2010年03月23日

スポーツの祭典2010

 2010年の世界のスポーツの祭典、
オリンピックとパラリンピックが、閉幕しました。
次は、4年後、ロシアでの開催です。
さて、日本選手団の結果は、次の通りとなっています。
次の世界規模の祭典は、
FIFAワールドカップ南アフリカ大会です。
日本代表の活躍に期待したいとおもいます。

<バンクーバー冬季オリンピック>
◎金メダル 0
  ・なし
◎銀メダル 3
 ☆長島圭一郎(スピードスケート男子500m)
 ☆浅田真央(フィギュアスケート女子)
 ☆スピードスケート女子団体追い抜き(穂積雅子、田畑真紀、小平奈緒)
◎銅メダル 2
 ☆加藤条治(スピードスケート男子500m)
 ☆高橋大輔(フィギュアスケート男子)

<バンクーバー冬季パラリンピック>
◎金メダル 3
 ☆狩野亮(アルペンスキー男子 / スーパー大回転座位)
 ☆新田佳浩(クロスカントリースキー・バイアスロン男子
        / クラシカル10km立位・スプリント1km立位 2種目)
◎銀メダル 3
 ☆森井大輝(アルペンスキー男子 / 滑降座位)
 ☆アイススレッジホッケー
  (遠藤隆行・馬島誠・永瀬充・石田真彦・中村稔幸・須藤悟
   ・吉川守・高橋和廣・上原大祐・三澤英司・安中幹雄
   ・伊藤仙孝・矢口敦也・福島忍・円尾智彦)
 ☆太田渉子(アルペンスキー)
◎銅メダル 5
 ☆大日方邦子(アルペンスキー女子 / 回転座位・大回転座位 2種目)
 ☆鈴木猛史(アルペンスキー男子 / 座位)
 ☆狩野亮(アルペンスキー男子 / 滑降座位)
 ☆森井大輝(アルペンスキー男子 / スーパー大回転座位)
◎ファン・ヨン・デ功績賞
 ☆遠藤隆行(アイススレッジホッケー主将)

その他にも、入賞を果たした皆さん、自己ベストを出せた皆さんにも
拍手を贈りたいとおもいます。
そして、選手を支えていた皆さんにも拍手ですね。
さて、日本の政府の支援については、今回、パラリンピックに対する
支援体制の酷さが、話題になりました。
報奨金も支払えない状況というのは、おかしな話です。
ワンクリック募金もしているようですので、
ぜひ、みなさん、ご協力してあげて下さい。

特定非営利活動法人日本パラリンピック支援機構
http://www.jp-sc.jp/
日本パラリンピック支援機構 募金箱
http://jp-sc.bokinbako.org/

さて、スポーツの祭典には、選手たちは、日本代表として
参加してくれています。その活躍を通じて、
多くの人に感動を与えてくれていること、世界との交流、
平和への礎として、活躍してくれていることをおもえば、
オリンピックも、パラリンピックも同様に支援していくべきだと
いえるでしょう。
それが出来ていない理由が、縦割り行政の弊害であると
いうのですから、残念でなりません。
新政権は、そのあたりの過去の愚策を打破して欲しいと
おもいます。
どうも、文部科学省と厚生労働省により分断されて
うまくいっていないことが、スポーツや教育の面で多いように
感じます。そこは、もっと国民視点にたって、省の垣根を越える
対応が当たり前だという意識を、公務員にもって欲しいと
おもいます。そんな意識が持てない公務員には辞めてもらった
方がよいといえるのではないでしょうか。
省益よりも国益であり、国民の利益を考えることが
重要であるということを、きちんと評価していける制度改革に
はやく着手して実行して欲しいと感じるしだいです。
ちなみに、ぜひ、TOTOの収益を、今回のパラレンピックの報奨金に
当てるなどして欲しいという気がします。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 17:39| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック