http://www.cafeslow.com/
DAYS JAPAN:http://www.daysjapan.net/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 02:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック