2010年05月21日

小満・家内労働旬間はじまる

 陽気が満ちて草木が茂る気候になりました。
二十四節気のひとつ、小満、小満祭が開かれたりする
地方もあるそうです。
おりしも、日本の気候は、30度を超えるところも
でるという夏のような日となり、
今年は、どのくらい熱くなるのか、梅雨の降雨量は、
気候は、作物の生育の大きく影響するだけに
気がかりな方も多いのではないでしょうか。

家内労働法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO060.html
という法律の認知向上と家内労働の労働条件向上を
ねらって、昭和46年から、
家内労働旬間
http://www.roudoukyoku.go.jp/roudou/chingin/kanai-junkan.htm
として、5/21〜31の期間、啓蒙活動が行われるようです。
近年のワークライフバランスを考えていく上でも
重要な取り組みのひとつといえるのではないでしょうか。
そういえば、小学生のころ、よく母親の内職の手伝いを
していたものでした。
労働することの意味を、家庭のなかで学ぶことのできる
もののひとつでもあるといえるのかもしれません。
明治2年5月21日に、日本ではじめて近代小学校の開校式が
おこなわれたそうですが、当時は、多くの寄付や献金が
地域のみなさんからなされて、開校したということです。
地域が子どもたちを育むという姿勢や環境が、
しっかりとあった時代、日本の今にかけているものの
ひとつなのかもしれません。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 08:53| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック