2010年06月30日

夏越祓

 今年も、半年が経過しました。
日本では、夏から先の疫病などがないように
祈願する行事として、御祓いをするのが
習いであるようです。
暑気払いと疫病払いの意味をもった和菓子を
食べるという風習が京都にはあるそうです。
和菓子「水無月」。米粉の蒸し菓子である
ういろうに、小豆をのせた、三角形の和菓子だそうです。
ベジタリアン(ビーガン)向けのお菓子ですね。
日本人は、もともとノンベジなものをあまり食べない
民族であったのですが、明治以後、欧米の真似をして
おかしなことになっていってしまいました。
それで運気が落ちていったのかもしれません。
ノンベジは神の忌むものですから・・・。

 しかし、蒸し暑い日々です。
冷房なき自宅の部屋は、なかなか過ごすのが
大変であったりしますが・・・・。
体調管理、気をつけたくとも環境が・・・。
ということにならないようにしたいものですけど・・・。

 そういえば、昭和19年のこの日には、
戦争の末期で、都心の学童を地方へ、学校単位で
集団疎開させることが、閣議決定された日だそうです。
集団疎開の日、日本に米軍の無差別爆撃が始まる前ですね。
民間人も子どもも、無関係に、爆撃し殺戮した米軍。
その歴史の事実を、忘れることはあってはならないのだと
いうことでしょう。そして、そうなる前に戦争を
終わらせることが出来なかったこと、
さらに、その前に、戦争を始めずにすむことが出来なかった
ことを、しっかりとみつめ考え、反省し、後世に伝えて
いくことが必要であるといえるでしょう。
posted by 禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ 松原広幸 at 21:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック