2010年01月31日

いまの自分を好きになる

 いきいき!フォーラムに参加してきました。
さわとんが、起業して、創業して、これまで、
一ヶ月に1回のペースで、開催してきている
いきいき!フォーラムは、さわとんが、ぜひ皆さんに
紹介したいと感じた人とのコラボレーションによる
講演、セミナー、ワークショップです。

今回は、かめおかゆみこさんをお迎えしての
ワークショップでした。

「いまの自分を好きになる
 いまより、自分を好きになる
 〜「かめわざ」ワークにようこそ!」

演劇を通じて、かめおかゆみこさんが、
感じてこられてきたことを、参加したみなさんで
ワークショップを通じて体感する
その時間は、とても素敵なものでした。
自分を認めてあげること。
ひとりでは、何かできなかったり、
普段では、どうもできなかったり、
そんなことが、
ワークショップという、ちょっと特別な時間と
空間のなかであったら、出来たりする。
ほんの少しの非日常の体感が、
日常のなかでの気付きになり得るし、
きっかけになりえるものであったりする。
そんな体験のできたひと時であったといえるでしょう。

否定することではなく、
肯定すること、そして、付け加えていくこと
そんな気持ちが、人を元気にしていくことに
なっていく、
自分を認めてあげることが
自信に繋がっていく、
人と共感し、人と協調していくことのなかで、
自分を認めてあげる
自分の価値に気づいてあげる
かめおかさんの導きのなかで、
そんな体験を得ることができたりするわけです。

もし、自分に自信がもてない、
自分に価値を感じられずに不安な気持ちがあったら
一度、かめおかさんのワークショップに
参加されてみてはいかがでしょうか。
きっと、何かの気づきを、何かのヒントを
得ることができることとおもいます。


かめおかゆみこさんのプロフィール

北海道オホーツク生まれ。
中学時代より演劇活動を開始。大学時代より2年間、
竹内敏晴氏(演出家)主宰の「からだとことばの教室」
に通い、「からだ・ことば・表現」への関心を強める。
1995年〜2007年、中学演劇部外部指導員を担当。
子どもたちと真正面から向き合うなか、自分スタイルの
指導法をつくりあげる。そして、これらの実績を背景に、
2004年より、かめわざワークショップを全国展開。

毎日「気づきのメッセージ」を発信する
日刊メールマガジン「今日のフォーカスチェンジ」
http://www.mag2.com/m/0000119721.html
(読者数・約4000名)は、2009年4月20日、
連続発行2000号を達成。

著書に『演劇やろうよ!』(青弓社)。ほか編著書多数。
脚本「月が見ていた話」は、晩成書房戯曲賞受賞。
日本演劇教育連盟会員。
ホームページ http://kamewaza.com/
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:22| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック