2010年06月26日

国連憲章調印記念日、国際薬物乱用・不正取引防止デー、国際拷問被害者支援デー

 6月26日、今日は、昭和20年に、サンフランシスコにて、
連合軍を中心に集まった国が、国連憲章を調印した日だそうです。
10月24日に、発効となり、国際連合が動き出すことに
なったわけです。
 その後、国連は、いろんな取り組みをしていくなかで
国際デーを制定してきています。
そんな国際デーのなかで、6月26日は、
昭和62年に制定された、
「薬物乱用統制における将来の活動の包括的多面的概要」
の採択にともなう、国際薬物乱用・不正取引防止デーであり、
昭和59年に制定された、
「拷問、その他の残酷、非人道的もしくは
 屈辱的処遇および処罰を禁止する条約」の発効にともなう、
国際拷問被害者支援デーということだそうです。

 薬物にしろ、拷問にしろ、
人を人として尊重せずに、扱う愚行であるといえるでしょう
基本的人権を無視した行為であるともいえるかもしれません。
しかし、そんな基本的にあるべきではないことも
愚かな人は、行ってしまうということです。
人が愚かで未熟であるがゆえに、このような条約や
活動が必要になっているのだといえるでしょう。
 日本においても、麻薬などの薬物が、一般の市民の中にも
流されていたりします。自分の身体を蝕み、
壊していくものなのに、一瞬の快楽のために正しい目を
曇らせてしまっている愚か者が結構いるということです。
児童虐待や、パワハラ、セクハラなども、
まさに自己中心的な愚かさから行われている行為であると
いえるでしょう。
多くの人が、その過ちを認識し、愚かさを知ることが
重要であると言えます。無知なることが
過ちを起こさせることも確かなことであるからです。
メディアは、もっと正しい情報をきちんと
報道することを心がけて欲しいと思います。
また、教育の現場で、正しい情報を解釈する能力や
愚かな行為を行わないようにする国際デーのことや
各種の活動のことを子どもたちに学ばせてあげられる
時間をきちんと作るようにして欲しいと感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 19:23| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック