2010年06月22日

話題の電子書籍に関するセミナー「中国電子書籍ビジネス事情」

 電子書籍について、最近はいろんな番組やニュースでも
扱われてきています。日本の出版界に黒船がやってきたとも
いわれたりしていますが、
アジアでの電子書籍の展開は、どうなっているのでしょう。
アジア最大の市場となってきている中国に目を向けて
中国における電子書籍が、どのような状況にあるのかについて
学ぶ機会が以下の通りに催されるということです。

 中国ビジネスや、電子書籍ビジネスに関心のある方は
参加を考えてみては如何でしょうか。

〜以下、告知文を転記いたします。〜
----------------------------------------------------------
★アジアコンテンツビジネステーマ部会
 「中国電子書籍ビジネス事情」
 6月23日(水)夜  東京・大崎  
----------------------------------------------------------
AmazonのKindleやAppleのiPadの発売以来、電子書籍に関する話題が
日本では急速に高まっています。
中国でも、電子書籍端末生産に参入する国産メーカーが100社以上にのぼり、
「漢字圏」に合ったソフトウエアの開発、教育現場への導入などを経て、
2010年の市場は300万台と予想され、今後の市場拡大が期待されています。
そして、それに伴う各種コンテンツの需要も高まると予想されています。
今回はこの「電子書籍」にスポットを当てて、
長年中国での電子書籍ビジネスに従事されてきた
芳井氏に最新の状況をお話いただきます。

【当日のポイント】
・中国における電子書籍ビジネスの現状(端末、ソフト、コンテンツなど)
・中国の電子書籍ビジネスの今後の展開予想
・日本のコンテンツ産業にとっての中国電子書籍ビジネス参入の問題点

【講師】
芳井沢人(よしい・さわと)氏/株式会社オプト 海外事業本部
ゲームソフト会社SNK(現SNKプレイモア)にて一環して海外事業企画に従事。
1997年香港法人に副社長として赴任し、中国を中心としたアジア市場を開拓、
プリクラの運営やコピー対策を含む版権ビジネスを学ぶ。
2000年より携帯ビジネス業界に転身し、携帯コンテンツプロバイダー、
事業コンサルティング会社において、
中国現地での事業戦略立案、会社設立・運営及び
現地プロバイダーへの出資・買収案件を手がける。
2006年より電子書籍市場の成長に注目し、
電子書籍ソリューション技術会社セルシスに入社し、
海外事業部長として、中国の通信事業者を含む国内外の
事業パートナーを通じて、ソリューション輸出の実績を上げ、
コミックを中心とした電子書籍配信を中国を含む海外市場に展開。
2010年6月より現職。
中国に長期留学経験があり、中国語・英語共に堪能で、マルチリンガルの
マーケティング・スペシャリスト。
----------------------------------------------------------
■実施要綱
----------------------------------------------------------
日 時:6月23日(水)19:00〜20:30(18:30受付開始)
会 場:南部労政会館 第5会議室(品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎)
最寄駅:大崎(JR山手線/埼京線/りんかい線/湘南新宿ライン)より徒歩5分
地 図:http://www.asia-itbiz.com/map.htm
定 員:50名(申込先着順)
参加費:1,000円(当日、会場受付にてお支払いください)

※お申し込み/お問い合わせ先
 氏名と所属先、部署・役職、ご連絡先を明記の上、
 メールで 事務局・田所までお申込ください。事前申込必須です。
 info@asia-itbiz.com
---------------------------------
◇6/23(水)19:00〜参加申し込み
---------------------------------
氏名:
会社名:
部署/役職:
TEL:e-mail:
---------------------------------
********************************************
発行元
特定非営利活動法人(NPO法人)
アジアITビジネス研究会 事務局 田所陽一
e-mail:tadokoro@asia-itbiz.com
URL: http://www.asia-itbiz.com
********************************************
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 05:24| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ITコーディネータ・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック