2010年02月25日

呟くソーシャルネットワーキングサービス

 最近話題の新しいソーシャルネットワーキングサービスとして
つぶやき系といわれるものが展開されてきています。
そのはしりは、Twitterなわけですが、
他にも、短い文書を基準にして、フォローしたり
フォロアーになったりといった関係で繋がれて、
情報のやりとりをするといったサービスが展開しています。

今は、iPhoneユーザが主流であるといえるでしょうが、
Androidの端末の増加で、そちらも多くなっていくことでしょう。
PCからも参加できますが、ちょっと不便なので、
あまりアクセスすることがなかったりします。
私も、PCからIDだけはもってますが、殆ど利用してません。
やはり、モバイルのツール環境だなという感じがします。

Twitter
https://twitter.com/login

mixiボイス
http://mixi.jp/guide.pl?id=voice

Google Buzz
http://www.google.com/buzz?hl=ja

Amebaなう
http://now.ameba.jp/

それぞれが、別のサービスとの連携を図っていたり、
いろんな試みを展開しているようです。
このようなサービスを利用しているユーザに向けての
マーケティングも、eビジネスにおけるひとつの手法と
なっていています。

最近は、行政も注目しており、
第13回文化庁メディア芸術祭では、会場内に
Twitterへのつぶやきを誰でもみれるようなコーナーを
もうけていましたし、
総務省の「スマート・クラウド研究会」は、
パブリックコメントを、集めるのに利用するような
アプローチを行ったりしています。
総務省と経産省は、IT及びICT関連においての行政の施策について
もっと連携して欲しいところですが、
まだまだ、縦割にメスを入れる改革が、進んでいないと
いったところでしょうか。
自民党時代よりは、改革は進んでいるのでしょうが、
やはり、難しいところがあるのでしょう。
でも、国民主導であるという認識を、行政の人間が
もっと強く意識していくような公務員制度改革を実行して
もらって、よりスピード感があり、柔軟性のある
政策を実施していけるように変化していって欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 18:23| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック