2010年03月29日

最後の寒波???

 今日は、国内では雪が降っているところもあるようですね。
気温も上がらずに、冬のような感じの気候になっているようです。
初夏になったり、冬になったり、春先の気候は、
三寒四温ということになるのでしょう。
桜の満開も、予想よりも結局遅くなっているようですね。
やはり、自然を予想するのは難しいということのようです。
今年は、気象庁が桜の開花予想をやめたこともあって
民間の気象予想会社が、それぞれに予想を出して争ってましたが
どこもはずれのようです。
この予想のはずれは、桜の開花にあわせて、商売をしている
皆さんにとっては、なかなか痛手であったりします。
昔のように地産地消の時代であれば、そんなに痛手になることも
なかったのでしょうけど、規模の拡張や国内でのグローバル化で
タイムリーな予想をして生産しないと、販売機会を失ってしまうと
いったことや、予想して早めにつくってしまうと、
在庫が増えてしまうといったことなどがあったりして、
いろいろと大変といったところでしょうか。
気候に左右されるものとして、農業もあります。
最近は、温室など、気候に関係なく栽培できる環境もありますが
そうではない栽培環境の方がやはり多いわけですから、
気候の変化、四季の流れは、出来るだけ、過去の変化に
そって流れて言って欲しいということになるわけです。
でも、自然の変化にあわせて、上手に作物を育成するといった
ことも農業のノウハウとして重要なものであったはずですので
そのあたりが、きちんと伝承されてきているのか
といったこともあるのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:48| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック