2010年01月26日

文化財防火デー

 日本の各地には、貴重な文化財があります。
冬の乾燥するなかで、怖いのが火災です。
日本の文化財は、木造であることが多いので
火災があると焼失してしまいます。
 1949年1月26日、法隆寺の金堂が、出火により
焼失してしまいました。
それから、各地の文化財を火から守るための
対応がなされていくようになったといいます。
 貴重な文化財を、しっかりと守っていこう
その確認の意味からも、文化財防火デー。
火の用心と共に、文化財の大切さを
考えてみるのも良いのではないでしょうか。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 20:21| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック