2010年04月29日

事業仕分けも霞む、普天間の後退

 事業仕分けの第2弾が実施されました。
前回と同様に、セレクトされた一部では
あったものの、行政改革、税金の無駄遣いの
実体を国民に明らかにし、改善を促すために
必要な作業であることは間違いありません。
自民党時代には出来なかった前進です。
第3弾にも期待したいところです。
そんな、民主党のがんばりも、
首相の失敗の前にかすんでしまって
いるようで残念です。
普天間の問題への対応です。
新聞やテレビの報道が正しいのであれば、
自然破壊を伴った沖縄内での基地建設に
住民の大反対のある近隣の他県の島への
移設という、もうあり得ないといわれていた
案へと逆行するという愚行を判断したと
いうことになります。
アメリカの圧力に屈したという内容でしょう。
5月中の決着に拘るのをやめて、
国内からの撤去、海外への移設一本に
絞って、アメリカと交渉する気概をもって
取り組んで欲しいとおもいます。
時代は、冷戦終結し、変化しているのです。
戦後の占領下の負の遺産である占領軍の駐留を
とにかく減らしていくことが
重要であるようにおもいます。
日米安保の新時代へ向けて、
国内の基地問題では、新設は絶対に無しを
貫くべきだといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 07:57| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

事業仕分け
Excerpt: 事業仕分け:第2弾 前半、619億円分34事業廃止 返納判定は16件 ‎6 時間前‎ 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は28日、独立..
Weblog: 最新!!日本のニュースを紐解く
Tracked: 2010-04-29 12:04