2010年06月30日

2010 FIFA #WorldCup 日本代表ベスト16で大会を終える

 日本代表は、決勝トーナメントの初戦、パラグアイを相手に
延長まで、戦って、スコアレスドロー、PK戦となり、
PK戦、全員決めたパラグアイに対して、日本は、ひとり外して
敗退となりました。
当初の予想からいえば、大健闘といった結果ではあるものの
ベスト8に、アジアからどこも残れないという結果に
なってしまったのは残念でなりません。
しかし、得点できない日本の弱点が、まさに露呈した結末と
なったともいえるのかもしれません。
自分でゴールを決めてやるというどん欲なるFWが、
今後の日本に出てくるのか、そのあたりが日本代表が、
ベスト8に残れるようになるための課題なのかもしれません。

 さて、ワールドカップも、ベスト8が出揃うことに
なったわけです。

 ウルグアイ vs ガーナ   アルゼンチン vs ドイツ
       |              |
 ブラジル  vs オランダ  パラグアイ  vs スペイン

アフリカが1カ国、南米が4カ国、欧州が3カ国、
ベスト8のカードは、南米代表vs他地域代表という結果に
なってます。ここに、アジア勢が、いないというのは、
枠数への影響もあるかもしれません。
次回はブラジル開催ですから、南米枠が増えて、
他を削ることになるような気がします。
さて、どうやら、優勝は、南米がもっていくような気がします。

日本代表は、決勝トーナメントに出れたホーム開催から、
出れて、PK戦までいけるところまで、前進できた
わけですが、勝てるところまでには至らなかったのは
やはり、得点できないということに尽きるという
ことであったのかもしれません。

日本代表は、ロンドン五輪、アジアカップに向けて
その先の、2014年ブラジル大会に向けて、
更なる成長をしていって欲しいとおもいます。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 06:20| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球・趣味・興味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック