2010年06月29日

星の王子さまの日・スターに、月に、

 6月29日は、
アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの誕生日だそうです。
飛行士であり、作家であった彼は、
その物語りのように、空に消えていってしまったわけですが、
その作品は、今も、多くの人をひきつけています。
『星の王子さま』『夜間飛行』、・・・
さて、昭和41年のこの日には、
日本に、王子様たちが来日しています。
まさに、スターの来日です。
そう、「ザ・ビートルズ」が、日本にやってきた日であったわけです。
それで、日本におけるビートルズ記念日、だそうです。
また、この日は、
『荒城の月』『花』といった作品でしられる
作曲家の滝廉太郎が、24才という若さで、この世を去った日でも
あるそうです。
 星、月、そして、太陽、
輝くみなさんの残していったものに、
人は、また、何かを感じとり、何かを得ていくということです。
小説、音楽、その他、いろんな文化や芸術は、
それぞれの想いを、出会う人に与えてくれるものです。

 地方が元気が無い、日本が元気が無いと
いいます。どこから、元気をとりもどすのか、
そのひとつには、地方にのこる文化や芸能、伝統といった
先人の残してくれた遺産をもとに、昔、その土地にあった
熱い想いや、絆の強さを、リバイバルするということが
あるようにおもいます。
日本も、日本の文化や伝統のなかから、世界の他の国にはない
日本のもの、日本であるからこそ出来るものを
誇ることのできる社会にしていくこと、
そこから、元気を取り戻すということがあってもよいのでは
ないのかなと感じます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 12:52| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック