2010年02月25日

eビジネス推進連合会

eビジネス推進連合会
http://jeba.jp/

ネットビジネス、ITの活用推進、その発展を目指し、
日本の競争力を高めていこうという経済団体
「eビジネス推進連合会」が、
2月22日に正式に設立されました。
ネット関連の企業86社が発起人として参加して、
設立され、今後、主要ネット関連企業だけでなく
ネットに係わる企業が、1600〜1700社加わる予定と
いうことのようです。
経済、地域活性、政治行政の3分野を軸に
意見交換や提言を行っていくということのようですが、
さて、どの様な活動を展開していくのか注目されるところです。

幹事会のメンバをみると、新時代の経営の息吹を感じます。

会長  三木谷浩史(楽天)
副会長 井上雅博(ヤフー)
幹事  藤田晋(サイバーエージェント)
監事  金丸恭文(フューチャーアーキテクト)

ネットの利用者は、確かに増加してきています。
もちろん、まだまだネットなど使用しないという人の
多い世代もありますし、デジタルデバイドの深刻な地域も
あります。世界でみても、多くがネットを利用できない人で
占められていることも間違いのない事実です。
富を独占している人々のなかでは、ネットの利活用は
当たり前になっていることも確かですので、
ビジネスにおいては、ネットは当たり前のインフラに
なっているといえるでしょう。
eビジネスとリアルビジネスの融合ということが
今後、更に進んでいくことになるでしょう。
どのように便利なツールを使用するのか、
それによって、マーケティング上の優位を生み出せる
時代になってきているということですね。
 さて、このような団体が出来たといっても、
日本の9割を占める中小零細企業においては、
ITの利用は、まだまだな状態であったりします。
IT投資のリスクを負えないといった部分もあるからです。
また、すべての経営者が、ITを深く勉強出来るわけでも
ありません。そして、社内にITに詳しい人材が
必ずいるとも限りません。
そこで、外部の力を、リーゾナブルなコストで
利用するという選択が重要になってきます。
その部分を担うべき人材を提供するために出来たのが
ITコーディネータの制度であるといえるでしょう。
中小企業の経営者の皆さんは、ITを利用して経営改善や
経営戦略の見直しなどを行いたいとお考えであれば、
ITコーディネータに相談されるとよいでしょう。
行政機関の無料サービスや、支援などから、
まずは、相談されるとよろしいかとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:11| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。