2010年02月23日

劇場版Faite/staynight UNLIMITED BLADE WORKS

 劇場アニメ作品

劇場版Faite/stay night UNLIMITED BLADE WORKS
http://www.fatestaynight.jp/index.html

 を鑑賞しました。

フェイトステイナイト
http://www.staynight.com/

 この作品は、小説の原案があって、
そこからゲームになって、アニメ、コミックと
メディアミックス展開してきたものですが、
ゲームの方は、したことないので
良く知らなかったりします。
TVアニメのシリーズは、なかなか面白かったです。
この度の劇場アニメは、TVシリーズとは、
異なる視点の物語となっているということで
注目されていましたが、確かに記憶に残る
TVシリーズとは印象が異なってました。
あたりまえですが、
TVシリーズよりも展開がはやく、

聖杯に選ばれた七人の魔術師(マスター)
+七つのクラス毎に聖杯が選んだ七騎の使い魔(サーヴァント)

が、聖杯を求めて争うというストーリー

衛宮士郎
+ 騎士  "セイバー" アーサー王

バゼット・フラガ・マクレミッツ→言峰綺礼
+ 槍兵  "ランサー" クー・フーリン

遠坂凛
+ 弓兵  "アーチャー" 

間桐桜 → 間桐慎二
+ 騎兵  "ライダー" メドゥーサ

葛木宗一郎
+ 魔術師 "キャスター" メディア

キャスター
+ 暗殺者 "アサシン" 佐々木小次郎

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
+ 狂戦士 "バーサーカー" ヘラクレス

8人目のサーヴァント ギルガメシュ

といいつつも、サーヴァントも、マスターも
何度も繰り返される聖杯戦争のすえなのか
七人以上いるようですが、
今回の劇場版では、そんなに出てきません。

ゲームでは、3つのルートがあるそうで、
"Fate"(セイバールート)
"Unlimited Blade Works"(遠坂凛ルート)
"Heaven's Feel"(間桐桜ルート)
このなかの、セイバールートがTVシリーズで、
劇場版は、凛ルートということだそうです。

物語は、主人公の衛宮士郎の成長と自覚への
歩みを描くものでした。
「誰も犠牲にしたくない」という想いから
聖杯戦争を終わらせたいと願うなかで、
自らがサーヴァントになっていくことになる
過去と未来が、交差するお話であったりして
では、肝心の聖杯はといえば、神話伝記の聖杯とは
まったく異質のものとして描かれていて、
いきなり映画をみた人は、違和感ありありと
いったところでしょう。
ゲーム、コミック、TVアニメなど観た後で
鑑賞した方が一般の方、初めてみる人には
良いかもしれません。

 戦いの持つ虚しさと愚かさ、
欲望のもつ醜さと哀れさ、
そんなものも描かれている作品と
言えるかもしれません。

posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 00:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック